【2023年最新】格安SIMおすすめ人気ランキング10選

eo光のルーターはレンタルか自前どちらがおすすめ?比較してみた

eo光のルーターはレンタルか自前どちらがおすすめ?比較してみた

eo光でWi-Fiを使うためには「無線ルーター」必要です!しかし中には『eo光を契約したらWi-Fiが使えるんでしょ?』と勘違いされている方がいるのも事実…。

せっかくWi-Fiを使って楽しくインターネットライフを送ろうとしても、無線ルーターのことを知っておかないと台無しです。

そこで今回は、インターネット業界に長年携わっている私が“eo光でWi-Fiを使うための方法”や、“適切な無線ルーターの選び方”を、どこよりもわかりやすくお教えいたします!

今さら聞けない基本的なことからWi-Fiを導入するために必要な知識に至るまで、無駄なくコンパクトにまとめているので、あなたはこの記事を1本読むだけで十分です!

5分ほどで読める内容なので、ぜひサクッと読んでみてください♪

この記事でわかること
  • 「無線ルーター」とはなにか
    「Wi-Fi・無線は同じ意味」
  • eo光でWi-Fiを使う方法
    「レンタルがおすすめ!」
  • ルーターの入手方法
    「レンタル・購入」
  • ルーターをレンタルするメリット
    「手軽にWi-Fiが試せる」
  • 市販ルーターを購入するメリット
    「好みの性能を持ったルーターが使える」
相談者

一応前に使っていた無線ルーターを持ってるんですけど、eo光で使えますか?

インターネットコンシェルジュ

社外品は動作確認がされていませんが、基本的には使えますよ!他にも注意点がありますので、併せて解説していきますね♪

目次

eo光に無線ルーターは必須!なかったらWi-Fiが使えない

eo光でWi-Fiを使うなら、「無線ルーター」が必要です。もし無線ルーターがなければWi-Fiが使用できないので、スマホやタブレットなどの無線接続しか対応していない機器は、eo光のインターネット回線に繋げることができません。

相談者

よく聞きますけど、「ルーター」って何ですか?

ルーターは、スマホやパソコンなど複数の端末を管理し、1つの回線に同時に接続をするための装置です。ルーターがなければ、基本的には1台の端末しかインターネット接続できないため、近年では必須アイテムと言えるでしょう!

またルーターには次の2種類があり、主に“Wi-Fiが使えるかどうか”という点が異なります。

ルーターの種類
有線ルーター
  • 2台以上の通信機器を回線に繋ぐ装置
  • 機器との接続にはLANケーブルを使う
  • 無線ルーターでも同じことができる
  • スマホやタブレットを繋ぐことはできない
無線ルーター
  • 2台以上の通信機器を回線に繋ぐ装置
  • 機器との接続にはWi-Fi(無線)を使う
  • 「Wi-Fiルーター」「無線LANルーター」とも呼ばれる
  • 一般的に「ルーター」はこちらを指すことが多い

一般的にルーターは「無線ルーター」のことを指すことが多く、今回の解説でもこちらの意味で話を進めていきます。有線ルーターは見かける機会こそ少ないですが、現在も販売されているので購入時は間違えないように注意しましょう!

相談者

ルーターって言葉は、基本的にWi-Fiを使うための装置って考えれば良さそうね!

インターネットコンシェルジュ

もちろん厳密には異なりますが、一般的な解釈としてはそれで十分ですよ♪

eo光で無線ルーターを用意する方法は2つ

eo光で無線ルーターを用意するには、次の2つの方法があります。

ルーターを用意する方法
  1. eo光でレンタル
  2. 家電量販店などで購入する

どちらで入手した場合でもWi-Fiが使えるので、eo光ではお好みの方法で無線ルーターを用意すればOKです!

もし、現状無線ルーターをお持ちでないのであれば、レンタルをするのが良いでしょう。一方で、すでに無線ルーターをお持ちなのであれば、内部設定を変更するだけでWi-Fiが使用できるようになります。

相談者

私は無線ルーターを持っていないから、レンタルから試してみようかな!

インターネットコンシェルジュ

まずはレンタルで試してみて、必要になれば購入する流れがおすすめですよ♪

ストレスなくWi-Fiが使える無線ルーターの選び方

無線ルーターを選ぶ際に検討すべきことは様々ありますが、主に次の3つを軸に考えるのがおすすめです。

ルーターを選ぶポイント
  • 無線LAN規格
  • 使う場所の広さ
  • 通信機器の接続数
相談者

場所の広さや、接続台数について考えるのはわかるんですけど、「無線LAN規格」って何でしょうか?

