【2023年最新】格安SIMおすすめ人気ランキング10選

ドコモ光のルーターはレンタルか自前どちらがおすすめ?比較してみた

ドコモ光のルーターはレンタルか自前どちらがおすすめ?比較してみた

『ドコモ光を契約すればWi-Fiが使える』って思っていませんか?ドコモ光でWi-Fiを使うためには「Wi-Fiルーター(無線ルーター)」が欠かせません。

ルーターが無ければ、スマホやタブレットなどでWi-Fiが使えないので、現代では必須アイテムの1つとも言えます。ですが、『どこで買えばいいの?』『種類が多くて選べない』という方も。

そんなルーターを使用するために、ドコモ光では「レンタル」「購入」の2つの選択肢があります。いずれにしても機種を選ばなければならないのですが、今回はIT業界に長年勤める私がどこよりも簡単に最適なルーターの選び方をまとめました!

この記事を読むだけで、どんなルーターを用意すれば良いのかがハッキリとわかりますよ!専門的な知識は一切不要なので、サクッと読んじゃってください!

この記事でわかること
  • 「ルーター」とはなにか
    「Wi-Fi・無線は同じ意味」
  • ドコモ光でWi-Fiを使う方法
    「レンタルがおすすめ」
  • ルーターの入手方法
    「購入・レンタルのどちらか」
  • ルーターをレンタルするメリット
    「無料でWi-Fiを使える」
  • 市販ルーターを購入するメリット
    「好みの性能を持ったルーターが使える」
相談者

Wi-Fiって、契約すれば使えるんじゃないんですか?

インターネットコンシェルジュ

Wi-Fiを使うためにはルーターという装置が必要になります!ドコモ光なら無料で入手できるので、併せて紹介しますね♪

目次

ドコモ光にWi-Fiルーターは必須?なかったらどうなる?なぜ必要?

ドコモ光でWi-Fiを利用するなら、別途「Wi-Fiルーター(無線ルーター)」が必要です。

相談者

え?ドコモ光を契約しただけじゃ、Wi-Fiは使えないんですか?

残念ながらドコモ光を契約しただけでは、Wi-Fiを使うことはできません。Wi-Fiを使うためには必ずWi-Fi機能を搭載した「ルーター」を用意する必要があります。

そもそもルーターとは、複数の通信機器を1つの回線に接続するための装置です。このルーターは主に2種類あり、「有線ルーター」「無線ルーター」に分けることができます。

ルーターの種類
有線ルーター
  • 2台以上の通信機器を回線に繋ぐ装置
  • 機器との接続にはLANケーブルを使う
  • 大半の無線ルーターで同じことができる
  • スマホやタブレットは接続できない
無線ルーター
  • 2台以上の通信機器を回線に繋ぐ装置
  • 機器との接続にはWi-Fi(無線)を使う
  • 「Wi-Fiルーター」「無線LANルーター」とも呼ばれる
  • 一般的に「ルーター」はこちらを指すことが多い

この無線ルーターがなければ、スマホ・タブレット・携帯ゲーム機など、LAN端子を持たない様々な通信機器がインターネットに繋げられないので非常に不便です。

逆に言えば無線ルーターがあれば、複数台の通信機器を同時にネットに接続できるので、家族や友人など複数人でネットを使用することもできます。

相談者

無線ルーターってかなり重要な機械なんですね!

インターネットコンシェルジュ

近年ではWi-Fiでしかネットに繋げられない機器も増えているので、無線ルーターの設置も当たり前になっていますよ♪

安心してWi-Fiを使える高性能無線ルーターの選び方について

ルーターを選ぶポイントとしてはいくつかありますが、基本的には次の3つを押さえておくのが良いでしょう!

ルーターを選ぶポイント
  • 無線LAN規格
  • 使う場所の広さ
  • 接続する通信機器の数
相談者

場所の広さや接続台数が大事なのは、なんとなくわかるんですけど、「無線LAN規格」ってなんですか?

