白黒映画だし、タイトルは重々しいし、なんか食指が動かない人達も多いと思います。

 

 でも、これが良くできた作品なんですよ。

 

 タイトル通りでこの作品は刑務所でのお話。この刑務所ものとか、捕虜ものって、とかく主人公は脱走するのが好きですよね。中で人生を謳歌しようとしません。

 

 規律が極端に厳しくて、嫌な性格の刑務官がいて、ホモの先輩に犯されて、たまにケンカして。そのケンカのきっかけは大体ご飯中に足引っ掛けられたからだったり。

 

 好きな映画ランキングの上位にやってくる常連さん『ショーシャンクの空に』でもそうだし、ジャック・ベッケルの『穴』(大傑作!祈・再DVD化)でもそう。『アルカトラズからの脱出』とか、『パピヨン』なんかもそう。


 収容所とか病院ものなんかも含めてしまうと『大脱走』とか、『カッコーの巣の上で』なんかもだし、例を挙げていったらキリがありません。

 

 とにかく、檻の外に出よう出ようとしますよね。

 

 でもね、もういい加減逃げすぎだと思いませんか?

 

 脱走ルートの確保に躍起になっている画はもうお腹一杯だと思いませんか?

 

 そんなあなたにお勧めしたいのが、この映画『終身犯』です。

 

 この映画、実話を基にしたお話です。かいつまんでお話しますとこうなります。

 

 終身刑の主人公が刑務所内を散歩中に小鳥を見つけて独房で飼い始めます。

 

 仲間から借りたもう一羽の小鳥とツガイで世話をしているうちにさあ大変、孵化してどんどん独房内に小鳥が増えていきます。


 遂には独房に入っているのか大きめの鳥小屋に入っているのかわからなくなってくるほど増えていきます。小鳥の飼育や繁殖にのめり込んで、ついには小鳥の生態の研究も始め病気の治療法まで発見し、鳥類学の権威にまで登りつめるというお話。


 どれがどの鳥かわかるんでしょうね。一羽一羽愛情たっぷりに飼育をしていきます。

 

 僕のおじいちゃんも小鳥を100匹位飼っていた時期がありました。おじいちゃんは区別がつかず、全ての小鳥の名前を『ピーちゃん』で統一していたのとは愛の深さが大違いです。

 

 それを、監督ジョン・フランケンハイマー、主演バート・ランカスターでじっくり見せる作品に仕上げています。ランカスターはこの作品で、ヴェネチアの主演男優賞もとったほど。なにしろ刑務所内での50年分を描いた作品なのですが、デ・ニーロと
一緒で、メイク次第でどの年齢でも演じ別ける名演技を見せてくれます。

 

 余談ですが、刑務所もので他におすすめな作品を一本だけ。『グリーン・フィンガーズ』っていう映画があります。今をときめくクライヴ・オーウェン主演なんですけれど、この映画は脱走なんか考えず、刑務所内の仲間とガーデニングに勤しみます。
「あ、ガーデニングしようかな」そんなことを思わせてくれる佳品です。

 

 脱走ものとは一線を画した実話ものドラマ『終身犯』、おすすめです。


【5月放送日】 24日27日

【6月放送日】  5日7日10日28日

 

(しじみ)
©1962 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC. All Rights Reserved.

ラスベガスをぶっつぶせ.jpg問題:2008年いちばん注目のハリウッド新鋭スターは?
答え:ジム・スタージェス

 

 と、言い切っちゃうのも語弊がありますが、ほんと、それぐらいの勢いなんです。

 

 5/31に公開が迫る『ラスベガスをぶっつぶせ』。初登場&2週連続1位の全米大ヒット作です。

 

 これに主演してるのが彼、ジム・スタージェス。ほとんどの日本人が聞いたこともない俳優だと思います。イギリス人で、アメリカ映画に進出して出演作もまだほとんどありませんから、たぶん米本国でもあまり知られてないんじゃないでしょうか。