無線LAN規格は、Wi-Fiの電波の種類です。Wi-Fiには複数の電波の種類があり、受信側(端末)と送信側(無線ルーター)がお互いに対応した規格同士でなければ、接続することができません。

新しい無線LAN規格で接続できるほど通信速度が速くなるため、可能な限り最新の規格に対応しているものを使うのが理想です。

もちろん無線ルーターだけが新しい規格に対応していても、端末が対応している規格が古いものしかなければ、ベストパフォーマンスは発揮されないので、お使いの端末が対応している無線LAN規格を調べておきましょう!

無線LAN規格最大通信速度周波数帯
IEEE802.11ax
(通称:Wi-Fi 6)
9.6Gbps2.4GHz/5GHz帯
IEEE802.11ac
(通称:Wi-Fi 5)
6.9Gbps5GHz帯
IEEE802.11n
(通称:Wi-Fi 4)
300Mbps2.4GHz/5GHz帯
IEEE802.11a54Mbps5GHz帯
IEEE802.11g54Mbps2.4GHz帯
IEEE802.11b11Mbps2.4GHz帯
「Wi-Fi 5」以上に対応しているモデルがおすすめ!
インターネットコンシェルジュ

もし最新の規格に非対応でも、古い規格同士で接続はできるので、全く繋がらないということはありませんよ!

無線ルーターのおすすめ機能4選!

無線ルーターには様々な機能があり、中には『どこを見ればいいのかわからない』という方もおられます。もし迷ってしまう方は、次の4つの機能に注目しながら製品を探してみてください!

おすすめ機能
Wi-Fi6
  • 第6世代のWi-Fi規格
  • 最新の「11ax」に対応
  • 最大速度は第5世代の約1.5倍
ビームフォーミング
  • 特定の方向に電波を飛ばす技術
  • 電波が分散せず安定して通信ができる
MU-MIMO
  • 複数端末を安定して接続する技術
  • 遮蔽物のある場所でも繋がりやすくなる
  • 「マルチユーザー・マイモ」の略称
ストリーム数
  • 端末との通信に使う経路の本数
  • 多いほど速度が速く安定しやすい
  • 4ストリーム以上のものがおすすめ

これらの機能に対応している機種を選べば、ほとんどの利用環境でストレスなくWi-Fiが利用できるでしょう!

特におすすめなのが「ビームフォーミング」「MU-MIMO」の2つで、一軒家や複数人でネットを利用するなら必須級の機能です。

インターネットコンシェルジュ

これらの機能は比較的安価なモデルでも搭載されているので、ルーター探しの際はぜひ参考にしてみてください♪

eo光のレンタルルーターと市販ルーターの違い

eo光でレンタルできる無線ルーターと、市販で購入可能な無線ルーターの違いは次の通りです。

スクロールできます
費用比較レンタル品購入する場合
料金/価格105円/月5,000〜50,000円
無料期間12ヶ月
初期費用2,200円
メリット超低価格で使える
無料期間がある
製品を選ぶ必要がない
返却が不要
好きな製品が選べる
デメリット毎月費用がかかる
好きな製品が選べない
解約時は返却が必須
コストが高い
製品選びの知識が必要
レンタルから試すのがおすすめ!

基本的に『価格を抑えたい』『とりあえず使えればOK』という方は、無線ルーターのレンタルがおすすめです。一方で、『通信速度は譲れない』『ネット環境を最強にしたい』と考えるのであれば、適切な製品を購入するのが良いでしょう。

特にeo光の無線ルーターは初期費用こそ必要なものの、月額料金が非常に安価なため、お試しで使うには最適なサービスです。

まずはレンタルを活用して使用感を確認してから、必要に応じて無線ルーターを購入すると製品選びに失敗する可能性を格段に下げられます。

相談者

実際に使ってみてからじゃないと、そのルーターが適切かって判断できないですもんね!

インターネットコンシェルジュ

特に高性能なものは高価なので、購入前に使用感を確認しておくことは必須とも言えます☆

レンタルルーターがおすすめの人

次の特徴に当てはまる方は、無線ルーターのレンタルがおすすめです。

おすすめな人の特徴
  • ルーター選びに迷う方
  • 費用をなるべく抑えたい方
  • 2年未満など短期で利用する方

eo光のレンタル無線ルーターは専用のモデルとなっており、決まったものが貸し出されるので、製品を自分で選ぶ必要がありません。eo光の回線向けに設計されたモデルなので、相性問題の心配も一切不要!

