【12月最新】格安SIMおすすめ人気ランキング10選

Fon光は引越し手続きで違約金発生するの?実質負担ゼロにする方法とは?

Fon光を利用している方が引越しをする場合は「解約」になるって、ご存知でしたか?Fon光では引越しのための手続きはないんです!

ですが一応、引越し先でもFon光を利用することはできるんです。費用や手間がかかるので決しておすすめはしませんが、引越しのための「手順」「費用」「注意点」をまとめました。

この記事ではそれだけではなく、長年たくさんの光回線サービスを見てきた私がおすすめする、Fon光で引越しをする際の最強テクニックもご紹介いたします。

5分ほどで引越しにかかる費用を、一気に稼げる秘策を知ることができるので、是非最後までサッと読んじゃってください!

この記事でわかること
  • 「移転手続き」ではなく「解約新規」になる
  • 引越し先でFon光を使う6つの手順
  • Fon光を引越し先で利用する際の4つの注意点
  • 一度解約になるため「乗り換え」をした方がお得
  • 状況に応じておすすめの光回線がある!
  • 乗り換え先は「NURO 光」が一番おすすめ!
相談者

Fon光で引越しをすると解約になっちゃうんですか?

インターネットコンシェルジュ

残念ながら解約になります!引越し先でネットが使えないと大変だと思いますので、これから対策も紹介しますね♪

目次

要注意!Fon光には移転手続きはありません!

Fon光では引越しをする際の「移転手続き」がありません。引越し先でもFon光を利用するためには、一度解約をして再度契約をしなおす「解約新規」の手続きを行う必要があります。

相談者

それって、利用者的にはなにが違うんですか?

「移転手続き」は費用が抑えられたり手続きの手間が最小で済むのに対し、「解約新規」は費用が高額で、手続きも2つ行わなければならないため、負担が大きくなりがちで利用者にはメリットはないと言えます!

具体的な特徴をまとめると、次のようなイメージです。

移転手続きと解約新規の違い
移転手続き
  • 違約金が発生しない
  • 工事費の負担は最小限
  • 契約情報が引き継げる
  • 再契約の手間はない
解約新規
  • 違約金が発生する可能性が高い
  • 撤去工事費や開通工事費の負担がある
  • 契約情報が引き継げない
  • 再契約の手間がある

Fon光では「引越しをする=解約」扱いになるため、引越し先でネットを使うためには再度Fon光と新規契約をするか、他の光回線サービスを新規契約する必要があります。

解約新規は特に費用面での負担が大きいので、基本的にはキャンペーンを行っている他社に乗り換えをするのがおすすめです。

インターネットコンシェルジュ

推奨はしませんが、引越し先でFon光を利用する場合の手順や、注意点も解説をまとめておいたので、気になる方は続けてチェックしてみてください♪

Fon光を引越し先でも使い続けるための6つの手順!

引越し先でもFon光を利用するためには、次の6つの手順が必要です。

引越しの際の手順
  1. 引越し先が対応エリアかを確認
  2. Fon光の解約手続きを行う
  3. Fon光の新規契約を行う
  4. 撤去工事の立ち合い
  5. 開通工事の立ち合い
  6. インターネットの初期設定
相談者

思ったよりやることがあるんですね…

仮に移転手続きができれば手間は多少減りますが、Fon光では引越しをするとどうしても手間がかかってしまいます。また、「解約新規」「他社乗り換え」のどちらであっても、同じような手順が必要です。

インターネットコンシェルジュ

それぞれの手順についても、詳しく解説しますね♪

手順①引越し先でFon光が使えるのかエリアを確認しよう

Fon光は利用できるエリアが限られているため、引越し先が“提供エリア外”だった場合は利用することができません。

相談者

どこなら利用することができるんですか?

Fon光は、“ソニーネットワークコミュニケーションズ”が提供する「NURO 光」と同じ光回線を利用しているサービスなので、NURO 光が利用できる地域で同じように利用することができます。

提供エリアについては、表にまとめましたので参考にしてください。

提供エリア提供有り地域提供無し地域
北海道エリア石狩市・恵庭市・江別市・小樽市・札幌市・千歳市その他地域
東北エリア青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島
関東エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
中部エリア新潟・富山・石川・福井・山梨・長野
東海エリア愛知・静岡・岐阜・三重
関西エリア大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良和歌山
四国エリア香川・徳島・愛媛・高知
中国エリア広島・岡山鳥取・島根・山口
九州エリア福岡・佐賀長崎・大分・宮崎・熊本・鹿児島・沖縄
まだ使えないところも多い!

