【12月最新】格安SIMおすすめ人気ランキング10選

b-mobileで今持ってるiPhoneそのまま使えます!対応機種を確認しよう

b-mobileで今持ってるiPhoneそのまま使える?対応機種を確認しよう

『iPhoneって、もっと安く使えないの!?』

「b-mobile」なら、“iPhone 5 s”以降のシリーズを格安で使うことができますよ!どれくらい安いのかというと、大手キャリアと同じように使ったとしても毎月2,000円も節約できるんです!

中には『格安スマホにしたいけど、Androidは使いたくないし…』と考えている方もおられますが、大丈夫。iPhoneだって、同じくらい安く使えます。

今回は、iPhone大好きな元携帯販売員の私が、b-mobileの格安SIMをiPhoneで使うメリットや、使い始めるまでの流れなんかを全てお教えいたしましょう!いや、教えさせてください!

最後まで読んでいただければ、きっと『iPhoneって、そんなに簡単に安く使えるの!?』と驚くこと間違いなしですよ!

この記事でわかること
  • b-mobileなら他社のiPhoneも使える!
  • b-mobileでは端末の販売は無し!
  • iPhoneを使う6つのメリット
    「大手キャリアより毎月2,000円も安い」
  • iPhoneを使うまでの流れ!
  • iPhoneを使う際の3つの注意点
    「au版iPhoneはSIMロック解除が必要」
相談者

iPhoneって、毎月の支払も高くついちゃうイメージなんですよね…

インターネットコンシェルジュ

b-mobileなら音声とデータの両方が使えて、毎月1,089円からと超格安で使えますよ!他社との比較も紹介しますので、是非チェックしてください♪

目次

b-mobileならiPhoneが使える!対応機種一覧

b-mobileのiPhoneシリーズの動作確認状況を一覧にまとめました。

スクロールできます
機種名SIMフリードコモauソフトバンク
iPhone 3GS
iPhone 4
iPhone 4S
iPhone 5
iPhone 5S(5c)
iPhone 6(6 Plus)
iPhone 6s(6s Plus)
iPhone SE(第1世代)
iPhone 7(7 Plus)
iPhone 8(8 Plus)
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS(XS Max)
iPhone 11(Pro,Pro Max)
iPhone SE(第2世代)
iPhone 12(mini,Pro,Pro Max)
iPhone 13(mini,Pro,Pro Max)
iPhone SE(第3世代)
※評価基準:利用可(〇)未確認(△)利用不可(×)販売無し(-)

b-mobileでは、主に「iPhone 5s」以降のシリーズで動作確認が行われていますが、「au版」のiPhoneのみ動作確認が行われていません。あくまで動作確認が行われていないだけで、使用できないわけではないので注意してください。

ネット上では端末の「SIMロック」を解除することで『au版のiPhoneも使用できる』という情報もあるので、基本的にb-mobileではほとんどのiPhoneが使用できると考えて良いでしょう。

相談者

au以外で購入した「iPhone 5s」以降の端末なら、特に心配はなさそうですね♪

インターネットコンシェルジュ

「SIMロック」については、後ほど詳しく解説しますね☆

b-mobileで使えるAndroidスマホの対応機種

b-mobileでは「ドコモ」「ソフトバンク」で販売されているAndroid端末のほとんどが動作確認済みになっています。代表的なシリーズでは、次のようなものが使用可能です。

機種名対応可否
Galaxy
Xperia
AQUOS
ARROWS
ZenFone
HUAWEI
motorola
Xiaomi
OPPO
※2011年以前のモデルは利用できない可能性があります

Android端末は非常に種類が多いため、b-mobileで使用する場合は念のため動作確認端末から、使用予定の端末をチェックしておきましょう!古い機種では、テザリングなどの一部機能が使えないケースもあります。

また、こちらもiPhoneと同様に「au」で販売されたものは動作確認が行われていないため、b-mobileで使用する際は事前にネット上で同じ端末を使用している方の口コミなどを確認しておくのがおすすめです。

インターネットコンシェルジュ

Android端末は機種ごとに仕様が異なるので、使用する際は必ず情報をチェックするようにしてください!

