ドコモ光の口コミ評判は実際悪くない!! メリットとデメリットまとめ

ドコモ光の口コミ評判

日々、利用者が増加しているドコモ光!そんなドコモ光の料金、回線速度・保守対応などについて契約するために必要な判断材料を徹底的に集めました!

さらに口コミや評判といった実際のドコモ光の使用者の声を集めておりますで、現在進行形で契約を悩んでいる方にとっては非常に参考になる内容が詰め込まれています!

先にお伝えしたいのは、ドコモ光はドコモユーザーにとって非常にお得な光回線であることです。しかし、ドコモ光の評判を調べてみるとマイナスな内容が非常に多いです。例えば「サポートセンターの対応が悪い」「光回線工事がなかなか始まらない」といった不満を多く目にします。

相談者

何でこんなにドコモ光の評判が悪いの?本当に大丈夫?

インターネットコンシェルジュ

それは、ドコモ光を利用している人が非常に多い証拠です!ドコモ光は700万件の契約数があり、そのうち1%の人が悪い評価をつけたらその数は7万件になります。不満の声が目立ってしまいますが、満足に利用できている方がほとんどなので安心してくださいね。

満足できているユーザーはわざわざ評価をしない方が多い一方で、不満は誰かに聞いてほしいという心理が働くため良い評価よりも書かれる割合は高いです。なのでドコモ光が決して悪いものでないことを先にお伝えしておきます!

しかし少数ではあれマイナスの要素もあることは事実です。当記事では、そのようなマイナスの内容の事実性やトラブルの回避方法などもまとめつつ、ドコモ光のメリット・デメリットをハッキリとさせています!

目次

ドコモ光はドコモユーザーが一番お得!基本情報まとめ

ドコモ光とは、NTTドコモが提供する光回線のサービスで回線とプロバイダを一体型にしたものです。回線とプロバイダがセットになっているものもあれば、プロバイダだけを別に選べるなど自由に選択ができます。

光回線は、契約先によって通信が停滞する時間帯などがありますがドコモ光は回線の混雑が起きやすい夜間や土日なども比較的安定しているのが特徴です。

項目内容
運営会社株式会社NTTドコモ
提供エリア全国
最大速度1Gbps
実質平均速度258Mbps
月額料金(マンション)4,400円
月額料金(戸建て)5,720円
スマホセット割ドコモ
工事費用(マンション)16,500円
工事費用(戸建て)19,800円
契約期間2年
キャッシュバック有(最大20,000円)

使用している携帯電話のキャリアがドコモのユーザーであれば、割引内容も充実しているので料金的にもメリットがある回線です。特に代表的な割引として、ドコモ光回線と紐づけたドコモ携帯の利用者の携帯料金から永年1,100円が割引されます。

さらにその方にドコモユーザーの家族がいるなら、その方の携帯料金も永年1,100円割引になります。ドコモ携帯の利用者が多ければ多いほど、割引額も増えてお得になります。

ドコモ光は、提供エリアも広く日本国内であれば基本的に契約可能です。大手携帯キャリアだけあって、通信の安定感に優れ多くのユーザーが利用しています。

携帯キャリア光回線
ドコモドコモ光
au
UQモバイル
auひかり
ビッグローブ光
DTI光
nifty光
So-net光プラス
eo光
コミュファ光
ピカラ光
enひかり(UQモバイル)
ソフトバンクソフトバンク光
NURO 光
Fon光
ahamoenひかり

auやソフトバンクでは選択肢がいくつかありますが、ドコモの場合はドコモ光のみとなります。なのでドコモ利用者はドコモ光が料金面では最もお得であると言い切れます。

インターネットコンシェルジュ

ドコモスマホとドコモ光をセット利用することで、携帯料金が毎月1,100円割引になります!これはでかい!

他にもOCNモバイルONEをご利用の方はOCN光がお得で、楽天ひかりなら楽天モバイルなど、光回線とスマホを合わせることでお得に利用できます。

インターネットコンシェルジュ

ドコモ光の料金が高いという口コミ評判も目立っておりましたので、実際のところどうなのか、ドコモ光の料金シミュレーションの結果を記事にまとめました。

ドコモ光の良い口コミ評判まとめ「ドコモユーザーならドコモ光が一番安い」

ドコモ光を実際に契約し利用した人の口コミや評判の内容について調査したところ、他社と比べてドコモ光は「料金が安い」「速度が速い」という評判が多く見受けられました。

ドコモ光の良かった口コミ評判
  • 他社よりも料金が安い
  • 通信が速い
  • お得なキャンペーンが豊富
  • 大手なのでサポートも安心

良い口コミ評判1.他社よりも料金が安い(ドコモユーザーなら特に安い)

ソフトバンク光の方が基本料金安いと思って入ったけど、IPv6使用する場合はドコモ光の方が安いの今知った まじで情弱すぎて悲しい

https://twitter.com/fuji_plusminus/status/1424939761374953474?ref_src=twsrc%5Etfw