また、“提供エリア内”であったとしてもサービスの利用ができないケースがあります。そのため、事前にFon光の公式サイトから引越し先の利用可否を確認しておきましょう!

引越し先の住居によって検索ページが異なりますので、それぞれ対象のページを使って確認してみてください。

エリア検索
一戸建て
マンション
インターネットコンシェルジュ

解約の手続きを進めてから、Fon光が使えないことが発覚すると取り返しがつきません!

手順②Fon光の解約の手続き

引越し先でFon光の利用ができることを確認出来たら、解約の手続きから進めていきます。Fon光の解約に関しては「電話」から手続きになりますが、受付時間が極端に短く限定的なので注意してください!

問合せ先
  • 電話番号:0120-966-486
  • 受付時間:13:00~17:00(平日のみ)
相談者

平日の日中に、たった4時間しか受付していないんですね…

時間が限定的ということもあり、問合せ集中からか受付開始からの1時間は電話が繋がりにくい傾向にあります。手続きをする場合は、14時~16時の間に問合せるのが望ましいでしょう。

インターネットコンシェルジュ

残念ながら、電話以外での解約は難しいようです。解約について別記事で詳しくまとめたものもあるので、気になる方はチェックしてみてください♪

手順③Fon光の新規契約の手続き

解約の手続きが完了したら、別途引越し先でFon光を利用するための新規申し込みが必要です。新規申し込みについては、解約と同じ「電話」でも行えますが、別途「Web」からの手続きもできます。

Fon光の申し込み先
電話での申し込み
  • 電話番号:0120-966-486
  • 受付時間:13:00~17:00(平日のみ)
Webからの申し込み

電話窓口は受付時間が限定的なので、24時間いつでも手続きができるWebから申し込みをするのがおすすめです。

相談者

平日の日中は仕事で時間が取れないから、Webから手続きができるのは助かります♪

インターネットコンシェルジュ

Fon光の申し込みに関して、注意点などを細かくまとめた専用記事もご用意しています☆

手順④撤去工事に立ち合い(任意)

Fon光で解約の手続きを行った後は、引越し元の住居で「撤去工事」を行う場合があります。

相談者

「撤去工事」って、なにをするんですか?

Fon光で利用していた光ファイバーケーブルなど設備の撤去・回収を行います。撤去工事は希望した場合にしか行われないため、特に不要な場合は依頼しないことも可能です。

撤去工事が必要な場合としては、賃貸の退去の際に入居時の状態に戻す「原状復帰」が必要な場合などが挙げられます。依頼する場合は、11,000円の工事費が必要になるので注意してください!

撤去工事(引越し元)
  • 光ファイバーなどの設備を回収する工事
  • 希望した場合に行われる
  • 作業時間は30分~1時間ほど
  • 費用は11,000円
インターネットコンシェルジュ

撤去工事をしない場合は、業者の方が設置機器の回収にだけ来られるので、案内に沿って返却を行いましょう☆

手順⑤開通工事に立ち合い(必須)

Fon光の新規申し込みから1~2ヶ月を目安に、引越し先の新居で「開通工事」が行われます。

相談者

今度は、ネットが使えるように設備を設置してくれるんですね♪

開通工事は必ず行われ、開始から終了まで“立ち合い”も必要なので当日はスケジュールを空けておきましょう!

開通工事(引越し先)
  • 光ファイバーなどの設備を設置する工事
  • 基本的には必ず行われる
  • 作業時間は平均1時間~2時間
  • 内容に応じて費用がかかる
インターネットコンシェルジュ

開通工事の費用については、後ほど解説します♪

手順⑥インターネットの初期設定

引越し先での開通工事が完了したら、インターネットの「初期設定」を行ってネットが使えるようにしましょう。

相談者

「初期設定」って難しいですか?

通常はWi-Fiの設定(無線設定)や、設置機器の内部設定(ID・パスワード登録など)が必要になりますが、主にアルファベットや数字の入力を行うだけなので、文字入力ができるのであれば大して難しくはありません。

またFon光では設定用のガイドは貰えますが、電話窓口での無料サポートを行っていないので、不安な方は新規申し込みの際に「まるごと設定サポート(月額550円)」を申し込んでおくと安心でしょう!

