洋画専門チャンネル ザ・シネマの編成部スタッフが、1人1本、きわめて個人的にオススメしたい作品をご紹介!

 

スコット・ピルグリム_ブログ.jpg

ようこそ、”オタク”エドガーワールドへ

 

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団

 

【6月放送日】15日、19日

©2010 Universal Studios. All Rights Reserved.

 

ジョージ・A・ロメロ監督の「ゾンビ」へのオマージュとして知られ、ホラーとコメディとラブストーリーのミックスを試みた映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」。ゾンビ映画好きならご存知の方も多いでしょう。今回紹介させていただくのは、その監督である”映画オタク”エドガー・ライトの2010年の作品。物語の舞台はまだ雪が残るトロント。どこか冴えないバンドのベースを務めるスコット・ピルグリムはゲイの同居人や年下の彼女らと共に、バンド同様冴えない生活を送っていた。しかし、ある日パーティーで出会った(その前に夢の中で会っている)ラモーナに一目惚れをしてから、彼の生活は良くも悪くも激変していく…
主演はマイケル・セラ。カナダの若手俳優で、出演作「JUNO/ジュノ」はまだ記憶に新しい。そして彼の同居人役のキーラン・カルキン。カルキンと聞いてあのいたずらっ子を思い浮かべる人も多いと思いますが、その通りマコーレー・カルキンの弟でございます。彼ら二人の台詞の掛け合いも見所の一つ。他にも「キャプテン・アメリカ」のクリス・エヴァンス、アカデミー賞助演女優賞にノミネート経験のあるアナ・ケンドリック、ウェス・アンダーソン作品常連メンバーのジェイソン・シュワルツマンといったそうそうたる面々が名をつらね、日本ではお馴染みの斉藤慶太・祥太も邪悪な元カレ軍団の一員として出演している。冒頭からエドガー節が炸裂します。デジタル化したユニバーサルのロゴ、RPGを思わせるナレーション、軽快なSE(サウンド・エフェクト)によって観客たちをゲームの世界に誘う。どこかで聞いたことのあるゲーム音楽(ゼルダの伝説)、ゲームのステージを連想させる展開、ストリートファイターや鉄拳を彷彿とさせるファイトシーン、ライフゲージ等の演出は観る者にあたかも自らが仮想現実の世界にいるような錯覚をも起こさせる。またこの映画には他にも様々な要素が詰まっています。バックに笑い声が入るホームドラマのようなシーンがあったり、ボリウッドを思わせるダンスシーンがあったり、原作が漫画なこともあり擬音文字が宙を舞ったり。それでいてリアルなところはリアル。過度な演出とリアル、そのギャップがまた僕らを夢中にさせます。前述したように、主人公はバンドマン。そのせいもあってかこの映画は音楽が非常に豪華。レディオヘッドのプロデューサーとしても名高いナイジェル・ゴドリッチを音楽監督に迎え、ブロークン・ソーシャル・シーン、ローリング・ストーンズ、T・レックスらが楽曲を提供、主人公のバンド「Sex Bob-omb」が演奏する曲はベックが作詞作曲している。是非音楽にも”注耳”したい。やりすぎ感がたまらない。いかにもエドガー・ライトな作品ではないでしょうか。この作品、1回観ただけでは味わいきれない面白さがあります。何度も観てほしいです。毎回新しい気付きがあるでしょう。マイケルの可愛いTシャツには注目です。

駒騒 貫八

 

デイヴは宇宙船_ブログ.jpg
エディ・マーフィがエディ・マーフィー型宇宙船と宇宙人になった!

 

デイブは宇宙船

 

【6月放送日】2日、12日

©2008 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 

エディ・マーフィが、エディ・マーフィー型宇宙船と体長数cmの宇宙人の2役に挑戦。エディ・マーフィー扮する宇宙人は、危機に瀕した自分の星を救うのに必要な塩を得るため、地球の海水の略奪を狙っていた!そのためには、まず地球人に紛れ込むことから!エディ・マーフィにそっくりな宇宙船でニューヨークの街へ!しかし、おのぼりさん状態の彼らに、車にはねられるという試練が!その車を運転していた親子に介抱され、人間たちの文化に触れた宇宙人がとった行動とは…。エディお得意のパフォーマンス満載の異色SFコメディ!ザ・シネマでは【これで見納め!STAR WARS】と題して、6月もスター・ウォーズを一挙放送!