長期にわたってドコモのケータイを使ってきたので、ドコモ光が登場した時は、すぐに飛びつきました。セット割によって月々3,000円もの割引が適用されているので本当に重宝しています。年間に換算すれば36,000円ですからね。相当なものです。通信品質に関しても何ら問題がなく、今のところストレスを感じることなく利用できています。動画やゲームなど、割と重い作業をしているにもかかわらずですよ。この先もドコモのケータイを使っていこうと思っているので、必然的にドコモ光も使っていく事になるでしょうね。

https://minhyo.jp/docomo-hikari?sort=high#review-pre-area

ドコモ光の月額料金は、マンションが4,400円、戸建てが5,720円となっております。

ドコモユーザーがドコモ光を契約すれば、ドコモの携帯料金から毎月1,100円割引されるので、光回線と携帯料金のトータルの費用でお得に利用できます!ドコモユーザーからは料金面で高い評判となっています。

相談者

毎月1,100円も割引されるのは大きいですね!

インターネットコンシェルジュ

離れている家族も含めて、ドコモなら最大4人までそれぞれ毎月1,100円割引されるので、合計すると最大4,400円もお得になります!これは本当にすごいです!

しかし、ドコモを利用しているといっても、契約しているプランによって割引額が異なったり、対象外になることもあるのでご注意ください。

プランスマホ割
ギガホ・5Gギガホ1,100円
ギガライト・5Gギガライト
データ量5GB以上
1,100円
ギガライト・5Gギガライト
データ量1GB以上~5GB未満
550円
ギガライト・5Gギガライト
データ量1GB未満
割引なし

auひかりソフトバンク光では、スマホセット割を利用するために「固定電話オプション(月550円)」の契約が必須になるのですが、ドコモ光はオプションの条件はありません。

ただし、ファミリー割引に登録している必要があり、スマホ料金と光回線の料金が合算されて同じ口座に引き落としとなります。スマホと光回線で口座を分けたいという方は、スマホセット割が使えないので要注意です。

インターネットコンシェルジュ

離れた家族もドコモ光を利用している場合、さらに携帯料金から毎月330円割引を受けることもできます。

良い口コミ評判2.【V6プラス】通信速度が速いオプションプランもドコモ光は安い!

IPv6とは高速通信のことで、従来のIPv4と比べてセキュリティレベルも高く、回線が混みやすい夜の時間帯も快適なスピードで通信ができると評判も高いです!

ソフトバンク光の基本使用料は月額4,160円と比較的安いのですが、IPv6の高速通信を使うには月々550円が必要になり、合計で月々4,710円の費用となります。

しかしドコモ光ではIPv6の高速通信の利用料は無料となっており、月額4,400円で高速通信を利用できます!

そのため、ソフトバンク光よりもお得にIPv6の高速通信を利用できるのです。

v6プラス料金(マンション)
ドコモ光
月額4,400円
v6プラス無料
さらにドコモユーザーなら毎月1,100円割引
ソフトバンク光 月額4,673円
月額4,160円+月額513円(ルーターレンタル)
auひかり月額4,180円
v6プラス無料
eo光1年目…3,280円
2年目以降…5,448円
v6プラス無料
高速通信のIPv6を使いたいならドコモ光が最安値
インターネットコンシェルジュ

ドコモユーザーでなくてもドコモ光の料金は比較的やすく設定されております!

eo光も料金安いけど、2年目からの値上がりを考えるとトータル的にお得とは言えません…。

良い口コミ評判3.速度も快適で安定している(平均通信速度200Mbps以上)

早く、常に安定しています。調べ物をしたりYouTubeをを観るのにストレスなく利用できて大変ありがたいです。 

https://kakaku.com/bb/linebrand/?bb_linebrand=519&bb_pagetype=4

接続も早いのでおすすめです。今まで契約してたプロバイダは接続に時間がかかり、値段も高かったのでよかったです。ちょうどキャンペーンをやっていたので工事の料金はとられませんでした。

https://minhyo.jp/docomo-hikari?page=22

我が家は主人も私も携帯がドコモです。以前は別の業者でしたが、お店で見直しを行い、ポイントが直ぐに貯まるという事だったので、こちらに決めました。通信速度が早いのにビックリしました。自宅Wi-Fiなので、パソコン・ゲーム機など使っても通信制限無しです!以前よりサクサクです。更にお得だなぁと思った事は、料金が携帯と一緒に合算なので分かりやすいです。本当に助かっています。あと、いろいろなプランにもよりますが、月額が4,000円からなので申し込みやすかったです。

https://minhyo.jp/docomo-hikari?sort=high#review-pre-area

通信速度については、プロパイダも関与してくるので一概に言えない部分がありますが、「速い」「安定している」という声も多く見かけます。

他にも「携帯との組合せがお得」「通信は安定している意見が多い」といったお話をされている方もいらっしゃいました。

インターネットコンシェルジュ

YoutubeやNetflixなど、高画質動画を視聴するのも問題ない通信速度となっています。

日常的に利用する分に関しては全く問題なく、満足度も高めです☆

良い口コミ評判4.キャンペーンが充実していてお得(最大20,000円還元など)