インターネットコンシェルジュ

初期設定が完了すると、その日のうちにインターネットが利用できるようになりますよ♪

Fon光の引越しにかかる費用は80,000円以上!?

気になるFon光の引越しにかかる費用は、最も負担額が大きい場合に80,000円を超える費用が必要になってきます。

移転費用一覧料金
解約違約金21,780円
撤去工事費(引越し元)11,000円
開通工事費(引越し先)44,000円
契約事務手数料3,300円
土日祝の追加工事費0円~3,300円
その他追加工事費都度
合計最大83,380円
ぶっちゃけ、非常に高いです!

もちろん必ず全てを負担するわけではないので金額には個人差がありますが、それなりの負担があることは想定しておいた方が良いでしょう。

インターネットコンシェルジュ

中でも「解約違約金」「開通工事費」については、人によって費用の変動が大きいので詳しく解説しますね!

解約違約金が最大21,780円!

Fon光では、解約のタイミングによって違約金の21,780円を負担しなければなりません。

相談者

どのタイミングで解約をすれば、違約金がかからないんですか?

一定の期間ごとに3ヶ月だけ訪れる「無料解約期間」にFon光を解約をすれば、違約金の負担はありません。

例えば、2020年10月にFon光を契約した方の場合だと、次のタイミングで無料解約期間が訪れます。

Fon光の契約更新対象年度無料解約期間
契約開始2020年10月
3年更新2023年9月/10月/11月
2年更新2025年9月/10月/11月
2年更新2027年9月/10月/11月
2年更新2029年9月/10月/11月
初回のみ3年更新
相談者

対象年度の無料解約期間に、Fon光を解約すれば違約金が発生しないんですね!

ただし、“2020年9月27日以前”にFon光を契約していた場合は、こちらの表とは期間が異なるのでFon光に問合せをして確認を行いましょう!

インターネットコンシェルジュ

他社では違約金を負担してくれるキャンペーンもあるので、乗り換えで負担を減らすことも可能ですよ♪

引越し先の開通工事費は44,000円!

引越し先の開通工事には44,000円の費用が必要になります。ですが、Fon光では開通工事費の無料キャンペーンを行っている場合があるので、申し込み時にキャンペーンが行われていれば開通工事費の負担をゼロにすることも可能です。

相談者

44,000円を丸々負担しなくていいなら、一気に楽になります♪

ただし無料キャンペーンの仕組みとして、Fon光を36ヶ月間継続利用しなければ完全に無料にはなりません。

Fon光の工事費無料キャンペーンは工事費そのものが無料になるわけではなく、工事費の分割代金と同額を通信費から割引する形式となっています。表にすると、次のようなイメージです。

工事費内訳工事費分割(35回)割引(通信費から)工事費の残額
開通月44,000円
2ヶ月目1,230円-1,230円42,770円
3ヶ月目1,222円-1,222円41,548円
4ヶ月目1,222円-1,222円40,326円
34ヶ月目1,222円-1,222円3,666円
35ヶ月目1,222円-1,222円2,444円
36ヶ月目2,444円-2,444円0円(残債なし)
分割代金と同額を通信費から割引

一括で工事費分を割引してくれるわけではないので、3年未満でFon光を解約をする場合は割引がなくなってしまい、残った工事費は全て利用者が負担をしなければなりません。

相談者

3年未満で解約する場合は、工事費の一部を負担しないといけないんですね…

インターネットコンシェルジュ

3年利用して初めて44,000円分の割引が受けられ、「実質無料」となります!

Fon光を引越し先でも利用する場合の4つの注意点

Fon光で解約新規の手続きをして、引越し先でも利用する場合は次の4つの点に注意が必要です!

移転の際の注意点
  1. 3年以内の引越し(解約)で工事費の残債が発生!
  2. 固定電話の番号が変わる!
  3. 引越し先の工事が終わるまでネットが使えない!
  4. 機器の返却をしないと違約金が発生!
インターネットコンシェルジュ

他社乗り換えの場合でも同様の注意点があるので、必ずチェックしておいてくださいね!

注意点①3年以内の解約で過去の工事費が請求される!

