エンジェル ウォーズ

ザック・スナイダー監督の独自の映像センスが全開!セクシー戦士が銃や刀で大暴れするアクション大作
TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.

解説

『300<スリーハンドレッド>』で斬新なビジュアルを放ったザック・スナイダー監督の初のオリジナル脚本映画。『AKIRA』など日本の作品やカルチャーに影響を受けた、空想の異世界とアクションの描写が鮮烈。

ストーリー

1960年代。母と死別した20歳の女性ベイビードールは、遺産を狙う継父の陰謀によって精神科病院に送られる。ロボトミー手術を施されることになった彼女は、救いを求めて空想の世界へと迷い込む──。売春宿で踊って客の相手をすることになったベイビードールは賢者と出会い、5つのアイテムを入手すれば自由を得られると教えられる。そこで彼女は4人の病院仲間と協力し、アイテムを集めようと幻想の戦場へ旅立っていく。

放送日時

2017年01月28日(土) 21:00 - 23:00

2017年01月29日(日) 11:45 - 13:45

2017年01月31日(火) 13:00 - 15:00

2017年01月31日(火) 21:00 - 23:00

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2016/10/2
    • 一般受けせず女性は嫌いだろうな

「300」のわずかに漂う勧善懲悪臭を思い切って削いだ挙句、意味なし落ち無しされどヤマだらけという最高傑作になった。「スーサイドスクワット」はさしものブロックバスターだろうからここまでめちゃくちゃは控えるはず。とするとザックスナイダー個人史としては最高傑作と言っていい。

    • 鑑賞日 -

ロボトミー手術受けてこいや

    • 鑑賞日 2015/5/10
    • 色気のないお色気映画

面白いB級だと思っていたのだけれど、期待していたほどではなかった。絶望の果て施設に入れられた少女が想像の世界を生み出すという設定はありなのだけれど、どっちかで十分なのになぜが売春劇場と戦闘のふたつがあってダンスを始めたら前者から後者に移るという設定も全く合理性を感じない。
アクションも悪くなく映像も十分綺麗だったけど、いかんせん内容がどうしようもなかった。ただの女の子を眺める映画で、Sucker Punchより「エンジェル・ウォーズ」の方がよっぽど適格。

    • 鑑賞日 2011/4/22
    • 観た人しか評価できない内容

3本立て同時公開のような話文章では解説は不可能か?!

    • 鑑賞日 -
    • 良かったけど

アクションシーンとかカッコ良かったけど…もう少し現実味があったらもう少し面白かったかも!ダンスシーンとか一度もなくて残念。

原題

SUCKER PUNCH

監督

ザック・スナイダー

出演

エミリー・ブラウニングアビー・コーニッシュジェナ・マローンヴァネッサ・ハジェンズジェイミー・チャンほか

製作国

アメリカ/カナダ

製作年

2011

本編時間

110分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『エンジェル ウォーズ』TM & © Warner Bros. Entertainment Inc. 『(吹)ダークナイト ライジング』© Warner Bros. Entertainment Inc. and Legendary Pictures Funding, LLC 『(吹)ラストミッション』© 2013 – 3DTK INC 『(吹)カウボーイ&エイリアン[ロング・バージョン]』荒野のど真ん中で気を失っていたカウボーイが目を覚ます。彼は記憶喪失で、手首には謎の機械式腕輪が巻かれていた。男は、有力者ダラーハイド大佐が支配する近くの町に辿り着く。町では大佐のバカ息子が親の七光りで威張り返っていた。男が絡んできたバカ息子を叩きのめしたため、男と大佐は対立関係に。その夜、町の上空に謎の未確認飛行物体が飛来し、住民をアブダクトし始めた。その時、男の手首の腕輪が眩しい閃光を発し…。 『(吹)エンジェル ウォーズ』TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
このページの先頭へ
ページトップへ