【12月最新】格安SIMおすすめ人気ランキング10選

【24社徹底比較】光回線おすすめ人気ランキング7選!初心者でも絶対に失敗しない選び方

相談者

光回線って、たくさんありすぎて何を選べばいいかわからないわ。どうすればいいのかな?

インターネットコンシェルジュ

光回線は200以上の契約パターンがありますが、本当におすすめなのは7社だけ。あなたに合った選び方からランキングまで徹底的に解説します!

光回線は毎月の家計に直結するため、できるだけお得なサービスを使いたいですよね。しかし、単純な月額料金以外にも「キャンペーン」「セット割」「解約金」など、比較するべき料金が多過ぎて何を選べばいいのか非常にわかりにくいです。

また、料金以外に速度品質や契約期間といった重要項目があり、身近なものでありながら知識が無ければ大失敗することも珍しくありません。

お得な光回線の選び方がわからずに「知らない間に高額な料金を払い続けていた」「光回線を導入したのに速度が遅すぎる」という話は本当によく聞きます・・・。

そこで「せっかく光回線を設置するなら、少しでもお得に快適な光回線を使って欲しい!」と思ってこの記事を作成しました。ネットや光回線の知識がゼロの方でも、失敗や後悔をすることなくお得であなたにベストな光回線を選べるように徹底的に調査した情報をお伝えしていきます!

結論、数ある光回線の中から本当におすすめできる事業者は7社しかありません。その中から「スマホの契約状況」「お住まいの地域」「通信速度」といった重要な要素を余すところなく比較を行い、あなたにとってぴったりな光回線が選べるようにサポートさせて頂きます。

先に注意事項です!年度が変わるこの時期は光回線の申し込みが大変混雑します。光回線の申し込みをしてから実際にネットが使えるようになるまで、2~3ヶ月かかる場合もあります。光回線の工事業者の訪問予約が混雑し予約ができなくなるためです。引越しする物件が決まっているなら、1日でもなるべく早いタイミングで光回線の申し込みを済ませておくことをオススメいたします。

この記事でわかること
  • 本当におすすめできる光回線は7社!ランキング形式で紹介
  • 光回線は地域によって申込できる事業者が違う!地域別におすすめを紹介
  • 光回線とは?メリットは?光回線のアレコレを完全網羅
  • 主要な光回線事業者の料金・速度・キャンペーンを徹底比較
目次

光回線24社の料金・速度・キャンペーン・解約金など基本情報を比較

続いて、主要な光回線事業者24社で基本情報を比較します。

申込を検討している光回線があれば、他社と料金や速度を比較してみましょう。

スクロールできます
項目ドコモ光(GMOとくとくBB)auひかり(GMOとくとくBB)ソフトバンク光(NEXT)NURO 光Fon光ビッグローブ光OCN光楽天ひかりeo光コミュファ光BBIQ光ピカラ光メガエッグフレッツ光So-net光プラスenひかりDTI光enひかり@nifty光GMO光アクセスエキサイトMEC光イッツコム光ぷらら光J:COM NET 光
エリア全国全国全国都心部都心部全国全国全国関西中部九州四国中国全国全国全国全国全国全国全国全国東急沿線エリア全国全国
マンション
料金
4,400円4.180円4.180円2,090円〜4,378円4,378円3,960円1,980円〜3,436円3,380円〜4,510円3,740円3,520円

2,200円〜4,928円3,520円3,960円3,520円4,378円3,773円3,850円4,730円3,960円7,348円
戸建て
料金
5,720円5.390円5,170円5,200円4,378円5,478円5,610円3,080円〜3,280円〜3,980円〜5,500円4,950円4,620円

3,080円〜6,138円4,620円5,280円4,620円5,720円4,818円4,950円6,270円5,280円7,348円
スマホ
セット割
ドコモau
UQモバイル
ソフトバンク
ワイモバイル
ソフトバンクソフトバンクau
UQモバイル
BIGLOBEモバイル
OCNモバイルONE楽天モバイルau
UQモバイル
au
UQモバイル
au
UQモバイル
au
UQモバイル
au
UQモバイル
なしau
UQモバイル
ahamo
UQモバイル
なしahamo
UQモバイル
au
UQモバイル
Nifmo
なしなしauなしJ:COMモバイル
契約年数2年2年
(戸建3年)
2年なし/2年/3年2年3年2年3年1年2年2年2年3年2年3年なしなしなし3年2年なし2年なし2年
工事費用完全無料実質無料実質無料実質無料実質無料実質無料無料最大19,800円実質無料実質無料2,200円〜実質無料実質無料19,800円実質無料実質無料16,800円〜19,800円実質無料実質無料実質無料38,500円実質無料実質無料
キャッシュ
バック
最大20,000円最大61,000円最大37,000円最大45,000円
(戸建のみ)
なし最大40,000円最大14,000円なし最大50,000円最大45,000円1,100円×11ヶ月割引2万円の商品券最大15,000円なし最大60,000円なし最大19,000円なし最大30,000円最大52,000円なし(12ヶ月495円割引)なし最大60,000円最大55,000円
口コミ評判ドコモ光の口コミ評判auひかりの口コミ評判ソフトバンク光の口コミ評判NURO 光の口コミ評判Fon光の口コミ評判ビッグローブ光の口コミ評判OCN光の口コミ評判楽天ひかりの口コミ評判eo光の口コミ評判コミュファ光の口コミ評判BBIQ光の口コミ評判ピカラ光の口コミ評判メガエッグの口コミ評判フレッツ光の口コミ評判So-net光プラスの口コミ評判enひかりの口コミ評判DTI光の口コミ評判enひかりの口コミ評判@nifty光の口コミ評判GMO光アクセスの口コミ評判エキサイトMEC光の口コミ評判イッツコム光の口コミ評判ぷらら光の口コミ評判J:COM NET 光の口コミ評判
主要光回線事業者24社の比較表
相談者

すごくたくさんの会社で比較できるわ!でも、数が多すぎてちょっと難しいかな・・・。

インターネットコンシェルジュ

そうですよね。だからこそ、私たちが様々な角度から厳選したおすすめ事業者をこの後紹介していきます!

【2022年最新】光回線おすすめ人気比較ランキング!後悔させません

今や何百社とある光回線サービスですが、その中で真におすすめできるのは数えるほどしかありません!

今回はその真におすすめできる光回線事業者の“上位7社”を厳選し、ご紹介いたします。

おすすめランキング
インターネットコンシェルジュ

「通信速度」「料金」「サポート」「キャンペーン」の4つの観点から、特に優れたサービスを選抜しています!