b-mobileでiPhoneの販売はなし!持ち込みのみ!

b-mobileでは、iPhone・Androidの両端末の取り扱いがありません。そのため端末に関しては別途購入するか、すでに所持しているものを持ち込んで使用する必要があります。

新しくiPhoneを購入する場合は、次のような販売店を活用するのが良いでしょう!

iPhoneが買える場所
  • Apple Store
  • 家電量販店
  • 携帯キャリア
  • 中古ショップ
  • オンラインショップ
インターネットコンシェルジュ

b-mobileで使用する場合は「au版」以外を購入すると、動作確認も行われているので安心ですよ♪

iPhoneの価格について

iPhoneの価格は販売店によって異なります。

1つハッキリとしていることは携帯キャリアで購入するよりも、「Apple Store」の方が総額は安いので、最新モデルや新品を希望する場合はApple Storeを利用すると良いでしょう。

2022年7月時点で、Apple Storeで販売されているiPhoneの価格を一覧にしておきましたので、購入する際の目安にしてください。

スクロールできます
シリーズ64GB128GB256GB512GB1TB
iPhone SE(第3世代)62,800円69,800円84,800円
iPhone 13117,800円132,800円162,800円
iPhone 13 mini99,800円114,800円144,800円
iPhone 13 Pro144,800円159,800円189,800円219,800円
iPhone 13 Pro Max159,800円174,800円204,800円234,800円
iPhone 12102,800円109,800円124,800円
iPhone 12 mini87,800円94,800円109,800円
iPhone 1172,800円79,800円
※2022年7月時点

また、とにかく低価格での購入を検討している場合は、「中古ショップ」少し型落ちしたiPhoneを購入するのもおすすめです。

現在でも格安スマホとして使用されている「iPhone 7」などは、10,000円~20,000円ほどで購入できます。注意点としては、中古品を購入する場合は状態の確認できる“店舗”で購入するほうが良いでしょう!

相談者

iPhoneにも色々な買い方があるんですね♪

インターネットコンシェルジュ

最新モデルなら「Apple Store」、型落ちしたモデルなら「中古ショップ」で探してみてください☆

b-mobileでiPhoneを使う6つのメリット

b-mobileでiPhoneを使うメリットについてまとめました!

メリット一覧
  • 大手キャリアよりも安く使える!
  • 同じ本体ならデータ移行不要!
  • iPhone同士ならデータ移行が楽!
  • テザリングが無料で使える!
  • iCloudメールならアドレスはそのまま!
  • 本体の寿命が長い!
インターネットコンシェルジュ

単純にiPhoneを使用するメリットも含まれますので、特にAndroidから乗り換える方は必見ですよ♪

メリット①iPhoneが大手キャリアよりも安く使える!

b-mobileでiPhoneを使う最大のメリットは、毎月の通信費がとにかく安いという点です!大手キャリアと同じように使用しても、毎月2,000円ほど通信費を節約することができます。

以下の表では、各社にある段階制の料金プランの価格を比較してみました。

料金比較1GBまで20GBまで
b-mobile1,089円最大5,269円
ドコモ3,465円最大6,765円
※上限:7GB
au3,278円最大7,128円
ソフトバンク3,278円最大5,478円
※上限:3GB
ダントツでb-mobileがお得!

1GBまでの使用で明らかに料金の差があることがわかります。またデータ容量を上限まで使用した場合でも、b-mobileは20GBという容量で5,269円なので、他社よりもかなりの割安です。

さらにb-mobileでは、通話料が半額になるアプリ「b-mobile電話」が使えるので、同じ料金でも2倍の時間通話することができます。

相談者

同じiPhoneでも契約するキャリアによって、こんなにも料金が違うんですね!

