(吹)アフター・アース

ウィル&ジェイデン・スミス親子共演!人類滅亡後の地球を舞台に、息子の成長物語を父がプロデュース!
© 2013 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

解説

ウィル&ジェイデン・スミス親子が『幸せのちから』以来、再共演。『シックス・センス』のM・ナイト・シャマランを監督に迎え、人類が滅亡した地球を監督ならではの豊かなイマジネーションで描くSFアクション。

ストーリー

軍の最高司令官サイファと息子キタイが乗った宇宙船は事故によりある惑星に不時着。クルーの中で生存者は彼等親子二人きりで、さらに父のサイファは負傷がひどく身動きが取れない。助けの宇宙船を呼ぶ発信機を探す為に、息子キタイは、父のナビゲーションを受けながら一人、宇宙船の外へと踏み出す。しかしそこは、1000年前に人類が滅亡した地球の成れの果てであった…。

放送日時

2017年11月05日(日) 21:00 - 23:00

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2017/5/14

地球を去ってから1,000年後、ウィル・スミス親子が再び地球に戻るレンジャー部隊となって巨大生物との戦いを繰り広げていくが、
ストーリーや設定などM・ナイト・シャマラン監督らしからぬ感がある。
かなり失望してしまった。唯一なるほどと思ったのは途中ウィル・スミスが息子に会話する「危険は現実に存在するが、恐怖は現実には存在しない」ぐらい。

    • 鑑賞日 2017/4/30

未来の地球に不時着した親子のサバイバル・ストーリー。
ウィル・スミスが息子のジェイデンと共演。息子の出演した映画は初めて。美男でも演技力があるわけでもなく、これでは七光りと言われてもしょうがないレベル。M・ナイト・シャラマンの演出も相変わらずパッとしない。なぜ、ハリウッドが彼を起用し続けるのかがよくわからない。

    • 鑑賞日 2017/4/29
    • サバイバルSF

遠い昔地球に住めなくなった人類は他の惑星に移住したが、そこには人類の移住を敵と見なし人類を殲滅しようとする生物が放たれた。その生物は人間の恐怖を感知し襲いかかるというものであった。しかし恐怖を感じない人間はゴーストとしてその生物の殲滅にあたっていた。
ゴーストの司令官と訓練生の息子は訓練に向かう途中宇宙船が遭難し二人だけになってしまう。宇宙船は二つの部分に分かれ前方の宇宙船からは遭難信号が発せられない。後方の宇宙船に予備があり、それを手に入れるため大けがをした父親をおいて息子がそれを取りに行くという筋立て。
若干の説明不足はあるが、異星生物とのバトルは皆無ではないが少しだけ。宇宙船同士の闘いというのもなく、不時着した惑星が地球だったという設定は面白い。
目新しい仕組みはないが、父と子の絆と子供の冒険話が新鮮。
平均点が低いようだが、SFファンとしてはよくできた映画だと思う。

    • 鑑賞日 2017/4/28

ウィルスミス親子共演
小道具や衣装などの世界観はかっこいい
父として司令官として
息子の演技はアレだが

    • 鑑賞日 2017/4/25
    • ジュブナイルSFです。

ストーリーは未熟な少年が試練を経て成長を遂げるという、少年ものの黄金パターン。舞台は異世界と化した遠い未来の地球。父親との確執を抱えた少年が、命がけの旅に出る。襲ってくるのは猛獣や怪物。タイムリミット・サスペンスの要素も加えてある。

しかし、捻りも意外性もないストーリ展開が物足りない。襲いかかる危険とその対処にもアイデアが不足。その他、舞台設定やSFガジェットの造り込み不足が多くて、突っ込みだせば切りがない。

とうてい大人の鑑賞には耐えません。子供にはどうかなあ。それなりに面白がるかもしれませんね。

原題

AFTER EARTH

監督

M・ナイト・シャマラン

出演

ウィル・スミス(東地宏樹)ジェイデン・スミス(本城雄太郎)ソフィー・オコネドー(藤貴子)ほか

製作国

アメリカ

製作年

2013

本編時間

101分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

吹き替え

カラー/白黒

カラー

『(吹)アフター・アース』© 2013 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』© 2010 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. 『ダイ・ハード4.0』© 2007 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.  『ドリームガールズ』© 2017 DW Studios LLC and Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. 『ポンペイ』© 2014 Constantin Film International GmbH and Impact Pictures (POMPEII) Inc.
このページの先頭へ
ページトップへ