邦題ロゴのコピー.png

 

第65回エミー賞で、作品賞、監督賞、主演男優賞(マイケル・ダグラス)の主要3部門を含む、
11部門を受賞した『恋するリベラーチェ

 

マイケル・ダグラスとマット・デイモンという2大スターが、彼らの俳優人生の中でも特筆すべき演技を披露している秋の話題作である本作の、スペシャルトークショー付き試写会が10月29日に新宿ピカデリーで行われました!!

 

本作の宣伝プロデューサーB氏にご寄稿いただく、届けたてほやほやのイベントレポートです!!

 

-----------------------------------------------------------------------------------

 

いよいよ11月1日(金)より全国ロードショーとなる、映画『恋するリベラーチェ』の特別試写会が、10月29日(火)に新宿ピカデリーで開催されました。当日は、試写会の後、スペシャルゲストとして映画評論家のおすぎさん、ファッション評論家のピーコさんと共にリベラーチェをイメージした豪華特注衣装を身にまとったミッツ・マングローブさんが登場しました。映画『恋するリベラーチェ』の魅力や「恋」について語っていただきましたスペシャルトークショーの内容を中心に、イベントの模様をご紹介いたします。

 

その?.jpg
 

リベラーチェさながらの豪華特注衣装を身にまとい、マット・デイモンが演じるスコットのような若くてカッコイイ付き人役の男性にエスコートされて入場したミッツ・マングローブさん。「昼間っからおかまにこんな格好させて…」と言いながらも、ご満悦の様子。

 

 

?オスピーエスコート.jpg

「あなたがメインだから、私たちなんて付き添いよ!」と投げやりに言い放ったおすぎさんでしたが、作品に関しては「最初に2人(マイケル・ダグラスとマット・デイモン)がジャグーに入るシーンがあるんですけど、冒頭からあの2大スターが一緒にお風呂に入っちゃって、度肝を抜かれたわ。あと、ロブ・ロウは、デビュー当時美青年だったのに、(本作では特殊メイクのため)汚くてびっくりした。でも、さらりと出来ているゲイの映画」と絶賛。すると、ミッツさんも「イヤラシくしようとか、ドロドロさせようとか、泣かせようとかがなくて良かったわよね」と続けてコメント。

 

本編?.jpg
ピーコさんは、リベラーチェの衣装に関して「昔は、日本でも演歌の人くらいしかスパンコールなんて付けなかったからね。彼は、ステージ衣装だけでなく、私生活も、ファッションにとどまらずインテリアも何もかも凄かった。豪華なだけじゃなくて、本当に良いものを持っていたのも凄い。ただね、もちろん衣装も素晴らしいけれど、彼は派手なだけでなく、やっぱりピアノが素晴らしかったから評価されたんだと思う」と生前の彼の生き方を高く評価した。

 

 

?本編リベ.jpg
 

ミッツさんは、普段の煌びやかな衣装について問われると「私が大人になる頃には既に多くの人がリベラーチェのような派手な衣装やパフォーマンスをしていたから、直接的な影響は受けていないのよね。でも、先輩方はやっぱり彼の影響があったってことよね」と語った。

 


リベ?.jpg
    

 

3人?.JPG
また、「今、恋をしていますか?」という質問に対して、ミッツさんは、「恋なんかもういい、心とかはもう二の次三の次でいいから、肉体よ!今更、心通わす事なんてできないわよ!」と自身の恋愛について告白した。しかし、本作で描かれているリベラーチェとスコットの恋愛に関しては、「スターの恋、同性愛について知らない人が見ても、そうなんだなぁって思える作り方だし、その道の人が見ても、ドキッとするような要素がちりばめられていたと思う」と本作の魅力を語った。 

 
おすぎさんとピーコさんは、「お互いに恋愛相談をすることなんて絶対にしない。趣味も全然違うしね!一緒にされたくないわ!」と双子とはいえお互いの異なる恋愛観について語った。
           

 

当日はあいにくの雨模様でしたが、数多くの来場者、取材陣の方が集まり、会場は大いに盛り上がりました。

今回の特別試写会に登壇したおすぎさんとピーコさんは、本作をご覧になり、大変気に入っていただき、イベントへの出演が実現したようです。おすぎさんも太鼓判を押すエミー賞を11部門獲得した映画『恋するリベラーチェ』は、いよいよ11月1日(金)より全国ロードショーです。

 

 

 

 

 

『恋するリベラーチェ』 © 2013 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved

-----------------------------------------------------------------------------------

 

 

ザ・シネマでは、マイケル・ダグラス、マット・デイモンの出演作を放送予定です!!