無線LAN規格は、Wi-Fiの電波の種類「11n」「11ac」といったものがあります。一言にWi-Fiと言っても、電波にもチャンネルのようなものがあり、通信機器(スマホなど)とルーターがお互いに対応したチャンネルしか利用することができません。

例えばテレビであれば「BS」「CS」などの専用チャンネルは、専用アンテナを設置しなければ受信することができないのと同じで、通信機器が受信できる電波を出力できる無線ルーターを選ぶ必要があります。

Wi-Fiの場合は、どの組み合わせでも通信すること自体は可能ですが、組み合わせによって速度のパフォーマンスが大きく異なるので、速度にこだわる方は注意してください。

相談者

Wi-Fiで高速通信を使うなら、どちらも新しい規格に対応しておく必要があるんですね♪

また、無線ルーターには他にも様々な機能があるので、一般的な製品の比較表を見ても『どれがいいの?』と迷ってしまう方がほとんどです。

もし無線ルーターの性能にこだわってなるべく良いものを使いたい場合は、次の4つの機能に注目しましょう!

チェックポイント
Wi-Fi6
  • 第6世代のWi-Fi規格
  • 最新の「11ax」に対応
  • 最大速度は第5世代の約1.5倍
ビームフォーミング
  • 特定の方向に電波を飛ばす技術
  • 電波が分散せず安定して通信ができる
MU-MIMO
  • 複数端末を安定して接続する技術
  • 遮蔽物のある場所でも繋がりやすくなる
  • 「マルチユーザー・マイモ」の略称
ストリーム数
  • 端末との通信に使う経路の本数
  • 多いほど速度が速く安定しやすい
  • 4ストリーム以上のものがおすすめ

ちなみにドコモ光(GMOとくとくBBで無料レンタルを行っている無線ルーターであれば、「Wi-Fi6」以外に対応しているので、幅広い方がストレスなく利用できる性能になっています。

もし、ドコモ光で「10Gbps」の最高速プランをWi-Fiでフルに活用したいなど、速度に特化した環境を望む場合はレンタルではなく自身で購入をするのがおすすめです。

インターネットコンシェルジュ

後半ではシチュエーション別にルーターの選び方も紹介しています♪

ドコモ光のレンタルルーターとは?レンタルせず自分で市販ルーターを購入した方がお得?

ドコモ光で無線ルーターを使うには、次の3つの方法があります。

スクロールできます
入手方法比較レンタル(ドコモ光)レンタル(GMOとくとくBB)購入
費用東日本エリア:月額660円
西日本エリア:月額220円
月額330円
0円
5,000円~50,000円
性能低性能中性能低~高性能
メリットNTTのサポートがあるキャンペーンで無料
性能もそれなりに良い
レンタル費用が不要
好きな性能が選べる
デメリット毎月費用がかかる
東日本は費用が高い
契約は1度のみ
再レンタル不可
一度の支払いが高額
製品選びに知識が必要
GMOとくとくBBのレンタルがおすすめ!

レンタルには2種類あり、「ドコモ光」で有料レンタルをするか、プロバイダのGMOとくとくBBでレンタルする方法があります。ただし、ドコモ光でレンタルする場合は有料な上に、機器の性能的にもおすすめできません。

無線ルーターに余程こだわりがなければ、キャンペーンで「無料レンタル」ができるプロバイダのルーターが最もお得でおすすめです!

もし費用をかけてでも性能にこだわる方は、家電量販店やオンラインショップなどで販売されている無線ルーターを購入するのが良いでしょう。

相談者

無料でレンタルできるなら、お試しにも使えますね!

インターネットコンシェルジュ

特にGMOとくとくBBの無線ルーターは、レンタルの期間なども決まっていないので、まずはレンタルから始めるのがおすすめですよ♪

レンタルルーターがおすすめの人

次の特徴に当てはまる方は、ルーターをレンタルするのがおすすめです!

おすすめな人の特徴
  • ルーター選びに迷う方
  • お試しで使ってみたい方
  • 費用をなるべく抑えたい方
  • 2年未満など短期で利用する方

ルーターのレンタルは、幅広い方におすすめできます。費用を抑えたい方はもちろん、ご自身で適切なルーターを選ぶことが難しい方、総じて1度試してみたい方など多種多様です。

また少し特殊ではありますが、転勤など短期間で解約する可能性がある方にとってもコスパが良く、気軽に使いやすいと言えるでしょう!

相談者

それなりの性能で無料なら、利用しない手はないですもんね!

インターネットコンシェルジュ

最初から購入する予定がないのであれば、まずはレンタルから始めればOKです!

市販ルーターを自分で購入するのがおすすめな人

次の2つに当てはまる場合は、ご自身でルーターを購入するのが良いでしょう!