1つ前でも解説をしましたが、Fon光を契約してから3年未満で解約をする場合は、開通工事費の支払いが残っていることになるので残額が一括請求されます!

工事費内訳工事費分割(35回)割引(通信費から)工事費の残額
開通月44,000円
2ヶ月目1,230円-1,230円42,770円
3ヶ月目1,222円-1,222円41,548円
4ヶ月目1,222円-1,222円40,326円
34ヶ月目1,222円-1,222円3,666円
35ヶ月目1,222円-1,222円2,444円
36ヶ月目2,444円-2,444円0円(残債なし)
分割代金と同額を通信費から割引

例えば、Fon光を契約して3ヶ月目に解約をした場合は、開通工事費の残額として41,548円が解約後に一括請求となりますす。

相談者

解約のタイミング早いほど、負担する費用が増えるってことですね…

インターネットコンシェルジュ

Fon光を契約してから3年以上経過しての解約であれば、開通工事費の請求はありません!

注意点②固定電話の電話番号が変わる!

Fon光で利用できる固定電話サービス「NURO 光でんわ」を使用している場合は、電話番号が変わります!

相談者

同じ番号を利用することはできないんですか?

同じ市区町村内での引越しであれば、同じ番号が利用できる可能性はありますが、多くの場合は変わってしまうので期待はできません。隣の建物に引越しても、電話番号が変わる場合もあります!

また、電話番号の発行元が「NURO 光」「NTT」のどちらかで、手続きも変わってくるのでFon光の案内に沿って手続きを進めましょう!NTTの場合は「電話」「Web」のいずれかで手続きが必要になります。

電話の移設手続き
問合せ先
  • 電話番号:116(局番なし)
決定するもの
  • 引越し先の電話番号
  • 電話回線の移設日
Webからの手続き
インターネットコンシェルジュ

固定電話の番号は、地域を管轄する基地局によって決まっているので、引越し先が別の基地局の管轄になると番号が変わる仕組みになっています☆

注意点③引越し先の工事が終わるまでネットが使えない!

光回線の引越しでは、撤去工事・機器の回収が行われてから、新居の開通工事が完了するまでの間はネットを利用することができません。

相談者

なにか対処方法ってないんですか?

モバイルWi-Fiのレンタルなどもありますが、短期間で利用するには総額が数万円と費用がかかり過ぎるため、おすすめできません。

かと言って、Fon光を解約新規で利用すると手続きの都合上、先に解約から進める必要があるため、どうしても開通工事が最後になってしまいます。

他社の利用が前提になりますが、ベストな解決方法としては次の手順で進めると、ネットの使えない期間をなくすことが可能です!

ネットが使えない期間をなくす方法
STEP
引越し先の光回線を契約
  • Fon光以外の光回線を契約
STEP
引越し先の開通工事
  • 新居のネットが使えるように
STEP
Fon光を解約
  • 旧居のネットを廃止
インターネットコンシェルジュ

他社に乗り換えをする方がスムーズで、尚且つ経済的ですよ♪

注意点④機器が未返却だと違約金が発生!

Fon光を解約後に、設置機器を返却しない場合や破損させていた場合は、機器相当額の違約金が発生します。

相談者

どれくらいの費用が発生するんですか?

Fon光契約時に必ず設置される「ONU」という機器では、12,100円の違約金が請求されます。他の機器でも、個別で違約金が請求されるので、機器は必ず返却をしましょう!

基本的にFon光では機器の回収は業者が行ってくれるため、返し忘れなどのトラブルは起きにくいので安心してください。

インターネットコンシェルジュ

解約新規でFon光を続けて利用する場合でも、機器の返却は必要です☆

Fon光は他社に乗り換えた方が絶対お得!

ぶっちゃけ引越しにかかる費用から見ても、Fon光を引き続き使うメリットは全くありません!

確かに戸建てタイプの月額料金は安いですが、他社と比べても月額300円程度の差しかない上に、マンションタイプなら他社の方が安い場合もあります。

わざわざ高額な費用を負担してまで利用するメリットは皆無なので、どうせ解約になるなら乗り換えてしまわないと損です!