さらに料金も格安なので、誰でも気兼ねなくWi-Fiを使うことができます。レンタル品が合わない場合は、市販の無線ルーターを購入して置き換えることもスムーズです。

相談者

eo光でWi-Fiを使うなら、まずはレンタルからってことね♪

インターネットコンシェルジュ

1年無料キャンペーンもあるので、迷ったらまずはレンタルがおすすめです☆

市販ルーターを自分で購入するのがおすすめな人

次の特徴に該当する方は、自分で無線ルーターを購入するのが良いでしょう!

おすすめな人の特徴
  • 好みの環境でネットを使いたい方
  • 回線速度を最大限に活かしたい方

レンタルの無線ルーターで課題となってくる「性能」に関しては、市販されている製品の方が優れたものが多くあります。

ビジネス利用で通信速度が必須な方はもちろん、映像処理の多いオンラインゲームなどを利用されるのであれば、eo光のレンタル品でカバーできない可能性も…。

性能が優れた無線ルーターは非常に高価なので、コストを度外視するなら自らの環境に見合った製品を購入して使用することをおすすめします。

相談者

ウチは子供がオンラインゲームをするから、それなりの性能が必要になるかも…。

インターネットコンシェルジュ

事前に高性能な無線ルーターが必要とわかっているなら、レンタルせずに購入を考えるのもありですよ♪

eo光で無線ルーターをレンタルして使用する場合

以下ではeo光の無線ルーターの「レンタル費用」「製品の性能」などについて解説をまとめました。ちなみにeo光で無線ルーターをレンタルするメリットには、次のようなものが挙げられます。

レンタルするメリット
  • ルーター選びに迷わなくていい
  • 一定期間はコストがかからない
  • 「IPv6」での通信が利用できる
相談者

「IPv6」って何ですか?

「IPv6」はインターネットの新しい通信規格で、この技術を使うことで従来よりも快適に通信ができるようになっています。

例えば夜間や週末などにインターネットが繋がりにくくなるといった、「混線」を回避することができるなど、ネット利用者が増えた現代では必須とも言える技術です。

eo光で貸し出している無線ルーターであれば、IPv6を使った通信が可能ですが、市販されている無線ルーターでは利用できないモデルも存在します。

どれだけ無線ルーターの性能が優れていても、IPv6に対応していないというだけで通信が不安定になることもあるので、標準利用可能なモデルをレンタルできるのは大きな利点です。

相談者

「IPv6」に対応していると、回線の混雑にも強くなるってことですね♪

インターネットコンシェルジュ

基本的に社外品になる市販の無線ルーターでは、IPv6の動作が保証されていないため、eo光ではレンタル品の利用を推奨しています!

eo光のルーターレンタル費用は月額105円!

eo光の無線ルーターレンタルにかかる費用は、次の通りです。

レンタル費用無線ルーター
初期手数料2,200円
月額料金105円
無料期間12ヶ月

契約時には初期費用として2,200円が必要ですが、以降のレンタル料金は月額105円と非常に安価!また、申し込み時期によっては一定期間の無料キャンペーンも開催されているので、タイミングが合えばさらにお得です!

無線ルーターのレンタル費用としては、業界最安値級と言っても過言ではありません。

インターネットコンシェルジュ

一般的に他社では、月額330円〜550円ほどの費用がかかります!

eo光の無線ルーターを解約をする際は送料が1,000円ほど発生!

eo光の無線ルーターを解約した場合、返却送料として1,000円ほどの費用が発生します。こちらの送料については利用者側の負担になるので、レンタルする際は注意してください。

ただし、他社で見られる無線ルーターの最低利用期間や違約金などは存在しないので、どのタイミングで解約をしても返却送料のみの支払いでOKです!

相談者

初期手数料と合わせて3,000円ほどの費用は必ず必要ってことですね!