うず潮

 

パイレーツ・ロック_ブログ.jpg

カッコ悪いのが、最高にカッコ良い!

 

パイレーツ・ロック

 

【6月放送日】10日、19日

© 2009 Universal Studios. All Rights Reserved.

 

『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督が、60年代英国に実在した海賊ラジオ局をモチーフに描く傑作エンターテインメント。個性豊かな8人のDJたちが織りなす自由でクレイジーな日々が、どうしようもなくアホで、カッコ悪くて、気まずいけど、そんな彼らのどこか悲しげな姿が「これぞロック・スピリットだ」と言わんばかりで最高にカッコ良く見えてきます。当然ながら音楽も最高!鑑賞後の後味もスッキリな映画NO.1なので、是非見てほしい一本です。

キャロル

 

 

four weddings and a funeral.jpgモテ男、モテ女のスマートじゃない恋愛

 

フォー・ウェディング

 

【6月放送日】3日、16日

FOUR WEDDINGS AND A FUNERAL © 1994 ORION PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved

 

かわいいルックス+優しくてチャーミングな性格+ものすごい優柔不断→女性にモテる!という女性ならば「悔しい、でもかわいい!」と思ってしまう主人公チャールズを演じるヒュー・グラントのかわいさが絶頂だった無敵のモテ時代のモテ映画です。そんなモテ男の→が向いているのはこれまた問答無用のモテ女・キャリー。ミステリアスで駆け引き上手で美しい。冷静に考えると「やな女!」なのですが、魔性系ながらも暖かみを感じさせ「友達になれそうかも」と思える様なキャリーというキャラクターを作り上げたのはアンディ・マクダウェルのどこか包容力を感じさせる存在感なのでしょうか?1つめの結婚式で運命的に出逢い、3つの結婚式と1つのお葬式を経て、彼らがたどり着いた「自分たちの恋愛の形」とは?わかっているけど、くやしいけれど、チャールズはやっぱり魅力的だし、キャリーはやっぱりいい女なんです。そして脇を固めるチャールズの友人たちのまた魅力的なこと!少し風変わりで、シニカルで、でも愛情深い。「愛」を感じる映画です。ちなみに、3つの結婚式すべてに登場する神父役のローワン・アトキンソンの抱腹絶倒のマスター・オブ・セレモニーっぷりにも注目!!そしてそしてネタバレになってしまうかもしれませんが、1つのお葬式で、登場人物の1人が愛する恋人へ「funeral blues」という詩を捧げるシーンは、本当に胸を打つ映画史に残るお葬式シーンだと思います。必見!!

にしこ


 

6月の
シネマ・ソムリエ(ブログ用).jpg




 土曜の深夜は、アートフィルムやカルトムービーの傑作を、ヨーロッパはじめ世界から厳選してお届けする、映画ファン垂涎枠。6月のラインナップは…

※「シネマ・ソムリエ」は土曜深夜から日曜深夜放送に引っ越しました。

(文/映画ライター 高橋諭治)

------------------------------------------------------------------------------------------------



 ロリータ・コンプレックスの語源となったナボコフの小説を映画化。巨匠S・キューブリックが『スパルタカス』と『博士の異常な愛情?』の間に発表した異色恋愛劇だ。

 中年の文学者が下宿先の未亡人の娘ロリータに心奪われ、人生を狂わされていく。物語は原作に忠実だが、ヒロインの年齢設定などが変更され、モノクロで撮影された。

 規制が厳しかった時代の作品ゆえに性描写は一切なく、犯罪映画風の冒頭に続いて、人間のエゴをえぐる破滅的なドラマが展開。脇役P・セラーズの怪演も見逃せない。

------------------------------------------------------------------------------------------------