【第1位】GMO光アクセス

評価項目内容評価
通信速度
※平均速度
下り:288Mbps
上り:263Mbps
月額料金
※実質料金
集合住宅:3,773円
戸建て:4,818円
サポート電話
メール
キャンペーンキャッシュバック

工事費実質無料
総合評価総合的に最もおすすめ!
※2022年11月時点での情報です。

数多く存在する光回線の中から選ばれた堂々のランキング1位は「GMO光アクセス」です。中には『GMO…?なにそれ聞いたことないんですけど?』という方もおられるかもしれませんが、実は知る人ぞ知る最強の光回線サービス!

元々GMOはインターネットに欠かせないプロバイダ事業(GMOとくとくBB)を20年以上運営しており、“シンプルに安く、高速通信ができるインターネット”をテーマに、2021年7月から自社でも回線サービスを提供開始しました。

そうして提供を開始したGMO光アクセスは実際に月額料金が安いだけでなく、キャッシュバックや工事費に関する補填といった膨大なキャンペーンを行うなど、常にユーザーの負担軽減と向き合っています。

またインターネットを選ぶ上で特に重要視されがちな通信速度も、老舗プロバイダならではの安定した速度が実現されており、動画再生やオンラインゲームなど重量級の通信でもストレスを感じることはありません。

さらにインターネット初心者にとって重要な、サポートについても年中無休で対応しているので、導入から普段使いまで安心して利用することができます。まさに“すべてのサービスに力を入れた最強の光回線”と言えるでしょう!

相談者

低価格で特典も豊富、しかも使い勝手まで良いって最高じゃないですか♪

インターネットコンシェルジュ

知名度という点ではCM数などの広告数が多い事業者に劣ってしまいますが、その点以外は他社も驚きの優秀なサービスですよ☆

【第2位】NURO 光

評価項目内容評価
通信速度
※平均速度
下り:503Mbps
上り:467Mbps
月額料金
※実質料金
集合住宅:2,090円〜2,750円
戸建て:5,200円
サポート電話

訪問

チャット
キャンペーンキャッシュバック

工事費実質無料

契約解除料無料
スマホセット割
総合評価速度重視の方におすすめ!
※2022年11月時点での情報です。

次いで2位はゲームや音楽機器で有名なSONYグループである、ソニーネットワークコミュニケーション株式会社が提供する「NURO 光」です。

NURO 光は全光回線サービスの中でも最も通信速度に優れているのが最大の特徴!ただし提供エリアが制限されてたり、戸建ての料金だけ高額になってしまうなど若干のデメリットもあるため、今回は2位という結果になりました。

しかしそんなデメリットすら吹き飛ばしてしまうほど、通信速度に関しては優れており、他社と比較しても2倍以上の速度が利用できるシーンも珍しくありません。

これだけの速度が実現できる理由としては、いわゆる“コラボ光”と呼ばれるようなフレッツ光の回線を用いたサービスとは異なり、独自の回線と技術を使用しているためです。

現状国内でNURO 光を上回ることは他社にとって非常に難しく、速度については国内最速となっています。

さらにキャッシュバックや、ソフトバンクスマホとのセット割などの特典も充実しているため、速度以外の加入するメリットが豊富なのもポイントです!

相談者

噂には聞いてたけど、本当に圧倒的な速さなんですね!

インターネットコンシェルジュ

しかもマンションタイプなら月額3,000円未満で利用できるのも、NURO 光のメリットです♪

【第3位】ドコモ光(GMOとくとくBB)

評価項目内容評価
通信速度
※平均速度
下り:269Mbps
上り:228Mbps
月額料金
※実質料金
集合住宅:4,400円
戸建て:5,720円
サポート電話

訪問

LINE

チャット
キャンペーンキャッシュバック

ルーターレンタル無料

工事費無料

スマホセット割
総合評価ドコモユーザーならイチオシ!
※2022年11月時点での情報です。

ランキング第3位は、インターネット業界でも最もメジャーなNTTドコモが運営する「ドコモ光」です。料金や通信速度については、先に紹介した上位2社に及ばないものの、大手キャリアならではのサポート体制が最大の魅力!

誰でも安心してインターネットを始めることができ、初期工事費無料やスマホセット割など、最低限欲しい要素もすべて有しているサービスとなっています。

サポート面に特化しているものの全体的に優秀な水準を保っており、利用者数も国内トップクラスと信頼性の高さも伺え、まさに“定番のインターネットサービス”と呼ぶに相応しいサービスです。

また、ドコモ光は23社のプロバイダと提携しているため、それらの中から好みのプロバイダを選択することができます。特におすすめの「GMOとくとくBB」を選べば、上位に匹敵する高い通信品質を利用することも可能です。

相談者

NTTブランドはインターネットサービスの王道っていうイメージですね!

インターネットコンシェルジュ

大手企業だけにサポート面などは特に充実していて、幅広いユーザーが使いやすいサービスになっていますよ♪

【第4位】ソフトバンク光

評価項目内容評価
通信速度
※平均速度
下り:317Mbps
上り:235Mbps
月額料金
※実質料金
集合住宅:4,180円
戸建て:5,170円
サポート電話

チャット
キャンペーンキャッシュバック

工事費無料

スマホセット割
総合評価セット割など特典数はNo.1!
※2022年11月時点での情報です。

ドコモ光に方を並べるサービスとして、「ソフトバンク光」も非常におすすめです。ソフトバンク光ではドコモ光のようにプロバイダを選択することはできませんが、通信速度についてはドコモ光よりも高い数値を記録しています。

また、携帯大手キャリアが提供する光回線サービスとしては最も低価格の料金プランを実現しているだけでなく、ソフトバンクやワイモバイルのスマホとセット利用することで、よりお得に利用することも可能です。

ただしソフトバンク光に関してはサポート面において、利用者からの評判が若干低い側面もあり、総合的にはドコモ光を上位にすることとしました。

しかしサポートを重視しなければ品質は同等かそれ以上とも言えるので、もしNURO 光の提供エリア外でソフトバンクやワイモバイルのスマホをお使いなら、最有力の光回線サービスです!

相談者

料金を重視するならドコモ光よりも、ソフトバンク光の方が良さそうですね♪

インターネットコンシェルジュ

ただしドコモスマホをお使いの方であれば、ドコモ光のほうがお得に利用できる可能性が高くなります!

【第5位】auひかり

評価項目内容評価
通信速度
※平均速度
下り:490Mbps
上り:455Mbps
月額料金
※実質料金
集合住宅:4,180円
戸建て:5,610円
サポート電話

訪問

LINE

メール
キャンペーンキャッシュバック

ルーター無料プレゼント

工事費無料

スマホセット割
総合評価業界最高額のキャッシュバック!
※2022年11月時点での情報です。

基本的に国内の光回線サービスの多く(コラボ光)は、NTTが所有するフレッツ光の光回線をレンタルしてサービスの提供をしていますが、「auひかり」についてはNURO 光などと同様に独自で回線を保有しています。

そのため回線を分配する必要がなく、通信速度は他社よりも速い傾向があるのが特徴です、一見すると上記2社と同じく携帯大手キャリアが提供する光回線サービスですが速度面ではauひかりが最も優秀と言えるでしょう。

国内ではNURO 光に次ぐNo.2の通信速度を誇っており、提供エリアも国内の75%ほどとかなり広いので、多様な地域で高速通信を利用したい方におすすめです。

また料金面においては若干高額ではあるものの、他社と同様にスマホのセット割や高額なキャッシュバックなどのキャンペーンで大きくカバーしているので、それなりの安さに抑えることもできます!

