映像公開が世界初ということで、厳重なセキュリティチェックを受けて会場入り。同時通訳のイヤホンと3Dメガネを握りしめ開演を待つ。定刻丁度に本作の製作者でもあるジョン・ランドー氏が登壇しプレゼンがスタート。

◆ジョン・ランドー氏登壇

木城先生が描いたキャラクターがジェームズ・キャメロンと私の心を鷲掴みにしました。『アリータ:バトル・エンジェル』は、日本のマンガが原作になっているので、日本のメディアの皆様に一番にお見せしたかった!アバターで使ったものとおなじパフォーマンスキャプチャ技術を使用しました。フッテージをご覧ください。

◆3Dによるフッテージ映像がいよいよ上映

主人公となるサイボーグ少女「アリータ」の目覚め、舞台となるアイアンシティ、彼女を取り巻く周囲の人々、迫力のバトルシーン。約19分の映像は、驚きの連続!まずその映像美と技術の進化に驚き、特にサイボーグを治す医師役のクリストフ・ヴァルツが齧ったオレンジを、主人公アリータが頬張るシーンは、パフォーマンスキャプチャ技術が巧みに使われ、実写とCGの境界線がなくまさに質感が実写そのもの。

また、主人公の瞳が原作よりも大きくした理由は、「瞳は心の窓を表し、瞳を大きくすれば心の窓が広がり、観客も瞳に引き込まれるように物語に入っていく。ヒットしたCGアニメ作品の主な主要キャラクターの瞳が大きいのもそうした理由」とキャラクターデザインによる観客を引き込む工夫なども紹介。確かに初めてアリータを見たときは瞳が気になりましたが、物語がすすむにつれ親近感が!さらにリアルな設定を重視し、空中都市の位置関係から空中都市は赤道付近に存在するべきと、原作とは違う設定を提案。木城先生の許可を得て変更するなど、細部にわたるこだわりに驚きました。約19分と短いフッテージ上映でしたが、早く全編が見たい!その前に原作で予習は必須!

◆ジョン・ランドー氏による映画製作秘話

製作されるまでには25年の歳月が費やしましたが、「『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロ監督から熱心に「銃夢」シリーズを薦められ、私たちも気に入ってしまった」とアカデミー賞監督がきかっけとなった貴重な秘話を話し、さらに「映画化の権利を獲得し、最初はジェームズが、直接監督をやりたいと話していたのですが、先に『アバター』をやることになったんです。『アバター』を先に公開することで『アリータ:バトル・エンジェル』がより良いものになると思っていたからです」と明かす。そうしているうちに、『アバター』続編の監督にキャメロンが決定し、別の監督を探すことになったという。「ジェームズは、自身が手掛けた脚本をロドリゲスに見せ、“脚本を書いて満足しているんだけど、ちょっと長すぎて。しっかりと短くまとめたなら、彼に監督を任せてもいい”と言いました。ロドリゲスは4カ月がかりで脚本に取り組み、良い長さにまとめたものをジェームズと私に見せてくれました。そこに鍵となるもの、大事だと思うものが全部盛り込まれていたんです。力強く、感情に寄り添うことができる主人公になっていました。そして、世界中の人が共感できる普遍的なテーマをしっかり押さえていたので、ロバートと一緒にやろう!ということになりました」とロバート・ロドリゲスに監督を任せた経緯について語った。

◆原作者、木城先生からのメッセージ

「銃夢」の最初の連載が終わる少し前の1994 年から、海外のプロデューサーや監督から映画化したいというオファーがいくつかきて、そんなとき編集者と「キャメロンが映画化したいと言ってきたらどうする?」と冗談を言い合っていたものです。強いヒロイン、アクション、SF ビジュアル、などキャメロン監督と僕の作品には共通点が多いけれども、本当にそうなるとは、もちろんその時は夢にも思っていませんでした。そしてこの度、『アリータ:バトル・エンジェル』の世界で初めてメディアに公開される最新映像を、作品が生まれた日本に最初に持ってきていただき、ありがとうございます。僕自身、この映画の完成をとても楽しみにしています。

このメッセージを聞き、ジョン・ランドー氏は「セットに木城先生をお迎えしたことがあるのですが、広大なアイアンシティのセットを見たときの先生の笑顔が忘れられません」と当時を懐かしんだ。その後、いち早く映像を観たメディアの方からの質疑に応えたランドーは「完成した作品をもう一度日本の皆様にお見せするのを楽しみにしています」と期待を高めるコメントで締めくくった。

 

12月全国ロードショー『アリータ:バトル・エンジェル』

ガレキの中から蘇ったサイボーグ少女アリータは、空中都市“ザレム”とクズ鉄の町“アイアンシティ”の2つの分断された世界を変える、壮大な運命に巻き込まれていく。

◇脚本・製作:ジェームズ・キャメロン

◇監督:ロバート・ロドリゲス『シン・シティ』『スパイ・キッズ』

◇出演:ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリほか

◇配給:20 世紀フォックス映画

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation