ファイナル・デスティネーション

迫り来る“死の運命”からは誰も逃げられない…予測不能な惨劇の連鎖を描くホラー・シリーズ第1作
© New Line Productions, Inc.

解説

『X-ファイル』シリーズの脚本家ジェームズ・ウォンの初監督作。殺人鬼やモンスターとは無関係に、目に見えない“死の運命”がもたらす惨劇をスピーディに連鎖させ、従来のホラー映画にはない斬新な工夫が刺激的。

ストーリー

修学旅行に旅立つため飛行機に搭乗した高校生アレックスは、離陸を待つ間に飛行機が墜落する予知夢を見て大騒ぎする。彼の言葉を信じた同級生クレアら7人を降ろして飛行機は離陸し、その直後に機体が爆発し墜落してしまう。事故を予言したアレックスはFBIに事情聴取され、仲間や遺族からも疑いの目を向けられる。その後、事故の生存者たちが次々と不可解な死を遂げていき、アレックスはクレアと共に謎を解明しようとする。

放送日時

2018年01月07日(日) 14:15 - 16:00

2018年01月15日(月) 15:00 - 16:45

2018年01月15日(月) 深夜 01:15 - 深夜 03:15

2018年01月20日(土) 12:30 - 14:15

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 -
    • 死のピタゴラスイッチ

シリーズ通して、初見は「そんな死に方する!?」みたいなとこがあるからやっぱり驚く

    • 鑑賞日 2017/1/4
    • 飛行機に乗る前には観たくない

特に初めて飛行機に乗る人は絶対に観てはだめ。ものすごいトラウマ映画になりそうな気がします。
どんなことでも生きるには日常での観察が重要なのかもしれない。
最後のもしや?とドキドキ感の後は、ちょっと笑ってしまった。エンドレス。

    • 鑑賞日 -

これは予備知識も何も無く、デヴォン・サワ目当てで観に行きました(笑)でも面白かった。掘り出し物でした。
観る側としてはもう不謹慎ながら「コイツ死ぬな」って思いながら観てる訳ですよ。それがあれ?と気を抜いた次の瞬間にガツンと来る。猛スピードのトラックに撥ねられる女の子とか、一寸もう鮮やか過ぎる程の一瞬。かと思えばじわじわと侵蝕する様にじっくり描かれていたりで、これはオススメ。幽霊だの何だのも一切出ない、日常的な出来事から偶然と言う連鎖反応で死んでいく登場人物達。終わり方も「え、これで終わり?」という如何にも次に続きますよ的な最後だったんですが…案の定続編出てるんですね(笑)今度観てみよう。

    • 鑑賞日 2016/8/24

キャスティング
8
演技
7
キャラクター
8
台詞
7
脚本
9
演出
7
音楽
8
だって好きなんだもん加算点
15

    • 鑑賞日 2016/8/15
    • 運命には逆らえない

とすれば死に方は何でもありなわけで、防御法など無い。規則も救いもソリューションも無いわけだ。どうにかして殺すというなんだかわからん最大の敵「運命君」のやり方、方法が楽しい。

原題

FINAL DESTINATION

監督

ジェームズ・ウォン

出演

デヴォン・サワアリ・ラーターカー・スミスクリステン・クロークほか

製作国

アメリカ

製作年

2000

本編時間

99分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『ファイナル・デスティネーション』 © New Line Productions, Inc.
このページの先頭へ
ページトップへ