レオン[オリジナル版]

[PG12相当]リュック・ベッソンが、孤独な殺し屋と少女の純愛を描いたバイオレンス・アクション作。
©1994 GAUMONT/LES FILMS DU DAUPHIN

解説

殺し屋と少女の純愛を描く。『グラン・ブルー』でもベッソンと組んだジャン・レノと、当時13歳だったナタリー・ポートマンが主演を務めた。マチルダを演じたナタリー・ポートマンの美しさは世界に衝撃を与えた。

ストーリー

孤独でストイックな生活を送っていた凄腕の殺し屋レオン。ある日、彼の隣に住む少女マチルダの家族が、麻薬を騙し取ったとして麻薬密売組織の一味に皆殺しにされてしまう。買い物に出かけていたため難を逃れたマチルダに匿ってほしいと頼まれたレオンは、戸惑いながらも彼女を受け入れる。やがて彼女はレオンが殺し屋であることに気づき、殺された肉親の復讐のため、自分も殺し屋になりたいとレオンに頼み込む。

放送日時

2018年02月24日(土) 21:00 - 23:00

2018年02月27日(火) 13:00 - 15:00

2018年02月27日(火) 21:00 - 23:00

2018年03月19日(月) 08:30 - 10:30

2018年03月19日(月) 21:00 - 23:00

2018年03月24日(土) 19:00 - 20:55

2018年03月30日(金) 16:00 - 18:00

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 -

見終わってからの印象は悲しい。
この二人が殺し屋という関係無しで出会ってればよかったのにと思う。
レオンが最後までマチルダに殺しをさせなかったのが良かった。きっとマチルダは普通に大人になって行くと信じたい。
ゲームや食事中では12歳らしい姿がとても可愛かった。やっぱり彼女も子供なんだなと感じる。

    • 鑑賞日 -
    • ベッソンの最高傑作

セイフ等、殺し屋がふとしたきっかけで、見ず知らずの子供を命がけで守るっていうストーリーは結構あるけれど、これはその中でも傑作のひとつ。

    • 鑑賞日 2012/7/20

何度見てもいい。

    • 鑑賞日 2017/8/14
    • 見てて飽きない

良い意味でフィクションらしい、惹かれる設定です。
殺す所はパーッと殺して、オッサンと美少女の日常はホッコリ、とメリハリがついているのに加えて、全体的に演出が神がかってるので全然飽きません。序盤の闇からスゥッと出てくるレオンかっこよすぎませんか??

悪役もキャラが濃くて最高。
最後までいろんな展開が予想できるのが楽しいです。私は最後マチルダがスタンのドタマをぶち抜くと信じていました(ある意味当たりですよね)。私も死ぬときはSHITって言って死にたい。
結局マチルダは(直接的に)人殺ししなかったから普通の社会に戻れるけどレオンはってことなんでしょうね…。

あと、劇伴音楽が最高です。サントラほしい。

    • 鑑賞日 -
    • ナタリー・ポートマンは美貌も胸も演技も未熟

 原題"Léon"で、主人公の名。
 中年男とまだ胸の小さい少女の物語というのは、プラトニックな恋人関係にある疑似父娘ものとして、ある種の共感を得やすい。
 テレビドラマでは『パパと呼ばないで』(1972-3)、映画では『ペーパー・ムーン』が代表作で、喧嘩をしても仲直りできる奇妙な愛情で結ばれるドラマとなる。
 本作もまた、不良な中年男と小生意気な少女の組み合わせで、コブ付きを嫌って邪険にする男に少女が勝手に娘志願して、奇妙な疑似父娘のコンビができてしまう。
 レオンは腕の立つ殺し屋だが文盲、一方のマチルダは蓮っ葉だが頭の切れる孤児という、少女は男の保護を必要とし、男は少女の頭脳と癒しを必要とするという父娘ものには不可欠な補完関係にある。
 見どころはジャン・レノ演じる殺し屋の完璧なまでの仕事ぶりと、ナタリー・ポートマン演じる少女の小悪魔的ぶりになるが、『ペーパー・ムーン』のテータム・オニールほどには上手くないのが残念なところ。成長してからの美貌もまだ開花してない。
 子役に食われない分、ジャン・レノの少女の前では冴えないオジサンぶりは堂に入っていて、無敵の殺し屋ぶりと併せ、名人独演会となっている。
 ストーリーは単純で、麻薬売人を父に持つ少女が悪徳麻薬捜査官に親姉弟を皆殺しにされ、捜査官のボスに復讐するために隣室の馴染みの殺し屋に弟子入りするというもの。跳ねっかえり娘を助けるため逆に当局に襲われることになるが、命を賭して娘を助け、復讐を果たす。
 ゲイリー・オールドマンが、サイコパスな麻薬捜査官のボスを演じて上手い。

原題

LEON

監督

リュック・ベッソン

出演

ジャン・レノナタリー・ポートマン ゲイリー・オールドマンダニー・アイエロほか

製作国

フランス/アメリカ

製作年

1994

本編時間

111分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

PG12相当

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『レオン[オリジナル版]』©1994 GAUMONT/LES FILMS DU DAUPHIN 『(吹)TAXi4』© 2007 EUROPACORP - ARP - APIPOULAÏ PROD - TF1 FILMS PRODUCTION 『(吹)サバイバー』© 2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 『(吹)バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』© 2014 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.  『(吹)レオン[オリジナル版]』©1994 GAUMONT/LES FILMS DU DAUPHIN
このページの先頭へ
ページトップへ