ちょうどタブレットの購入と同時のドコモ光の回線の契約で、dポイントが15,000ポイントももらえるキャンペーンをしていたので、契約することに決めました。我が家にとっては初めて回線をひくということでもあったので、様々な企業のサービスがある中でもやはり安心な大手のドコモ光に決めて、まずは安心感がありました。

https://minhyo.jp/docomo-hikari?page=22

携帯はドコモで使っていたので、ドコモ光にしたら割引があるため利用しました。仕事で店を開業するので、その際に電話も必要だったのでドコモ光電話もオプションで付けてとても安くなりました。工事もキャンペーン中だったので10,000円かかるところが無料でした。請求もドコモの携帯と合算されてクレジットカードから落ちるので把握するのが楽です。速度も全然遅くないので不快に思った事はないです。パソコンでもタブレットでも同時に使ってても早くて快適に過ごせます。

https://minhyo.jp/docomo-hikari?sort=high#review-pre-area
インターネットコンシェルジュ

ドコモ光の最大2万円キャッシュバックはオプション加入が条件になりますが、加入しなくても5,000円のキャッシュバックがもらえます!

良い口コミ評判5.大手なのでサポートも丁寧で安心

ドコモに統一してるから何かトラブルあっても連絡先はドコモだけでいいので、そういう面で替えて良かったと思います。

https://minhyo.jp/docomo-hikari?page=22

私の自宅はドコモ光で、テレビ、電話、インターネットを契約しています。そのため、以前に自宅の壁の修繕を業者に依頼した際に、誤って光ケーブルを傷つけたようで、その3つ全てを使うことができなくなりました。この3つがストップしてしまうと本当に何もできなく、非常に焦りました。ドコモ光のサービスセンターに相談したところ、それは困るでしょうと翌日に見に来て、その場で光ケーブルの修理をしてもらい、無事に復旧できました。こんなに迅速に対応してくれるのは流石ドコモだなと思い、やはり最大手の安心感を感じました。

https://minhyo.jp/docomo-hikari?sort=high#review-pre-area

流石に大手の企業ということもあって、サポートやキャンペーンなどのユーザーに嬉しいポイントはしっかり抑えています。

ドコモ光の良い口コミや評判では、ブランド企業ならではの保守対応や安定感の面で良い意見が多く見られました。

インターネットコンシェルジュ

さすが通信業界大手のドコモさんです♪
サポートの質は3大キャリアの中でも
ドコモが高評価となっております。

ドコモ光の悪い口コミ評判まとめ

よかった口コミ評判とは逆に、ドコモ光を契約して気になったところなど不評だった口コミや評判について調べた結果、「サポートの対応が悪い」「工事までの期間が長い」といった評判が多く目立ちました。

ドコモ光の悪い口コミ評判
  • サポートセンターの対応が悪い
  • 工事までの期間が長い
  • 通信が不安定な時がある

悪い口コミ評判1.サポートセンターの対応が悪い

絶対に謝罪はしない姿勢を貫かれました。底辺レベルの接客対応です。

https://minhyo.jp/docomo-hikari?page=20

正直他のネット契約でもいいかなと思ってきました。勧誘だけはしてくるのに、肝心の契約でこれでは低評価もうなずける接客でした。

https://minhyo.jp/docomo-hikari?page=13

サポートセンターの対応が悪いのは、確かに嫌ですよね。逆ギレ・強い口調・高圧的な態度というのは、頻繁ではないにせよ出くわしてしまうのは非常に残念ですよね…。

特にドコモはサポート対応が手厚いことで評判高いので、ちょっとした悪い対応もがっかりしてしまう気持ちもわかります…。

ドコモ光は契約数も非常に多いので、サポートセンターで対応する人も増員していることでしょう。オペレーターの人数が増えるほど、対応の悪い人と出くわす可能性もないとは言い切れません…。

相談者

年度末など引っ越しシーズンになると光回線の申し込みが殺到するので
、サポートも忙しくなり、対応が疎かになるのかも…

インターネットコンシェルジュ

もちろんドコモは基本的にサポートの質の高さが評判なので、ご心配なく!

悪い口コミ評判2.通信の不具合、通信障害が発生したら辛い

ダメだこりゃ 年に数回起こる障害みたいなのが地獄 解約します

https://kakaku.com/bb/linebrand/?bb_linebrand=519&bb_pagetype=4&bb_page=9#tab

また一部ですが、通信が不安定との声もありました。こちらは良い口コミ評判まとめでも触れましたが、必ずしも光回線に原因があると断言はできない点でもあります。

インターネットコンシェルジュ

磐石な通信環境を築いてきたドコモさんでもごく稀に通信障害や不具合が発生します。

頻度は少ないですが、障害が発生するとネット接続ができなくなるので辛いですよね…

悪い口コミ評判3.連絡が遅い、工事完了まで時間がかかる(平均1~2ヶ月)

工事日の調整連絡を待つことに。2週間待っても連絡がないので、こちらから電話すると今からNTTに調整登録(?)を行うとの呆れた対応でした。それから5日後に連絡はきたものの工事日は9月中旬になる。

https://minhyo.jp/docomo-hikari?page=18

ドコモ光は、開通を急いでいる人は絶対にやめた方がいいです。

開通工事に時間がかかり過ぎます。

https://minhyo.jp/docomo-hikari?page=5

開通工事についても申し込みが殺到しているためなのか中々着工してもらえないケースがあるようで、長い方では「半年ほど待たされた」というケースもあるようです。こちらについては回線が整っていない新規申し込みの場合と考えられ、フレッツ光からの転用であればシステムだけの切り替えなので比較的スムーズに進むでしょう。

