トゥームレイダー

アンジョリーナ・ジョリーを一躍スターダムへと押し上げた、大ヒット痛快アクションアドベンチャー
©TOHO-TOWA

解説

同名タイトルのゲームを映画化したアクションアドベンチャー。派手なアクションを繰り広げた主演のアンジョリーナ・ジョリーをスターに押し上げた大ヒット作。監督は『エクスペンダブルズ2』のサイモン・ウェスト。

ストーリー

類い希な才能を持つトレジャー・ハンターのララは、ある日、20年前に失踪した父の隠し部屋から謎の時計を発見。それは、5千年に1度起きるグランド・クロス=惑星直列により、強大な力を発揮する秘宝へ導く時計だった。ララは愛する父の遺志を継ぐべく、相棒の天才プログラマーと共に謎解きにかかる。しかし、グランド・クロスまでの時間が迫っていた。そんな中、ララの宿敵であるマンフレッドもこの秘宝を狙っていた。

放送日時

2018年01月01日(月) 21:00 - 23:00

2018年01月08日(月) 11:00 - 13:00

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 -

スーパーヒロインものの先駆けみたいな作品。珍しい実の父娘共演という事でも注目。
アクションもまあまあ様になっているが、悪役が弱すぎるというのが難点。

    • 鑑賞日 2017/7/3

CASIOの落ガキ君を安値で買って以来MSX、DOS/Vなどなど・・・会社ではNEC98これは日本語には強いので仕事には使えるがゲームとなると・・・。Windows95で本格的なPC生活が始まる。あれやこれやといじり倒していると色々不満が出てくるそんなときに出会ったのがVodooなるグラフィックボード。俄然ゲームが楽しくなると言うので購入。おまけについてきたのが「トゥームレーダー」なるゲーム。これが画期的な面白さで以降グラフィックの進化と共にゲームを回を重ねていく。そしてグラフィックボードもその都度ランクアップ。いつか映画化されるのではないかと思っていた。主役はキャサリン・ゼダ=ジョーンズがいいかな?などと考えているうちに本作の登場。これがなかなか面白くてゲームの雰囲気を上手く引き出していた。この映画の少し前テレビゲームと映画の境目、違いなどで色々と議論されていたようだがゲームはゲーム。映画は映画。そんなことはどうでもいいと思っていた。近頃ではスマホという小さな画面のせいでこうしたゲームは傍流になったかと思いきや、来年2018年には新作「トゥームレイダー」が映画化されるらしい。グラフィックボードを買い換えてゲームをしながら待つとしよう。

    • 鑑賞日 2016/5/15
    • ゲームがもとだけに、でたらめです。

 私の偏見?かな。  それにしても映画の進行がめちゃくちゃです。
見せ場を作るためにストーリーを進めてるようなもの。
 見所は、アンジーのナイスバディと、父娘共演ぐらい。
ハリーハウゼン風特撮をCGでやっても、何も面白くない。
 ボンド以前のダニエル・クレイグも、やっぱり魅力なし。

 ちなみに惑星直列は1982年だったとかで、(厳密にいうと、有り得ないらしい。)、ここらへんも、てんでいい加減。作ってる人の理屈でストーリーが出来ている。

    • 鑑賞日 2016/5/3
    • カッコいい

アンジーの躍動感溢れるエネルギッシュな肉体美が美貌と相まっててアクションシーンがとてもいい。
ストーリー的にも簡単すぎない程度のワクワク感で観ていて飽きない。アンジーの魅力溢れるエンタテーメント作品だと思います。

    • 鑑賞日 -
    • トレジャーハンターもの

レイダース以来散々見てきました。今更、驚きの展開はありません。フツーに愉しめる出来栄えになっております。

アンジェリーナ・ジョリーの魅力は十分出ております。

原題

LARA CROFT: TOMB RAIDER

監督

サイモン・ウェスト

出演

アンジェリーナ・ジョリーイアン・グレンダニエル・クレイグジョン・ヴォイトほか

製作国

アメリカ

製作年

2001

本編時間

101分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『トゥームレイダー』©TOHO-TOWA
このページの先頭へ
ページトップへ