インターネットコンシェルジュ

大手キャリアには割引があるので、実際はもう少し安く使えますが、それでも無条件のb-mobileの方が絶対的に安いんです♪

メリット②iPhone持ち込みならデータ移行は不要

b-mobileでは端末を販売していないので、基本的に持ち込んだiPhoneを使うことになるため、データ移行の作業が一切不要です。

相談者

本体が替わらないから、データはそのままってことですね♪

携帯キャリアが変わっただけなら、通信に使用する回線が変わるだけなので、iPhone内のデータはそのまま使えます。また、他にもデータ移行をしないメリットには、次のようなものが挙げられます。

データ移行をしないメリット
  • 作業時間が不要
  • データが消えるリスクがない
  • 100%同じ内容で利用ができる
相談者

てっきり他社に乗り換えたら、データも使えなくなると思っていました…。

インターネットコンシェルジュ

iPhoneのデータは基本的に本体の中に保存されているので、本体が替わらなければなにも変わりませんよ♪

メリット③iPhone同士ならデータ移行が楽!

もし新しいiPhoneを購入する場合はデータ移行が必要になりますが、iPhone同士に限り「クイックスタート」という簡単にデータを移せる機能が使えます。

クイックスタートは画面に表示される案内に沿ってiPhoneを操作するだけなので、特別難しい知識も必要ありません。さらにクイックスタートでは、100%近いデータを移行できるので、新しいiPhoneも今まで通りの感覚で使えます!

クイックスタートとは
  • iPhone同士でデータ移行を行う機能
  • Wi-Fi環境で行う
  • iPhoneからiPhoneに直接データを送る
  • 「iPhone 5s」以降に対応
  • 「iOS12.4」以上が必要

他にもiPhoneでは「iCloud」という、Apple社のデータ保管サービスを使ってデータを移行することが可能です。元のiPhoneのデータをiCloudに預け、新しいiPhoneで引き出す流れで移行を行います。

ただし、無料で移行できるのは“5GBまで”なので、本体の容量を5GB以上使用している場合は全てのデータを移すことができません。ですので、基本的にはクイックスタートを使用するのがおすすめです。

iCloudとは
  • Appleのサーバーにデータを預ける機能
  • 好きなタイミングで引き出すことも可能
  • 「Apple ID」「パスワード」が必要
  • 主にデータバックアップに使用する
  • 5GB以上は容量に応じて月額料金が発生
相談者

クイックスタートなら、機械の操作が苦手な私でも大丈夫そうです♪

インターネットコンシェルジュ

クイックスタートは一定の操作が完了したら、あとは放置をしておくだけで自動で移行してくれますよ☆

メリット④テザリングが無料で使える

b-mobileではiPhoneの「テザリング」が無料で使えます!ちなみにテザリングとは、iPhoneをWi-Fiルーターのように使い、パソコンやゲーム機などをネットに繋げるための機能です。

他社ではテザリングを使用するために月額料金が発生したり使用容量の制限がありますが、b-mobileではそれらがなく自由にテザリングを使えます。

ただし、通信にはb-mobileの回線を使用するので、テザリングを使った通信も料金プランのデータ容量に換算されるので、注意してください!

テザリングとは
  • スマホをWi-Fiルーターの代用にできる機能
  • スマホを中心に他の機器をネットに繋げられる
  • 携帯電話の通信(モバイル回線)を利用する
相談者

そんな便利なものが無料で使えるんですね♪

インターネットコンシェルジュ

iPhoneを「モバイルWi-Fiルーター」のように使えるので、非常に便利ですよ♪

メリット⑤iCloudメールなら同じアドレスが使える

現状iPhoneで「iCloudメール」を利用している方なら、b-mobileに乗り換えても同じメールアドレスが使用できます。

一方で大手キャリアが提供する「キャリアメール」は、回線を解約してしまうとメールアドレスが消失してしまうため、b-mobileなどの他社では引き継ぐことができません。

アドレスが変わってしまうと、連絡先変更の手続きなどが非常に面倒ですが、iCloudメールならそういった心配も無用です!