 

 そんな彼が先日、プロモーションのため来日したので、インタビューしてきました。すでに当チャンネルの放送でその模様の一部が流れてますが、ここで完全版をテキストに起こして収録します。

 

 まず作品について。

 

「この作品は楽しいジェットコースターのような映画だけど、それだけじゃなくて、青春映画でもあり、主人公の自分探しの物語でもある。主人公たちは、平日は普通に学生生活を送っている、どっちかと言えばガリ勉系な連中なんだけど、週末ともなるとラスベガスで大金を賭けて、VIP待遇を受けてる。実際にベガスから何百万ドルも巻き上げてるんだ。そして、それが実話だってことがポイントだね」

 

 数学がむちゃくちゃ得意な人は、ブラック・ジャックというギャンブルでカードが読める。で、スタージェス演じる主人公は数学の超天才で、同じような大学の天才たちとチームを組んでベガスで荒稼ぎする、ってストーリーです。

 

 この行為って、イカサマじゃないんだけど限りなく黒に近いグレーで、万一バレるとカジノの用心棒にボコられるそのスリリングなハラハラ感や、貧乏学生が豪遊セレブに大変身、みたいな展開が「ジェットコースターのよう」ということでしょう。

 

 自分探しってのは、この半イカサマ行為がもともとは進学資金集めという目的のための手段に過ぎなかったはずなのに、あまりにも天文学的な額を稼げちゃうので、次第に手段が目的化してくるんですね。人まで変わってきちゃう。初心を貫いて進学しようか、それともこのままリッチなイカサマ師の道を突っ走るか、みたいな躊躇がドラマとして描かれてるので、ちゃんとした青春映画としても立派に成立してる娯楽作品に仕上がってます。

 

 ちなみにご本人は、数学とかギャンブルとかってどうなんですか?

 

「数学は嫌いじゃないけど得意でもない。もし得意だったら今頃ベガスで荒稼ぎしてるって。ギャンブルもある程度は楽しむけどハマるってことはない。撮影が終わってからは一度もやってないよ。撮影中はずいぶんやったけどね

 

 とのこと。まぁギャンブルやるようなタイプには見えないけど、彼はどっからどう見ても文化部系な雰囲気なので、頭良さそうには見えますね。本作で大儲けする前のアキバ系ガリ勉スタイルも板に付いてて、こういう役をすんなり演じられるイケメンってのも珍しいです。

 

 なんとなくアキバ系を演じてる時の方が、演じるのがラクそうに見えましたけど?

 

「どっちがラクとは言えないね。どっちも僕自身とはかけ離れてるから。役作りは環境が助けてくれたよ。学生の格好で大学の構内で演技してる時は自然と芝居もそうなったし、ベガスで高価なアルマーニのスーツでキメてる時は、そういう気持ちに入りやすかった」

 

 アメリカ版アキバ系も演じられる文化部風イケメン俳優。この映画を大ヒットに導き、早くもマネー・メイキング・スターの仲間入りか?これから特に注目しておいた方がいいハリウッド・スターであることは間違いないです。

 

21.jpg
 ところで、この映画の試写に行く前、「ラスベガスを舞台に息詰まるポーカーの戦いが繰り広げられる」的な内容の、さるギャンブル映画を見たんです。有名ハリウッド俳優が出ている、そこそこ近年に公開されたこの映画が、年に1本あるかないか級につまらなかった…。調べたら興収的にも大コケしたそうです。

 

 ちょっと前にそういう痛い思いをしてたので、この『ラスベガスをぶっつぶせ』も、かなり警戒してマスコミ試写を見に行きました。

 

 何を警戒してたかと申しますと、ギャンブルの描かれ方です。

 

 現在、ワタクシ家にトランプってものがありません。トランプは子供の頃にババ抜きと神経衰弱をやったぐらいで、それすら今はもうルール忘れました。ポーカーとかブラック・ジャックなんて一切ルール知りません。って言うか競馬パチンコなどギャンブルそのものをやりません。そのヒマがあれば映画を見ます。つまり、爪の先ほども興味関心が無いのです。

