スター・トレック

スター・トレック、それは最後のフロンティア 『スター・ウォーズ』と並び称される、世界中で愛される超人気SFシリーズ『スター・トレック』。だが、日本でしっかり見ているという人は多くない。今こそガラパゴスを出よう!スター・トレック、それは映画ファン最後のフロンティアだ!

最新作 スター・トレックBEYONDコラムを読む

STAR TREK THE ORIGINAL SERIES(TOS)

1966年に放送が始まったオリジナル・シリーズ。『宇宙大作戦』の邦題で日本でも親しまれたこのシリーズが、後に壮大な大河的展開を見せていくスター・トレック・シリーズの原点だ。この最初のTV版のキャストが結集し、1979年から始まったのがTOSの6本の映画版である。TV版のレトロ・フューチャー調から大改装(現代的にデザイン変更)された無印エンタープライズ、および後にエンタープライズAを駆って深宇宙を往く、カーク艦長やスポックらクルーたちのドラマが描かれる。

TOS映画版I〜VIまで一挙放送!

  • スター・トレック (1979)

    スター・トレック (1979)

    劇場版第1作は、『ウエスト・サイド物語』の巨匠ロバート・ワイズが監督したシリーズ屈指の異色作

    今回放送はございません

  • スター・トレックII カーンの逆襲

    スター・トレックII カーンの逆襲

    手に汗握る連邦の宇宙艦同士の一騎打ち!リブート版にも多大な影響を与えたシリーズ屈指の人気作

    今回放送はございません

  • スター・トレックIII ミスター・スポックを探せ!

    スター・トレックIII ミスター・スポックを探せ!

    『II』に隠されていた秘密から始まる、新たな冒険。多くを失いながらカークらが最後に取り戻すのは!?

    今回放送はございません

  • スター・トレックIV 故郷<ふるさと>への長い道

    スター・トレックIV 故郷<ふるさと>への長い道

    1986年にやって来たカークらクルーたち。コメディ要素もたっぷりのタイムトラベルSFとなった異色作

    今回放送はございません

  • スター・トレックV 新たなる未知へ

    スター・トレックV 新たなる未知へ

    今度の敵はカルト教祖。エンタープライズ号の新たな冒険は、“神”と“天国”の探索

    今回放送はございません

  • スター・トレックVI 未知の世界

    スター・トレックVI 未知の世界

    宇宙平和の敵は主戦派!傑作の呼び声高い政治サスペンス×密室ミステリーで、カーク主役の旧シリーズ最終作

    今回放送はございません

キャラクター紹介 相関図

TV放送時の1960年代に、黒人女性やアジア系、さらには冷戦下で敵対していたロシア人まで主要キャストとして登場。
スター・トレックが謳う人種融和の理想が反映されている。

  • ジェームズ・T・カーク(ウィリアム・シャトナー)

    ジェームズ・T・カーク
    (ウィリアム・シャトナー)

    艦長。『I』以降は提督に昇進。時にルール無視も辞さない行動力とリーダーシップの持ち主。

  • ミスター・スポック(レナード・ニモイ)

    ミスター・スポック
    (レナード・ニモイ)

    副長兼科学主任。『II』では艦長。理性と論理を重んじるバルカン人で、カークのおさえ役。

  • ドクター・マッコイ(デフォレスト・ケリー)

    ドクター・マッコイ
    (デフォレスト・ケリー)

    船医。皮肉屋で激情家のため、スポックとは掛け合いのような舌戦を交えることが多い。

  • ヒカル・スールー(ジョージ・タケイ)

    ヒカル・スールー
    (ジョージ・タケイ)

    主任航海士(操舵手)。日本人とフィリピン人のハーフで性格はいたって真面目。後にU.S.S.エクセルシオ艦長に昇進。

  • パベル・チェコフ(ウォルター・ケーニッグ)

    パベル・チェコフ
    (ウォルター・ケーニッグ)

    航海士。ロシア人。TV版では最年少クルー。若さゆえか昔から酷い目に遭うことが多く、映画『II』と『IV』でもピンチに。

  • ウフーラ(ニシェル・ニコルズ)

    ウフーラ
    (ニシェル・ニコルズ)

    通信士官。アフリカ出身。あらゆる宇宙周波数に精通しており、外部とのコンタクトは彼女を介して行われる。

  • モンゴメリー・スコット(ジェームズ・ドゥーアン)

    モンゴメリー・スコット
    (ジェームズ・ドゥーアン)

    機関主任。通称スコッティ。優秀なエンジニアだが、『III』ではその腕前を破壊工作に逆用することに。

このシリーズに登場するエンタープライズ号は

無印改装エンタープライズ

無印改装エンタープライズ

エンタープライズA

エンタープライズA

TOSのTVシリーズで誕生したコンスティテューション級の宇宙艦、U.S.S.エンタープライズ NCC-1701。当時としては斬新でリアルなデザインだったが、1979年TOS映画版第1作の時代の人々にとっては若干時代遅れに。そこで『I』で大改装が行われたこととし、艦のデザインは現代風に大幅に改められた。後に、ある経緯を経て就航する後継艦がU.S.S.エンタープライズNCC-1701-Aである。登録番号の後ろに「A」が付き、以降の後継艦もB-C-D-Eと引き継がれていったことから、TV版の初代エンタープライズは「無印」、映画版の方は「無印改装」と一部であだ名で呼ばれている。

特集トップへ

『スター・トレック(1979)』Star Trek: The Motion Picture & Copyright © 2013 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. 『スター・トレックII カーンの逆襲』Star Trek: The Wrath of Khan © 2013 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. 『スター・トレックIII ミスター・スポックを探せ!』Star Trek: The Search for Spock © 2013 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. ‘Star Trek’ is a trademark of Paramount Pictures. All rights reserved. 『スター・トレックIV 故郷(ふるさと)への長い道』Star Trek: The Voyage Home Copyright © 2013 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. Star Trek is a registered trademark of Paramount Pictures Corporation. 『スター・トレックV 新たなる未知へ』Copyright © 2013 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. Star Trek is a registered trademark of Paramount Pictures Corporation. 『スター・トレックVI 未知の世界』Star Trek: The Undiscovered Country Copyright © 2013 PARAMOUNT PICTURES. All rights reserved. Star Trek is a registered trademark of Paramount Pictures.『スター・トレックVII ジェネレーションズ』Star Trek: Generations TM & Copyright © 2013 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. Star Trek is a registered trademark of Paramount Pictures. 『スター・トレックVIII ファースト・コンタクト』TM & COPYRIGHT © 2013 BY PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. 『スター・トレックIX 叛乱』TM & COPYRIGHT © 1998 BY PARAMOUNT PICTURES ALL RIGHTS RESERVED 『スター・トレックX ネメシス』TM & COPYRIGHT © 2013 BY PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. 『スター・トレック(2009)』COPYRIGHT © 2013 PARAMOUNT PICTURES. STAR TREK AND RELATED MARKS AND LOGOS ARE TRADEMARKS OF CBS STUDIOS INC. ALL RIGHTS RESERVED.© 2013 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. STAR TREK and related marks and logos are trademarks of CBS Studios Inc. TM, ® & Copyright © 2014 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

特設ページトップ

ページトップへ