ラブ・アゲイン

離婚で失った男の自信を取り戻せ!ナンパ師と出会ったサエないオヤジの自己改造を描くラブ・コメディ
© Warner Bros. Entertainment Inc.

解説

離婚を突きつけられたオヤジが男の魅力を取り戻そうとするユーモラスな奮闘は、『40歳の童貞男』の人気コメディ俳優スティーヴ・カレルのハマリ役。ライアン・ゴズリングもナイスガイな遊び人を嫌味なく好演。

ストーリー

仕事も家庭も順調と思っていた中年男キャルが、ある日妻エミリーから浮気を告白され、離婚してほしいと言われてしまう。ショックを受けた彼がバーでヤケ酒をあおっていたところ、ナンパ成功率100%を誇る遊び人ジェイコブと知り合う。男らしさを取り戻す手伝いをしたいと提案されたキャルは、ジェイコブのアドバイスを受けてイケてる男へと変身していく。一方、ジェイコブも真剣に愛する女性と出会い、キャルに相談する。

放送日時

2017年07月01日(土) 深夜 01:30 - 深夜 04:00

2017年07月03日(月) 10:30 - 13:00

2017年07月13日(木) 深夜 00:45 - 深夜 03:15

2017年07月19日(水) 06:00 - 08:30

2017年07月25日(火) 23:15 - 深夜 01:45

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 -

ライアンゴズリングがイケメン。
これ見たらモテ術分かるかな、という不純な理由で観たが、予想外にストーリーに引き込まれた。観終わった後爽やかな気分になれるいい映画。

    • 鑑賞日 2017/4/18
    • ライアンゴズリングのクスクス笑いあり

アカデミー作品賞の時、壇上の隅っこで思わず吹き出しちゃった時とそっくりで、そこが最大の見どころ。あ、裸にもなります。
登場人物が何を考えているかはすべて台詞で説明され、最後はとうとう演説で心情を訴える。
超豪華な俳優陣の中、マリサトメイとケヴィンベーコンがなんか気の毒。役ではなくて本人が。

    • 鑑賞日 2017/4/12
    • ポップな展開にも随所随所でハッとさせられる。

Everything goes well :) The atmosphere is light and lively, even I learned something important to my life, actually. With all of my hearts to Ryan & Ema.

    • 鑑賞日 2017/3/19
    • エマ・ストーンがどこで絡んでくるのか気になった

妻に逃げられたダサい中年男性を遊び人がモテ指南していくという大筋のストーリーがメインであるなかに、エマ・ストーンのサブストーリーがちょくちょく挟まれ、どこで絡んでくるのか、けっこう長い間分からなかったのが、ちょっと残念。

    • 鑑賞日 2015/12/19
    • 豪華キャストでのラブ・ゲーム。

良く出来た恋愛映画はラブ・ゲームの帰趨に一喜一憂させられる。われわれの世界
でも、「実は今彼女とこういう状態なんだよ」という相談事は山とあるわけだ。
そこらへんの下々の心情を上手くすくい取った恋愛映画となった。
妻を寝取られたキャル(S・カレル)の落胆ぶりを見かねた、
プレーボーイのジェイコブ(ゴズリング)が恋愛指導をする幕開けから、絶好調に面白い。
そんなダメ亭主のキャルなのだが、若いベビー・シッターには惚れられる。
しかも中学生の息子が憧れている娘でもある。
その担任の先生がマリサ・トメイで、ラブ・ゲームのプレーヤー兼任。
浮気をした妻がJ・ムーアで、その相手がK・ベーコンという豪華な組み合わせで、
これらを自由自在に操る。脚本家の、してやったりのドヤ顔が浮かぶ。

原題

CRAZY, STUPID, LOVE.

監督

グレン・フィカーラジョン・レクア

出演

スティーヴ・カレルライアン・ゴズリングジュリアン・ムーアエマ・ストーンほか

製作国

アメリカ

製作年

2011

本編時間

119分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『ラブ・アゲイン』© Warner Bros. Entertainment Inc.
このページの先頭へ
ページトップへ