(吹)エンド・オブ・ホワイトハウス

[PG12]米国の中枢ホワイトハウスがテロ攻撃で戦場と化す!ジェラルド・バトラー主演の壮絶アクション
©2013 OLYMPUS PRODUCTIONS,INC

解説

ジェラルド・バトラーが凄腕の元シークレットサービスを熱演。ホワイトハウスの内部を熟知した主人公が機転を利かせてテロ一味と繰り広げる、『ダイ・ハード』ばりの孤立無援バトルは銃撃戦も挌闘戦も迫力満点。

ストーリー

シークレットサービスのマイクは事故に遭った米国大統領アッシャーの安全を優先し、大統領夫人を救えなかった失敗から内勤へと配置換えされる。それから1年半後。韓国首相が訪問したホワイトハウスに未確認攻撃機が接近して官邸を空爆し、地上からアジア人武装集団に突入される。事件に気づきホワイトハウスに向かったマイクは邸狽に潜入し、地下でテロリスト一味の人質となった大統領たちを救うためたった一人で戦いに挑む。

放送日時

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

原題

OLYMPUS HAS FALLEN

監督

アントワーン・フークア

出演

ジェラルド・バトラー(宮内敦士)アーロン・エッカート(井上和彦)モーガン・フリーマン(坂口芳貞)ほか

製作国

アメリカ

製作年

2013

本編時間

120分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

PG12

字幕/吹き替え

吹き替え

カラー/白黒

カラー

『(吹)エンド・オブ・ホワイトハウス』©2013 OLYMPUS PRODUCTIONS,INC
このページの先頭へ
ページトップへ