エンド・オブ・ウォッチ

[PG12]死と隣り合わせな犯罪多発地区で、市警コンビの危険な日常をリアルに描くポリス・アクション
© 2012 SOLE PRODUCTIONS, LLC AND HEDGE FUND FILM PARTNERS, LLC

解説

ギャング同士の抗争が絶えない実在の重犯罪多発地区を舞台に、『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアー監督が市警コンビの危険な捜査をリアルに描く。現場の緊迫感を醸し出すPOV形式の映像も秀逸。

ストーリー

ロス市警の白人巡査テイラーとメキシコ系巡査ザヴァラは、重犯罪多発地区サウス・セントラルの中でも特に危険なニュートン地区を担当し、高い犯罪検挙率を誇っていた。また大学進学を目指すテイラーは、入試課題のため勤務中の様子を常にカメラで撮影していた。ある日パトロール中に通報を受けて現場に踏み込んだ2人は、一軒家に潜む数十人の不法麦国者を発見。巨大麻薬カルテルの秘密に触れたことから命を狙われてしまう。

放送日時

2017年08月12日(土) 深夜 01:30 - 深夜 03:30

2017年08月18日(金) 09:00 - 11:00

2017年08月21日(月) 深夜 02:15 - 深夜 04:15

2017年08月31日(木) 17:00 - 19:00

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2017/8/9
    • 警察官の使命

ロス市警に務めるテイラーと相棒サヴァラ。お気楽だが警察官としての使命を全うする二人に麻薬カルテルという大きな闇が迫り始める…。
警察映画の中で特に好きな作品。明るいシーンの次にドス黒い犯罪のシーンを交互に映すため不安感が一層増す。掛け合いも好き。

    • 鑑賞日 2017/8/5
    • 相棒

こんな銃の国でよく警官をやっている。勲章を貰っても命あってのものだねだ。

    • 鑑賞日 2017/2/12
    • 神様が好き

徹底したPOV方式のポリスアクション。
ロス市警の勤務と生活を手持ちや制服にセットしたカメラ越しに見せる。
治安の悪い地域の実態。
リアルに且つ派手に警官の頑張りを描く。
上手な俳優が多く演出も手堅い。

    • 鑑賞日 2015/1/20

end of watch 業務終了を表す言葉。または殉職の隠語でもあるそうだ。知っている人にはネタバレなタイトルだったりする。撮影にためにトレーニングを積んだジェイク・ジレンホールを始め、臨場感たっぷり。

    • 鑑賞日 2015/10/1

どのくらいリアルなのかは知らないが,とんでもなく治安が悪い地域とはどういうものかが伝わってきて,それだけでも勉強になってよかった。

ラストは銃撃はちょっと芝居がかっちゃってたけど,全体的には,リアリティを追求しているようでその点も良かった。

原題

END OF WATCH

監督

デヴィッド・エアー

出演

ジェイク・ギレンホールマイケル・ペーニャアナ・ケンドリックナタリー・マルティネスほか

製作国

アメリカ

製作年

2012

本編時間

109分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

PG12

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『エンド・オブ・ウォッチ』© 2012 SOLE PRODUCTIONS, LLC AND HEDGE FUND FILM PARTNERS, LLC
このページの先頭へ
ページトップへ