他にも「悪い電話対応にあたって問題が解決しなかった」「特定のプロパイダとの組み合わせで通信が遅くなる」といった口コミや評判の投稿もいくつか見受けられました。

悪い口コミや評判についても大手ならではの、対応速度や人材管理・育成が追いついていない現状がユーザーの不満に繋がっているように感じます。

インターネットコンシェルジュ

申し込みから工事完了まで平均1~2ヶ月かかるのが一般的ですが、担当者の対応ミスで延期になるのは納得いかないですよね…。

年度末など混み合ってくるとこういったミスが発生しやすいかも。

ドコモ光の4つのメリット

多くの情報を元にドコモ光を選ぶメリットについてまとめました。自身の考えや環境と比較して、どういったメリットがあるのか参考にしてみてください。

メリット1.携帯と固定回線の問い合わせ先がドコモにまとまる

インターネットに関する質問やトラブル、料金に関しての見直しなど様々な悩みがあり「どこへ連絡すればいいの?」と迷っってしまった経験はありませんか?

携帯と固定回線を全てドコモでまとめておくことで、相談先もドコモでまとまるので、いざという時に悩まずにすみます。

一部通信に関しては、プロバイダや使用している機器のメーカーへ相談する必要がある場合もありますが、そういった点も含めて最初にドコモへ相談できるので迷いにくくなります。

ドコモ光問い合わせ窓口問い合わせ先/営業時間
問い合わせ先(ドコモインフォメーションセンター)0120-800-000(ドコモ携帯の場合、局番なし151)
電話サポート窓口営業時間午前9時~午後8時(年中無休)
ドコモ光公式サポートHPhttps://www.nttdocomo.co.jp/support/inquiry/hikari/
インターネットコンシェルジュ

何かあったらとりあえずドコモに連絡!ってわかっているだけでも安心できますね♪

メリット2.他社と比べドコモ利用者であれば家族まで割引を受けられる

ドコモ独自の割引内容でもある「ドコモ光セット割」は、利用者のみならずドコモのファミリー内の対象回線全てから、最大1,100円の割引を受けることができます。

早い話が、ファミリーでドコモの利用者が多ければ多いほど全体的な料金を抑えることができるので、お得になるということです。

例えば父親・母親・息子の家族で父親1人がドコモ利用者でドコモ光を契約しても、父親の携帯料金しか毎月1,100円の割引を受けることができません。仮に母親・息子もドコモ携帯を契約すればそれぞれの利用料金から毎月1,100円割引を受けられるので家族で最大3,300円も毎月お得になります。

長年ドコモを利用している方はもちろん、新規の方でも対象プランでの契約であれば割引対象となります。現在他社を利用している家族の携帯キャリアをまとめつつ、固定回線もまとめてお得に利用するといったことも可能です。

さらに他社の場合、割引を受けるために携帯+固定回線+固定電話の3点契約が必要なケースがあり、不要な固定回線まで契約しなければ割引が受けられないというケースがあります。ドコモ光の場合、携帯+固定回線を統一するだけで良いのもハードルが低く嬉しいポイントです。

インターネットコンシェルジュ

家族や親戚みんなドコモにまとめるだけで、大きな節約効果が実感できますよ!

メリット3.フレッツ光やauひかりよりも料金が安くなりやすい

ドコモ光の回線元であるフレッツ光で戸建てタイプを直接契約する場合、プロバイダ料金と含めて月額6,270円になります。ドコモ光で戸建てタイプの契約であればプロパイダ料金を込みで月額5,720円で使うことができ、毎月550円もお得に利用ができます。

また、同じ携帯キャリアで独自の光回線を提供しているauひかりも月額6,160円となっているなど、大手携帯キャリアと比較しても安く利用できるメリットがあります。

もちろん利用している携帯キャリアによって、さらに金額は変わってきますが複雑な割引もなくベースが安いのは安心感にもつながります。

インターネットコンシェルジュ

他社の光回線と比べてドコモ光は料金が安いです。

ドコモユーザーでなくても料金が安いのは大きなメリット☆

メリット4.他社と比べて選択できるプロバイダが多い(24社から選べる)

ドコモ光では通信に必須のプロバイダ事業者を24社(2021年12月現在)から選択することができます。大手他社のauひかりは8社、ソフトバンク光は1社のみと選択幅に大きな差があります。

では、これの何が利点なのか?ズバリ好みにあったプロバイダを選択できる点です!

プロパイダとはインターネットを使用するための鍵のようなもので、プロバイダがネット上で取得した情報が光回線を通って手元の機器の画面に表示されます。

そのため、プロバイダの質が悪いと「ネットに繋がらない」「ネットがブチブチ切れる」ことになります。ドコモ光では、利用のニーズに合わせて選べますし、手数料はかかりますが後から変更も可能です。

インターネットコンシェルジュ

ドコモ光は
・プロバイダ一体型
・プロバイダ選択
どちらか選ぶことができます!