メールサービスの違い
iCloudメール
  • Appleが提供する「フリーメール」
  • Appleアカウントがあれば無料で使える
  • キャリアに関係なく同じアドレスが使える
  • 主に「~@icloud.com」で終わるアドレス
  • 「@me.com」「@mac.com」の場合もある
キャリアメール
  • 大手キャリアが提供するメールサービス
  • 解約時にアドレスが消失してしまう
  • 「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@i.softbank.jp」など
  • 近年、解約後も「有料」で継続できるようになった
相談者

今のアドレスも色んなサービス登録に使ってるから、変わっちゃうと面倒なんですよね…

インターネットコンシェルジュ

iCloudメールなら、様々なサービス登録にも使えますし、キャリアを乗り換えても同じアドレスが使えるので便利ですよ♪

メリット⑥長く使い続けることができる

iPhoneは本体の寿命が長く、2022年現在でも「iPhone 6s」「iPhone 7」といった7年ほど前の端末が現役で使われています。

一方でAndroid端末は製造メーカーなどによって仕様が大きく異なり、中には1~2年で動作がカクついたり、予期せぬ不具合が頻発するようになるため、正直長期間の利用には向いていません。

その点でiPhoneは5年ほど使っても動作がスムーズなままだったり、特別な不具合が起きることも少ないので、安定して長期間使用することが可能です。

相談者

確かに周りのAndroid端末を使っている人は、機種を買い替える期間が短い気がします!

もちろんAndroid端末でも長く使えるものはありますが、端末を見極める目利きが必要なので、無難に長く使うならiPhoneの方が優れていると言えるでしょう!

他にも、iPhoneをお使いの方の意見を集めてみました!

口コミ
iPhoneは使いやすい!
口コミ
高くてもiPhone!
口コミ
カメラ移りも最高!
インターネットコンシェルジュ

少々高くても,、長く使えるiPhoneの方がコスパが良かったりしますよ♪

b-mobileでiPhoneを使うまでの流れ

b-mobileでiPhoneを使うまでの流れについてまとめました!これからb-mobileを契約する方は、是非参考にしてください。

STEP
端末の用意
  • 「キャリア」で購入したものを使う
  • 「家電量販店」で購入したものを使う
  • 「Apple Store」で購入したものを使う
  • 「中古ショップ」で購入したものを使う
  • 「オンラインショップ」で購入したものを使う
STEP
SIMロック解除(au端末のみ)
  • 対象のキャリアで解除をする
  • Web上で行えば無料でできる
  • 店舗の場合は3,300円の手数料が発生

※詳細は後ほど解説します。

STEP
MNP予約番号発行(乗り換えのみ)
  • 契約中のキャリアに発行依頼
  • 予約番号の発行費用は無料
  • 有効期限は15日間
STEP
申し込みの準備
  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • 連絡用のメールアドレス
  • 連絡用の電話番号
  • MNP予約番号(乗り換えのみ)

※本人確認書類:顔写真付き・現住所記載のものを用意

STEP
公式サイトから申し込み
  1. 公式サイト」を開く
  2. 「購入・申込」を選択
  3. 利用する回線を選ぶ
  4. 「次へ」を選択
  5. b-mobileの作成
  6. 「送信」を選択
  7. メール内のURLを開く
  8. ログイン後「購入する」を選択
  9. 契約プランを選ぶ
  10. SIMサイズを選び「次へ」
  11. 利用規約に同意し「次へ」
  12. お客様情報を入力し「次へ」
  13. 支払い情報を入力し「次へ」
  14. 申し込み内容の確認
  15. 「申し込む」を選択
  16. 申し込み完了

※2022年7月時点での内容です。

STEP
SIMカードの受け取り・装着
  • 申し込み後数日以内に発送される
  • 最短で翌日に到着
  • 受け取ったら端末に装着
STEP
回線切替(乗り換えのみ)
  1. 回線切り替えページ」へアクセス
  2. 使用する回線を選ぶ
  3. 「MNP回線切り替え」を選択
  4. 「USIM番号」を入力
  5. 「切り替える」を選択
  6. 手続き後1時間以内に元の回線が停止
  7. 元の回線停止と同時に新しい回線が開通
STEP
初期設定(APN設定)
  1. プロファイルのダウンロード
  2. プロファイルのインストール
  3. 通話・通信テスト

※詳しい手順は後ほど解説します!

b-mobileに乗り換えをする方は、元のキャリアで「MNP予約番号」の発行を忘れずに行ってください。MNP予約番号の発行手数料は無料ですが、15日間の有効期限があるため、発行後は速やかに申し込み手続きを行いましょう!

