イングロリアス・バスターズ

ヒットラーをぶっ殺せ!クエンティン・タランティーノの才気あふれる異色戦争映画
© 2009 UNIVERSAL STUDIO

解説

クエンティン・タランティーノ監督が往年の映画にオマージュを捧げ、壮絶なバイオレンスを交えて戦争映画の新境地を切り開く。冷血なナチス大佐を熱演したクリストフ・ヴァルツがアカデミー助演男優賞を受賞。

ストーリー

1941年、ナチス占領下のフランス。農家にかくまわれていたユダヤ人一家がナチスのランダ大佐に虐殺され、娘のショシャナだけ生き延びる。一方、連合軍のレイン中尉はユダヤ系米国人を集めて特殊部隊“バスターズ”を編成し、ナチスを血祭りに上げていた。そして1944年。パリで映画館の館主となったショシャナは、ナチスの要人が出席する国策映画のプレミア上映を利用した復讐計画を思いつき、バスターズも作戦に合流する。

放送日時

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

原題

INGLOURIOUS BASTERDS

監督

クエンティン・タランティーノ

出演

ブラッド・ピットメラニー・ロランクリストフ・ヴァルツマイケル・ファスベンダーほか

製作国

アメリカ

製作年

2009

本編時間

153分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

R15+

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

ジャンル

アクション 戦争 

『イングロリアス・バスターズ』© 2009 UNIVERSAL STUDIO
このページの先頭へ
ページトップへ