シン・シティ

[R-15]革新的映像表現に瞠目!グラフィック・ノベルのダークな世界観をオールスターキャストで映像化
©2005 Miramax Film Corp. All Rights Reserved.

解説

アメコミよりもアダルトでダークな「グラフィック・ノベル」。その第一人者フランク・ミラーが、『スパイキッズ』のロバート・ロドリゲスと共同監督として原作の雰囲気そのままに実写化したクライム・アクション。

ストーリー

罪の街シン・シティ、そこには幾つものドラマが。心臓を病み退職を考えているハーティガン刑事だが、その前に追い続けてきた連続幼女殺害犯だけは捕らえようと決意、犯人を埠頭に追い詰める。一方、容貌魁偉なマーヴは、酒場の女とベッドを共にしたが、目覚めると彼女は死んでいた。何者かにハメられたと悟った彼は真相を探る。一方、逃亡中の男ドワイトは売春街に魔の手を伸ばす悪漢に対し、売春婦自警団と共に戦いを挑むことに。

放送日時

2017年07月05日(水) 16:45 - 19:00

2017年07月11日(火) 10:45 - 13:00

2017年07月15日(土) 深夜 00:30 - 深夜 03:00

2017年07月20日(木) 15:00 - 17:15

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2017/6/15
    • アメリカのアニメ

仮想の町「シンシティ」での悪の戦い。
グロい所を、白黒映像と蛍光着色で、鮮やかに映画化している。
論理的に考えると、なんで死んだ奴の首が喋るか?とか、切り刻まれたのに生き返るの?とか有りますが、そこはアニメなので。
なかなか、楽しかったです。

    • 鑑賞日 2005/10/5
    • ビジュアルのこだわり

コミックの映画化としてはビジュアルのこだわりはハンパではなく、これほどの懲り方をしているのは「ディック・トレイシー」以来ではないかと思いました。しっかりハードボイルドな内容なのにコミック的な非日常な描写が散りばめられているのがユニークで面白いですね。まあ見方によってはロドリゲス版「パルプ・フィクション」みたいでしたけどね。

    • 鑑賞日 -
    • ビジュアルを楽しむ作品

内容は二の次、ビジュアルのインパクトが先行しまくった作品。
まぁカッケーっす。

    • 鑑賞日 2015/1/26
    • 再観賞

※本作のレビューは以前にも投稿しているが、映画の続編(または関連性の高い作品)を観る際は必ず前作(関連作)をもう一度観直してから臨むのが自分の観賞スタイルということもあり、また「KINENOTE」はあくまで自分が観た映画の記録を残しておくという趣旨のサービスだと理解しているため、再投稿している。なお、作品の評価は初回投稿分に準じている。

    • 鑑賞日 -

ストーリーには引き込まれないが、映像としては面白い。

原題

SIN CITY

監督

フランク・ミラーロバート・ロドリゲスクエンティン・タランティーノ(スペシャルゲスト監督)

出演

ブルース・ウィリスミッキー・ローククライヴ・オーウェンジェシカ・アルバほか

製作国

アメリカ

製作年

2005

本編時間

124分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

R-15

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

パートカラー

『シン・シティ』©2005 Miramax Film Corp. All Rights Reserved.
このページの先頭へ
ページトップへ