 

トゥルー・グリット (マット・デイモン出演作)
ワンダー・ボーイズ (マイケル・ダグラス主演作)

 

恋するリベラーチェ』の二人とは180度違うキャラクターを演じる主演二人の
演技力に注目しつつ、『トゥルー・グリット』『ワンダー・ボーイズ』もザ・シネマお楽しみ下さい!!


 

 

洋画専門チャンネル ザ・シネマの編成部スタッフが、1人1本、きわめて個人的にオススメしたい作品をご紹介!

 

 

 

ブログ裏切りのサーカス.jpg英国の底力見たり。

 

裏切りのサーカス

 【11月放送日】9日、17日、20日

©2011 KARLA FILMS LTD, PARADIS FILMS S.A.R.L. AND KINOWELT FILMPRODUKTION GMBH. ALL RIGHTS RESERVED.

 

スパイ小説の英国の巨匠、ジョン・ル・カレの傑作「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」の映画化作品。小説と映画原題は、スパイのコードネームです。


映画邦題の「裏切りのサーカス」の”サーカス”は、英国情報部(通称MI6)の隠語。東西冷戦下の苛烈なスパイ合戦を背景に組織に潜り込んだソ連の二重スパイをあぶり出す丁々発止の作戦が繰り広げられる。まあ、「裏切り者は誰だ!?」という話なのですが、よくあるドンパチ・エンターテイメント作品とは違い、二重三重に張り巡らせた伏線が次々に出現し、全神経を集中させる映画鑑賞の醍醐味を味わえます。この感覚、しばらく忘れていました。そして、キャストがまたすごい。クセ者、悪役をやらせたら最強のゲイリー・オールドマン、アカデミー賞俳優コリン・ファース、そして、今、大ブレイク中の「スタートレック イントゥ・ダークネス」のベネディクト・カンバーバッチ、他にも、トム・ハーディ、ジョン・ハートなど、英国の「味のある顔」見本市のような渋い演技派俳優が勢揃い。ものすごく画面密度が濃いです。私は見るたびに新しい発見がある映画が好きなので、二度三度見る価値のあるこの作品をオススメします。でも、とにかく集中第一なので、疲れた時は見ないでね。。 

招きネコ

 

 

 

ブログカプリコン.jpg始めSF、中盤サスペンス、最後はアクションで3度おいしい。

 


カプリコン・1
【11月放送日】23日、26日

©ITV plc (Granada International)

 

悪者のように描かれながらも、NASA(アメリカ航空宇宙局)協力の下で作られた本作。
よくある宇宙ものSF作品かと思いながら物語に引き込まれていると、物語は終盤、
いつのまにかにアクション映画と化します。SFとしてもサスペンスとしてもアクションとしても秀逸なこの作品。臭いものには蓋をしろ的なお話から、乗組員達の葛藤、そして彼らの生き残りを賭けた戦いへ・・・と脚本が素晴らしい。序盤の政府&NASA幹部の隠蔽工作のお話も、現実にありえそうなところにまとめているところが上手い。見る価値に値する作品でこれはオススメです。

 銀輪次郎

 

 

 

ブログ近距離恋愛.jpg友情と愛情は両立するのか?という永遠のテーマ。


近距離恋愛
【11月放送日】23日、25日

Copyright © 2008 Columbia Pictures Industries, Inc. and Beverly Blvd LLC. All Rights Reserved.

 

「グレイズ・アナトミー」のMr.マクドリーミー、パトリック・デンプシー主演のラブコメディ。大学時代に出会った、トムとハンナ。それからもうずっと一番の親友として10年を過ごしてきた。「誰といるよりも楽しい」「一番わかりあえる」そんな二人の関係は、ハンナの6週間の海外出張で転機を迎える。「ハンナがいないとこんなに人生が空しい」トムがそう気づいた時、なんと出張先でハンナは運命の人に出会ってしまい…超近距離に居た相手を愛していた事に気づく瞬間を、コミカルに、ちょっと格好悪く演じるパトリック・デンプシーのチャーミングさと、決して超美形!というわけではないのに目が離せない魅力のミシェル・モナハン。二人の好相性が作品をより素敵にしています。

にしこ

 

 

 


ブログ激突.JPG見てない方は要チェック!スピルバーグのデビュー作品!