相談者

ドコモ光やソフトバンク光とは明確な違いがあるんですね!

インターネットコンシェルジュ

利用する設備が違うので中身も大きく異なります!しかし料金面においては利用しているスマホが大きく影響するので、auスマホを利用している方であれば、auひかりを利用するのが良いでしょう♪

【第6位】ビッグローブ光

評価項目内容評価
通信速度
※平均速度
下り:264Mbps
上り:228Mbps
月額料金
※実質料金
集合住宅:4,378円
戸建て:5,478円
サポート電話

メール

チャット
キャンペーンキャッシュバック

工事費無料

スマホセット割
総合評価楽にキャッシュバックがゲットできる!
※2022年11月時点での情報です。

「ビッグローブ光」は第1位のGMO光アクセスと同様に、老舗プロバイダであるBIGLOBEが提供を始めた光回線サービスです。

利用している回線はフレッツ光のものであるため、国内の90%以上の地域で利用することができ、なおかつ「auスマホ」とセット割が組めるので、auユーザーでフレッツ光(NTT)の固定回線を使いたい方に最適なサービスと言えるでしょう!

また、ビッグローブ光で行われているキャッシュバックは、“ビッグローブ光に申し込むだけ”で獲得できるほど条件が簡単で、誰でも確実にキャッシュバックが貰えるのも魅力的です!

相談者

キャッシュバックが簡単に貰えるのは、間違いなく大きなメリットです♪

インターネットコンシェルジュ

他にも、auひかりの場合では他社に乗り換える際に工事が必須などの手間がありますが、ビッグローブ光なら工事不要な乗り換え先が豊富にありますよ☆

【第7位】OCN光

評価項目内容評価
通信速度
※平均速度
下り:281Mbps
上り:213Mbps
月額料金
※実質料金
集合住宅:3,960円
戸建て:5,610円
サポート電話

訪問
メール

チャット
キャンペーンキャッシュバック
スマホセット割
総合評価初期費用を節約するならOCN光!
※2022年11月時点での情報です。

「OCN光」はNTTグループであるNTTレゾナントが提供する光回線サービスで、「通信速度」「利用料金」「サポート」といったあらゆる分野で、平均的に優れています。

最安値などではないものの、集合住宅向けの料金プランは月額4,000円未満とリーズナブルで、さらには格安SIMのOCNモバイルONEとセット割も提供しているので、スマホもセットで全体的に通信費を抑えたい人におすすめです。

また、時期によっては月額利用料金の半年間無料など、大々的なキャンペーンを行っていることもあるので、契約のタイミング次第では上位のサービスよりもお得になる可能性があります。

相談者

OCN自体もNTTグループだし、信頼性も高い印象がありますね!

インターネットコンシェルジュ

実はプロバイダとしては最も契約者数が多いのが、このOCNなんです♪(MM総研調べ

地域別に徹底比較!おすすめ光回線人気ランキング

相談者

NURO 光を使いたいと思ったけど、提供エリアじゃないみたい。どうしたらいいのかしら?

インターネットコンシェルジュ

光回線は地域によって使える回線が変わります。それぞれの地域別におすすめ回線を詳しくご紹介します!

光回線を選ぶ時に「使いたいサービスが見つかったけど、提供エリアじゃなかった・・・」というケースもありますよね。

実際のところ、安くて速いNURO 光や高額キャッシュバックのauひかりといった独自回線は提供エリアが狭く全国全ての方が使えるわけではありません。

そこで、各地域ごとにおすすめの光回線をピックアップしてご紹介します!

【関東】NURO光・auひかりがおすすめ!

【関東地方】光回線の選び方
基本はNURO 光とauひかり!

au/UQユーザーならセット割のあるauひかり。それ以外はNURO 光を選ぼう

家族にドコモ2回線以上ならドコモ光

ドコモ光セット割が使える。ドコモ1回線だけならNURO 光が安くて速い。

NURO 光・auひかりエリア外ならビッグローブ光

誰でも受けられる40,000円キャッシュバックがお得!

関東地方でおすすめの光回線はNURO 光とauひかりです。

上記の2社は料金・速度ともに申し分なく快適に使えますよ。au/UQユーザーならセット割が対象になるauひかりを選びましょう。それ以外の方はNURO 光がおすすめです!

また、NURO 光・auひかりが提供エリア外の場合は40,000円キャッシュバックがあるビッグローブ光を使いましょう!

インターネットコンシェルジュ

関東圏は地域限定の回線がないため、おすすめランキング通りに選んでください。

【東海】コミュファ光・NURO 光

【東海地方】光回線の選び方
東海地方は中部電力提供のコミュファ光がある

独自回線&格安料金で使える。au/UQとのセット割もあり

NURO 光はやや提供範囲が狭い

愛知・静岡・三重・岐阜の一部地域で提供。エリア内ならもちろんおすすめ

NURO 光・auひかりエリア外ならビッグローブ光

誰でも受けられる40,000円キャッシュバックがお得!

東海地方では、中部電力が提供するコミュファ光が利用できます。

コミュファ光は戸建てタイプで月額3,980円から使える低価格な料金設計が魅力で、しかも実測平均速度は全ての光回線で最速となる「下り520Mbps(引用元:みんそく)」を計測しています。

さらにauスマートバリュー・UQ自宅セット割にも対応しているため、au/UQユーザーなら迷わず選択するべき事業者と言えるでしょう。もちろんau/UQユーザーでなくとも料金・品質メリットが高いため選択する価値がありますよ。

結論、au/UQユーザーならコミュファ光、それ以外はNURO 光(提供外ならコミュファ光)、どちらも使えないならビッグローブ光がおすすめです!

インターネットコンシェルジュ

コミュファ光は最大45,000円のキャッシュバックもあります。東海地方の方はまず検討するべき事業者なので、関連記事も合わせてご覧ください!

【九州】auひかり・NURO 光

【九州地方】光回線の選び方
エリアが広いauひかり、福岡・佐賀の一部で使えるNURO 光がおすすめ

おすすめランキング通りNURO 光→auひかりの順で選ぼう

九州電力提供のBBIQ光は3番手

解約金が高い・料金/速度もそれほどお得ではなく3番手

上記3社がエリア外ならビッグローブ光

誰でも受けられる40,000円キャッシュバックがお得!

