ラストマン・スタンディング

黒澤明『用心棒』のハリウッド版リメイク。西部劇のムード漂う頭脳戦ギャング・アクション
© New Line Productions, Inc.

解説

黒澤明監督、三船敏郎主演作『用心棒』を、ウォルター・ヒル監督、ブルース・ウィリス主演でリメイクしたバイオレンス・アクション。30年代米に舞台を移し、西部劇さながらのガン・アクションが展開する。

ストーリー

アメリカの禁酒法時代、荒涼とした西部の町ジェリコに二丁拳銃の使い手ジョン・スミスがやって来た。この町ではドイル率いるアイルランド系とストロッジ率いるイタリア系のギャングが対立。金になると踏んだスミスは、ストロッジの用心棒になって内部事情を探り、さらに高い報酬を条件提示してきたドイル側に寝返る。やがて恋人をメキシコに避難させたスミスは、両組織を一気に潰そうと企む。

放送日時

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

原題

LAST MAN STANDING

監督

ウォルター・ヒル

出演

ブルース・ウィリスクリストファー・ウォーケンブルース・ダーンウィリアム・サンダーソンほか

製作国

アメリカ

製作年

1996

本編時間

101分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『ラストマン・スタンディング』© New Line Productions, Inc.
このページの先頭へ
ページトップへ