激突!』
【11月放送日】16日、22日

©1971 Universal City Studios, Inc. All Rights Reserved.

 

車で道を急ぐ男が、目の前を走るタンクローリーを追い越したのが運のつき!
スピルバーグがスター監督へと駆け上がるきっかけとなった名作!訳もわからずタンクローリーに追い回される男の恐怖を、スピルバーグがスリリングに描いております。
車の運転経験があるなら絶対にわかるリアル感は、さすがスピルバーグ!さらにタンクローリーのドライバーさんの顔を一切映さず得体の知れない恐怖を煽りに煽ります。ドライバーさんの顔を想像しながら見るのもおつかも。ザ・シネマでは、この続編となる『続・激突!/カージャック』11月に放送!あわせてご覧ください!

うず潮

11月の
シネマ・ソムリエ(ブログ用).jpg




 土曜の深夜は、アートフィルムやカルトムービーの傑作を、ヨーロッパはじめ世界から厳選してお届けする、映画ファン垂涎枠。
11月のラインナップは…
(文/映画ライター 高橋諭治)

------------------------------------------------------------------------------------------------

 大女優I・バーグマン、最後の映画出演作となった人間ドラマ。母国スウェーデンに戻り、巨匠I・ベルイマンとの撮影中の激しい議論の末に完成させた入魂作である。

 ノルウェーの田園地帯の牧師館に暮らす中年女性が、国際的なピアニストの母親と7年ぶりに対面。自由奔放な母親と、抑圧されて育った娘の心の断絶が描かれていく。

 ベルイマンの厳密な演出のもと、バーグマンともうひとりの名女優L・ウルマンが壮絶な演技合戦を披露。母娘が感情を剥き出しにするクライマックスは息をのむ迫力だ。

------------------------------------------------------------------------------------------------

夏の夜は三たび微笑む.jpg



11月09日『夏の夜は三たび微笑む[HDデジタルリマスター版]』
 ある夏の日、郊外の別荘に集まった男女が織りなす群像劇。恋愛絡みの問題を抱えた登場人物たちの珍騒動を、軽妙洒脱なタッチで綴るロマンティック・コメディである。

 「第七の封印」「野いちご」で世界的な名声を確立したI・ベルイマン監督が、その直前に発表した珠玉作。重厚な作風で名高い巨匠の機知に富んだ語り口に魅了される。

 シェイクスピアの「真夏の夜の夢」を連想させる物語と、北欧の風景が見事にマッチ。その牧歌的なムード漂う映像世界は、カンヌ国際映画祭で詩的ユーモア賞に輝いた。





------------------------------------------------------------------------------------------------


女はそれを待っている.jpg
11月16日『女はそれを待っている[HDデジタルリマスター版]』
 I・ベルイマン監督は女性を主人公に据え、その内面を探求した映画を数多く遺したが、これもその1本。産科医院で同部屋になった女性3人の出産をめぐる物語である。

 不仲の夫との子を流産したセシリア、自分を捨てた恋人との子を身ごもったヨルディス、初めての妊娠に胸躍らせるスチーナ。不安や希望が錯綜する3人の思いを描く。

 皮肉な運命をたどる3人の葛藤を、ドキュメンタリーのようにリアルに描出。出産、すなわち生命の誕生という神秘に直面した女性たちへの畏敬の念も感じられる一作だ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------


マイ・ブラザー.jpg
11月23日『マイ・ブラザー』
 ヨーロッパ映画賞6部門にノミネートされたデンマーク映画「ある愛の風景」をリメイク。T・マグワイアなど人気と実力を兼ね備えたスター俳優たちの豪華共演作だ。

 アフガニスタンに出征したエリート軍人の兄と、強盗の罪を償って出所した弟。この対照的な兄弟の葛藤を軸に、思いもよらない状況に陥った家族の愛情と苦悩を描く。

 名匠J・シェリダンが兵士の戦争後遺症の問題を交え、米国人家族の悲劇と再生の物語を映像化。2人の男性の間で揺れるヒロイン役N・ポートマンの熱演も感動的だ。

------------------------------------------------------------------------------------------------


バタフライ・エフェクト.jpg
 カオス理論のひとつである“バタフライ効果”を題材にしたサスペンス映画。先読みを許さない独創的かつスピーディなプロットが好評を博し、2本の続編が製作された。