九州エリアでは、九州電力が提供する独自光回線の「BBIQ光」が存在します。しかし、BBIQ光は中部電力のコミュファ光や関西電力のeo光と比べて速度や料金がやや高く、地域限定回線のメリットがそれほど大きくありません。

そのため、福岡・佐賀の一部で提供しているNURO 光が使えるかどうかをまず調べ、NURO 光が提供エリア外ならauひかりを使いましょう。

インターネットコンシェルジュ

BBIQ光も悪い選択肢ではないのですが、目立ったキャンペーンも無く速度も中程度。NURO 光・auひかりが提供エリア外なら検討しましょう。

【四国】ピカラ光・auひかり

【四国地方】光回線の選び方
四国地方はNURO 光が提供していない

全域でNURO 光が使えないため、他の回線から選ぼう

ピカラ光は速度・料金ともに◎ auひかりも選択肢

ピカラ光・auひかりともにau/UQセット割に対応

ピカラ光・auひかりが提供エリア外ならビッグローブ光を選ぼう

誰でも受けられる40,000円キャッシュバックがお得!

四国地方でおすすめの光回線は「ピカラ光」です。

ピカラ光は月額料金が戸建てタイプで4,950円と非常に安く、ランニングコストを抑えられます。15,000円分の商品券が契約特典に含まれるなど特典・月額料金の両方でお得な事業者と言えるでしょう。また、au・UQユーザーならそれぞれのセット割が適用できる点も魅力的です。

一方、NURO 光が提供していないためソフトバンクユーザーはソフトバンク光がおすすめです。ただし、ソフトバンク光は契約期間が長く月額料金の元値も高額なため家族で2回線以上ソフトバンクスマホがある時だけ選びましょう。(この点はドコモユーザー・ドコモ光も同じです)

結論、まずピカラ光が使えるかどうかを確認して使えなければauひかりを検討。ドコモ・ソフトバンク回線が2回線以上ある方はドコモ光・ソフトバンク光を選びましょう!

インターネットコンシェルジュ

ピカラ光は四国電力が提供する独自回線の光です。口コミや評判も高くおすすめですよ!

【関西】eo光・NURO 光

【関西地方】光回線の選び方
関西電力提供のeo光が圧倒的におすすめ!

料金・速度ともに抜群。au/UQスマホとのセット割もあり

NURO 光も利用可能

近畿全域が提供エリア。eo光が使えないならNURO 光を使おう

上記どちらもエリア外の場合、ビッグローブ光を使おう

誰でも受けられる40,000円キャッシュバックがお得!

関西電力が提供するeo光は、近畿2府4県でサービスを提供している独自方式の光回線です。

eo光は月額基本料金が戸建てで5,274円と安価な上、契約後1年間は3,280円で使えるお得なキャンペーンを実施中。さらに15,000円のキャッシュバックが適用可能で料金メリットが非常に大きくお得な事業者ですよ。

また、速度も実測ベースで下り492.18Mbps(引用元:みんそく)と快適に使うことができます。

関西にお住まいの方は、まずeo光の申込を検討してくださいね!

インターネットコンシェルジュ

au/UQモバイルとのセット割もあって非の打ちどころがありません。

【中国】メガエッグ

【中国地方】光回線の選び方
中国地方はメガエッグ一択!最安値の月額料金が魅力

戸建て4,620円/マンション3,520円と全事業者で最安値クラス

メガエッグ提供外ならNURO 光とauひかりを選ぼう

メガエッグが使えない場合はおすすめランキング通りに選択

上記どちらもエリア外の場合、ビッグローブ光を使おう

誰でも受けられる40,000円キャッシュバックがお得!

中国地方にお住まいの方は、月額料金が全ての事業者の中で最安値クラスのメガエッグがおすすめです。

メガエッグは中国電力が提供する光回線で、戸建て4,620円という破格の月額料金と高速な実測速度(下り実測388Mbps)を併せ持つ高コスパサービス。au/UQスマホとのセット割にも対応しています。

結論、中国地方にお住まいの方はまずメガエッグが使えるかどうかを確認しましょう。メガエッグ提供外ならNURO 光とau光が選択肢になりますが、中国地方ではNURO 光・au光とも提供エリアが狭いです。

上記3社がエリア外の場合、40,000円キャッシュバックがあるビッグローブ光を選びましょう。

インターネットコンシェルジュ

メガエッグは中国地方以外の方にはあまり馴染みがありませんが、中国電力母体のサービスで評判も高いです。

【北海道・東北・北陸】NURO光・auひかり

【北海道・東北・北陸地方】光回線の選び方
北海道・東北・北陸地方は電力会社提供の光回線がない

おすすめランキング通りにNURO 光・auひかりを選ぼう

NURO 光・auひかりがエリア外ならビッグローブ光を使おう

誰でも受けられる40,000円キャッシュバックがお得!

北海道・東北・北陸地方には電力会社が提供する地域限定の光回線がありません。

その代わり、おすすめランキング上位のNURO 光やauひかりが幅広いエリアで使えます。

ランキング通りにNURO 光・auひかりが使えるかどうかを確認し、どちらもエリア外ならビッグローブ光を選択しましょう。

インターネットコンシェルジュ

auひかりのエリアが広い地域です。高額キャッシュバックと快適な速度が出るauひかりはおすすめですよ!

スマホキャリア別に徹底比較!光回線おすすめ人気ランキング

相談者

光回線って、携帯キャリアと合わせた方がお得なんだよね?

インターネットコンシェルジュ

その通りです。ただし、使っているスマホの回線数によりますよ!

光回線を選ぶ時、欠かせない要素が使用しているスマホのキャリアです。

その理由は、スマホと光回線をセット利用することで大きな割引を受けられるから。特に大手キャリアのスマホだと「1回線あたり最大1,100円」という破格の割引があり、非常にお得です。

しかし、スマホ大手キャリアが提供する光回線は月額料金が高額なため必ずしもスマホと光回線のセット契約が最適解とは言えません。光回線で特におすすめの「NURO 光」と、大手スマホキャリア3社が提供する光回線の比較表をご覧ください。

スクロールできます
光回線比較NURO 光ドコモ光auひかりソフトバンク光
基本月額料金5,200円5,720円5,500円5,720円
セット割適用の条件なし電話契約必須
+550円
指定オプション必須
+550円
キャンペーン45,000円
キャッシュバック
20,000pt
dポイント還元
61,000円
キャッシュバック
37,000円
キャッシュバック
3年実質月額料金
(キャンペーン・割引を加味したトータル料金)
4,041円5,256円4,447円5,333円
スマホセット割1回線あたり1,100円1回線あたり1,100円(au)
1回線あたり最大858円(UQ)
1回線あたり1,100円(ソフトバンク)
実質1,188円割引
(ワイモバイル)
実測平均速度
(引用元:みんそく
下り:497.67Mbps
上り:437.07Mbps
下り:269.36Mbps
上り:208.07Mbps
下り:424.24Mbps
上り:363.2Mbps
下り:316.93Mbps
上り:209.54Mbps
お得なラインドコモスマホ2回線以上au/UQスマホが1回線でもある方NURO 光の方がお得
NURO 光と他社の月額料金比較表