インターネットコンシェルジュ

中には無線ルーターの解約時に、高額な違約金を請求する事業者も存在するので注意しましょう!

eo光の無線ルーター割引キャンペーン!最大12ヶ月無料

eo光では期間限定で無線ルーターのレンタル料金を一定期間無料にするキャンペーンを行なっています。2022年8月時点では12ヶ月間無料となっているので、今eo光に申し込めば1年間で1,260円もお得です。

キャンペーン詳細
キャンペーン期間
  • 2020年2月1日〜終了未定
キャンペーン内容
  • 12ヶ月間レンタル料金無料
  • 割引総額:1,260円
キャンペーン適用条件
  • eo光と同時に無線ルーターレンタルを申し込み
  • 開通工事が完了するまでにレンタルしてもOK!
相談者

条件も簡単だし、誰でもクリアできそうね♪

インターネットコンシェルジュ

ただし、キャンペーンは急に終了することがあるので注意してください!

eo光でレンタルできるルーターの種類について

eo光では契約するコースによって、レンタルできる無線ルーターが異なります。eo光のコースには「1ギガコース」「5ギガコース」「10ギガコース」の3つがあり、それぞれに対応した無線ルーターや性能については次の表を参考にしてください。

スクロールできます
レンタルルーター1ギガコース5/10ギガコース
ルーター画像
型番eo-RT100eo-RT150
eo-RT200
IPv6通信
Wi-Fi6
ビームフォーミング
MU-MIMO
ストリーム数3ストリーム4ストリーム
最大通信速度最大1,300Mbps最大2,401Mbps
無線LAN規格a/b/g/n/aca/b/g/n/ac/ax
アンテナ方式5GHz
2.4GHz
5GHz
2.4GHz
有線LANポート数44
質量約200g約200g
消費電力8.0W7.5W

eo光の無線ルーターには大きく分けて2種類があり、どちらが設置されるかでWi-Fiの利用環境も異なります。もし「5ギガコース」「10ギガコース」を契約する方なら、無線ルーターの性能も高いものが設置されるのでその分快適です!

ですが「1ギガコース」で貸し出される無線ルーターでも、多くの端末を同時接続しなければそれなりに使用できる性能ではあるので、環境によっては一度試してみる価値もあります。

相談者

どちらにしても、まずはレンタルしてみるのが良さそうね♪

インターネットコンシェルジュ

ちなみに、どの無線ルーターでもレンタル費用は同じです!

eo光でレンタルしたルーターが壊れた場合の対応や費用

もしeo光でレンタルした無線ルーターが壊れてしまった場合は、次のような対応になります。

破損時の対応について
  • 同じ製品に交換
  • 自然故障は無償
  • 物理故障は有償

基本的には同じものに交換をする形で対応となりますが、修理の費用に関しては故障した時の状態によって異なります。

例えば、打痕や水没などの人為的破損が見られる場合は有償での修理になりますが、それらの外傷がない状態で通信接続が悪くなるような場合には無償で交換対応といったイメージです。

もし有償での修理になる場合は、無線ルーターの利用年数と型番によって費用が決まります。

スクロールできます
修理代金eo-RT100eo-RT150/eo-RT200
1年目8,097円23,071円
2年目6,297円17,945円
3年目4,499円12,818円
4年目2,699円7,691円
5年目899円2,564円
6年目以降0円0円
修理費用は年数によって異なります!
相談者

つまり綺麗に使っていれば、交換にかかる費用は不要ってことですね!

インターネットコンシェルジュ

日常的に無線ルーターを触る機会はないので、安全な場所に置いておけば、余程のことがない限り費用は発生しませんよ♪

eo光の無線ルーターをレンタルした方の口コミ評判

eo光で実際に無線ルーターをレンタルした方の口コミを集めました!

口コミ
同時接続でも快適!

我が家ではwi-fiを使用して2台のタブレットやスマートフォン、wiiUで動画を同時に見る事がありますが、特にフリーズすることなく快適に視聴できています。

引用元:みん評
口コミ
無線接続で300Mbps!

上り下りとも有線で700Mbps、ルーターが置いてある部屋で無線では300Mbpsくらい出て満足してます。有線がメインで無線はスマホをちょっと使う程度なのでそんなに気にしてないです。

引用元:価格.com
口コミ
後からWi-Fiの追加も簡単!

無線ルーター96円、中継機が91円で借りれるのが良いと思いました。

多目的ルーターに無線機能を追加するのも業者など呼ばずネットでできました

引用元:価格.com

eo光の無線ルーターであれば、Wi-Fi接続で数十台の端末を同時接続したり極端に偏った使い方をしなければ、特にストレスを感じずに使えるということがわかります。

また、eo光を契約後にルーター本体は無料で設置してもらえるので、あとから無線ルーターの機能を追加申し込みするだけで、特別な工事もなくWi-Fiを使えるように変更することも可能です。

ただし、あとから無線ルーターの申し込みをする場合は、無料キャンペーンの対象にならないので注意してください!

