チャーリーズ・エンジェル

とびきり美しくてタフな女探偵“エンジェル”たちが蘇る!伝説の人気TVシリーズを映画化
© 2000 Global Entertainment Productions GmbH & Co. Movie KG. All Rights Reserved.

解説

1976年に放送開始し日本でも人気を博したTVシリーズをCMや音楽ビデオの演出で鳴らしたマックGが初監督を務めて映画化。ワイヤーを駆使した華麗なバトルや、女探偵エンジェルたちのキュートな変装が楽しい。

ストーリー

姿を見せない男チャーリーの探偵事務所では、ナタリー、ディラン、アレックスの女探偵“エンジェル”と連絡係ボスレーが働いていた。そしてスピーカーからチャーリーの指令が下される。その内容は、極秘開発した音声識別ソフトと一緒に誘拐されたテクノロジー会社の創立者ノックスを救出することだった。ノックスのライバルである大企業オーナーのコーウィンに捜査の的を絞ったナタリーたちは、あらゆる変装で潜入捜査を試みる。

放送日時

2018年02月03日(土) 11:45 - 13:30

2018年02月07日(水) 13:00 - 14:45

2018年02月07日(水) 23:30 - 深夜 01:30

2018年02月12日(月) 21:00 - 22:45

2018年02月23日(金) 17:15 - 19:00

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2017/1/14
    • 女性視点

小さい頃、学校の女子生徒の間で流行ってました。男性と女性ではやっぱり感性が違うのかな?この軽いノリと出来すぎ展開がちょっと苦手です。女性はむきむきマッチョが活躍するアクション映画をこんな気持ちで観てるのかなぁとか考えました。

    • 鑑賞日 2016/8/21

有名なので一度観てみたかった。
目の保養には良かった。
それ意外には何もなかった。

    • 鑑賞日 -
    • くだらないと思いつつも1時間半を退屈せずに楽しめる

 原題""Charlie's Angels""で、1976-1981年に放映されたTVドラマシリーズの映画化。
 チャーリー探偵事務所に所属する女性探偵3人の活躍を描く。タイトルの通り、天使のようなお色気たっぷりの若き美女トリオという設定。チャーリーは顔を見せることなく、彼女たちと接するのはボスレーのみ。
 映画でエンジェル3人娘を演じるのは、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューで、公開時、ルーシー・リューの起用に、アメリカ人の東洋女に対する美的センスの違いを思った記憶がある。
 声紋認識ソフトとその開発者が誘拐されたという依頼が舞い込み、エンジェルたちが出動するが、実は戦時中にチャーリーに殺された父親の復讐をするための罠だったという物語。
 もっとも物語は付け足しのようなもので、正直稚拙。ただ、本作の目的は3人娘のセクシーな魅力とアクションにあって、それを楽しめない人には駄作でしかない。
 かなりおバカな映画で、アクションは『マトリックス』(1999)をなんのてらいもなくパクっている。ただ、3人娘のワイヤーアクションはかなり頑張っていて、『マトリックス』のパロディだと思えばそれなりに楽しい。
 基本はセクシー・コメディなので、3人娘のお色気を楽しむのが一番だが、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモアが男装するシーンが結構笑えて、くだらないと思いつつも1時間半を退屈せずに楽しめる。

    • 鑑賞日 -

チャーミング❗️且つ最強❗️

    • 鑑賞日 2016/2/22
    • 個人的な好みの問題ですが。

この作品に登場する3人のエンジェルよりも、オリジナルのテレビ版に出ていた3人の方が良かったと思います。これは全く個人的な好みの問題ですが。

原題

CHARLIE’S ANGELS

監督

マックG

出演

キャメロン・ディアスドリュー・バリモアルーシー・リュービル・マーレイほか

製作国

アメリカ

製作年

2000

本編時間

99分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『チャーリーズ・エンジェル』© 2000 Global Entertainment Productions GmbH & Co. Movie KG. All Rights Reserved.
このページの先頭へ
ページトップへ