レインメーカー

ジョン・グリシャムのベストセラー小説を映画化。若きマット・デイモンが正義感に燃える法廷ドラマ
TM, ® & © 2017 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

解説

ジョン・グリシャムの法廷小説「原告側弁護人」を、フランシス・フォード・コッポラ監督が若き弁護士の人間的な成長を軸に映画化。新人弁護士をマット・デイモンが熱演し、ジョン・ヴォイトら名優が脇を固める。

ストーリー

ロー・スクールを卒業するも大手法律事務所に就職できなかったルーディは、悪名高き弁護士ストーンの下で働くことに。毎年司法試験に受からないデックとコンビを組まされた彼は、白血病患者への支払いを拒否する保険会社への訴訟に取りかかる。デックにアドバイスを受けながら法廷に臨むが、初めての裁判で苦戦が続く。そんな中、病院で示談交渉のクライアントを探していたルーディは、夫に暴力を受けている女性ケリーと出会う。

放送日時

2017年09月01日(金) 10:15 - 13:00

2017年09月09日(土) 07:45 - 10:15

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2009/11/12

面白かった。

    • 鑑賞日 2016/4/10
    • うまいんだけど何かが足りない

ブログ・ケンタウロスの巣(http://blog.livedoor.jp/kentaurs696/archives/1057728753.html)より
大ベストセラー作家ジョン・グリシャムの原作を巨匠フランシス・フォード・コッポラの監督で映画化というビッグな作品の臭いがする一本。
同年「グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~」で大注目の若手マット・デイモンが主演、製作にはマイケル・ダグラスが名を連ねており、脇役にも名バイプレーヤーが顔を揃えているという強力布陣。
ジョン・グリシャム作品の特徴でもある、弁護士の日常の活動や法廷の裏側などがたっぷり描かれています。日本との違いも興味深いです。
大企業の保険会社への訴訟と、DVでの離婚訴訟の2つを同時に抱えた新人弁護士の、ある意味サクセス・ストーリーでもあるこの作品。
ジョン・グリシャムが弁護士でもあるので、実際の体験や事例を基にしている部分もあるのでしょう。
まるで実話の映画化作品を観ているかのようなリアリティがありました。
ただ、コッポラ作品によくあるのですが、口当たりが良すぎるというか、流れが良すぎる嫌いがあります。
社会的にも注目される大企業への訴訟と、家庭問題である離婚訴訟という対象的な2つの案件の対比は意図的なものでしょう。
両方共、主人公のルーディが個人的に原告と関わってはいるのですが、どうしてもケリーとの関わりの方が印象強いものになっています。
実質的に彼自身が当事者の一人にもなっているせいでしょうね。
簡単に言ってしまうと、映画としてはケリーの案件の方が面白いんです。
なので、法廷ものとしてはダニーの案件がメインとなっているものの、対比されているせいでそちらの面白みがスポイルされてしまっているのではないでしょうか。
全然悪い作品じゃぁないんですけど、作り方によってはもっともっと化けることが出来た作品だったんじゃないでしょうか。

    • 鑑賞日 2016/4/10
    • 刺し違え

新人弁護士奮闘記。
基本は法廷ドラマで其々の人物像はおざなり。
全体的にハリウッドらしい作り。
どろどろした部分をあっさり描くのはコッポラ流か。
初々しいマット・デイモンの演技。
老練な俳優が周りを固める鉄壁の布陣。
話はテレビドラマレベル。
悲話が散りばめられる人情劇。
死亡後の刺し違え。

    • 鑑賞日 2016/3/10
    • 暗い話を明るく

新米弁護士の苦闘物語です。抱える案件は家族から見放された老女、DVで殺されかける女、悪徳保険会社の支払い拒否で死んでゆく白血病患者など、いずれも深刻です。

ところが、物語は明朗青春もののムードで展開し、決して深刻にならない。実にうまい作劇で、テンポよく一気に見せきってしまう。おまけに、法曹界の内幕まで見せつけます。

役者もよく揃っております。とりわけ、ダニー・デヴィートがいい味です。

批判するとすれば、ちょっと出来すぎストーリー、ってとこでしょうが、明るいハッピーな話ってやっぱり好きだなあ。

    • 鑑賞日 2016/2/28
    • 法廷ドラマかつ青春ドラマ

司法試験に受かったばかりの新米弁護士が悪徳保険会社に立ち向かう物語。それを夫からの暴力に悩むヒロインや、シングルマザーでアルコール依存症の証人、子どもたちに見捨てられた老女など、さまざまな人物が登場しドラマを色濃いものにしている。結末にはやや納得がいかないが、主人公の人柄を際立たせるにはよい演出なのかもしれない。

原題

JOHN GRISHAM’S THE RAINMAKER

監督

フランシス・フォード・コッポラ

出演

マット・デイモンクレア・デインズジョン・ヴォイトダニー・デヴィートほか

製作国

アメリカ

製作年

1997

本編時間

136分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『レインメーカー』TM, ® & © 2017 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.
このページの先頭へ
ページトップへ