それぞれキャンペーン内容が異なりますが、「GMOとくとくBB」のプロバイダで契約するのが最もお得になります。

ドコモ光の4つのデメリット

ドコモ光のデメリットについてまとめました。メリットだけではなく、デメリットも知ることでドコモ光の本当の良さを知ることができるので一度目を通してみてください。

デメリット1.ドコモユーザー以外は料金のメリットが感じづらい

ドコモ光がドコモユーザーに対して還元を行っているように、他のキャリアも同じようなサービスを行っています。

例えばソフトバンクユーザーがドコモ光を契約したり、ドコモユーザーがauひかりを契約した場合などセット割のような価格的にも大きい割引も適用されません。そういった点などから携帯と光回線の契約を別々にすると、恩恵を受けづらくなってしまいお得感がなくなります。

ドコモユーザーにとっては最有力に考えるべきドコモ光であっても、その他携帯キャリアのユーザーにとっては他社の回線サービスの方が有力になってしまう側面もあるので誰でもお得という訳ではありません。

インターネットコンシェルジュ

ドコモユーザーであればドコモ光の一択です!

他にもauの方はauひかり、eo光、ソフトバンクの方はNURO光、ソフトバンク光、それぞれキャリアごとにおすすめできる光回線が異なります!

デメリット2.プロバイダによって料金や通信速度に差がある

プロバイダについては、「選択肢が多い」というメリットをあげましたが、正直良くないプロバイダを選んでしまうと料金が上乗せされたり、通信速度が遅いといったトラブルを招いてしまいます。

限定的なプロバイダを用意している他社であれば、選択肢が少なく悩む必要性もありませんがネットについて詳しくない人にとっては、選択肢が多いというのも悩みものです。

と言っても、遅くても平均150Mbps程度なので、日常的に使う分に関してはほとんど困らないレベルとなっています。

以下、本記事でご紹介したプロバイダの特徴をまとめたものになります。

プロバイダの一例通信速度(全国平均)キャンペーン
GMOとくとくBB上り:307Mbps
下り:348Mbps
・新規工事料19,800円が無料
・サービス申し込みで最大20,000円キャッシュバック
・乗換キャッシュバックで最大20,000円
・加入タイプに応じて2000円分のdポイント付与
@nifty上り:195Mbps
下り:167Mbps
・新規工事料19,800円が無料
・サービス申込で20,000円キャッシュバック
・加入タイプに応じて2,000円相当のdポイント付与
OCN上り:173Mbps
下り:219Mbps
・新規工事料19,800円が無料
・サービス申込で20,000円キャッシュバック
・加入タイプに応じて2000円相当のdポイント付与
インターネットコンシェルジュ

プロバイダは全部で24種類あり、どこを申し込むかで速度が変わります。

調査したところ、「GMOとくとくBB」のプロバイダが最も速い通信速度となっております。(平均250~300Mbps)

デメリット3.ドコモ光は新規申し込みの場合、時間がかかる(完了まで1~2ヶ月)

ドコモ光に限った話ではありませんが、今までインターネットを利用したことがない場所やフレッツ光系(ドコモ光・ソフトバンク光)の回線を利用したことない場所では、新規開通工事というのが必要になります。

住宅外の電信柱から、光ファイバーのケーブルを自宅内に引き込む必要があり時期によっては業者の手配に時間がかかります。

調べてみたところ平均は1〜2ヶ月程度かかるようで、長い方だと半年以上かかっているケースもあったため「とにかく早く使いたい」という方にとっては、かなりの難点になります。

申し込みから工事完了まで約1~2ヶ月ほどかかってしまいますが、どの光回線でも同じような状況です。工事完了まで時間がかかることを前提に早めに行動していく必要があります!

インターネットコンシェルジュ

ちなみに、ドコモ光では工事完了までのネットが使えない期間、ポケットWiFiを無料でレンタルできる無料オプションサービスがあります。

デメリット4.ドコモ光は他社と比べて引っ越しの移転手数料が高い(最大18,000円)

引っ越しの移転工事費は通常時で9,500円〜11,000円程度発生します。しかし東日本エリアから西日本エリアや、その逆のようにエリアを跨ぐ移転費用は15,000円〜18,000円と上がります。

対して同じフレッツ光系のソフトバンク光では、通常時は移転費用がかからず東西の移転であっても3,300円とかなり低く設定されています。

大半の人は該当しないかもしれませんが、転勤や家庭の事情で頻繁に引っ越す方には、かなりの負担になってきます。

インターネットコンシェルジュ

2年以内に引っ越しをする予定がある場合、ドコモ光以外の光回線を検討した方がいいかも…

ドコモ光に向いている人【ドコモユーザーは絶対おすすめ】

ドコモ光と相性がいい人の特徴
  • ドコモユーザーの方
  • 安価に利用したい方
  • プロバイダを選びたい方
  • 安定した回線速度で使いたい方
  • サポートなどの保守対応にも安心したい方
  • 2年以内に引っ越しの予定がない方

現在すでにドコモを契約されている方や、今後ドコモに乗り換えようと考えている方であればドコモ光は最優先でおすすめする回線になります。大手他社と比較しても安価に利用できる点でもユーザー的には嬉しいポイントです。

