(吹)ラストミッション

余命3ヵ月のエージェントが最後の任務に。ケヴィン・コスナーの円熟味が光るスパイアクション
© 2013 – 3DTK INC

解説

リュック・ベッソンの原案・脚本を『チャーリーズ・エンジェル』のマックG監督が映像化し、随所にユーモアを織り交ぜたスパイアクションがド派手に展開。家族思いの凄腕スパイをケヴィン・コスナーが渋く魅せる。

ストーリー

任務中に突然倒れたベテランCIAエージェントのイーサンは、病院で余命3ヵ月と宣告されてしまう。別れた妻子と最後の時間を過ごしたいと願った彼は、エージェントを引退しパリへと向かうが、長年すれ違った娘ゾーイとの溝を埋められずにいた。そんな彼の前に女スパイのヴィヴィが現れ、延命効果がある試験薬と引き換えに危険な暗殺任務を持ちかける。イーサンは標的を追い詰めながら、一方でゾーイとの関係修復に奮闘する。

放送日時

2017年01月15日(日) 21:00 - 23:15

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2016/6/25
    • スパイを生業とする父親

引退寸前のスパイが私生活に仕事に頑張る話。
修羅場を潜り抜けて32年。
肺癌の末期。CIAのヴィヴィアン。使命。試薬。
命を張って臨む仕事。
ご都合主義満載だがその分安心してキャラクターの心情に入れる。
「ゴリラ」と似た雰囲気も。
心拍数。
ぎりぎりの状況でのアクション、カーアクションも凄味がある。
さらっとした触感が心地よい。
ケヴィン・コスナー主演作中では好きな作品。

    • 鑑賞日 2016/5/16

そんなに重くなく、軽い感じで見られる作品。敵だけどいい父親だから殺さない、とか、捕らえた敵の会計士に、娘のためにパスタの作り方を聞く、とかはホンワカした。
別れた娘と妻と絆を取り戻す父親、というのはよくある話だけど王道で良い。それにプラスしてアクションシーンがあるという感じ。CIAの女に与えられた標的をそのまま言われた通りに倒すだけなので、サスペンス要素は皆無だ。そこのところのストーリーは全くもって期待しないほうが良い。アクションシーンは割とアリだと思った。病気で死にそうなのに超強かった。
最後、いよいよ標的を始末する、となってからは駆け足過ぎると感じた。カーチェイスしたその夜に偶然パーティでであって戦いはじめたのは急すぎてびっくりした。まあ倒すところは良かったが、まだ殺す仕事してるの!?と怒った妻との仲直りがあっさり描かれ過ぎていたように感じた。娘とのその後もあっさりと終わった。家族の物語は結構ちゃんと描いていたのだから、そこもしっかりと見たかった!
感動などは特になかったけど、飽きずに見られる良作だと思った。

    • 鑑賞日 2016/3/27
    • 巴里のアメリカ役者

舞台となる花の都の観光案内に、父娘関係の氷解に、そしてアクション・シークエンスの大道具的仕掛けにと、物語の各所における触媒としての自転車1台の使い回しがなかなか巧み。いざという時に決まって鼻血ブーになるケヴィン・コスナーもおもろい。

    • 鑑賞日 2016/2/18
    • 期待通りでした

ケビン・コスナーとリック・ベッソンの名前を見て、見てみる気になりましたが、やはりおもしろかったです。

    • 鑑賞日 2016/1/25
    • 職業、不詳 弱点、病気。

「ダンス・ウィズ・ウルブス」「マン・オブ・スティール」のケビン・コスナーが主演を務め、余命宣告を受けたベテランCIAエージェントが、長らく離れていた娘から信頼を勝ち取るために奮闘する姿を描いたアクション。「96時間」のリュック・ベッソンが脚本を手がけ、「チャーリーズ・エンジェル」「ターミネーター4」のマックG監督がメガホンをとった。CIAエージェントのイーサン・レナーは任務中に病で倒れ、医師から余命3カ月を宣告される。残された時間を別れた家族と過ごそうと決め、パリを訪れたイーサンだったが、思春期の娘ゾーイとの溝は深まるばかり。そんな時、謎の女エージェントのヴィヴィが、イーサンの病気に効果のある試験薬を提供するかわりに、現役最後の仕事として凶悪なテロリスト抹殺の任務を引き受けてほしいとと持ちかける。

原題

3 DAYS TO KILL

監督

マックG

出演

ケヴィン・コスナー(津嘉山正種)アンバー・ハード(佐古真弓)ヘイリー・スタインフェルド(楠見藍子)ほか

製作国

アメリカ

製作年

2014

本編時間

116分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

吹き替え

カラー/白黒

カラー

『(吹)ラストミッション』© 2013 – 3DTK INC 『ダークナイト ライジング』© Warner Bros. Entertainment Inc. and Legendary Pictures Funding, LLC 『ラストミッション』© 2013 – 3DTK INC 『カウボーイ&エイリアン[ロング・バージョン]』© 2016 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC and UNIVERSAL STUDIOS. 『エンジェル ウォーズ』TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
このページの先頭へ
ページトップへ