 

 そういう人間でも楽しめるような映画作りしてるか?トランプのルールに精通してる人なんて10人中1人ぐらいだろうから、残り9人のこともちゃんと考えて作れよ?って言うかむしろ9人の方が数的に言って重要だろ。という観点から、徹底的にシビアに採点してやろうと、構えて見に行ったのです。

 

 例の大コケしたギャンブル映画ってのは、そこらへんがまるっきりなってなかった!DVDの映像特典で、監督が「ギャンブルを知らない人でも楽しめる映画になったと思うよ」としゃあしゃあと自画自賛してましたけど、いや、なってねーから話に全然ついてけません。

 

 『ラスベガスをぶっつぶせ』は、この点が実にお見事。これから本作を見ようという人で、しかもギャンブルをやらない人は、どうやって何も知らない自分をこの映画が楽しませてくれるのか、ぜひ映画の作りを意識しながらご覧ください。1人でも多くのお客に、より高い満足度を与える、という崇高なる使命を担ったエンターテインメント映画の、これぞ正しい作られ方です。いやはや感服つかまつりました!

 

 最後に、あともう1本、ジム・スタージェス主演のヒット作が日本で公開されます。それについては続きの(2)で。

 

(編成部 飯森盛良)

 

ラスベガスをぶっつぶせロゴ.jpg配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

5月31日(土)より有楽座ほか全国ロードショー

 ザ・シネマでは、出来うる限り状態の良いマスター・テープでの放送を常に心掛けております。

 

 このほど、5月と6月の一部作品の放送用素材を、より画質の良いマスター・テープに差し替えたところ、6タイトルで当初公表しておりました情報から変更が生じました。

 

 その6タイトルは以下の通りです。

 

【5月放送タイトル】

『102』…画面サイズがスタンダードからワイドに

『コレリ大尉のマンドリン』…画面サイズがスタンダードからワイドに。

                  カット版からノーカット版に(放送時間が延びました)

『シャンハイ・ヌーン』…画面サイズがスタンダードからワイドに

『世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す』…画面サイズがスタンダードからワイドに

『太陽と月に背いて』…画面サイズがスタンダードからワイドに

 

【6月放送タイトル】

『アメリカン・ビューティー』…画面サイズがスタンダードからワイドに

 

 なお当ホームページ上のデータは全て、変更後の情報にすでに更新済みです。

 

 ザ・シネマでは今後も、よりクオリティの高いマスター・テープで視聴者の皆様に映画をお届けできるよう、鋭意努めて参ります。

 

 お客様にはご迷惑をおけかし誠に恐縮ですが、ご理解のほど何卒お願い申し上げます。

 

ザ・シネマ一同

 大変長らくお待たせいたしました!

 

 視聴者の皆様から多くお寄せいただいておりました、当ホームページ左側のカレンダー表示、および、放送作品一覧を、もっと先々まで表示せよ、とのご要望に、この5月1日からお応えできるようになりました。

 

 5月1日に、6月末日までの放送作品が表示されるようになります。6月1日には7月いっぱいまで表示されます。

 

 すなわち、毎月1日に、当月と翌月までご覧いただけるようシステムを改定いたしました(ただし1日が日曜日の場合など、土日祝日と弊社営業日との兼ね合いで、更新が数日程度は前倒し・後倒しされることがあります。悪しからずご了承ください)。

 

 今後、ますます当ホームページをご活用くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。

 

 また、本件のようなご要望・ご意見は、当ホームページ左側の「ご意見・ご要望」ボタンをクリックし、引き続きザ・シネマまでお寄せください。

 

 今後もザ・シネマでは、お客様からお寄せいただく貴重なご意見も参考にしながら、鋭意サービスの向上に努めてまいります。

 

ザ・シネマ一同

このページの先頭へ