インターネットを安定して利用したい方にとっても、フレッツ光のメジャーな回線が利用できるうえ、通信に強いプロバイダも選べるので日常的にストレスなく使いたいと考えている方にもおすすめです。

またインターネットや機械周りの知識がなく不安という方についても決まった問い合わせ先が用意されていますし、必要であれば遠隔サポート(有償)で電話担当者が画面を見ながら案内してくれるので安心です。

インターネットコンシェルジュ

ドコモユーザーなら絶対にドコモ光です!それ以外にお得な光回線はありませんよ。

ドコモ光に向いていない人【2年以内の転勤族の人には不向き】

ドコモ光との相性が悪い人の特徴
  • ドコモユーザー以外の方
  • 回線を早く開通したい方
  • ゲームなど回線速度重視の方
  • フレッツ光回線エリア外の方
  • 徹底した価格の安さを追求する方
  • 2年以内に引っ越しをする予定がある方

ドコモユーザー以外の方であれば、割引やキャッシュバックなどの特典が少なくお得感があまりありません。また、ドコモユーザーであったとしても、決して最安値という訳ではないため価格をとことん抑えたいという方にもおすすめはできません。

新規回線開通を急いでいる方にとっては開通までの期間がかかりすぎたり、とにかく徹底して回線速度にこだわる方にとってはベストな通信速度に満たない可能性があるためNURO 光などの他社回線を検討してみる方が良いです。

そのほかフレッツ光のサービス提供エリア外の場所での利用や、提供エリア内であっても建物の構造・建築年数によってはサービス導入ができないケースもあるので注意が必要です。

インターネットコンシェルジュ

ドコモユーザー以外の方でも基本料金は比較的安いので、ドコモ光を使うためこれを機にドコモ携帯に乗り換えてもいいかも

ドコモ光のキャンペーン特典や割引情報まとめ

ドコモ光の口コミ評判、そしてメリットデメリットについて詳しく解説してきました。ここまで読み進めて頂けたら、ドコモ光の特徴についてある程度把握してもらえたかなと思います。

では最後に、ドコモ光公式サイトや、プロパイダごとに行われているキャンペーンや特典の情報についてご紹介いたします。

ドコモ光のキャンペーン特典まとめ
  1. ドコモ光新規工事無料特典(19,800円が無料に)
  2. ドコモ光サイト限定!新規契約で20,000円キャッシュバック
  3. ドコモ光セット割(ドコモ月額料金から毎月1,100円値引き)
  4. dポイントプレゼント特典(2,000P)
  5. 光★複数割(1回線ごとに毎月330円割引)
  6. 【ドコモ光×GMOとくとくBB】独自キャンペーン
  7. 【ドコモ光×@nifty】独自キャンペーン
  8. 【ドコモ光×OCN】独自キャンペーン

特典1.ドコモ光新規工事無料特典(19,800円が無料に)

キャンペーン内容

工事費用が最大19,800円割引き

光回線を利用するためには、光ファイバーの引き込み工事や機器設置などが必要になります。ドコモ光の光回線の工事では通常最大で19,800円が発生するのですが、特典が適用されれば工事費用が無料になります。

初期工事は光回線を利用するためには避けられない部分なので、これが無料になるのは大きいポイントです。

割引適用条件も申し込むだけで成立するので、難しいことも考えなくていいですね!

特典2.ドコモ光サイト限定!オプション加入で最大20,000円キャッシュバック

キャンペーン内容

ドコモ光に新規申し込み、他社乗り換え、フレッツ光からの切り替えで、なおかつ、『DAZN for docomo』『ひかりTV for docomo』の加入で最大20,000円

※加入しない場合は5,000円キャッシュバック

光回線の契約については、ドコモ光に新規申し込み・ドコモ光以外の事業者から乗り換え・フレッツ光から切替のいずれかの条件の方が対象で、ドコモ光の推奨するサービスに申し込むことで適用されるキャンペーンです。

さらに光回線申し込みと同時に『DAZN for docomo』『ひかりTV for docomo』のサービスに両方加入することで、最大20,000円ものキャッシュバックを得ることができます。

付加サービスを申し込まない場合でも、最低5,000円のキャッシュバックが適用されるのは嬉しいポイントです。

それぞれのサービスを試すついでに、最大20,000円も割引されるなんてお得!

特典3.ドコモ光セット割(ドコモ月額料金から毎月1,100円値引き)

キャンペーン内容

ドコモユーザーがドコモ光を契約すると、毎月の携帯料金が永年最大1,100円割引

携帯と光回線をドコモでまとめれば、セット割が適用されます。毎月の携帯料金から最大で1,100円引かれる上、契約が続く間は永年で割引が続きます。

また同一ファミリー内で、ギガホやギガライトなどの条件を満たした契約回線からも同じように最大1,100円が引かれ続けます。例えば家族構成が父親・母親・娘22歳・息子20歳の場合で4人ともギガホを利用の場合、それぞれの携帯電話の料金から永年1,100円ずつ割引が入るので家族全員で4,400円もお得になります。

NTTドコモの新サービスahamoに関しては、セット割の適用はできませんが「ペア設定」を行えば、同一ファミリー割引グループ内のahamo以外の対象回線へのドコモ光セット割は適用されます。

上記と同じ例で、父親だけがahamoだったと仮定します。父親のahamoとドコモ光を紐づけ(ペア設定)を行った場合、ahamoである父親の携帯料金はセット割の永年1,100円割引を受けることはできませんがファミリーである母親・娘・息子は永年1,100円割引の対象となります。

携帯キャリアがドコモなら毎月お得に使えますね!家族の分まで安くなるなんてスゴい!

