(吹)プレデターズ

[PG12]原点である第1作密林サバイバルを踏襲したロバート・ロドリゲス製作21世紀版『プレデター』
© 2010 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

解説

「スパイキッズ」シリーズのロバート・ロドリゲス監督がプロデューサーを務め、1987年のシリーズ第1作の続きとして製作。個性と戦闘力を増した最凶のプレデターが、恐怖を煽りながら人間狩りをしていく。

ストーリー

意識を失っていた傭兵ロイスは、気がつくと空から見知らぬジャングルにパラシュート降下していた。そこには彼と同じく戦闘のプロ6人と医師エドウィンがいた。なぜ集められたのか分からないまま彼らがジャングルを進んでいくうちに、ここが地球ではなく、自分たちが謎の生命体に命を狙われていることを知る。1人ずつ人間狩りの犠牲になっていく中、ロイスたちはこの星で長年戦ってきた生存者に救われ、敵の正体を教わる。

放送日時

2017年09月24日(日) 深夜 01:00 - 深夜 03:00

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2011/1/14
    • ジローラモ?

主人公がジローラモに見えて仕方がなかった。
ヤクザがかっこ良過ぎ。
渋いッス。
お暇な夜の夜長にながら観。
それくらいの抜き加減で楽しむのが調度いいんじゃないかな、と。

    • 鑑賞日 2012/3/23
    • カリノジカンダ

ついに、公開からずっと観たかった映画『プレデターズ』を観た。
何も考えずに観られる、良いアクション映画でした。
一作目『プレデター』を彷彿とさせる映画作り。

登場人物も多彩で、あからさまなゲス野郎や隠れゲスなど、
アクション映画を彩るキャラがバランス良く配備されていて好感。
異色なのは、ジャパニーズ・マフィアことヤクザのハンゾー。
上半身裸(刺青あり)で日本刀を手にプレデターとやり合うシーンは圧巻。
ジャパニーズ・サムライがプレデターと互角に渡り合うバトルが印象的です。

そして、今作で明らかになった新事実!
「プレデターには大きい方と小さい方がいて、争いをしている」

なんと、今まで映画に登場していたプレデターは皆、「小さい」族。
大きい方はよりパワーも強く強大で、何よりブサイクでした。

小さいプレデターがかわいく思える。
この、小さい・大きいの争いがもうちょっと見られたら良かったなー。
そしたらもっとB級感出ていい感じだったのに。

とはいえ、重厚な良い映画でした。
エイドリアン・ブロディかっこ良かった。
戦場のピアニストがこんな武闘派だったとは…。
反面、ローレンス・フィッシュバーン(モーフィアス)の茶番感といったら…。

    • 鑑賞日 2015/11/22
    • ちょっと残念。

プレデターはもっと強いはず。

少なくともヤクザがタイマンで、しかも日本刀1本で勝てるのは、いくらんなんでも、いかがなもんか。そりゃ個体差はあるだろうけど、そこはちょっとなあ。。。

『1』『2』に出てきたプレデターはもっと強くなかった?

    • 鑑賞日 2015/11/9

昨日(11月8日)野球のプレミアム・リーグで放送が遅れ観損ねてしまったテレビ放映。野球が面白かったので満足して寝てしまった。そういえばあの映画DVD持っていたよ・・・、と云う事で再見。戦後70年、ナチスをネタにするには少し古くなり、冷戦が終了してソ連もいない。ベトナムやテロはまだ血なまぐさい。そこでハリウッドが創り出したのがゾンビと宇宙人。複雑な政治的背景もない、誰に遠慮もなく大いにやっつけることができる連中。アーノルド・シュワルツェネッガー版はそれなりに面白かったが、ここまでいくと・・・。いきなり主人公が急降下でやって来る、前振りなしの始まり方で新鮮にも思えるが作りはいたってハリウッドの伝統にのっとっている。最初の15分で状況を説明。登場人物の特徴を観客に見せて次から次へと難題が持ち上がる。ハラハラのサスペンス・アクション。8人いた登場人物が2人やられて6人という物語上中途半端な人数になると7人目の登場。どの人間も傭兵だったりヤクザだったりお尋ね者など、宇宙人に殺されても仕方ないでしょという逃げも用意万端。後は最新の特撮ならぬSFXで見せ場はバッチリ。古いネタも新鮮に仕上がった娯楽映画・・・なのかも知れない。

    • 鑑賞日 2015/4/27
    • 変わらないB級感が良い

彼らは目覚めたらパラシュートで地上に降下中だった。右も左も分からずにジャングルを歩くと、他にも数名の男女が。軍の特殊部隊員、マフィア、ヤクザ、殺人鬼、科学者。彼らは「捕食者」によって、狩りの獲物として集められたのだ…。ストーリーはただ殺し合うだけ。割り切ってるなぁ。B級感が良い。

原題

PREDATORS

監督

ニムロッド・アーントル

出演

エイドリアン・ブロディ(井上和彦)アリシー・ブラガ(皆川純子)トファー・グレイス(置鮎龍太郎)ウォルトン・ゴギンズ(高木渉)ほか

製作国

アメリカ

製作年

2010

本編時間

107分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

PG12

字幕/吹き替え

吹き替え

カラー/白黒

カラー

『(吹)プレデターズ』© 2010 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
このページの先頭へ
ページトップへ