ターミナル

突然、国籍を失い空港が家に?スピルバーグ&トム・ハンクスの黄金コンビが贈るハートフルドラマ
TM & © 2017 DREAMWORKS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

解説

スティーヴン・スピルバーグ監督&トム・ハンクスの3度目となるタッグ作。JFK国際空港の実物大セットを、実際に出店しているショップまで建設し撮影。奇妙な英語発音の異邦人をトム・ハンクスが妙演。

ストーリー

東ヨーロッパの小国クラコウジアからJFK国際空港に到着したヴィクター。祖国で勃発したクーデターのせいでパスポートが無効となり入国も帰国もできなくなるが、どうしても彼はニューヨークに行かねばならない使命があった。トラブルを嫌う空港警備局主任ディクソンに煙たがられるも、ヴィクターは入国許可が下りるまで空港内で生活することに。彼は英語を少しずつ覚え、フライト・アテンダントのアメリアたちと交流しはじめる。

放送日時

2017年11月07日(火) 21:00 - 23:15

2017年11月10日(金) 10:30 - 13:00

2017年12月29日(金) 08:15 - 10:30

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2017/11/18

スピルバーグでなければ、面白い映画にはならなかったのかも知れない、ほど際どい作品。

    • 鑑賞日 2017/11/16
    • 愛すべきナボルスキー

展開の陳腐さは否めないが、英語が喋れないナボルスキーが祖国が戦争になって無国籍者となっても父親との約束を果たそうとする姿。
彼に次第に惹きつけられる周りの者たち。自分の地位を守ろうと彼を邪魔に思う者。彼に惹かれつつ、自分は彼にふさわしくないと苦しむ者。登場人物がストーリーに花を添えた。画面に常に惹きつけられた。

    • 鑑賞日 2017/9/20
    • 脚本に感心

よくこのような題材を思いつくものだ。空港での攻防にも驚く。24時間開業している訳だ。空港警備員役も実の芸達者だ。

    • 鑑賞日 -

この作品だけでもスピルバーグが反トランプなのが頷ける。長らく観たいと思っていた、2004年公開のスティーヴン・スピルバーグ監督作。


公開された年は、2001年911テロのあと米国内(に限らず)の「分断」が取りざたされていた頃。その15年ほど前には共産主義体制が次々と崩壊、ユーゴ紛争の90年代も経ていた。


そんな時代背景。移民制限強化など政治の動きはそれとして、人種民族の違いに対するオープンマインドは米国社会にしっかりと根づいているはず!とのメッセージが本作から強く感じられる。

東欧圏からニューヨーク国際空港に降り立ったビクター・ナボルスキー(トム・ハンクス)。出国後のクーデター勃発によりパスポートが無効に。米国に入国できず、空港ターミナルで暮らすことになる。何日も何週間も何ヶ月も。愉快な騒動を引き起こしながら、いつしか非日常が「日常」になっていった。

他ならぬニューヨークの国際空港は、言わば「人種のるつぼ」。乗降客が世界中から行き来するばかりでない。そこで働くスタッフもホワイト、アフリカ系、ヒスパニック、インド人、東洋人。米国生まれも移民もいる彼ら彼女らに、肌の色で相手を見る人間は一人もいなかった。事なかれ主義ゆえビクターを留め置こうとしたり追い出そうとしたりの入国審査責任者さえも。


同監督の2005年公開「ミュンヘン」がいわゆるシリアスな社会派だったので本作もそのようだろうと思い込んでいたが、さにあらずでハートウオーミングなコメディタッチ。終盤、恋心を抱いたCAに来ニューヨークの目的を明かし、ラストでその目的を果たす。とても「気」のいい映画でもあった。

ビクターが語った来ニューヨークの目的は、1958年のハンガリーに遡る。すなわち、市民の反乱がソ連に抑え込まれた「ハンガリー動乱」の2年後である。脚本も細かいところまで行き届いていた。

    • 鑑賞日 2017/8/5
    • トムハンクス演技うまい。

トムハンクスは亡くなったお父さんが集めていた、ジャスプレーヤーの最後の1人のサインをもらうためにニューヨークへ来た。祖国の内戦のために国が消滅。空港内から出れなくなる。そこで友人を作り、恋をして、仕事を見つけ、空港内の有名人になり、みんな彼を愛した。ストーリー、登場人物、演出、音楽、すべて楽しめる。

原題

THE TERMINAL

監督

スティーヴン・スピルバーグ

出演

トム・ハンクスキャサリン・ゼタ=ジョーンズスタンリー・トゥッチシャイ・マクブライドほか

製作国

アメリカ

製作年

2004

本編時間

129分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『ターミナル』TM & © 2017 DREAMWORKS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
このページの先頭へ
ページトップへ