砂漠でサーモン・フィッシング02.jpg
06月08日『砂漠でサーモン・フィッシング』

 中東イエメンの砂漠に川を造り、鮭釣りができるようにしたい。大富豪からそんな壮大なプロジェクトの実現を依頼された、英国人水産学者の奮闘を描くコメディである。

 原作はポール・トーディの小説『イエメンで鮭釣りを』。イメージアップをもくろむ英国政府の思惑も絡む物語はシニカルなユーモア満載で、恋愛映画としても楽しめる。

 堅物の学者に扮したE・マクレガーと、投資コンサルタント役のE・ブラントの機知に富んだ掛け合いが魅力的。夢や理想といったテーマを爽やかに謳い上げた珠玉作だ。


------------------------------------------------------------------------------------------------

スコット・ピルグリム.jpg
06月15日『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』

 『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』の俊英E・ライトが放ったラブ・コメディ。理想の女の子と交際するため、彼女の元カレ7人と対決する青年の物語だ。

 ポップカルチャーから多大な影響を受けた監督の漫画やロックへの偏愛が爆発。主人公が次々と出現する元カレとのバトルを突破していく展開は、まさにゲームのよう!

 凝った視覚効果や編集テクを駆使し、ファミコンのチープな電子音まで導入。マニアックな小ネタとギャグも詰め込んだ映像世界は、これぞ究極のオタクワールドである。

------------------------------------------------------------------------------------------------

 人間の嗅覚や聴覚といった五感が順次失われていく奇病が世界中で蔓延。そのさなかに恋に落ちたシェフのマイケルと感染症学者スーザンの身体も異変に見舞われていく。

 CGによるディザスター描写に依存せず、人類存亡の危機を描いた英国製の終末映画。五感の喪失という現象が一般市民の日常を混乱に陥れる過程をリアルに映し出す。

 世界が静寂と暗闇に覆われていく悲劇的な物語が問いかけるのは、愛と希望というテーマ。他者を“感じる”ことの尊さを感動的に映像化したラブストーリーでもある。


-------------------------------------------------------------------------------------------------

06月29日はメンテナンスのため放送を休止します

『ロリータ』TM & © Warner Bros. Entertainment Inc. 『砂漠でサーモン・フィッシング』©2011 Yemen Distributions LTD. BBC and The British Film Institute All Rights Reserved. 『スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団』©2010 Universal Studios. All Rights Reserved. 『パーフェクト・センス』© Sigma Films Limited/Zentropa Entertainments5 ApS/Subotica Ltd/BBC 2010
5月の
シネマ・ソムリエ(ブログ用).jpg




 土曜の深夜は、アートフィルムやカルトムービーの傑作を、ヨーロッパはじめ世界から厳選してお届けする、映画ファン垂涎枠。5月のラインナップは…

※「シネマ・ソムリエ」は5月より土曜深夜から日曜深夜放送に引っ越します。

(文/映画ライター 高橋諭治)

------------------------------------------------------------------------------------------------


 『地獄の逃避行』に続くT・マリックの監督第2作。第一次世界大戦が始まった頃、恋人と妹を伴ってテキサスの農場に流れ着いた青年の数奇な運命を描く人間ドラマだ。

 アカデミー撮影賞を得た詩的なビジュアルを手がけたのはネストール・アルメンドロス。マジックアワーと呼ばれる日没時の淡い光を生かした映像は神秘的ですらある。

 のちのマリック作品にも通じる生命や自然、人間の業といった根源的なテーマを追求。ドラマの語り手も務める子役リンダ・マンズのみずみずしい存在感も見逃せない。

------------------------------------------------------------------------------------------------

ナック.jpg
05月18日『ナック』

 スウィンギング・ロンドンと呼ばれた1960年代の英国の空気を伝える青春コメディ。ビートルズ映画で名高いR・レスター監督のカンヌ映画祭パルムドール受賞作だ。

 モテ男に憧れる内気な青年と田舎娘の恋物語が、全編即興で撮ったかのような自由奔放な作風で展開。ジョン・バリーの音楽に彩られたモノクロ映像は、今観ても新鮮!

