フルスロットル

人間の限界を突破した超絶アクションがハリウッドで進化!ポール・ウォーカー最後の主演作
© 2013 EUROPACORP - BRICK MANSIONS PRODUCTIONS INC.

解説

リュック・ベッソン脚本作『アルティメット』をハリウッドでリメイク。パルクールの創始者ダヴィッド・ベルがオリジナル版から引き続き出演し、本作が実質的な遺作となったポール・ウォーカーと共に美技を披露する。

ストーリー

2018年のデトロイト。犯罪多発地区“ブリックマンション”は高い壁で囲まれ、マフィアが牛耳る無法地帯と化していた。そんなある日、警官の父をマフィアのボスに殺された過去を持つ潜入捜査官ダミアンは、中性子爆弾を盗んだマフィアが爆弾を起動させたという情報を入手。ダミアンは10時間後に迫る爆発を防ぐため、マフィアに拉致された元恋人の救出に向かうスラム育ちの青年リノを案内役に、ブリックマンションへ潜入する。

放送日時

2018年02月17日(土) 17:00 - 19:00

2018年02月23日(金) 21:00 - 23:00

2018年02月25日(日) 23:00 - 深夜 00:45

2018年02月27日(火) 23:00 - 深夜 00:45

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2017/9/9
    • おっ!

アクションシーンは派手で何よりポールウォーカーがカッコいい。

倍速に違和感があったけど、飽きずに見れた。

    • 鑑賞日 2017/8/23
    • 「ポール・ウォーカーの思い出に捧げる」の文字に涙

ポール・ウォーカー出演作なので観たら、ワイスピ・シリーズに似た娯楽作だった。

デトロイトに「ブリック・マンション」という無法地帯があり、そこに悪人が大勢住んでいるという設定。
リノなる身軽で強い男が悪人に追われるが、軽々と逃げまくる。
ダミアンなる男が、廃棄された麻薬20キロを、再度届けるという役目で登場する。これがポール・ウォーカー。
そして、アッという間にカーチェイスとなる。
今度は「中性子爆弾が奪われた」という話も出てくるが、バトルシーン、カーチェイス場面など楽しい映像。

こうした頭で考えずに、気楽に観られる映画も楽しい。

「ポール・ウォーカーの思い出に捧げる」の文字に涙。。。

    • 鑑賞日 2017/7/3
    • パルクールの宣伝映画。

リュック・ベッソンの旧作をハリウッドでリメイクした作品。P・ウォーカーの遺作ともなった。
しかしこの作品の売りは「パルクール」にある。リノ役を演じたダヴィッド・ベルのアクション
がそれだ。格闘技の要素より、障害物レースのような不規則ランニングが、新次元の
身体的パフォーマンスを見せる。パルクールの宣伝映画といってもいいくらい。
ベッソンの作劇は大げさでマンガチックなものだが、リアルでスピーディな映像でまくし
立てると不思議にエンターテイメントの王道に入ってくる。追いつ追われつのシークエンスを
ダヴィッド・ベルのパルクールで見せた。確かに目から鱗が落ちるシーンの連続なのだが、
ドラマと結びつかない単独のパフォーマンスに終わってしまう。銃撃戦、カーチェイス、
キャットファイトとそれぞれ合格点のシーンなのだが、肝心のストーリーが甘く、アクション
を観たい観客にはOKだが、あくまでも映画を観たい人には、眼が忙しく回るだけのハート
に響かない作品とも言える。

    • 鑑賞日 2017/7/7

ポール・ウォーカーの生前にクランクアップした最後の作品。ブリック・マンションと呼ばれる悪の巣窟のような建物を舞台に、悪に立ち向かう2人の男。
もう一人の主役 ダヴィッド・ベルは、パルクールの創始者。『アルティメット』のハリウッドリメイクである本作も、そのパルクールを魅せるための舞台設定と言えよう。だから、ストーリーなどどうでも良い、というところはあるのだが、当初敵役だったブリック・マンションの麻薬王が、ラストではベビーフェイスに転じ、しかも市長に立候補。流石にそれはないだろう。

    • 鑑賞日 2017/4/16

「レオン」のリュックベンソン脚本の「フルスロットル」
流れるようなアクションとちょっとした人情が持ち味が大好きでつい 観てしまうんだなぁ。
「ワイルドスピード」シリーズのポールウオーカーの主演遺作になってしまったけど、全盛期のジャッキーチェンのアクションも彷彿とさせて最後まで目が離せない。大逆転のラストも気持ちよかった。

原題

BRICK MANSIONS

監督

カミーユ・ドゥラマーレ

出演

ポール・ウォーカーダヴィッド・ベルRZAカタリーナ・ドゥニほか

製作国

フランス/カナダ

製作年

2014

本編時間

91分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『フルスロットル』© 2013 EUROPACORP - BRICK MANSIONS PRODUCTIONS INC.
このページの先頭へ
ページトップへ