(吹)ナイト ミュージアム

博物館の展示物がみんな動き出す!胸躍るアイデアを映像化したアドベンチャー・シリーズ第1弾
© 2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

解説

夜になると動き出す自然史博物館の展示物のキャラクター像は、実際の歴史や性格を反映しつつ遊び心も利いていて楽しい。 テディ・ルーズベルト大統領役を故ロビン・ウィリアムズが演じ、貫禄十分な存在感を魅せる。

ストーリー

失業中のバツイチ男ラリーは、心配する息子ニックへの面目を保つため、ニューヨーク自然史博物館の夜警の仕事に就く。引退するセシルら老警備員3人組に代わって一人で館内を警備することになるが、その初日、彼は信じられない光景を目にする。なんと博物館の展示物が夜になると勝手に動き出すのだった。驚いたラリーは辞職しようとするが息子のために思いとどまり、展示物について猛勉強することで対処法を学んでいく。

放送日時

2017年07月30日(日) 19:00 - 21:00

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2015/3/23
    • 再観賞

※本作のレビューは以前にも投稿しているが、映画の続編(または関連性の高い作品)を観る際は必ず前作(関連作)をもう一度観直してから臨むのが自分の観賞スタイルということもあり、また「KINENOTE」はあくまで自分が観た映画の記録を残しておくという趣旨のサービスだと理解しているため、再投稿している。なお、作品の評価は初回投稿分に準じている。

    • 鑑賞日 2017/3/4

夜の博物館ってどんなんだろ?
誰もが思う素朴な疑問を、大人たちが本気で作る。そこがもう最高ですよね。
今は亡きロビンウィリアムズが出てきた時点でホロッとするのに、あの優しいちょっとくしゃっとした笑顔が堪らないですね。

    • 鑑賞日 2017/2/11
    • 奇想天外な設定

今回で3回以上は観ているかな。
最初観たときは、奇想天外な設定によるストーリーで、本当にビックリした。だってね、自然史博物館の展示物が動き出すんだぜ。よく考えたもんだなぁって思った。そして、展示物のそれぞれのキャラが、これまた濃いんだよね。展示物同士の恋愛まであるんだからビックリ。何度観ても楽しい映画だよね。

    • 鑑賞日 2017/2/12

この映画は小さい頃から何回も見た映画!本当に面白い!夜の博物館があんな風になってたらどうしようって考えてしまう!エジプトの王様、なんかの映画で見たことあるんだけどなんだろう。みんな仲良くしようね!笑

    • 鑑賞日 2016/11/27
    • ダメ親父がんばる

ファミリー向けコメディ。
これはこれで十分に楽しめる。
今は亡きロビン・ウィリアムズの優しい表情が印象深い。
とりあえず2は観ておこうかな。

原題

NIGHT AT THE MUSEUM

監督

ショーン・レヴィ

出演

ベン・スティラー(檀臣幸)カーラ・グギーノ(高乃麗)ディック・ヴァン・ダイク(中村正)ミッキー・ルーニー(永井一郎)ほか

製作国

アメリカ

製作年

2006

本編時間

109分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

吹き替え

カラー/白黒

カラー

『(吹)ナイト ミュージアム』© 2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. 『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』© 2014 Sous Chef, LLC. All Rights Reserved. 『リディック:ギャラクシー・バトル』© 2013 RIDDICK PRODUCTIONS, INC. 『96時間』© 2008 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. 『アイ,ロボット』© 2004 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. 『ナイト ミュージアム』© 2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
このページの先頭へ
ページトップへ