NURO 光は元々の月額料金が安く高額キャッシュバックが受け取れるため「3年間の実質月額料金」において最安値です。特に、ドコモ・ソフトバンクとは1,000円以上実質月額料金に開きがあります。

仮にスマホとのセット割が適用されたとしても、1回線しか割引の適用ができないならNURO 光の方が安く使えますよ。今回の比較ではNURO 光を用いましたが、地域限定回線である「eo光」や「コミュファ光」と比較をしても同じような結果になります。

結論!スマホキャリアと光回線をまとめるべきケース
ドコモ・ソフトバンクの場合

1,100円割引適用のスマホが2回線以上ある場合はスマホとセットにする

ソフトバンクの場合、NURO 光もセット割対象。必ず「NURO 光→ソフトバンク光」の順で申し込む

au/UQモバイルの場合

1回線でも割引対象のスマホがあればセット割引がある光回線を選ぶ

ワイモバイルの場合

ソフトバンク光は元々の月額料金が高額な上、割引には指定オプション加入が必須。

セット割を考慮する必要なし!

結論、スマホと光回線をセット契約するべき状況は上記の通りです。

また、今回比較で用いたNURO 光はソフトバンクスマホとのセット割に対応しているため、いかなる場合も「NURO 光→ソフトバンク光」の順で検討しましょう。

ワイモバイルのセット割は「1回線あたり1,188円」と一見お得ですが、家族で複数契約をするなら2回線目以降は光回線をセット契約しなくても同額の割引が受けられます。

セット契約で得られる割引は実質1,188円ですが、ワイモバイルのセット対象となるソフトバンク光は元値が高額なため他社を使った方がトータルで安くなるケースが多いです。

重要なのは割引額ではなくトータルコストなため、惑わされないように注意してくださいね。

インターネットコンシェルジュ

au/UQユーザーはセット割対象の光回線が多く選択肢が豊富です。スマホ1回線あたりの割引額も大きいため、是非セット割を活用しましょう。

【ドコモユーザー】ドコモ光が最もおすすめ!

ドコモユーザーにおすすめの光回線はドコモ光です。

ドコモの対象プラン(ギガホプレミア・ギガライト)を契約することで1回線あたり最大1,100円の割引が適用されるため、利用しているドコモスマホが多ければ多いほどお得になりますよ。

目安として2回線以上割引ができるドコモスマホを持っているなら、迷わずドコモ光を契約しましょう!

インターネットコンシェルジュ

提供エリアが広いため、場所を選ばず導入できる点も魅力です。

【au/UQモバイルユーザー】auひかり・各地域のご当地光回線がおすすめ

au/UQモバイルユーザーの場合、セット割を適用できる「auひかり」や各地域限定の光回線を契約しましょう。高額キャッシュバックがあるauひかりをはじめ、au/UQモバイルのセット割が適用できる光回線はお得な事業者が多い点が魅力です。

au/UQモバイルのセット割対象回線
auひかり

最大61,000円の高額キャッシュバックがお得!

eo光・コミュファ光などの地域限定回線

元々の月額料金が安く、速度が速い!au/UQユーザーに最もおすすめ

ビッグローブ光・So-net光プラスなどのコラボ光

NTTコラボ回線のため提供エリアが広いが料金は平均的。速度もauひかりや地域限定回線に劣る

au/UQユーザーはセット割を適用できる事業者が多い点も魅力ですが「どれを選べばいいの?」と迷ってしまいますよね。

トータルの料金的なお得度や実測速度を考慮した場合、基本的に「eo光・コミュファ光などの各地域限定の光回線」「auひかり」「ビッグローブ光」の順番で選べばOKです。

お住まいの地域ごとにおすすめ回線が変わる特徴があるため、au/UQユーザの方は以下の記事も合わせてご覧ください!

インターネットコンシェルジュ

お住まいの地域ごとにおすすめ回線が決まっているので、仕組みがわかれば迷わず選べますよ!

【ソフトバンクユーザー】NURO光が圧倒的におすすめ。エリア外ならソフトバンク光

ソフトバンクユーザーの方には圧倒的にNURO 光がおすすめです。

NURO 光はスマホとのセット割引を考慮せずともお得な料金設計かつ高速通信が可能ですが、ソフトバンクスマホと併用すれば「ソフトバンクスマホ1回線あたり1,100円」の割引が受けられます。

ソフトバンク光でももちろんセット割が対象になるのですが、元々の料金・速度スペックを比較した場合圧倒的にNURO 光がお得なため、まずはNURO 光が使えるかどうかを確認しましょう。

インターネットコンシェルジュ

NURO 光が提供エリアでなければソフトバンク光を検討しましょう。

【ワイモバイル】NURO 光が提供エリア外ならソフトバンク光がおすすめ

ワイモバイルを利用している場合、セット割の対象となる光回線はソフトバンク光です。しかし、ソフトバンク光は元値が高く、セット割の金額も回線数問わず1,188円のためあまりおすすめはできません。

ワイモバイルのセット割(おうち光割)は一見すると1回線あたり1,188円割引が効くように見えますが、2回線目以降の契約は「家族割」が適用されるため光回線の加入有無は関係ありません。(家族割と光割は同額割引で併用不可)

割引額が月額1,188円しかないため、基本料金が高額なソフトバンクよりもNURO 光の方がお得です。

比較ソフトバンク光NURO 光
月額料金5,720円5,200円
キャンペーン37,000円キャッシュバック45,000円キャッシュバック
セット割の適用条件指定オプション加入
月額550円
実質月額料金(3年)5,333円4,041円
セット割の金額-1,188円
合計金額4,145円4,041円
3年経過後の月額料金6,270円
(月額+オプション料金)
5,200円
ソフトバンク光とNURO 光の料金比較表

ワイモバイルのおうち光割を適用させるためにはソフトバンクで月額550円の指定オプション(固定電話+Wi-Fiルーター)の加入が必要なため、割引額(1,188円)を考慮してもNURO 光の方が安くなります。

3年経過後の月額料金は割引適用込みでソフトバンクの方が月額100円ほど安くなりますが、3年も経てば新たな割引サービスの登場やスマホ・光回線のプラン見直しもするため最初の3年間で料金を比較することが重要ですよ。

結論、固定電話が不要な方でワイモバイルを契約している方はソフトバンク光よりNURO 光がおすすめです!