相談者

引越しにかかる数万円の費用を取るか、月額数百円の差を取るかってことですね…

インターネットコンシェルジュ

乗り換えをする具体的なメリットとデメリットも紹介しますね♪

他社乗り換え、新規申込するメリットとデメリット

Fon光から、他社へ乗り換えると次のようなメリットとデメリットがあります。

乗り換えのメリット・デメリット
メリット
  • 違約金や撤去工事費を負担してくれる場合がある!
  • 工事費無料キャンペーンが使える!
  • 豊富なキャンペーンが受けられる!
  • ネット環境が今よりも快適になるかも!
デメリット
  • 2社で手続きが必要になる
相談者

手間がかかる代わりに、費用面でかなりお得になりそうな印象です♪

インターネットコンシェルジュ

それぞれのメリットについて、どれだけお得になるかも考えてみましょう☆

メリット①違約金や撤去工事費を負担してくれる場合がある!

キャンペーンを行っている他社に乗り換えれば、Fon光で発生する21,780円の違約金や、11,000円の撤去工事費をゼロにすることができます!

違約金などの補填は、特定の事業者でしか行われていないキャンペーンではあるものの、平均して30,000円~40,000円は補填してくれるので、Fon光での負担をなくすことが可能です。

相談者

そんなに補填してもらえるんですね♪

インターネットコンシェルジュ

どちらの費用も発生するなら、キャンペーンを利用するのが得策ですよ☆

メリット②工事費無料キャンペーンが使える!

Fon光の開通工事費と同じように他社でも開通工事費があり、そのほとんどで「工事費無料キャンペーン」が利用できます。

乗り換え先の事業者によって開通工事費には違いがあるものの、どのような金額でも基本的に無料になるので、他社に乗り換えであっても工事費負担はほとんどありません。

相談者

解約時の費用だけじゃなく、契約時の工事費まで無料になるなら、乗り換えた方が絶対お得じゃないですか!

インターネットコンシェルジュ

残りは「新規事務手数料」がありますが、1,000円~3,000円ほどなので、違約金などの負担と比べても一目瞭然ですね♪

メリット③豊富なキャンペーンが受けられる!

乗り換えなら、解約時の費用や契約時の費用の負担以外にも、「高額キャッシュバック」「月額料金割引」「Wi-Fiルーター無料レンタル」といったキャンペーンも受けることができます!

特にキャッシュバックは40,000円~60,000円ほどの場合が多く、キャンペーンの総額では200,000円を越える内容を提供している事業者もあるんです!

相談者

費用を負担してくれるだけじゃなくて、さらに還元までしてもらえるんですね♪

インターネットコンシェルジュ

このキャンペーンを上手く利用すれば、ネットの費用を大幅に抑えることができますよ☆

メリット④ネット環境が今よりも快適になる可能性がある!

Fon光以外にも光回線サービスは、600種類以上あることはご存知でしょうか?中には、Fon光以上に優れたネット環境が利用できるサービスも複数あるので、乗り換えることによってネット環境が快適になる可能性があります。

例えばFon光の最大通信速度は「2Gbps」と優秀ですが、他社では「5Gbps」「10Gbps」と、Fon光以上の通信速度で利用できるサービスもあるんです!

相談者

Fon光よりも通信速度が5倍も速いサービスがあるんですね!

インターネットコンシェルジュ

Fon光のネット環境に満足していない方は、乗り換える価値がありますよ♪

Fon光から乗り換えるのにおすすめな光回線!

Fon光で解約新規を行うよりも、他社へ乗り換えた方がお得な理由をまとめると次の通りです。

乗り換えがお得な理由
  • 工事費などの負担がなくなる!
  • 料金が今よりも安くなる可能性が高い!
  • 通信環境がさらに便利になるかも!
相談者

お得なのはわかったんですけど、どこに乗り換えるのがいいんでしょうか?

インターネットコンシェルジュ

「キャンペーン」「引越し先の地域」「携帯キャリア」の3つのカテゴリに分けて、おすすめの光回線を紹介しますね♪

キャンペーンが豊富!おすすめ光回線ランキング

Fon光で解約新規をするよりも、絶対にお得になる光回線サービスは次の5つです!