 愛らしい顔立ちの個性派女優R・トゥシンハムの魅力が全開。スター女優シャーロット・ランプリング、ジェーン・バーキンらが無名時代に端役で出演した作品でもある。


------------------------------------------------------------------------------------------------

ピープル対ジョージ・ルーカス.jpg
05月25日『ピープルvsジョージ・ルーカス』

 世界中のクリエイターに影響を与え、多くの観客の人生を変えた『スター・ウォーズ』。その作者G・ルーカスに対するファンの複雑な心理に迫ったドキュメンタリーだ。

 オリジナル版を軽んじた「特別篇」への猛批判など、ファンの毒舌コメントが炸裂。『?ファントム・メナス』の不人気キャラ、ジャー・ジャー・ビンクスも血祭りに!

 世界各国の熱狂的なファンが作ったプロ顔負けのパロディ映像も満載。G・ルーカスを憎みながらも『SW』への愛着を捨てられない人々の生態がユーモラスに描かれる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

『天国の日々』Copyright © 2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved. 『ナック』KNACK, AND HOW TO GET IT, THE © 1965 WOODFALL FILM PRODUCTIONS LIMITED. All Rights Reserved 『ピープルvsジョージ・ルーカス』© 2010,Exhibit A Pictures,LLC, All Rights Reserved

 

24時間SWデイ.jpg5月4日は『スター・ウォーズ』ファンにはお馴染みの台詞“May The Force Be With You 「フォースと共にあらんことを」”の、May The ForceとMay the 4th をかけて、ルーカス・フィルム公認の“スター・ウォーズの日”と定められています。ザ・シネマでは、この日に「24時間スター・ウォーズDAY」を実施します。

 

blog_elebrate.jpg

  

朝6時から、翌日朝6時まで、ぶっ続けでシリーズ6作品や、関連作品を放送します。そして、なんと、当日は「スター・ウォーズの日」を盛り上げる本邦初放送のルーカス・フィルム製作の特別ミニ映像も、映画本編と本編の間で放送します。お見逃しなく!

また、ザ・シネマで実施しました「マイ・ベスト・スター・ウォーズ 日本人の心に残る名シーンべスト10」キャンペーンの結果も当日オンエア内で発表します。第1位に輝くのは、どのシーンでしょうか?


 

■ルーカス・フィルム製作「スター・ウォーズの日」必見の特別ミニ映像!

★特別映像1『突撃レポート!5月4日はスター・ウォーズの日』
(初回放送)7:45から放送の『(吹)スター・ウォーズ/イウォーク・アドベンチャー 勇気のキャラバン』直前

 

★特別映像2『5月4日の楽しみかた』
9:30から放送の『 (吹)スター・ウォーズ/イウォーク・アドベンチャー 決戦!エンドアの森』直前

 

★特別映像3『R2-D2、NASAへ行く』
(初回放送)11:15から放送の『 (吹)スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』直前

 

 

 

全員集合.jpg
 

 

■「マイ・ベスト・スター・ウォーズ 日本人の心に残る名シーンべスト10」キャンペーン結果発表

★「マイ・ベスト・スター・ウォーズ」ベストシーン10-4位発表!
13:30から放送の『 (吹)スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』直前

 

★「マイ・ベスト・スター・ウォーズ」ベストシーン3位発表!
15:45から放送の『 (吹)スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』直前

 

★「マイ・ベスト・スター・ウォーズ」ベストシーン2位発表!
18:30から放送の『 (吹)スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』直前

 

★「マイ・ベスト・スター・ウォーズ」ベストシーン1位発表!
21:00から放送の『 (吹)スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』直前

 

フォースと共にあらんことを。

ザ・シネマ編成部

 

 2014年5月25日の放送予定を、都合により変更させていただきます。


当サイト上では、ダウンロード用PDFを除いて、すでに下記の変更が適用済みです。
PDFには、変更点を箇条書きにした下記同様の一文を記した新たなページを付け加えております。

直前のご案内となりましたことを、謹んでお詫び申し上げます。今後ともザ・シネマをどうぞ宜しくお願い致します。
 
 
                                                           ザ・シネマ

 ◆変更箇所

<変更前>
   5/25(日)深夜3:30-5:30 『ブラス!』
           ↓

<変更後>
 5/25(日)深夜3:30-5:30 『死ぬまでにしたい10のこと』 

このページの先頭へ