インターネットコンシェルジュ

あとから無線ルーターを申し込む場合は、すでに設置済みのルーターの無線機能が遠隔で開放されるだけなので、Wi-Fiの即時利用ができます♪

eo光ではWi-Fiの電波範囲を広げる機器もレンタルできる!

少し余談になりますが、eo光ではWi-Fiの電波の範囲を拡大できる「メッシュWi-Fi」「無線LAN中継機」のレンタルも行なっています。

どちらも無線ルーターの出力するWi-Fiの電波の範囲を拡大するための装置なのですが、それぞれの違いは次のようなイメージです。

メッシュWi-Fiと中継機の違い
メッシュWi-Fi
  • 無線ルーターと同じ電波を個別で展開する装置
  • 個別で情報の処理ができる
  • 無線ルーターの設定変更が不要
  • 元の無線ルーターに負荷がかからない
無線LAN中継機
  • 無線ルーターの電波を延長する装置
  • 情報の処理は無線ルーターが行う
  • 無線ルーターの設定変更が必要
  • 元の無線ルーターに負荷がかかる

基本的に電波の範囲を拡大する場合はメッシュWi-Fiを活用した方が、通信速度なども安定するのでおすすめです。しかし、小規模な範囲であれば無線LAN中継機で十分な場合も多く、状況によって選び分けるのが良いでしょう。

eo光でこれらをレンタルする場合には、それぞれ次のような費用が発生します。

レンタル費用比較無線ルーターメッシュWi-Fi中継機
手数料2,200円2,200円不要
月額料金105円550円100円
無料期間12ヶ月23ヶ月無し
返却送料1,000円前後1,000円前後1,000円前後
Wi-Fiを使うだけなら多機能ルーターがあればOK!
相談者

ウチは一軒家で、Wi-Fiの電波が届きにくい場所は一部屋だけだから、無線LAN中継機を使うのが良さそうです♪

インターネットコンシェルジュ

部分的に電波を延長したい場合は無線LAN中継機、全体的に電波の範囲を広げたい場合はメッシュWi-Fiを使いましょう☆

メッシュWi-Fiとは?

メッシュWi-Fiは、設置した装置がそれぞれ無線ルーターと同じ電波を出力でき、個々で端末の情報を処理できるので、シンプルにWi-Fi環境を向上させることができます。

現実的にはあり得ませんが、同じWi-Fiルーターを同時に複数設置できるようなイメージです。

インターネットコンシェルジュ

場所を考えず家中どこでもWi-Fiを使えるようにしたい場合に向いています!スマホなどの端末は、最も強い電波に自動的に接続されますよ♪

無線LAN中継機とは?

無線LAN中継機は元の無線ルーターの電波を受信し、設置した位置から独自の電波に変換してWi-Fiの距離を延長させる装置です。

メッシュWi-Fiと異なり元の無線ルーターと同じ電波を出力することができないため、個々で設定などが必要な他、電波の切り替えも手動で行わなければならないケースも。

ですがその特性上、固定された一箇所の場所に対して使用するのは有効的で、導入コストを抑えられるメリットもあるので、メッシュWi-Fiとは違ったメリットがあります。

インターネットコンシェルジュ

移動時の電波の切り替えがネックになるので、ゲーム機やパソコンなどの移動させない端末に使用するのに向いています!

市販の無線Wi-Fiルーターを自分で購入する場合

以下では市販の無線ルーターを購入する場合の「製品の選び方」「必要な費用」について解説をいたしました。ちなみに無線ルーターを購入するメリットには、次の2つが挙げられます。

購入するメリット
  • 種類が豊富で好きなものを選べる
  • 買い切りなのでレンタル費用はなし
  • 他社に乗り換えても引き続き使える

基本的に高い性能や自由度を求めるのであれば、無線ルーターは購入する方が良いです。

例えば、無線ルーター単体で広範囲にWi-Fiの電波を出力したり、単純に通信速度を上げるといった目的を叶えるには、市販されている無線ルーターのほうが適しているものが多くあります。

また、一度のコストは高くなってしまいますが、毎月のレンタル費用が不要で解約後の返却も必要ないため、気を使わずに自由に使えるのも利点です。

インターネットコンシェルジュ

これらのこだわりがなければ、レンタル品で十分ですよ♪

市販の無線ルーターは大きく分けて3種類!選び方を解説

無線ルーターは大きく分けると次の3つに分類することができます。

スクロールできます
モデル比較ローエンドモデルミドルレンジモデルハイエンドモデル
おすすめユーザー価格重視の人製品選びに迷う人性能重視の人
接続台数5〜10台10〜20台20台以上
性能最低限の機能を搭載快適に使えるレベルほとんどの機能を搭載
価格5,000円~10,000円10,000円~20,000円20,000円~50,000円
購入するならハイエンドモデルがおすすめ!