 幼少期の記憶が一部欠落したまま成長した大学生エヴァン。当時の日記を利用して過去に舞い戻った彼は、愛する幼なじみの女の子を悲惨な運命から救い出そうとする。

 主人公が過去に戻り、運命を変えようともがくたびに事態が悪化する展開が衝撃的。手に汗握るスリルに加え、人生の暗い一面や愛の切なさを描いたドラマも心に残る。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
『秋のソナタ[HDデジタルリマスター版]』©1978 AB Svensk Filmindustri 『夏の夜は三たび微笑む[HDデジタルリマスター版]』©1955 AB Svensk Filmindustri 『女はそれを待っている[HDデジタルリマスター版]』©1958 Folkets Hus och Parker. All Rights Reserved 『マイ・ブラザー』©2009 Brothers Production, LLC. All Rights Reserved. 『バタフライ・エフェクト』© MMIV ALL RIGHTS RESEREVED
 2013年11月2日、14日および27日の放送予定を、都合により変更させていただきます。

 当サイト上では、ダウンロード用PDFを除いて、すでに下記の変更が適用済みです。PDFには、変更点を箇条書きにした下記同様の一文を記した新たなページを付け加えております。

 直前のご案内となりましたことを、謹んでお詫び申し上げます。今後ともザ・シネマをどうぞ宜しくお願い致します。

ザ・シネマ

◆11/2(土)の変更点
<変更前>
10:05-11:45 『リベンジャー(1979)』
11:45-13:30 『ウォリアーズ』
<変更後>
10:05-11:55 『リベンジャー(1979)』
11:55-13:30 『ヴェノム 毒蛇男の恐怖』

◆11/14(木)の変更点
<変更前>
15:15-15:20 『シネマの中へ「リベンジャー(1979)」』
15:20-17:00 『リベンジャー(1979)』
<変更後>
15:15-15:20 『シネマの中へ「激突!」』
15:20-17:00 『ゴールデン・チャイルド』

◆11/27(水)の変更点
<変更前>
19:15-19:20 『シネマの中へ「リベンジャー(1979)」』
19:20-21:00 『リベンジャー(1979)』
深夜4:00-4:05 『シネマの中へ「リベンジャー(1979)」』
深夜4:05-6:00 『リベンジャー(1979)』
<変更後>
19:15-19:20 『シネマの中へ「断崖」』
19:20-21:00 『山猫は眠らない2 狙撃手の掟』
深夜4:00-6:00 『ウォリアーズ』

 

 

 

ブログ用ロゴ映画はファッションの.jpg 10月特集「映画はファッションの教科書!」を3倍楽しみための必読ガイド。

ついに今回で最終回となります!

 

第3弾となる今回は、満を持して「デザイナー編」をお届けします!

題して「映画で知る、デザイナーとファッション」。

 

長年モードの世界に身を置かれ、その歴史を見てこられた田口淑子さんに
再び解説して頂きます。

 

映画本編の華麗なるファッションの世界のエッセンスがちりばめられた必読ガイドです!!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(文 / 田口淑子)

 

【ライフスタイルを提案するラルフ・ローレン】

 

ラルフ・ローレンのメンズコレクションはミラノで開催されていた。
「アルマーニ」や「グッチ」、際立つラグジュアリーブランドが多いミラノメンズの中でも、ラルフ・ローレンの演出は異色だった。門扉をくぐったところからすでに会場の演出は始まっていて、日常とは違う空間が出現する。玄関まで点々とキャンドルが灯され、前庭には布製のソファが点在。黒服のギャルソンが、銀のトレーでウエルカムシャンパンをサービスしてくれる。部屋の壁にはいくつもの肖像写真が飾られ、いたるところが花でいっぱい。客席の椅子も、カーテンも、全てがニューイングランドスタイル。「ギャッツビーの邸宅ようだ」と、私と同じ感想をもった、取材するジャーナリストはきっと多かったことと思う。

 

 


華麗なるギャッツビー」はジャズエイジのアメリカ、ロングアイランドが舞台。

 