インターネットコンシェルジュ

NURO 光には速度が速いというメリットもあります。

【楽天モバイル】楽天ひかりがおすすめ

楽天モバイルを利用している場合、セット利用で1年間基本料金が無料になる「楽天ひかり」がおすすめです。

1年もの間無料で使える割引サービスは他社では実施しておらず、極めてお得なキャンペーンですよ。

ただし、楽天ひかりは実測速度の報告や評判がそれほど良くありません。速度を重視する場合は控えましょう。

【格安SIM/その他】光回線のセット契約を考慮する必要なし!

大手キャリアやUQモバイル・ワイモバイルを利用していない場合、当記事のおすすめランキングや地域別のおすすめ光回線を参考に選びましょう。

格安SIMでも光回線とのセット割引がありますが、割引額が大手キャリアほど大きくなくそれほどセットで利用する恩恵がありません。

速度やキャンペーンなど、重視するポイントに沿って光回線を選ぶことがおすすめです。

インターネットコンシェルジュ

格安SIMを使っているなら、特定の会社に縛られるのはやめましょう。幅広いサービスからお得な光回線を選んでくださいね。迷ったら総合ランキングを参考にしてください!

おすすめ光回線7社の月額料金・契約期間・キャッシュバックを比較

ここまで多数の光回線を紹介いたしましたが、ここで当記事がおすすめする光回線7社の「月額料金」「契約期間」「キャッシュバック」などに注目して、それぞれ比較をしてみましょう!

当記事では基本的に「GMO光アクセス」を強く推奨いたしますが、お使いのスマホやご利用環境などによっては、他のサービスを利用したほうが良い場合もあります。

こちらでは、その点も踏まえて各データを皆さんの視点からも比較してみてください!

インターネットコンシェルジュ

ご自身に合った最適の光回線を見つけてください♪

戸建てタイプで比較!

当記事で紹介したおすすめの光回線の「戸建てタイプ」に関する情報を順位ごとに1つの表にまとめてみました!

スクロールできます
項目GMO光アクセスNURO 光ドコモ光(GMOとくとくBB)ソフトバンク光(NEXT)auひかり(GMOとくとくBB)ビッグローブ光OCN光
順位第1位第2位第3位第4位第5位第6位第7位
エリア全国都心部全国全国全国全国全国
戸建て
料金
4,818円5,200円(3年)
5,700円(2年)
5,720円5,170円5.390円5,478円5,610円
スマホ
セット割
なしソフトバンクドコモソフトバンク
ワイモバイル
au
UQモバイル
au
UQモバイル
BIGLOBEモバイル
OCNモバイルONE
契約年数2年2年or3年2年2年戸建3年3年2年
工事費用実質無料実質無料完全無料実質無料実質無料実質無料完全無料
キャッシュ
バック
最大52,000円最大45,000円最大20,000円最大37,000円最大61,000円最大40,000円最大14,000円
口コミ評判GMO光アクセスの口コミ評判NURO 光の口コミ評判ドコモ光の口コミ評判ソフトバンク光の口コミ評判auひかりの口コミ評判ビッグローブ光の口コミ評判OCN光の口コミ評判
総合評価
おすすめ光回線事業者7社の料金比較表

ランキング1位のGMO光アクセスは唯一4,000円台で利用が可能となっています。他の事業者にはスマホセット割という、スマホの料金を安くするサービスはありますが、組み合わせが限定されるため、選択肢が少なくなるのが欠点です。

その点、GMO光アクセスなら大手キャリアを始め、格安SIMとセットで利用するなど自由な組み合わせができるので、自由度が高い上に通信費も抑えやすいのが魅力!

ただし、大手キャリアのスマホをお使いならセット割が利用できる回線を利用したほうが、総合的に安くなる可能性が高いのも事実です。セット割では毎月最大1,000円以上安くなるケースが多いので、トータルで見るとGMO光アクセスよりもお得になる可能性はあります。

しかしGMO光アクセスはキャッシュバックの金額も非常に大きいので、判断に迷う場合はキャッシュバックの金額で決めるのも良いでしょう!

相談者

セット割が使えないような格安SIMを使っている人は、GMO光アクセスを使うのがお得ってことですね!

インターネットコンシェルジュ

それは間違いありませんよ♪

マンション(集合住宅)タイプで比較!

先の内容に続き、当記事で紹介したおすすめの光回線の「マンションタイプ」に関する情報を順位ごとに1つの表にまとめてみました!

スクロールできます
項目GMO光アクセスNURO 光ドコモ光(GMOとくとくBB)ソフトバンク光(NEXT)auひかり(GMOとくとくBB)ビッグローブ光OCN光
順位第1位第2位第3位第4位第5位第6位第7位
エリア全国都心部全国全国全国全国全国
マンション
料金
3,773円2,090円〜(3年)
2,530円〜(2年)
4,400円4,180円4,180円円4,378円3,960円
スマホ
セット割
なしソフトバンクドコモソフトバンク
ワイモバイル
au
UQモバイル
au
UQモバイル
BIGLOBEモバイル
OCNモバイルONE
契約年数2年2年or3年2年2年2年3年2年
工事費用実質無料実質無料完全無料実質無料実質無料実質無料完全無料
キャッシュ
バック
最大52,000円最大25,000円最大20,000円最大37,000円最大61,000円最大40,000円最大14,000円
口コミ評判GMO光アクセスの口コミ評判NURO 光の口コミ評判ドコモ光の口コミ評判ソフトバンク光の口コミ評判auひかりの口コミ評判ビッグローブ光の口コミ評判OCN光の口コミ評判
総合評価
おすすめ光回線事業者7社の料金比較表

マンションタイプの料金に関しては、NURO 光が最も安い月額料金を実現しており、環境次第ではなんと毎月2,000円ほどで利用することができてしまいます。その上でスマホのセット割なども組み合わせれば、まさに鬼に金棒!

契約年数や同一住宅の利用世帯数によって月額料金は変動しますが、基本的には3,000円以下で利用できる事がほとんどなので、最安という事実は間違いありません。

ただし、NURO 光は独自でサービス提供を行っているため、提供エリアが狭く契約自体できないことが多いのも事実です。

もしNURO 光の導入が難しい場合、料金重視ならGMO光アクセス、通信速度重視ならauひかりを検討してみると良いでしょう!

相談者

マンションタイプって、導入できないケースもあるみたいですね…。

インターネットコンシェルジュ

建物の所有者が導入を許可していないケースや、他のサービスを勧めていることもあるので、契約したい回線が使えない場合もあります!

光回線の通信速度を実測で比較

相談者

光回線って速度も大事って言ってたよね?実際のところ、どの会社がおすすめなの?