スクロールできます
ランキングおすすめ光回線違約金補填キャッシュバック工事費
第1位NURO 光最大60,000円最大45,000円実質無料
第2位ドコモ光最大20,000円最大20,000円完全無料
第3位ソフトバンク光最大100,000円最大37,000円実質無料
第4位auひかり最大30,000円最大76,000円実質無料
第5位ビッグローブ光最大68,000円実質無料

どの事業者も高額な費用負担に、キャッシュバックを揃えているので基本的に損になることはありません。また、この他にもそれぞれ独自のキャンペーンを行っているので、表の内容以上にお得になること間違え無しです!

インターネットコンシェルジュ

おすすめの光回線については、別の記事にてさらに詳しく解説しているので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね♪

地域エリア別のおすすめ光回線

引越し先の地域によっては、次の光回線サービスも見逃せません!

スクロールできます
エリアおすすめ光回線違約金補填キャッシュバック工事費
関東エリアNURO 光最大60,000円最大45,000円実質無料
関西エリアeo光最大50,000円最大10,000円実質無料
東海エリアコミュファ光全額還元最大35,000円実質無料
中国エリアメガエッグ最大30,000円最大29,000円実質無料
四国エリアピカラ光最大30,000円完全無料
九州エリアBBIQ最大30,000円2,200円~5,500円
全国エリアドコモ光最大20,000円最大20,000円完全無料
全国エリアauひかり最大30,000円最大76,000円実質無料
全国エリアソフトバンク光最大100,000円最大37,000円実質無料
キャンペーンは時期によって変動します!

Fon光が利用できるエリアでは、同じ光回線を利用している「NURO 光」も利用できるので、キャンペーンが利用できる分お得です!

また、どの事業者も地域密着型の光回線サービスで、通信の安定感や料金の安さにも定評があります!中には、特定のサービスを利用するために、対象地域に引越しをする方もいるほどです!

インターネットコンシェルジュ

是非、地域限定の光回線サービスも試してみてください♪

携帯キャリア別のおすすめ光回線

お使いの携帯キャリアによっては、次の光回線サービスもおすすめです!

スクロールできます
キャリアおすすめ光回線違約金補填キャッシュバック工事費
ドコモドコモ光最大20,000円最大20,000円完全無料
auauひかりなど最大30,000円最大76,000円実質無料
ソフトバンクNURO 光など最大60,000円最大45,000円実質無料
楽天モバイル楽天ひかり実質無料
UQモバイルビッグローブ光最大68,000円実質無料
ワイモバイルソフトバンク光最大100,000円最大37,000円実質無料

携帯キャリアは、特定の光回線とセットで利用することで「セット割」という割引サービスを実施しているので、毎月のネット代金を抑えたい方にとってはメリットの1つでもあります。

大手キャリアであれば毎月最大1,100円の割引にもなりますし、契約者の家族まで対象になるので、家族全体で毎月数千円~数万円の割引を受けることも可能です!

乗り換え先に迷ったら、お使いのスマホのキャリアから考えてみるのも1つの方法でしょう!

インターネットコンシェルジュ

豊富なキャンペーンに加えてセット割まで利用で切れば、Fon光よりもお得になること間違え無しです♪

Fon光の引越しに関するまとめ

最後にFon光の引越しについて、内容をまとめておきます!

引越しに関してのまとめ
  • 「移転手続き」ではなく「解約新規」になる
  • 引越し先でFon光を使う手順は6つ
  • Fon光を引越し先で利用する際の4つの注意点
  • 一度解約になるため「乗り換え」をした方がお得
  • 状況に応じておすすめの光回線がある!
  • 乗り換え先は「NURO 光」が一番おすすめ!

Fon光は引越し伴って解約になってしまうため、引越し先でも利用するためには「解約新規」の手続きが必要です。基本的に高額になるためおすすめはしませんが、6つの手順を行うことで引越し先でもFon光が利用できます。

1度解約をしてしまうため様々な費用が発生するだけでなく、手続きや設定なども全て1からやり直しになってしまうので、解約新規で利用する場合は十分に注意をしてください。

もし、Fon光に対してこだわりがないのであれば、他社へ乗り換える方が絶対的におすすめです。解約新規と手間は変わらずに費用を大きく抑えられるのでメリットしかありませんよ!

インターネットコンシェルジュ

数少ない引越しのタイミングを最大限に活用してくださいね♪

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。サービスの料金やスペック、契約条件、解約条件、キャンペーン等の詳細情報は、申し込む前に事前に必ず各公式サイトでご確認ください。

目次