アンストッパブル

時速160kmの怪物…無人の暴走列車を止めろ!デンゼル・ワシントン主演の実話パニック・アクション
© 2010 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

解説

米国で実際に起きた列車事故に着想を得たパニック・アクション。トニー・スコット監督&デンゼル・ワシントンが5度目のコンビを組み、本物の列車を使ったリアルな映像や危険なスタントで迫真の興奮を醸し出す。

ストーリー

勤続28年のベテラン機関士フランクと入社4ヵ月の新米車掌ウィルは、貨物を運ぶ旧式機関車を運転するため初めてコンビを組むことに。ソリの合わない2人がギクシャクしながら操車場を出発した頃、最新鋭の大型貨物列車777号が機関士のミスによって無人で走り出してしまう。列車はたちまち加速し、線路上の車や脱線機をことごとく吹き飛ばしていく。同じ路線を走っていたフランクたちは、暴走する列車を止めようと挑む。

放送日時

2017年08月11日(金) 21:00 - 22:45

2017年08月19日(土) 21:00 - 22:45

2017年08月20日(日) 11:30 - 13:15

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2017/4/16
    • 実話ベースの

鉄道パニックもの。ストーリーは列車暴走事故の顛末につきるのだが、様々な対策が取られては失敗する過程が迫真力を持って描かれる。モンスターの如き巨大列車の爆走も迫力があります。人間ドラマは味付け程度ですが、いい話になっていて好感度。

直接の事故原因は現場の運転士だが、上層部の管理責任は免れない。トップの金儲け重視姿勢と低い倫理感覚が遠因。そこまで踏み込んだ描写もあって、ただのパニックものに終わらない深みも出た。尼崎の福知山線脱線事故を思い出した。

    • 鑑賞日 2017/2/21

事件?事故の発端はアメリカらしい?基本的なミスで暴走を始めた機関車。危険な化学薬品が積まれている。映画と機関車はよく似合う。特にアメリカのでかい機関車はまさに走る怪物。極力CGを使わずに実物を走らせ脱線させるなど迫力は本物。途中だれることもなく一気に楽しめる。実話が元になっているというのもアメリカらしい。

    • 鑑賞日 2016/11/2

脚本 7
演出 7
配役 7
映像 7
音楽 6

    • 鑑賞日 -

爆音映画祭で鑑賞。5億点。

    • 鑑賞日 2016/10/3
    • デンゼルの笑顔

この手の作品は家族背景のウンチャラが付き物だが、ことの発端を優先させている割に後でしっかり効いてくる。何と言ってもデンゼルの笑顔がどれ程危機的状況であろうとも、ある時は若造を奮起させるために、ある時は死の決意すら嘲笑するかのように演じ分けて、その芝居だけで心が動く。一種の至高の顔芸だな。

原題

UNSTOPPABLE

監督

トニー・スコット

出演

デンゼル・ワシントンクリス・パインロザリオ・ドーソンイーサン・サプリーほか

製作国

アメリカ

製作年

2010

本編時間

99分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『アンストッパブル』© 2010 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. 『(吹)シェフ 三ツ星フードトラック始めました』© 2014 Sous Chef, LLC. All Rights Reserved. 『(吹)リディック:ギャラクシー・バトル』© 2013 RIDDICK PRODUCTIONS, INC. 『(吹)96時間』© 2008 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. 『(吹)アイ,ロボット』© 2004 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. 『(吹)ナイト ミュージアム』© 2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
このページの先頭へ
ページトップへ