ギャッツビーヘッドドレス.jpg
女たちのドレスは、ラッフルやフレアのある典型的なフェミニンタイプ。シフォンやデシンの薄い布地にはビーズやフリンジがあしらわれ、キャップ型ヘッドドレス、オーストリッチのストール、シームのある絹のストッキングと、どれもが装飾的でデカダンなスタイルだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャツビー襟.jpg
そしてギャツビーの衣裳はラルフ・ローレンがデザインしている。この映画を観る時は、三つ揃いのスーツの、衿のVゾーンに注目してほしい。シャツ、ネクタイ、ジャケット、三つのアイテムの色の配分とデイテールの遊び心の表現が、着る人によって微妙な違いを見せているのだ。この時代のスーツは今も古くなっていないどころか、アメリカントラッドのお手本の最高峰として、おしゃれ好きな男たちにとっては必見の、永遠の映画なのである。ジュエリーはカルティエが担当した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年、ミウッチャ・プラダがレディス、ブルックス ブラザーズがメンズ、ジュエリーをティファニーが担当したリメーク版が公開されて話題になった。2つの作品を比較してみると、映画の制作年度である1974年当時と2012年の、それぞれの時代性が、‘20年代のファッションに、複層的に投影されているのがわかってきて興味深い。

 

 

【 アートとモードを融合させた石岡瑛子】

 
甲冑.jpg
ドラキュラ」は石岡瑛子が衣装と美術を担当。冒頭の15世紀、まだ吸血鬼になる前のトランシルバニアの王ドラキュラが戦で装着する甲冑は、流線型の造形が未来的。衣裳というよりはもはやアート作品と言えるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 
ウィ.jpg
やがて舞台は400年後、19世紀末のロンドンに移る。ウイノナ・ライダー演ずる、ドラキュラが恋したミナのドレスは、いかにも貞淑な良家の子女風の控えめな色とデザイン。男たちの服装も時代考証にほぼ忠実に、フロックコートやシルクハットを再現している。石岡瑛子ならではのアート性を遺憾なく発揮したのが、ミナの友人ルーシーの「死のウエディングドレス」だ。純白のレースの、エリザベスカラーと、長くトレーンを引くヘッドドレスのボリューム感が息をのむほど美しく、「ドラキュラ」が1992年度のアカデミー賞、衣裳デザイン賞を受賞したのも大いにうなづける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【女優の衣裳を革新した人、イデス・ヘッド】

 

泥棒成金」のグレース・ケリーの衣装デザインはイデス・ヘッド。

 

イデス泥棒成金.jpg

 

彼女は「裏窓」以来の、ヒッチコックのお気に入りで常連スタッフ。オードリー・ヘプバーンの「ローマの休日」や、サブリナパンツが今も若い女性の定番ボトムスになっている、「麗しのサブリナ」の衣裳も彼女の手による。
グレース・ケリーのクールビューティを最大限に引き出す、ゴテゴテと飾り立てない衣裳のシンプルさは、当時革命的だったろうと思う。イデスの写真を見ると、もし彼女が今生きていたらコムデギャルソンやヨウジヤマモトの前衛的なクリエーションに共感したに違いないと思わせる、知的で職人的な雰囲気の人だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【 トム・フォードの完璧な美学】
 

トム・フォードの初監督作品、「シングルマン」。

 

シングルマンメイン.jpg

 

 

トムの経歴をたどると、1990年「グッチ」のデザイナーに就任。どちらかというとコンサバティブなハイクラスのマダム御用達だったブランドを、一躍世界のラグジュアリーファッションの筆頭ブランドに変革した立役者だ。その後、自分のブランド「トム・フォード」を設立し、ビジネスの規模を拡大するのが第一のテーマではなく、トム自身の美学のもと、真のラグジュアリーとは何かを追求し続けている。
 

 

 

 

コリンファース.jpg

「シングルマン」でコリン・ファース演ずる大学教授ジョージの隙のないワードローブ。スーツ、シャツ、ナイトガウン。アクセサリーでは、左手小指の指輪、靴、ブリーフケース、眼鏡。全てがトム・フォードならでは完成度だ。トムが自分のブランドで目指していることは、この映画で彼が表現したかったこととぴったりと重なっている。ジョージが着る何気ない白いシャツが、なぜこれほど存在感を持ち、ジョージの個性を表現し、視覚的な美しさを讃えているのか、その答えを映画を見ながら一考してみていただきたい。「シングルマン」はここ数年の映画の中で、最もファッション性が高く表現された作品と言えるだろう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

【特集「映画はファッションの教科書!」を3倍楽しむための必読ガイド】
アカデミー賞編】【年代別編】【デザイナー編】を全てお読み下さった後はぜひ
本編をお楽しみ下さい!!
一度ご覧になったことのある作品も、また別の視点でご覧頂けることと思います!!