また、回線が切り替わるのはSIMカード到着後になるため、それまでは元の回線が利用できます。回線切り替えの手続きを行う時間によって回線が切り替わるタイミングが異なるので注意してください。

手続き時間回線切替時間
10:00~20:001時間以内に完了
20:00以降翌日11:00頃までに完了
インターネットコンシェルジュ

全体的な作業時間は1~2時間ほどです!全てネット上で手続きが可能なので、時間がない方にもおすすめですよ♪

b-mobileでiPhoneを使う場合の初期設定(APN設定)

b-mobileのSIMカードが手元に届いたら、次の手順に沿ってiPhoneの初期設定を進めてください!

STEP
SIMカード装着
  • 電源を切ってから行う
  • 装着後に電源を入れる
STEP
Wi-Fiに接続
  • iPhoneをWi-Fiに接続しておく
  • 既に接続済みなら再設定は不要

※画面右上・左上のいずれかに「扇形マーク」の表示があればOK

STEP
プロファイルダウンロード
  1. ドコモ回線は「こちら」を開く
  2. ソフトバンク回線は「こちら」を開く
  3. 「○○用 プロファイル」を選択
  4. 「許可」を選択
  5. 「閉じる」を選択

※iOSバージョンによって表示が異なる場合があります。

STEP
プロファイルインストール

iPhoneのホーム画面から、次の手順で進めてください!

  1. 「設定」を選択
  2. 「一般」を選択
  3. 「VPNとデバイス管理」を選択
  4. ダウンロードしたプロファイルを選択
  5. 画面右上の「インストール」を選択
  6. iPhone本体のパスコードを入力
  7. 画面右上の「次へ」を選択
  8. 画面右上の「インストール」を選択
  9. 画面下部の「インストール」を選択
  10. 画面右上の「完了」を選択

※iOSバージョンによって表示が異なる場合があります。

設定が完了したらiPhoneのWi-Fiを切断し、インターネットに接続できるかを確認しましょう!合わせて、電話の発着信や音声に問題がないかもチェックしておくのがおすすめです。

もし接続がうまくいかない場合は、一度iPhoneの電源を入れなおしてみてください。iPhoneの電源の切り方はシリーズによって異なるので、次の内容を参考にしていただき、電源を入れる際は「電源ボタン」長押ししましょう!

iPhoneの電源の切り方
「iPhone 11」以前のモデル
  • 「電源ボタン」を長押し

「スライドで電源オフ」と表示されたら離してOK

「iPhone X」以降のモデル
  • 「電源ボタン」+「音量ボタン(上下どちらか)」を長押し

「スライドで電源オフ」と表示されたら離してOK

インターネットコンシェルジュ

通信の確認ができたら、Wi-Fiの設定も元に戻しておいてくださいね♪

b-mobileでiPhoneを使う時の3つの注意点

b-mobileでiPhoneを使う際の注意点は次の3つです。

注意点一覧
  • auのiPhoneならSIMロックに注意!
  • iOSアップデートのタイミングに注意!
  • Android利用者はデータ移行が面倒!
インターネットコンシェルジュ

特にiPhoneを初めて使う方は、しっかりとチェックしておきましょう!

auのiPhoneはSIMロックに注意

b-mobileでは「au版」のiPhoneを使う場合は「SIMロック」の解除が必須です。

相談者

「SIMロック」って、なんですか?