特典4.2,000円相当のdポイントプレゼント特典

キャンペーン内容

ドコモ光の公式サイトから契約すると2,000円分のdポイントもらえる

ドコモ光の公式サイトから新規/切替/乗換のいずれかを申し込むことで、開通の翌々月にdポイントが進呈されます。

dポイントは、1pt=1円で換算されAmazonやメルカリなどd払いを利用できる場合は現金と同じように使用することができます。

使える場所が多いのが特徴で、コンビニや薬局などの生活に欠かせない箇所でも使用できるのがありがたいです!

dポイントが使用できる主な箇所としてセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなどのコンビニや、ダックス・kirindo・Welciaなどの薬局、マクドナルド・吉野家・ケンタッキーなどのファーストフード、その他にもLoft・東急ハンズなどの日用品雑貨店と幅広く利用できます。

使い勝手の良いポイントなので、ドコモユーザーには嬉しい特典ですね!

特典5.光★複数割(1回線ごとに毎月330円割引)

キャンペーン内容

シェアパック同一グループ内にドコモ光の利用が2回線以上ある場合、2回線目以降の光回線1契約につきシェアパックの親回線から毎月330円割引

離れて暮らしている家族がそれぞれの住居でドコモ光を契約しシェアパックも組んでいる場合、ドコモ光2回線目以降の光回線1契約につきシェアパックの親回線から毎月330円が割り引かれます。

例として父親・母親・娘・息子の家族がおり、父親を親回線としてパケット通信の容量を分け合えるシェアパックと光回線のドコモ光を契約していたとします。その後、息子が離れて1人暮らしを始め、個人でドコモ光を契約した場合「光複数割」が成立します。

光複数割が適用されると、親回線である父親のパケット通信料から330円の割引が入ります。仮に娘も別途1人暮らしを始めて個人でドコモ光を契約した場合、ドコモ光の契約回線が両親の家・息子の家・娘の家の3つになり親回線である父親のパケット通信料が660円の割引を受け続けられるようになります。

そのため、すでに家族で離れて暮らしている場合や今後離れて暮らす予定があれば、さらにお得に利用することができます。

回線数が増えるほど割引額も330円ずつ加算されて、よりお得に!

特典6.【ドコモ光×GMOとくとくBB】独自キャンペーン

ドコモ光のプロバイダの1つで通信速度の速さに定評のあるGMOとくとくBBです。ドコモ光との相性が良く人気のあるプロバイダです。GMOとくとくBBが2021年1月に公開している情報ですと通信速度の全国平均が上り307Mbps/下り348Mbpsもあります。

同じドコモ光のプロバイダBIGLOBE(上り182Mbps/下り230Mbps)OCN(上り173Mbps/下り219Mbps)と比較しても、かなり優れていることがわかります。GMOとくとくBBは、通信のサーバー強化に力を入れており利用者満足度へとつなげています。

そんなGMOとくとくBBが行っているキャンペーンについてまとめました。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン内容
新規工事料19,800円が無料

GMOとくとくBBからドコモ光を申し込むと最初に発生する新規工事の費用(19,800円)が無料になります。

サービス申し込みで最大20,000円

GMOとくとくBBからドコモ光を申し込んだ上で、「DAZN for docomo」「ひかりTV for docomo」といった映像サービスに加入することで、最大20,000円までキャッシュバックが受けられます。

乗換キャッシュバックで最大20,000円

現在他社の固定回線を利用している方が、GMOとくとくBBからドコモ光を申し込むと、解約違約金の補助として最大20,000円が還元されます。

加入タイプに応じて2000円分のdポイント付与

GMOとくとくBB経由でドコモ光1ギガのプランを申し込むと、開通の翌々月に2,000ポイントが付与されます。

回線速度も速くて特典も多いなんてお得感満載ですね!

特典7.【ドコモ光×@nifty】独自キャンペーン

@niftyもドコモ光のプロパイダの1つでネットの接続が切れにくく安定していると定評があります。1999年11月からあり、インターネット業界では老舗プロバイダでドコモ光との相性も良いプロバイダの1つです。

以下で@niftyが行っているキャンペーンについてまとめました。

ドコモ光×@niftyのキャンペーン内容
新規工事費無料

@nifty withドコモ光を申し込むと最初に発生する新規工事の費用が無料になります。

20,000円キャッシュバック

@nifty with ドコモ光に申し込みをするとサービス開通から12ヶ月後に振り込まれます。

2,000円相当のdポイント付与

@nifty with ドコモ光に申し込み、開通から翌々月に2,000ポイントが付与されます。

古くからあるプロバイダで経験値豊富なので頼もしいです!

