イン・ハー・シューズ

自分にピッタリな靴=生き方とは?対照的な姉妹の絆を描く、キャメロン・ディアス主演の感動ドラマ
© 2005 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

解説

『L.A.コンフィデンシャル』など硬派な映画で知られるカーティス・ハンソン監督が、何もかも対照的な姉妹の絆を繊細に綴る。登場人物たちの心情を代弁するように選ばれた、ジミー・チュウなどの高級靴にも注目。

ストーリー

弁護士として成功するも、容姿に自信が持てない姉ローズ。難読症を患って定職にも就けず、美貌とスタイルしか取り柄がない妹マギー。2人の唯一の共通点は靴のサイズが同じことぐらい。そんなある日、マギーがローズの家に転がり込んでくる。しかし、マギーのだらしない生活態度にローズが怒り、逆ギレしたマギーがローズの恋人を寝取って大ゲンカに。アパートを追い出されたマギーは、フロリダに住む祖母エラの元へ向かう。

放送日時

2017年12月21日(木) 16:30 - 18:45

2017年12月24日(日) 12:15 - 14:45

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2017/11/26

女性としての自信が持てない姉と、仕事をして自活することに自信が持てない妹。コインの表裏のような姉妹を主人公にし、それをひっくり返すことで、2人も映画も生き生きと輝きだす過程が見事。

姉妹は離れ離れになったことにより、少しだけ相手の靴を履いてみる。マギーは少し真面目になり、老人たちの世話をするようになる。ローズも仕事を辞めて自分を見つめ直し、新しい恋人もできる。

フロリダに舞台が移ってからは、マギー演じるキャメロンディアスの自信を取り戻した健康体の肢体、その開放的な魅力が全開している。ローズを演じるトニコレットが女性として目覚め生き生きとしていく様を好演。祖母を演じるシャーリーマクレーンの包容力もいい。

また本作でキャメロンディアスが老人施設で患者と詩を通して語学力を高めていくのだが、詩というものがいかに人生を豊かにするのか、そして織学になることで自分に自信を持ち輝いていくことを説得力を持って描いている点で稀な作品である。

    • 鑑賞日 -
    • よく

あるストーリー。姉妹仲良くしないとね。

    • 鑑賞日 2005/11/16
    • 親子・姉妹の関係を見つめ直す温かいまなざしに満ちた映画

ニートの人必見! これをみて人生を前向きに考えましょう。・・・という映画ではなく、一番近しい親子・姉妹の関係を見つめ直す温かいまなざしに満ちた映画でしたね。キャメロン・ディアスが本格派女優へ乗り出す姿勢を見せているのがわかりますね。ジュリア・ロバーツに倣ってこの線でオスカー狙っていたりして。教授を演じたノーマン・ロイドが印象的でした。

    • 鑑賞日 2017/5/21

ながら見だったからかあまり入って来ず。キャメロンディアスがクズすぎて、イライラ。キャメロンディアスってシワシワのクズクソババアなのにたまに可愛く見えるのがすごいよね。演技が上手いんだろうね。好きにはなれないけどね。

    • 鑑賞日 2017/5/2
    • こんな風になったら皆幸せ

ひたすら自由奔放でマトモに働かない妹と、生真面目な姉との姉妹愛の話。

姉は恋人と同棲していたのに妹に寝取られ、妹にブチ切れるものの怒り方が「私の妹なのにそんな事しか言えないの」というのが真面目さを物語っていた。

妹はフラフラ自由奔放でだらしないために家も無く、姉の家を追い出されてから祖母の老人ホームに向かい、そこで働き、少しずつ変わり始めていた。老人達から買い物を受注する新しい仕事を始めてみたり、手伝っていた施設でおじいさんに本を読んでくれと言われて難読症を克服する努力をし始めていた。

姉は恋人を寝取られてから、恋人が同僚だったため仕事も辞め、もがき、新しい恋人と婚約して、でも妹の事を隠したりしてて婚約破棄を言い渡される。やっぱり妹が気になって仕方ない。真面目で優しいんだよね。

そして老人ホームで再会する2人は、ちゃんと話も出来て、めでたしめでたし。姉の結婚話とか両親の話とかあるけど正直オマケかなってくらいには姉妹の話だった。

妹から連絡を受けて、老人ホームまで姉の元婚約者が来る。ちゃんと姉と元婚約者2人で話をして仲直り。それを見ているおばあちゃん達のにこにこした顔が好き。

姉の結婚式で妹は難読症を克服して、E.E.カミングスの詩、
『I Carry Your Heart With Me』を朗読する。これはとても仲の良い事がわかっている妹が読むから感動的なんだなと思いつつも良い詩だった。

自分もここまででは無い(と思いたい)が"酷い妹"なので、姉が怒る言葉が刺さったりした。でも、ここまでぶつかって分かり合うのは、出来ないんだろうな。私も上手く言葉が出ないと思うし。

めでたしめでたしな話は、好き。

原題

IN HER SHOES

監督

カーティス・ハンソン

出演

キャメロン・ディアストニ・コレットシャーリー・マクレーンマーク・フォイアスタインほか

製作国

アメリカ

製作年

2005

本編時間

131分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『イン・ハー・シューズ』© 2005 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
このページの先頭へ
ページトップへ