おすすめな人の特徴
  • 好みの環境でネットを使いたい方
  • 回線速度を最大限に活かしたい方

レンタルできるルーターは最も高性能なモデルと比較すると、どうしても性能面で劣ってしまいます。

例えば仕事などで大容量の動画データを送受信することが頻繁にあったり、映像処理が多いオンラインゲームをプレイするのであれば、レンタルのルーターではカバーできない可能性も…。

そういった場合は用途に合わせて、家電量販店やオンラインショップなどで「ハイエンドモデル」のルーターなどを購入するのがおすすめです。

相談者

データ容量の大きい通信を頻繁に使うなら、自分でルーターを買った方が良いってことですね♪

インターネットコンシェルジュ

有線接続で利用する場合は、レンタルのルーターでも十分な場合がほとんどです!

ドコモ光(GMOとくとくBB)でルーターをレンタルして使用する場合

ドコモ光(GMOとくとくBB)でルーターをレンタルするメリットには、次の3つがあります。

レンタルするメリット
  • ルーター選びに迷わなくていい
  • コストがかからない
  • いつでも返却できる

『とりあえずWi-Fiが使えればいい!』『お金はかけたくない!』と考えているのであれば、レンタル一択です!

必要であればあとから自身でルーターを購入して置き換えることもできるので、『ベストな環境で使いたい』と希望される方も、一旦は使用感を確認してから目当てのものを購入してみてはいかがでしょうか?

インターネットコンシェルジュ

インターネット初心者の方でも、安心してWi-Fiが使えますよ♪

ドコモ光(GMOとくとくBB)のルーターレンタル費用は0円!通信速度も速い!

ドコモ光を「GMOとくとくBB」から申し込めば、無線ルーターを無料でレンタルすることができます。レンタルの流れなどについては、次の内容を参考にしてください。

ルーターレンタルの概要
レンタル費用
  • 月額330円→0円
レンタルの流れ

GMOとくとくBBでルーターを無料レンタルをする場合は、複雑な条件が一切ないので誰でも簡単に無料レンタルが可能です。また、37ヶ月間利用した場合はルーターを貰うことができるので、他社に乗り換えても同じものが使えます。

実際に無線ルーターを無料レンタルした方の口コミ評判も集めてみました。

口コミ
設定も簡単!

ルーターはGMO無料レンタルのWXR-1750DHP2を使用。IPv6ルーターなので、設定も簡単でした

引用元:みん評
口コミ
自然故障でも安心!

Wi-Fiが壊れたら、電話で無料で新しいものに交換してくれます!

引用元:価格.com
口コミ
新しい製品が使える!

ネット料金は光にしては頑張っているほうだと思います。ルーターもそこそこ新しいバッファローを無料で貸してくれるからいいと思います。

引用元:みん評
相談者

無料で使えるサービスとは思えない高評価ですね♪

インターネットコンシェルジュ

大半の方は、不満なく利用されていますよ☆

ドコモ光(GMOとくとくBB)でレンタルできるルーターの種類について

ドコモ光(GMOとくとくBB)で無料レンタルできる無線ルーターは、次の3つです。

スクロールできます
レンタルルーターBUFFALONECELECOM
ルーター画像
型番WSR-2533DHP3WG2600HS2WRC-2533GST2
Wi-Fi6
ビームフォーミング
MU-MIMO
ストリーム数4ストリーム4ストリーム4ストリーム
データ転送速度最大1,733Mbps最大1,733Mbps最大1,733Mbps
無線LAN規格a/b/g/n/aca/b/g/n/aca/b/g/n/ac
セキュリティ規格WEP
WPA2-PSK
WPA/WPA2 mixed PSK
Any接続拒否
プライバシーセパレーター
MACアクセス制限
WEP
WPA2-PSK
WPA/WPA2-PSK
WPA3-SAE
WPA3-SAE Transition
SSID
MACアドレスフィルタリング
ネットワーク分離機能
WEP
WPA2-PSK
WPA/WPA2-PSK
アンテナ方式5GHz
2.4GHz
5GHz
2.4GHz
5GHz
2.4GHz
有線LANポート数444
有線LAN速度最大1,000Mbps100/1,000Mbps10/100/1,000Mbps
質量約382g約500g約380g
消費電力13.7W13.5W13.2W
発売日2020年1月2020年10月2018年10月
※画像引用元:GMOとくとくBB
注目の性能は、上から4つ!

