ジョン・ウィック

[R15+]復讐に燃える伝説の殺し屋の“ガン・フー”が炸裂!強くてカッコいいキアヌ・リーヴス完全復活
Motion Picture Artwork ©2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. © David Lee

解説

近年当たり役に恵まれなかったキアヌ・リーヴスが、独特の美学を持つ孤高の殺し屋をクールに演じて完全復活。銃さばきとカンフーを組み合わせたオリジナル挌闘術“ガン・フー”で魅せる一撃必殺アクションは圧巻。

ストーリー

凄腕の殺し屋として恐れられたジョン・ウィックは結婚を機に引退するが、妻を病気で亡くしてしまう。彼女が遺した愛犬デイジーと静かな生活を送っていたところ、ロシアン・マフィアのボスの息子ヨセフに愛車を盗まれ、デイジーも殺されてしまう。怒りに燃えるジョンは、自宅に封印していた武器を取り出し、組織を敵に回して復讐を遂げていく。息子がジョンの怒りを買ったと知ったボスのヴィゴは、部下にジョンの暗殺を命じる。

放送日時

2018年01月13日(土) 21:00 - 23:00

2018年01月14日(日) 12:30 - 14:30

2018年01月22日(月) 13:00 - 15:00

2018年01月22日(月) 21:00 - 23:00

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2018/1/8
    • 粋なバイオレンス

前情報まったく入れず観賞。
キアヌ・リーブスの悲哀に満ちたバイオレンスが格好良い。
ジョン・ウィックの過去をざっくりしか語らないのに周りの人間の対応でどれだけの人物だったかわからせるところも粋で良い。
続編も期待して観たいと思う。

    • 鑑賞日 2018/1/1
    • 好きだけど…

色々チャレンジしてる作品だと思います。楽しい!でも話に深みはないよね…

    • 鑑賞日 2017/12/31

中盤のホテルでのアクションシーンの音響・照明が面白かった。銃声やサイレン等のSEとBGMで使われている音が似ていて、音楽もSEとしてアクションを盛り上げているように思えた。作品全体を通して、ジョンがメインで使用する銃声が低い音に設定されており、BGMのキックの音によく馴染む。ラストシーンはこれでもかというほど雨が降っており、冒頭の雨上がりのシーンにつながることが簡単に分かるのも上手いと思った。夜景のきれいな思い出の地を、妻でなく新しい相棒と訪れるのも、いい話過ぎず、ギャグになる寸前のところできれいにまとまっていて、いいかんじ。ギャグみたいな話を本気出してめっちゃかっこよく撮ってみたらほんとにかっこよくなっちゃったって感じなんだろうか。面白かった。ウィレム・デフォーがちゃんと最高にかっこいい役どころだったのも嬉しい。

    • 鑑賞日 2017/12/31
    • 暗い、痛い、楽しい?

続編のCMが気になっていた、第一作目。じっくり観させていただきました。映画を観るチャンネルと機会が随分増えてきたお陰なのか、刺激的なはずの殺し合いが、憂鬱で陳腐な感じに見えて仕方が無い。スタイリッシュに極めた面々の死闘は、エンターテイメントとして格好良いのだろうけれど、物語そのものは安っぽいダークヒーロー。キアヌ・リーブスの過去を背負う凄腕殺し屋は、しつこいまでに弾を敵に撃ち込むところだけが取り柄で、薄っぺらい感じがするのである。実力を十分に備えた役者たちがキャスティングされているように見えるだけに、脚本?演出?何がわるいのだろう。とにかくダークヒーローを作りたかったような作品なのである。

    • 鑑賞日 -

殺し屋ものでも1,2を争うスカッとぶりだ。
ターゲットを殺す前にターゲットにベラベラ弁明させないところが最高だ。

原題

JOHN WICK

監督

チャド・スタエルスキ

出演

キアヌ・リーヴスミカエル・ニクヴィストアルフィー・アレンエイドリアンヌ・パリッキほか

製作国

アメリカ/カナダ/中国

製作年

2014

本編時間

102分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

R15+

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『ジョン・ウィック』Motion Picture Artwork ©2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. © David Lee 『(吹)ジョン・ウィック』Motion Picture Artwork ©2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. © David Lee 『(吹)トータル・リコール(2012)』© 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. 『(吹)サウスポー』©2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.
このページの先頭へ
ページトップへ