インターネットコンシェルジュ

実測ベースで速いのはNURO 光やauひかりです。NTT以外の独自回線方式を利用している事業者は速度品質に優れますよ。

続いて、主要な光回線事業者の実測速度を比較してみましょう。

事業者名下り速度上り速度
NURO 光503.46Mbps445.88Mbps
auひかり431.04Mbps369.43Mbps
ドコモ光
(NTT回線)
269.92Mbps208.75Mbps
ソフトバンク光
(NTT回線)
316.93Mbps209.54Mbps
OCN光
(NTT回線)
271.72Mbps197.5Mbps
楽天ひかり
(NTT回線)
232.72Mbps197.19Mbps
eo光(関西)502.79Mbps358.26Mbps
コミュファ光(中部)536.88Mbps386.16Mbps
ピカラ光(四国)384.97Mbps289.03Mbps
BBIQ光(九州)317.72Mbps213.29Mbps
MEGA EGG399.51Mbps261.9Mbps
BIGLOBE光
(NTT回線)
248.11Mbps207.14Mbps
事業者別の回線速度平均値 引用元:みんそく

比較の結果、NURO 光やauひかり・電力会社が母体となる地域限定の光回線が速い結果となりました。一方、ドコモ光やソフトバンク光などのNTT回線を借り受けて提供する事業者(コラボ光)の速度は実測平均200~300Mbps程度です。

一般家庭では200Mbps程度もあれば非常に快適に使えるためコラボ光事業者がダメな訳ではありませんが、上記は平均速度のため「場合によってはもっと速度が遅い」というケースがあることに注意をしておきましょう。

光回線は環境によって速度が左右されるため、少しでも快適に使いたいなら実測速度が速い事業者を選んでくださいね。

インターネットコンシェルジュ

特にマンションの場合、利用者の多いNTT回線は混雑しがちです。速度重視ならNURO 光やauひかりをおすすめします!

光回線とは?わかりやすく解説

光回線とは、レーザー光を利用してインターネットのデータ通信を行う回線の総称です。光回線が出来るまでは電気信号を銅線に通してデータのやり取りをしていましたが、電気信号は末端(家庭や事務所)までの到達速度が遅く大量のデータ通信ができませんでした。

光ならば電気信号より数倍〜数十倍の速さで送受信を行うことができるため、光回線は速度が速くて大容量のデータ通信ができる回線として人気を集めています。

また、電気信号と違って電磁波による速度低下の影響を受けにくい点も大きな魅力です。電気信号を使った「ADSL回線」回線だと、基地局から離れた場所では速度の低下が激しく使い物になりません。光回線は基地局から末端までの距離に影響されることなく高速通信ができるので、幅広い地域で高品質なインターネットを利用することが可能です。

結論、光回線には「安定した高速通信が場所を問わず可能」という特徴があるため、複数台の機器接続や動画視聴などを行う場合は最もおすすめできる回線です!

インターネットコンシェルジュ

光回線以外に「ADSL」「ケーブルテレビ回線」といった回線があります。速度品質を求めるなら光回線が最もおすすめですよ。

光回線6つのメリット、4つのデメリット

光回線を使うメリットとデメリットをご紹介します。

2022年3月現在では、個人利用でインターネットを使う場合の選択肢は主に「光回線」「ホームルーター」「スマホのテザリング」「ポケット型Wi-Fi」の4種類。それぞれの特徴をざっくりと把握しておきましょう。

比較光回線ホームルーターテザリングポケット型Wi-Fi
通信量×
通信速度△〜◯×
料金
特典・割引××
工事・設置×
各回線の特徴
インターネットコンシェルジュ

光回線は工事や設置が一番のデメリット。料金・品質などの使い勝手は抜群ですよ!

光回線を契約すべき6つのメリット

続いて、光回線を利用するメリットを細かく解説していきます。

光回線は料金や速度品質、申込特典といったユーザーの実利用部分で他の回線より優位点が多いですよ!

メリット1.データが無制限で使える

相談者

データ無制限は自宅回線なら当たり前なんじゃないの?

インターネットコンシェルジュ

もちろん、光回線なら当たり前です。でも、ポケット型Wi-Fiやホームルーターだとデータが制限されるケースが多いですよ!

光回線を利用する上で「データ無制限で使える」という点は非常に大きなメリットです。

最近ではホームルーターやWiMAX・ポケット型Wi-Fiを光回線の代わりに利用する方が増えてきていますよね。しかし、それらのサービスは月間データ量に制限があるケースが多く、常に「あとどれくらい使えるのかな?」と不安になります。

その点、光回線ならデータが無制限で使えるため動画やゲームなどの大容量通信も安心して使えます!

メリット2.通信速度が速い

光回線は通信速度が速い点も大きなメリットです。実際に各サービスの実測速度を表にしてみました。

光回線下り実測平均速度上り実測平均速度
光回線
(NURO 光)
497.42Mbps436.58Mbps
光回線
(フレッツ光)
270.73Mbps206.57Mbps
ホームルーター
(ドコモ Home 5G)
195.45Mbps21.27Mbps
ホームルーター
(ソフトバンクエアー)
55.85Mbps6.82Mbps
ホームルーター
(WiMAX)
53.97Mbps9.92Mbps
ポケット型Wi-Fi
(AiR-WiFi)
20.23Mbps12.66Mbps
実測速度の引用元:みんそく

表からもわかる通り、光回線はホームルーターやポケット型Wi-Fiとは段違いの速度を計測しており自宅のインターネット回線にはぴったりです。

一般的に自宅の固定回線はスマホやパソコン・ゲーム機など接続台数が多く、快適に使うには最低でも50~100Mbps程度の速度が必要とされています。また、高画質動画やゲームを楽しみたいならそれ以上の速度が必要です。

光回線以外のサービスでは唯一「ドコモ Home 5G」が近しい速度を計測していますが、それでも光回線には及びません。以上のことから、自宅で快適にインターネットがしたいなら光回線を選ぶべきと言えます。

インターネットコンシェルジュ

上り速度が速い点も大きな特徴。動画の送信や配信をする場合も光回線は欠かせません。

メリット3.トータルの料金が安い

相談者

光回線って安いの?なんだか高そうなイメージがあるけど・・・

インターネットコンシェルジュ

光回線は他のサービスに比べて安いですよ。契約期間中にかかる総額料金を比較してみましょう。

意外に思われるかもしれませんが、光回線は高品質なのに料金が安いことも大きな特徴です。それぞれのサービスを3年使った場合にかかる費用で比較してみましょう!

