スター・トレック

スター・トレック、それは最後のフロンティア 『スター・ウォーズ』と並び称される、世界中で愛される超人気SFシリーズ『スター・トレック』。だが、日本でしっかり見ているという人は多くない。今こそガラパゴスを出よう!スター・トレック、それは映画ファン最後のフロンティアだ!

最新作 スター・トレックBEYONDコラムを読む

STAR TREK THE NEXT GENERATION(TNG)

TNGは1987年にTV放送が始まった新シリーズで(邦題『新スタートレック』)、TOSの80年後にあたる24世紀を舞台に、ピカード艦長が指揮するエンタープライズDの宇宙探検が描かれ、その劇場版として4本の映画が製作された。うち最初の『〜ジェネレーションズ』はカークとピカードのバトンタッチが描かれるクロスオーバー的な作品。続く3作では、新たに映画オリジナルの宇宙艦エンタープライズEが登場し、アクション要素も強化され、迫力満点の宇宙戦闘が繰り広げられることに。

TNG映画版VII〜Xまで一挙放送!

  • スター・トレックVII ジェネレーションズ

    スター・トレックVII ジェネレーションズ

    カークとピカード、名艦長2人が奇跡のタッグ!映画第7弾は新旧シリーズを結ぶクロスオーバー作

    今回放送はございません

  • スター・トレックVIII ファースト・コンタクト

    スター・トレックVIII ファースト・コンタクト

    人類宇宙デビューの歴史的1日にタイムワープして最強の敵と繰り広げる、生存を賭した死闘!

    今回放送はございません

  • スター・トレックIX 叛乱

    スター・トレックIX 叛乱

    連邦から理想が消えた時、エンタープライズは叛旗を翻す。スター・トレックらしい理想主義を掲げた9作目

    今回放送はございません

  • スター・トレックX ネメシス

    スター・トレックX ネメシス

    新スター・トレック映画版の最終作。壮絶な過去を背負わされた究極の敵、その驚愕の正体とは!?

    今回放送はございません

キャラクター紹介 相関図

TOSで高らかに謳われた人種融和の理想は本シリーズにも継承されてさらに発展。
かつての敵対異星人やアンドロイドまでクルーに加わり、一致結束して人類未踏の宇宙に勇敢に航海する。

  • ジャン=リュック・ピカード(パトリック・スチュワート)

    ジャン=リュック・ピカード
    (パトリック・スチュワート)

    艦長。フランス出身。威厳と自信に満ちた指揮官。かつて敵対的な機械人間ボーグに捕えられ機械化されたトラウマが。

  • ウィリアム・T・ライカー(ジョナサン・フレイクス)

    ウィリアム・T・ライカー
    (ジョナサン・フレイクス)

    副長。一見、気さくな好人物だが、危機に際しては切れ者。ピカードに献身的に仕え、重く信頼を置かれている。

  • データ(ブレント・スパイナー)

    データ
    (ブレント・スパイナー)

    主任航海士。アンドロイド。TV版TNGの中で次第に人間性に目覚めていき、映画版『X』でそのピークに達する。

  • ウォーフ(マイケル・ドーン)

    ウォーフ
    (マイケル・ドーン)

    保安主任。かつての敵対異星人クリンゴン人。人間に育てられたが、クリンゴンとしての強烈な誇りを抱いている。

  • ジョーディ・ラ=フォージ(レヴァー・バートン)

    ジョーディ・ラ=フォージ
    (レヴァー・バートン)

    機関主任。アフリカ出身。視覚障害者で当初はバイザーを目に装着しているが、後に手術によりバイザーを外す。

  • まだ

    ディアナ・トロイ
    (マリーナ・サーティス)

    カウンセラー。地球人とベタゾイド人のハーフで、テレパシー能力を持つ。かつてライカー副長とは恋仲だった。

  • ドクター・クラッシャー(ゲイツ・マクファデン)

    ドクター・クラッシャー
    (ゲイツ・マクファデン)

    船医。亡き夫がピカードの副長だったが戦死し、自らも後にピカードの指揮の下、医療部長を務める。

このシリーズに登場するエンタープライズ号は

エンタープライズD

エンタープライズD

エンタープライズE

エンタープライズE

TNGのTVシリーズで大活躍し、ファンにも最も馴染み深いギャラクシー級U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-D。TVシリーズと同艦が映画版でも活躍した唯一の例だが、『VII』の1作のみで終わり、続く『VIII』から最後の『X』まではソヴェリン級のU.S.S.エンタープライズ NCC-1701-Eが映画オリジナル艦として登場した。DはTVシリーズで描かれた通り宇宙探検も主任務だったが、Eは対ボーグ戦用の戦艦である。ちなみに基本形状が似ているため気付きづらいが、TOSで活躍した無印やAなどコンスティテューション級宇宙艦と比べて、実はおよそ倍の大きさになる。

特集トップへ

『スター・トレック(1979)』Star Trek: The Motion Picture & Copyright © 2013 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. 『スター・トレックII カーンの逆襲』Star Trek: The Wrath of Khan © 2013 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. 『スター・トレックIII ミスター・スポックを探せ!』Star Trek: The Search for Spock © 2013 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. ‘Star Trek’ is a trademark of Paramount Pictures. All rights reserved. 『スター・トレックIV 故郷(ふるさと)への長い道』Star Trek: The Voyage Home Copyright © 2013 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. Star Trek is a registered trademark of Paramount Pictures Corporation. 『スター・トレックV 新たなる未知へ』Copyright © 2013 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. Star Trek is a registered trademark of Paramount Pictures Corporation. 『スター・トレックVI 未知の世界』Star Trek: The Undiscovered Country Copyright © 2013 PARAMOUNT PICTURES. All rights reserved. Star Trek is a registered trademark of Paramount Pictures.『スター・トレックVII ジェネレーションズ』Star Trek: Generations TM & Copyright © 2013 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. Star Trek is a registered trademark of Paramount Pictures. 『スター・トレックVIII ファースト・コンタクト』TM & COPYRIGHT © 2013 BY PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. 『スター・トレックIX 叛乱』TM & COPYRIGHT © 1998 BY PARAMOUNT PICTURES ALL RIGHTS RESERVED 『スター・トレックX ネメシス』TM & COPYRIGHT © 2013 BY PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. 『スター・トレック(2009)』COPYRIGHT © 2013 PARAMOUNT PICTURES. STAR TREK AND RELATED MARKS AND LOGOS ARE TRADEMARKS OF CBS STUDIOS INC. ALL RIGHTS RESERVED.© 2013 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. STAR TREK and related marks and logos are trademarks of CBS Studios Inc. TM, ® & Copyright © 2014 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

特設ページトップ

ページトップへ