過度な使い方をしないのであれば、「ミドルレンジモデル」以下のものでも十分使うことができます。ですが、ネット環境を良くしたいという明確な目的や、将来的なことも考えるのであれば「ハイエンドモデル」を検討しましょう!

ちなみにeo光でレンタルできる無線ルーターは、「ローエンドモデル」「ミドルレンジモデル」の中間あたりの性能なので、性能不足を感じるようであればミドルレンジモデル以上のものを購入するのがおすすめです。

相談者

この表を参考にすれば、自分がどれくらいのものを購入すればいいかの目安になりますね♪

インターネットコンシェルジュ

近年では低価格のローエンドモデルでも、それなりに良い性能になっています☆

シチュエーション別の無線ルーターの選び方!

5つのシチュエーションを元に、それぞれおすすめの無線ルーターのモデルを考えてみました!

ケース
とにかく価格重視!
  • ローエンドモデルがおすすめ
  • ELECOM製品などに多い
  • 5,000円前後から購入できる
ケース
とにかく速度重視!
  • ハイエンドモデル一択!
  • 広範囲に高速通信対応!
  • コストは最低20,000円以上
ケース
3階建て以上の一軒家で使う
  • メッシュWi-Fi対応ルーターがおすすめ
  • 家中どこでも高速通信が可能!
  • 10,000円~100,000円と幅広い

※メッシュWi-Fi:複数台のWi-Fiルーターを設置するシステム

ケース
ワンルームで使いたい
  • ミドルレンジモデルがおすすめ
  • ローエンドモデルでも使える
  • 5,000円~15,000円程が目安
ケース
ストレスなく使えればOK
  • ミドルレンジモデルがおすすめ
  • ハイエンドモデルに割と近い性能
  • 15,000円ほどが目安

ネットを利用する環境は無数にありますが、考え方の根本は同じなので、無線ルーターを購入する際は類似する環境のものを参考にしてみてください!

相談者

利用する場所の広さと、接続台数から考えるのが良さそうね♪

インターネットコンシェルジュ

いきなり決めるのは難しいという方は、レンタルから試してみましょう!

市販の無線ルーターは3〜5年に一度、買い替えがおすすめ

ご自身で無線ルーターを購入した場合は、定期的に新しいものに買い替えるのがおすすめです。無線ルーターは同じものを継続して使用すると、数年後から徐々にパフォーマンスが低下し始めます。

最初は気づかなくとも徐々に通信速度が遅くなったり、Wi-Fiの届く範囲が狭くなったりと変化していくので、3年〜5年を目安に買い替えておくと安心です。

とは言え決して安い買い物でもないので、使えるのであれば引き続き利用するのも構いません。レンタルの場合は交換が可能ですが、自身で購入する場合は自己管理をすることが大切です!

インターネットコンシェルジュ

新しい無線ルーターに交換することで、最新の機能などにも対応できるので、端末を買い替えた際にパフォーマンスが発揮しやすくなりますよ♪

eo光でWi-Fiを使うなら無線ルーターはレンタルがおすすめ!

eo光でWi-Fiを利用するためには「無線ルーター」が必須です。その無線ルーターを用意するには「レンタル」「購入」の2つの方法があり、基本的には費用重視ならレンタル、性能重視なら購入を選択するのが良いでしょう!

ただし無線ルーターを選ぶ際には様々な条件を考慮する必要があり、いきなり購入をすると製品選びに失敗していまう可能性が…。

eo光では月額105円で無線ルーターがレンタルできますし、キャンペーンで無料期間もあるので、最初はレンタルから始めるのがおすすめです!

もしレンタルした無線ルーターに満足できなければ、改めて無線ルーターを購入できますし、メッシュWi-Fiや無線LAN中継機もレンタルできるので、eo光なら結果的に理想のWi-Fi環境が実現できること間違いなしですよ!

インターネットコンシェルジュ

『eo光について詳しく知りたい!』という方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね♪

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。サービスの料金やスペック、契約条件、解約条件、キャンペーン等の詳細情報は、申し込む前に事前に必ず各公式サイトでご確認ください。

目次