SIMロックは、端末で特定のSIM(回線)しか使用できなくする制限機能です。例えば、ドコモで購入したiPhoneはドコモとドコモ回線を使用したSIMしか利用することができません。

b-mobileは「au回線」には対応していないため、auで購入したiPhoneを使用する場合は、必ずSIMロック解除が必要になります。

「SIMロック」とは
  • 特定のキャリアのSIMしか使えないようにする機能
  • 主に大手事業者の端末はSIMロック状態
  • 解除するには各キャリアで手続きが必要

SIMロックの解除は店頭(auショップ)でも行えますが、手数料が3,300円発生します。ですがマイページから手続きを行えば手数料は不要なのでおすすめです。

インターネットコンシェルジュ

SIMロックの解除は無期限で適用されるので、時間がある時に手続きをしておきましょう♪

iOSアップデートのタイミングに注意

iPhoneでb-mobileなどの格安SIMを使用する場合は、「iOS」をアップデートするタイミングに要注意です。

相談者

そもそも「iOS」って、なんでしょうか?

iOSは、iPhoneを管理制御するためのオペレーティングシステムです。Android端末では「Android」、パソコンでは「Windows」「Linux」「MacOS」などが、同じ役割をしています。

このiOSは、iPhoneを使いやすくするために不定期に最新バージョンが配信されていますが、過去にはアップデートを行うと格安SIMを使った通信ができなくなるということがありました。

ですのでiPhoneで格安SIMを使用する場合は、iOSのアップデートをする前に、ネット上で不具合の報告などがないかを確認してから行うことをおすすめします。

「iOS」とは
  • iPhoneの基本ソフトウェア
  • iPhoneを動作を管理する役割
  • パソコンでいう「Windows」と同じ
インターネットコンシェルジュ

アップデート前に、b-mobileの公式サイトやTwitterなどで確認してみましょう!

AndroidからiPhoneにする場合はデータ移行が面倒

Android端末からiPhoneに端末を変更する場合は、データの移行が多少面倒になります。特に「アプリ」は、そもそも移行できないものや、一部しか引継ぎできないものなど様々です。

例えば「App Store」に存在しないアプリはiPhoneでは使用できませんし、ゲームアプリのようなアカウントが存在するものはアプリ単位での引継ぎ作業が必要だったりします。

また、LINEのコイン残高のようなアプリ内で使用できる通貨は、引継ぎできないケースが多いため、移行前に使い切ってしまうなど状況に合わせて対処するようにしてください。

データ移行の注意点
  • アプリは同じものが使えることが多い
  • ただしアプリ内のデータは引継ぎが困難
  • ID管理しているアプリデータは引き継げる
  • データ移行には「iOSに移行」を使用する

※「iOSに移行」はAppleが開発したAndroid用アプリです。

アプリ以外の連絡先や写真などの基本的なデータは、「iOSに移行」というAndroid専用アプリを使うことで、一括で移行できます!

こちらのアプリの操作は、iPhone同士で使用する「クイックスタート」のように、画面に表示される案内に沿って項目を選択していくだけなので非常に簡単です。

「iOSに移行」で引き継げる内容
  • 連絡先
  • カレンダー
  • SMSメッセージ
  • 一部の無償アプリ
  • Googleアカウント
  • ブラウザのブックマーク
  • カメラロールの写真や動画
相談者

アプリの移行にだけ注意すれば良さそうですね!

インターネットコンシェルジュ

「iOSに移行」が登場したことで、かなり簡単に移行できるようになりました♪

b-mobileの申し込みは公式サイトからスマホで簡単に!

b-mobileでは「au版」のiPhone以外では、「iPhone 5s」以降のシリーズを全て使うことができます。ですが『au版のiPhoneでも使える』という情報もあるので、実際は「SIMロック」を解除することで同じように使えるでしょう。

ただし、公式に動作確認を行っているわけではないため、もし新しくb-mobileで使用するiPhoneを購入するなら「SIMフリー版」「ドコモ版」「ソフトバンク版」を買うのがおすすめです!

現在大手キャリアで契約中の方であれば、同程度のプランを使用しても毎月2,000円の節約になるので、乗り換えないという手はありません。是非これを機にb-mobileを使ってみてください!

インターネットコンシェルジュ

b-mobileは手続きも簡単で、最短翌日には利用開始できますよ♪

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。サービスの料金やスペック、契約条件、解約条件、キャンペーン等の詳細情報は、申し込む前に事前に必ず各公式サイトでご確認ください。

目次