特典8.【ドコモ光×OCN】独自キャンペーン

OCNはドコモと同じNTT系の会社が運営しているプロバイダで、ドコモ光と相性が良いプロバイダでもあります。同じNTTグループという安心感を求める人にはおすすめです。

以下でOCNが行っているキャンペーンについてまとめました。

ドコモ光×OCNのキャンペーン内容
新規工事料が0円

OCN for ドコモ光を申し込むと新規工事の費用が無料になります。

20,000円キャッシュバック

OCN for ドコモ光を申し込んでから3ヶ月以内に開通したユーザーに20,000円のキャッシュバックがあります。

2000円相当のdポイント付与

OCN for ドコモ光に申し込んでから7ヶ月以内に開通したユーザーに2,000ポイントが付与されます。

同じNTT系列の会社なので安心感があります!

ドコモ光と他社の光回線の比較一覧表

スクロールできます
項目ドコモ光(GMOとくとくBB)ドコモ光(OCN)ドコモ光(Plala)auひかりauひかり(GMOとくとくBB)ソフトバンク光(NEXT)NURO 光Fon光OCN光楽天ひかりエキサイトMEC光コミュファ光ぷらら光eo光So-net光プラスビッグローブ光enひかりDTI光フレッツ光@nifty光GMO光アクセスenひかりBBIQ光J:COM NET 光ピカラ光
エリア全国全国全国全国全国全国都心部都心部全国全国全国中部全国関西全国全国全国全国全国全国全国全国九州全国四国
マンション
料金
4,400円4,400円4,400円4.180円4.180円4.180円2,090円〜4,378円3,960円1,980円〜3,850円3,380円〜3,960円3,436円4,928円4,378円3,520円3,960円2,200円〜4,378円3,773円3,520円4,510円7,348円3,740円
戸建て
料金
5,720円5,720円5,720円5.390円5.390円5,170円5,200円4,378円5,610円3,080円〜4,950円3,980円〜5,280円3,280円〜6,138円5,478円4,620円5,280円3,080円〜5,720円4,818円4,620円5,500円7,348円4,950円
スマホ
セット割
ドコモドコモドコモau
UQモバイル
au
UQモバイル
ソフトバンクソフトバンクソフトバンクOCNモバイルONE楽天モバイルなしauなしau
UQモバイル
au
UQモバイル
BIGLOBEモバイルahamo
UQモバイル
なしなしau
UQモバイル
Nifmo
なしahamo
UQモバイル
なしJ:COMモバイルau
UQモバイル
契約年数2年2年2年2年
(戸建3年)
2年
(戸建3年)
2年なし/2年/3年2年2年3年なし2年なし1年3年3年なしなし2年3年2年なし2年2年2年
工事費用実質無料実質無料実質無料実質無料実質無料実質無料実質無料実質無料実質無料最大19,800円実質無料実質無料実質無料実質無料実質無料実質無料実質無料16,800円〜19,800円実質無料実質無料19,800円2,200円〜実質無料完全無料
キャッシュ
バック
最大20,000円最大20,000円15,000円最大55,000円最大61,000円最大37,000円最大45,000円
(戸建のみ)
なし最大14,000円なしなし(12ヶ月495円割引)最大45,000円最大60,000円最大50,000円最大60,000円最大40,000円なし最大19,000円なし最大30,000円なしなし1,100円×11ヶ月割引最大55,000円2万円の商品券
口コミ評判ドコモ光の口コミ評判ドコモ光の口コミ評判ドコモ光の口コミ評判auひかりの口コミ評判auひかりの口コミ評判ソフトバンク光の口コミ評判NURO 光の口コミ評判Fon光の口コミ評判OCN光の口コミ評判楽天ひかりの口コミ評判エキサイトMEC光の口コミ評判コミュファ光の口コミ評判ぷらら光の口コミ評判eo光の口コミ評判So-net光プラスの口コミ評判ビッグローブ光の口コミ評判enひかりの口コミ評判DTI光の口コミ評判フレッツ光の口コミ評判@nifty光の口コミ評判GMO光アクセスの口コミ評判enひかりの口コミ評判BBIQ光の口コミ評判J:COM NET 光の口コミ評判ピカラ光の口コミ評判

ドコモ光の口コミ評判まとめ「ドコモユーザーなら料金がお得だけど、工事までに時間がかかるかも」

ここまでドコモ光ののメリットやデメリット、どういった方がドコモ光の利用に向いているかなどについてまとめました。結論としては、ドコモユーザーの方や安定したネット環境を利用したい方にはおすすめの光回線だと言えます。

通信関係の業界は会社やサービスが豊富にあるので、どこで契約をするべきか迷ってしまうのは仕方のないことです。どうしても光回線に迷ってしまう方は使っている携帯キャリアから考えるのも1つの方法でしょう。

また、実際に使用してみなければわからないこともたくさんありますので、まずはいくつかの絶対条件を決めてその条件をクリアしているサービスに申し込んでみるのもおすすめです。

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。サービスの料金やスペック、契約条件、解約条件、キャンペーン等の詳細情報は、申し込む前に事前に必ず各公式サイトでご確認ください。

目次
閉じる