10月特集「映画はファッションの教科書!」は

10/17(木)-20(日) 【再放送】 10/28(月)-31(木)の日程で 下記11作品でお送りします!


ドラキュラ(1992)
ロミオとジュリエット(1968)
陽のあたる場所
英国王のスピーチ
グロリア(1980)
華麗なるギャツビー(1974)
ドリームガールズ
サタデー・ナイト・フィーバー
ラブソングができるまで
シングルマン
泥棒成金

(詳しくはこちら

コラムで予習、映画本編で答え合わせ!!
映画を教科書にして、ご自身の着こなしに取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

ブログ用ロゴ映画はファッションの.jpg

 

10月特集「映画はファッションの教科書!」を3倍楽しむための必読ガイド。

楽しんで頂いておりますでしょうか?

 

第2弾は「映画で知る1920年代-1980年代」と題し、特集作品に登場するファッションの

時代背景を取り上げます。

 

解説して下さるのは、モード誌「ミスターハイファッション」、「ハイファッション」の編集長を務められ、現在もモード界の第一線で活躍される田口淑子さんです。

 

特集作品を既にご覧になった事がある方もない方も、読んで頂いた後に本編を確認したくなること請け合いの必読コラムです!!

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(文 / 田口淑子)

 

ファッションも、音楽も、建築物もそれぞれ時代を映す鏡。だが一つの時代を総合的に再現できるのは映像にしかない力だ。私は例えば、小津や成瀬の映画を時々ふっと見たくなるのだが、熱心に筋書きを追うより、ゆったりした気分でスクリーンの中の昭和30年代が見たいというのが本音で、日比谷や銀座、月島の景色や風俗に、今は消えてしまった当時の姿を見て、ちょっとした感慨に浸るのだ。名作と言われる映画を、そんな方角から見てみるのも一興だろうと思う。

 

 

華麗なるギャツビー(1974)』は二つの世界大戦の狭間、世界恐慌の1920年代が舞台。

 ギャツビー_チャールストン・ルック.jpg

  

 

ギャツビー_タキシード.jpg
アメリカでは禁酒法が施行され、法の網の目を潜って、一代で莫大な財をなすギャツビーのような謎めいた人物が大勢いたのだろう。パーティシーンでは、女はチャールストンルック、男はタキシードで華やかさを競っている。彼らは、享楽的で贅沢な暮らしをしていてもどこか地に足がついていない。内面的な充足のないゆがみ。そんな悲哀感がこの映画には通底している。ロバート・レッドフォードが演ずるギャッツビーの眼はいつも何かを隠蔽しているように見える。あの冷たい眼が、自分の暮らしが虚像であることの不安を象徴しているように思えてならない。

 

 

 

英国王のスピーチ』(30年代が舞台)は、エリザベス女王の父君、ヨーク公ことジョージ6世が王位を継承するまでの物語。ギャッツビーの邸宅の真新しい華麗さとは真逆な、英国人特有の価値観が全編に現れている。 

 

調度品英国王のスピーチ.jpg

 

先祖代々伝わる家具やタピストリーや銀器を、骨董品としてしまい込むのではなく日々の生活に活用していて、一見するとここが大英帝国の宮殿?と怪訝になるほど質素で堅実だ。

だが映画が進むにつれて、古い箱形のソファーや、色あせた絨毯がとても美しい価値のあるものに思えてくる。ほぼ同じ時代を描いた「華麗なるギャッツビー」と、比較して見てみることを是非お勧めしたい。

 

 

 

 

 

ところでヨーク公の兄君、この映画では複葉機に乗って颯爽と登場するウインザー公は、メンズ誌で「あなたが最もダンディだと思う歴史上の人物は?」とアンケートする時、今でも日本のデザイナーから真っ先に名前が挙がるファッションアイコンである。(ほかにケーリー・グラント、ジャン・コクトー、ハンフリー・ボガード、白洲次郎らの名前が上位に挙がる)シンプソン夫人と一緒の、アーガイルのセーターにニッカーボッカのゴルフウエアや、パーティでのタキシード姿が、モデルよりもはるかに格好よくて、アーカイブで借りた写真を何度も繰り返し掲載してきた。

 

 

 