発売時期は2018年~2020年頃と少し型落ちし始めたモデルですが、これら3つのルーターは全て中性能(ミドルレンジモデル)で、現環境でも十分快適に利用できるルーターです。

最新の無線LAN規格が使える「Wi-Fi6」には対応していないものの、安定して高速通信ができる「ビームフォーミング」や、複数台接続に強い「MU-MIMO」といった技術に対応しています。

この3つに大差はありませんが、あえて選ぶとすれば対応しているセキュリティの多さ「NEC製」を選ぶのが良いでしょう!

インターネットコンシェルジュ

好きなものを1つ選べますが、あとから変更はできないので注意してください!

ドコモ光に契約後、後からルーターのレンタルの申し込みできる?

条件さえ満たしてれば、無線ルーターは後から申し込みをすることも可能です。

ただし、GMOとくとくBB以外でドコモ光を申し込んでいる場合は、各プロバイダへ相談するかドコモ光で有料レンタルとなります。

後からレンタルする方法
GMOとくとくBBでレンタル
ドコモ光でレンタル
  • 0120-800-000」へ連絡
  • もしくは契約プロバイダへ相談

GMOとくとくBBに関しては、あとからの申し込みでもキャンペーンを適用することができるので、必要なタイミングで申し込めばOKです。

ただし、無料キャンペーンがいつ終了するかは未定なので、キャンペーン期間中に申し込むようにしましょう!

相談者

無料なら早めに申込まなきゃ損ですよね!

インターネットコンシェルジュ

設定などの兼ね合いもあるので基本的には、ドコモ光契約時にセットで申し込んでおくのがおすすめです♪

ドコモ光を解約したら、レンタルしてるルーターは返却必須?返却できないとどうなる?

ドコモ光を解約しても、GMOとくとくBBでは月額330円を支払うことでレンタルを継続することができます。また、37ヶ月以上レンタルしていた場合は、ルーターがそのまま貰えるので返却義務もありません。

もし、返却が必要な場合は解約後の翌月20日までに返却をしなければ、「端末損害金」として11,000円が請求されるので注意しましょう。

返却できない場合
  • 端末損害金が請求される
  • 端末損害金:11,000円

もしドコモ光から有料レンタルをしていた場合は、利用期間に関わらず必ず返却が必要になります。もし返却をしない場合は、こちらも同様に損害金として10,000円~20,000円ほど請求されるので、気を付けてください。

相談者

GMOとくとくBBなら、長く使えばルーターが自分のものになるんですね!

インターネットコンシェルジュ

返却の手間も不要になって、良いこと尽くしですよ♪

ドコモ光でレンタルしたルーターが壊れたらどうなる?交換できる?費用は?

GMOとくとくBBでレンタルしたルーターであれば、基本的に「交換対応」になりますがパターンによって費用がかかる場合があります。

破損時の対応について
  • 同じ製品に交換してくれる
  • 自然故障は無償
  • 事故による故障は有償

例えば水没させてしまったり破損させてしまうと、状況に応じて費用が請求されますが、破損等がなく速度が遅くなったり接続が切れてしまうような場合には、「自然故障」として無償で交換をしてくれます。

ドコモ光からレンタルしている場合も同様に、自然故障なのか事故なのかによって修理の費用が異なるので、ルーター本体はなるべく傷つかない場所に設置をしましょう!

相談者

中には交換すらしてくれないところもあるので、かなり良心的ですね♪

インターネットコンシェルジュ

ただし交換する基準は設けられているので、連絡すれば必ず交換してくれるわけではありません!

レンタルしたルーターに縛りや違約金はある?

ドコモ光(GMOとくとくBB)でレンタルできるルーターには、契約の期間やそれに伴う違約金といったものは一切ありません。

必要なタイミングで契約をして、不要なったら解約の手続きと返送を行う流れとなります。

ただし、GMOとくとくBBの無線ルーターは一度解約をすると、2回目以降はレンタルができなくなるので注意してください。

解約の注意点
  • 契約期間:なし
  • 解約違約金:なし
  • 2回目以降のレンタル不可
    ※GMOとくとくBBのみ
相談者

違約金や縛りがないのは、気楽に使えていいですね♪

インターネットコンシェルジュ

他社では最低利用期間や、高額な違約金が設定されている場合があります!

市販の無線Wi-Fiルーターを自分で購入する場合

ルーターをレンタルせずに購入するメリットは、主に次の2つです。

購入するメリット
  • 種類が豊富で好きなものを選べる
  • 買い切りなのでレンタル費用はなし

レンタルできるルーターの性能に不満がある場合は、よりグレードの高いルーターを購入するしかありません。

複数端末でネットを頻繁に利用するヘビーユーザーや、膨大なデータ容量を取り扱うなど、一部の方はレンタルするよりも超高性能ルーター(ハイエンドモデル)を購入する方が良いでしょう。

他にも有料レンタルの費用が気になる方は、販売されているものを購入してしまった方が、コスト管理が楽です。

インターネットコンシェルジュ

『自分の物だと気が楽なので購入する』という方もいらっしゃいます!

