シン・シティ

[R-15]革新的映像表現に瞠目!グラフィック・ノベルのダークな世界観をオールスターキャストで映像化
©2005 Miramax Film Corp. All Rights Reserved.

解説

アメコミよりもアダルトでダークな「グラフィック・ノベル」。その第一人者フランク・ミラーが、『スパイキッズ』のロバート・ロドリゲスと共同監督として原作の雰囲気そのままに実写化したクライム・アクション。

ストーリー

罪の街シン・シティ、そこには幾つものドラマが。心臓を病み退職を考えているハーティガン刑事だが、その前に追い続けてきた連続幼女殺害犯だけは捕らえようと決意、犯人を埠頭に追い詰める。一方、容貌魁偉なマーヴは、酒場の女とベッドを共にしたが、目覚めると彼女は死んでいた。何者かにハメられたと悟った彼は真相を探る。一方、逃亡中の男ドワイトは売春街に魔の手を伸ばす悪漢に対し、売春婦自警団と共に戦いを挑むことに。

放送日時

2017年02月18日(土) 21:00 - 23:15

2017年02月21日(火) 13:00 - 15:30

2017年02月27日(月) 18:45 - 21:00

2017年03月22日(水) 21:00 - 23:15

2017年03月25日(土) 22:45 - 深夜 01:00

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2015/7/14
    • クールな画面

鑑賞してから大分経っての感想。
まず映像がクール。
そして漫画を映画にしたらという感じが凄く出てた。
タランティーノはゲストのため、監督シーンは少ないとのことだけれど、監督陣の名前を見ると、まさに彼らならではな映像と運びだと納得。
お話はオムニバスのシャッフル方式だけれど、どれも濃かったため、若干混乱もしたり。
どのヒロインも強くてカッコよく、大物俳優達への扱い方が相変わらず小気味良かった。
ただ、個人的には期待しすぎてたかも。

    • 鑑賞日 2015/1/11
    • あのフェラーリでさえモノクローム。

これは、これは、と驚きながら見入ってしまった。なるほどフランク・ミラーは、
これをやりたかったのか、と合点がいく。グラフィック・アートを鑑賞するような感覚で、
モノクロームの明暗、意図的で刺激的な着色、これは、これは、お見事。
好悪が両極端に割れそうな野心的な画作り。過剰なまでの独白で、物語を推し進める。
映画としては反則気味だが、架空のシン・シティを描くのには手っ取り早い。
内容はマンガそのものだが、過激な暴力描写、大胆不敵なアート感覚、
どれも魅惑的で、B級と決めつけるだけではくくれないエネルギーの放出がある。

    • 鑑賞日 2015/2/17
    • 表現にシビレます

【OnDemand】続編を見てなんとなくモヤモヤしてたので、前作を改めて。
…やっぱりこっちのほうがクールな気がするw悪がしっかり悪してる。男は男らしく、女は女らしいかっこよさでキャラが立ってるからなのかも。ぶっとい芯が通ってる感じで。
続編も含めて、グロさをクールに変える作り方はサイコーだと思うけど( *´艸`)

    • 鑑賞日 2016/7/16
    • 映像が

とてもスタイリッシュでした。色の使い方がとても綺麗。ミッキー・ローク(でもミッキー・ロークってわからない)のエピソードが1番好きかな。ルトガー・ハウアー久しぶりに見たと思ったら、あんな役で笑った。

    • 鑑賞日 -
    • マイベストアメコミムービー

MCUやダークナイトサーガといったヒーローもののアメコミ映画ばかりがもてはやされる昨今ですが、わたしはこのシンシティがいちばんすきです!原作も含め、とにかくいちばん!!!
全編グリーンバックで撮影し、コミックのイラストを背景に使った映像。ほぼ白黒の画面の中で象徴的な部分のみ原色で表現された演出。ハードボイルドなバイオレンスストーリー。そのすべてがとにかく、かっこいい!!!
戦う女の子を描いた作品がだいすきなので、ビッグファットキルが一押しです♡

原題

SIN CITY

監督

フランク・ミラーロバート・ロドリゲスクエンティン・タランティーノ(スペシャルゲスト監督)

出演

ブルース・ウィリスミッキー・ローククライヴ・オーウェンジェシカ・アルバほか

製作国

アメリカ

製作年

2005

本編時間

124分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

R-15

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

パートカラー

『シン・シティ』©2005 Miramax Film Corp. All Rights Reserved. 『(吹)ゲッタウェイ スーパースネーク』©2013 ADF Acquisitions, LLC. All Rights Reserved. “Supersnake(R)” is a registered trademark of Carroll Shelby Licensing, Inc. and is used with permission 『(吹)アップサイドダウン 重力の恋人』© 2011 / UPSIDE DOWN FILMS- LES FILMS UPSIDEDOWN INC -ONXY FILMS -TRANSFILM INTL -STUDIO37 – KINOLOGIC – FILMS – (UD)-JOUROR PRODUCTIONS -FRANCE 2 CINEMA 『(吹)シン・シティ』©2005 Miramax Film Corp. All Rights Reserved. 『(吹)それでも夜は明ける』© 2013 Bass Films, LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l. All Rights Reserved.
このページの先頭へ
ページトップへ