 
皮ジャン_サタデー・ナイト・フィーバー_edited-1.jpg

サタデー・ナイト・フィーバー』は70年代のニューヨーク、ブルックリンが舞台。この映画の見所は、一大ブームを起こしたダンスシーンのほかに、19歳のトニーとその仲間たちの丹念でリアルな生活感の描写だ。

 

ジョンの部屋の壁にはアル・パチーノとファラ・フォーセットとロッキーとブルース・リーのポスター。毎朝時間をかけて髪を決めるドライヤーがアップで写る。ディスコに繰り出す時に彼らが着ているアクリルのチープなシャツとごわごわした革ジャン。4センチヒールのカットブーツ。裾広がりのパンタロン。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吊るし_サタデーナイトフィーバー.jpg
圧巻はコンテストの衣裳の、いかにも“吊るし”の白いスーツと黒のシャツの盛装だ。ここは70年代当時、貧しくてよそ者には危険な黒人と移民の街。当時の靴屋や洋品店のショーウインドーがわびしくも時代を感じさせて懐かしい。「川を一つはさんで、こことマンハッタンは全てが違うのよ」という、ジョンのダンスのパートナー、ステファニーの向上心に溢れる台詞が印象的だ。

  

ブルックリンは、1990年代頃から、若いアーチストやファッションデザイナーが移り住んで、アトリエやブティックやギャラリーが並び、今ではニューヨークで最もおしゃれなエリアの一つになった。そんな街の歴史と変遷を知るのにも、映画ほどふさわしいメディアはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 【特集「映画はファッションの教科書!」を3倍楽しむための必読ガイド】は

最終回「デザイナー編」へと続きます。(その1「アカデミー賞編」はこちら

次回の更新は10月16日を予定しております。


最終回も、ファッションのプロである田口淑子さんに引き続き、映画とファッションの「深い関係」を解説していただきます。
乞うご期待下さい!

 


そして、10月特集「映画はファッションの教科書!」は

10/17(木)-20(日) 【再放送】 10/28(月)-31(木)の日程で 下記11作品でお送りします!


ドラキュラ(1992)
ロミオとジュリエット(1968)
陽のあたる場所
英国王のスピーチ
グロリア(1980)
華麗なるギャツビー(1974)
ドリームガールズ
サタデー・ナイト・フィーバー
ラブソングができるまで
シングルマン
泥棒成金

詳しくはこちら


ぜひ映画本編でも、数々のファッションをお楽しみ下さいませ!

読書の秋?!食欲の秋?!いえいえ、なんと言ってもファッションの秋!!

ザ・シネマでは10月に「ファッションが主役!」とも言える映画を特集いたします!!

 

題して

映画はファッションの.jpg
 

 

第1弾として、音楽誌、女性誌、情報誌で活躍され、ザ・シネマでも「スイーツ・イン・ザ・シネマ」の連載でお馴染みの映画ライター・よしひろまさみちさんに、「映画はファッションの教科書!」で放送する作品と「アカデミー賞」の関係を解説して頂きました!!

 

レッドカーペットでのセレブの着こなしに目が行きがちな「アカデミー賞」ですが、受賞作品中のハイセンスなモードは普遍的な「ファッションの教科書!」になること間違いなしです。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(文 / よしひろまさみち) 

 

年に一度の映画界最大の式典といえばアカデミー賞授賞式。その年最高の映画が決まるとともに、その時を代表するセレブ達のトップが決まる授賞式でもある祭典でもある。

 

01_edited-1.jpg

 

そこで注目したいのは、そのときどきを刻む衣装。授賞式当日のセレブ達のきらびやかなドレスもそうだけど、最優秀衣装デザイン賞を受賞した作品は、有名デザイナーがデザインした衣装がズラリ。

 

たとえば、古くは1956年の『泥棒成金』は、『ローマの休日』などの衣装デザインを担当したハリウッド映画衣裳デザインの第一人者であったイデス・ヘッドが担当(彼女は衣装デザイン賞を8回も受賞している)。

 

衣装をポイントにして映画を観ると、その時代のトレンドや、描かれた時代の再解釈、そしてデザイナーの本気が見えてくる。


 

 

 

 

 

 

 

 

サタデーナイトフィーバー.jpg

 

 

忘れられないのが、1977年の大ヒット作『サタデー・ナイト・フィーバー』のような作品。

 