市販の無線ルーターってどんな種類がある?どうやって選んだらいいの?

ルーターは主に3つのモデルに分けることができます。具体的な分類については、次の内容を参考にしてください。

スクロールできます
モデル比較ローエンドモデルミドルレンジモデルハイエンドモデル
おすすめユーザー価格重視の人製品選びに迷う人性能重視の人
性能最低限の機能を搭載快適に使えるレベルほとんどの機能を搭載
価格5,000円~10,000円10,000円~20,000円20,000円~50,000円

「ローエンドモデル」「ミドルレンジモデル」を考えている方であれば、GMOとくとくBBの無料レンタルを使うのがおすすめですが、「ハイエンドモデル」を希望する場合は自身で購入するしかありません。

選び方としては、先にもお伝えした「Wi-Fi6」「ビームフォーミング」「MU-MIMO」に対応しているかを中心に、最大通信速度などの数値を目安に選定するのが良いでしょう。

ルーターを選ぶ際の例を5つ考えてみたので、皆さんのルーター選びの参考になれば幸いです。

ケース
とにかく価格重視!
  • ローエンドモデルがおすすめ
  • ELECOM製品などに多い
  • 5,000円前後から購入できる
ケース
とにかく速度重視!
  • ハイエンドモデル一択!
  • 広範囲に高速通信対応!
  • コストは最低20,000円以上
ケース
3階建て以上の一軒家で使う
  • メッシュWi-Fiがおすすめ
  • 家中どこでも高速通信が可能!
  • 10,000円~100,000円と幅広い

※メッシュWi-Fi:複数台のWi-Fiルーターを設置するシステム

ケース
ワンルームで使いたい
  • ミドルレンジモデルがおすすめ
  • ローエンドモデルでも使える
  • 5,000円~15,000円程が目安
ケース
ストレスなく使えればOK
  • ミドルレンジモデルがおすすめ
  • ハイエンドモデルに割と近い性能
  • 15,000円ほどが目安
相談者

状況によって、おすすめのモデルは全然違うんですね!

インターネットコンシェルジュ

どうしても決められない場合は、一度レンタルで試してみるのもおすすめですよ♪

市販の無線ルーターは3〜5年に一度、買い替えがおすすめ

あくまで理想ですが、無線ルーターは3~5年目安で新しいものに買い替えるのがおすすめです。

もちろんそれ以上使えるものがほとんどで、中には10年以上使えたりするものもありますが、長期的に使用していると劣化が進んでしまい通信速度などのパフォーマンスも知らない間に低下してしまいます。

また、無線LAN規格などの仕様も日々新しいものに入れ替わっていくので、定期的に新しいモデルに交換をしておくことで、いざという時にもすぐに新しいサービスに対応できたりといったメリットも!

相談者

せっかく新しいスマホにしても、古いルーターのままだと速度が遅くなったりするかもしれないってことですね!

インターネットコンシェルジュ

使用開始から5年経っていれば、新しいものに交換をするようにしましょう♪

ドコモ光のレンタルルーターのセット契約がおすすめ!

ここまでルーターについて解説をしてきましたが、ドコモ光では基本的に「レンタル」をするのがおすすめです。

特にGMOとくとくBBでは、ミドルレンジモデルが無料でレンタルできるので、『難しいことはわからない』『試しに使ってみたい』『費用を抑えたい』といった様々なニーズに対応できます。

もし性能を重視する方であれば、ハイエンドモデルを購入するしかありませんが、高額な費用がかかるので製品の選定には注意してください。

まだWi-Fiを導入前なのであれば、まずはGMOとくとくBBからドコモ光を申し込んで、無料でWi-Fiを体験してみてはいかがでしょうか?『もっと沢山ドコモ光の情報を知りたい』という方は、下記のリンクも参考にしてみてくださいね!

インターネットコンシェルジュ

是非ドコモ光で快適なWi-Fiライフを送ってくださいね♪

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。サービスの料金やスペック、契約条件、解約条件、キャンペーン等の詳細情報は、申し込む前に事前に必ず各公式サイトでご確認ください。

目次