ファイナル・デッドコースター

[R-15]ジェットコースターの大惨事を逃れた若者に迫り来る死の影!本当の恐怖はこれからだった!
©MMV NEW LINE PRODUCTIONS,INC. ALL RIGHTS RESERVED

解説

第2弾の『デッドコースター』に続き、死の運命から逃れようとする若者たちを描いたショッキング・ホラーの第3弾。製作・監督・脚本は『X-ファイル』の脚本も手がけた、シリーズ第1弾の監督ジェームズ・ウォン。

ストーリー

高校の卒業イベントで訪れた遊園地で、同級生などの写真をカメラに納めながらアトラクションを回っていたウェンディは、親友たちとジェットコースターに乗り込んだ。しかし突然、ジェットコースターのクラッシュによる大惨事が起こる予知夢を見る。パニックに陥ったウェンディは数人と共に降ろされ、事故を回避できたが、命拾いした人たちがその後変死を遂げ始める。しかも撮った写真に“死”を暗示する何かが…。

放送日時

2018年01月07日(日) 17:45 - 19:30

2018年01月17日(水) 15:00 - 16:45

2018年01月17日(水) 深夜 01:30 - 深夜 03:30

2018年01月20日(土) 16:00 - 17:45

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2018/1/3
    • こんなジェットコースターいやだ!

見る度に、よくもこんなアイデアがと、感心します。

    • 鑑賞日 2017/9/8
    • ピタゴラスイッチ感増し

殺すバリエーションよりピタゴラスイッチ的仕掛け重視でより楽しい。日焼けマシーンのは逃げ場なくて嫌だなあ。

    • 鑑賞日 2017/7/31

前作から続けて鑑賞。
忍び寄る様に死が迫ってくる様が見もの。
今作は写真から死因を予想する事ができたりと、今までとはまた違ったおもしろさがあった。
ただ、前作のラストはそうそう超えられないか。

    • 鑑賞日 2016/6/18
    • 真実を突き止めなければ恐怖は克服できない!

予知夢を見たおかげで大事故を免れる…も結局死の運命からは逃れられないファイナルデスティネーションシリーズ第3弾!今度の悪夢はジェットコースターだ!座席から放り出されて落下する者やら、支柱に叩きつけられる者、宙づりにあった挙句に切断と「金輪際ジェットコースター乗れなくなるじゃないか(涙)!」と思っちゃうほどの素晴らしい事故映像を見せてくれます!
 その後のシリーズ恒例!「こだわりの死に様博覧会」も見応えあり!前作までの印象的な死に様は自宅の中が多かったですが、今回は公共の施設で犠牲になってるのが印象的で、肌を焼こうと日焼けマシーンに入ったらやり過ぎてまる焦げになるわ(日焼けマシーンが燃える俯瞰のカットからそのまま棺桶のカットに変わるシーンは上手過ぎて爆笑!)、それから凶器の宝庫ホームセンター(死の運命が襲い掛かってくる…こんな時に行くなんて自殺行為も甚だしい!)ではもう何が襲い掛かってくるかヒヤヒヤしながらのあの展開ですから、ジェットコースター以外もトラウマ級の事故映像目白押しで楽しい!
 そして前作までは「死の筋書き」の予兆に気づきながら死を回避していく、第6感に頼ったやり方だったのが、今作では写真から読み解くやり方になってたり、ラストで第2の予知夢を見るまさかの展開で、「そろそろこのシリーズもマンネリ化してあきてきたな~。」…なーんて言わせない仕上がりになっております。

    • 鑑賞日 -
    • 2度目も

ハラハラして楽しめた。
このシリーズ観ると
どんなにあがいても死からは逃げられない気がする。
面白かった。

原題

FINAL DESTINATION 3

監督

ジェームズ・ウォン

出演

メアリー・エリザベス・ウィンステッドライアン・メリマンクリスタル・ロウシャーラン・シモンズほか

製作国

アメリカ

製作年

2006

本編時間

93分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

R-15

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『ファイナル・デッドコースター』©MMV NEW LINE PRODUCTIONS,INC. ALL RIGHTS RESERVED
このページの先頭へ
ページトップへ