この映画で出てきた衣装は70年代アメリカの若者達のトレンドが浮き彫りになったことでも知られる。

 

これは当時の流行のメインではなく、サブカルチャーの中で流行ったものだけど、それが後にメインになり、そして廃れ、また近年のヒップホップシーンにおいて再解釈されていることを考えると、その影響力は計り知れないことがわかるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

ドリームガールズ.jpg

 

 

同様の作品としては2006年のノミネート作『ドリームガールズ』も60年代アメリカのR&B界のファッションシーンが映し出されているが、これまた流行は一巡して、今観ても新しい衣装に見えるから不思議。
 また、時代ものの映画はストーリーもさることながら、コスプレならではの華麗な衣装から観た方が、よほど親しみやすいというもの。

 

 

 

 

ロミオとジュリエット_edited-1.jpg

 

オリビア・ハッセー・ブームを巻き起こした1968年の受賞作『ロミオとジュリエット』なんて、衣装の魅力がジュリエットの可憐な美しさを引き立ててるし、2010年のノミネート作『英国王のスピーチ』も今ほどオープンではなかった戦前の英国王室の荘厳さを、宮殿や社交界のシーンで実感できる。

 

 

 

 

 

ドラキュラ.jpg

 

そういった中でも特筆すべきは、石岡瑛子にオスカーをもたらした1992年の『ドラキュラ』は必見作。

 

以後の彼女が手がけた「ザ・セル」やこちらもアカデミー賞衣装デザイン賞にノミネートされた「白雪姫と鏡の女王」にも観られる、西洋のゴシック様式と日本の着物や甲冑からモチーフを得たデザインの原点ともいえる衣装の数々が目にできるのだから。

 

 

 


華麗なるギャツビー.jpg

そして忘れてはならないのは、有名デザイナーたちによる衣装! 今年リメイク版が公開された1974年の受賞作『華麗なるギャツビー』は、ラルフ・ローレンが衣装デザインを担当。

 

1920年代アメリカン上流社会を舞台にしたこの作品は、いかに上流社会の人々の優雅さを表現するかで、我々がよく知るラルフ・ローレンが貢献していたというだけで、興味がわくところ(ちなみにリメイク版はブルックス・ブラザーズとプラダが担当した)。

 

 

 

グロリア_edited-3.jpg

 

有名デザイナーが担当してオスカーを得た作品でいえば、当時既にファッション界のカリスマであったエマニュエル・ウンガロが担当した1980年の『グロリア』あたりもチェックを。

 

 

 

 

 

 

 

 

シングルマン_edited-1.jpg

また、受賞こそ逃したが、元グッチ、イヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクターで現代ファッション界を代表するトム・フォードが監督と衣装デザインを担当した2009年の『シングルマン』は、ファッション・デザイナーのセンスで描かれた映画だけに、おしゃれ好きの人のマスト・リスト。

 

「これが衣装デザイン賞を逃すなんて、どうかしてるよアカデミー! だって、トム・フォードだよ?」と、授賞式当時は現地マスコミの間でもヤジが飛んだほど。

彼が常に提案しているトラッドとセクシーの見事な融合を、一編の映像にまとめた希有な作品だ。


 

映画に詳しくない人も、たくさんは観ていないという人も、衣装から観ると映画、そしてアカデミー賞が楽しく見えてくる。ちょっと視点を変えてみてはいかが?

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【特集「映画はファッションの教科書!」を3倍楽しむための必読ガイド】は

その2「デザイナー編」その3「年代別編」と続きます。

次回の更新は10月11日を予定しております。ぜひご期待下さい!!

 

そして、10月特集「映画はファッションの教科書!」は

10/17(木)-20(日) 【再放送】 10/28(月)-31(木)の日程で 下記11作品でお送りします!

 

ドラキュラ(1992)
ロミオとジュリエット(1968)
陽のあたる場所
英国王のスピーチ
グロリア(1980)
華麗なるギャツビー(1974)
ドリームガールズ
サタデー・ナイト・フィーバー
ラブソングができるまで
シングルマン
泥棒成金

(詳しくはこちら
 

ぜひ映画本編でも、数々のファッションをお楽しみ下さいませ!

 

よしひろまさみちさんの連載「スイーツ・イン・ザ・シネマ」。10月はミルフィーユ in 『ジョー・ブラックをよろしく』です。こちらでぜひ「食欲の秋」もご堪能下さい!!

 

このページの先頭へ