光回線実質月額料金3年総額料金キャンペーン
NURO 光
(光回線)
4,097円147,500円45,000円キャッシュバック
ドコモ Home 5G
(ホームルーター)
4,625円166,500円15,000dポイントプレゼント
ソフトバンクエアー
(ホームルーター)
4,301円154,836円
月額料金が2年割引
Broad WiMAX
(WiMAX)
4,440円159,852円15,000円キャッシュバック
AiR-WiFi
(ポケット型Wi-Fi)
3,373円121,452円
各サービス別人気事業者の料金比較

表の価格では事務手数料・工事費用・機器代金・キャンペーン(キャッシュバックや割引)などを全て含めた、ユーザーが最終的に支払う金額で比較をしています。

光回線は速度品質で特に評判が高いNURO 光を選びましたが、ホームルーターやWiMAXより料金が安いことがわかります。

ポケット型Wi-Fiの人気事業者「AiR-WiFi」よりは価格が高いですが、ポケット型Wi-Fiは月間データ量が100GBで無制限サービスが無いという大きなデメリットがあります。

無制限で使えるサービスとしては光回線が最も安価に使えますよ。

相談者

最終的にお財布から出ていく金額が大事だよね!光回線は意外と安いんだ。

メリット4.スマホとのセット割引がお得

光回線を利用した場合、契約しているスマホのキャリアに応じて「スマホとのセット割引」が受けられます。例えばドコモスマホを利用している方がドコモ光を契約した場合、ドコモスマホから1回線あたり1,100円月額料金が割引されますよ。

例えば

家族4人でドコモスマホ+ドコモ光(戸建)を利用した場合

  • ドコモ光料金:戸建てタイプで月額5,720円
  • ドコモスマホ:ドコモ光セット割対象となり1,100円×4回線割引(合計4,400円)

上記のようなケースだと、実質月額わずか1,320円で無制限&高速回線のドコモ光が利用できます。

セット割が使える事業者は「ドコモとドコモ光」「auとauひかり」など対象が限られますが、セット割引を上手に活用することで破格の料金で固定回線が使えますよ。

インターネットコンシェルジュ

ドコモ・au・ソフトバンクは特に割引額が大きいため、セット割を活用しましょう!

メリット5.固定電話やテレビを光回線経由で使える

光回線を使う場合、高速回線を活かして電話やテレビを利用することもできます。

光電話、光テレビ
光電話を利用するメリット

月額500円程度で固定電話が使える

NTTだと1,785円〜のため、1,300円程度安くなる

通話料金も全国一律3分8.4円と格安!

光テレビを利用するメリット

アンテナを立てずに地デジ・BSが視聴できる

テレビアンテナは新築取り付けの場合10万円〜、アンテナが風や自身で倒壊する可能性もある

他チャンネル放送(CS放送)やVODを視聴できる(視聴料金は別途発生)

光電話や光テレビには上記のようなメリットがあり、いずれも光回線を敷設するからこそ実現できるサービスです。

固定電話を利用していたり、テレビアンテナを今から立てる・立て直す場合は光回線を是非検討してくださいね。

インターネットコンシェルジュ

光テレビだとAmazonプライムやYoutubeを自宅のテレビで視聴することもできるようになりますよ!

メリット6.キャンペーンが充実しているため、自分に合ったサービスが選べる

光回線はキャンペーンや割引が充実しており、ご自身にあったサービスを選択できます。

光回線のキャンペーン一例
  • NURO 光:45,000円キャッシュバック+スマホセット割
  • OCN光:契約後6ヶ月間は無料、初期費用も無料
  • ドコモ光:約20,000円キャッシュバック+スマホセット割
  • auひかり:約61,000円キャッシュバック+スマホセット割
  • ソフトバンク光:最大37,000円キャッシュバック+スマホセット割
  • ビッグローブ光:最大40,000円キャッシュバック+スマホセット割

上記は光回線事業者が実施しているキャンペーンの一例です。

例えば高額キャッシュバックが欲しい方はNURO 光、初期費用をできるだけ抑えたい方はOCN光、といったように受けたいサービスによって事業者が選べますよ!

インターネットコンシェルジュ

当記事で「どんな場合にどのサービスがおすすめか」も詳しく解説していますよ!

光回線に契約する前に知って欲しい4つのデメリット

相談者

光回線って、料金が安くて速度が速いんだよね。メリットばっかりってことなのかな?

インターネットコンシェルジュ

光回線には「開通まで時間がかかること」「解約がしにくいこと」です。

メリットが多い光回線ですが、大きなデメリットもあります。

それは「開通までの期間が長い」「開通に工事が必要」「解約がしにくい」という点です。

結論、光回線のデメリットは契約や手続き関係に集約されます。「使っている間は快適だけど、使う前と解約する時にハードルがある」と言えるでしょう。それぞれ、詳しく解説していきます!

デメリット1.光回線は開通まで時間がかかる

光回線は、ホームルーターなどの他サービスに比べて開通までの期間が長いです。

開通目安は戸建ての場合1~2ヶ月、マンションでも2週間〜1ヶ月程度。周辺の回線状況や自宅付近の環境によっては3~4ヶ月待たされるケースも存在します。

対策は単純で、できる限り余裕を持って申込をすることです。特に引っ越しや建て替えの場合には、移転が決まったタイミングで申込を済ませておくようにしましょう!

インターネットコンシェルジュ

新築の場合は特に注意が必要です。住所が無いために現地調査が必要で、開通まで2~3ヶ月かかるケースもありますよ!

デメリット2.光回線は開通に工事が必要

光回線は開通に工事が発生し、工事中は立ち合いが必要です。また、時間の指定も「午前・午後」といったように幅が広いことが多く休日指定は追加料金が必要になります。(事業者により0円〜3,300円程度)

また、戸建ては住居のタイプによって穴あけ工事が必要になるケースもあります。貸家の場合は住居オーナーの許可を得る必要があるなどやや面倒かもしれません。

光ファイバーを引き込む際の工事とは
出典:auひかり公式(https://www.au.com/internet/auhikari_1g/construction/)

とは言え、立ち合いさえできれば工事自体は1~2時間程度完了します。住居人は家にいるだけなので工事によるデメリットを感じられる方はごく一部でしょう。穴あけ工事も基本的には行わず、上記画像のように既にある設備を利用できる可能性が高いです。

工事と言えば何か大げさに想像してしまいがちですが、それほど構える必要はありませんよ。

相談者

ものすごくデメリットがある工事なら、こんなに光回線が普及してないわよね。

インターネットコンシェルジュ

築15年ぐらいの住宅ならほとんどの住居に光回線用の配管が備わっていて、穴あけ工事はほぼ発生しません。

デメリット3.契約期間が長い・解約金がある

光回線は解約がしにくいとお伝えしましたが、その最たる理由は「契約期間が長くて解約金があること」です。

一般的に光回線の契約期間はマンションだと2年、戸建てだと2~3年という事業者が多いです。また、契約更新月以外の解約で発生する解約金は10,000円から20,000円程度が設定されています。

さらに、光回線の契約期間は指定期間が過ぎるとまた2年契約が始まる「自動更新タイプ」がほとんどです。

契約期間
出典:GMOとくとくBB(https://gmobb.jp/service/gmohikari/)

自動更新がある契約の解約金イメージは上記画像の通りです。つまり「契約更新月付近で解約をしなければまた2年(3年)契約が始まる」と覚えておきましょう。

とは言え、ソフトバンクエアーやWiMAXなどの他回線も契約期間や解約金が存在する点は同じです。解約金が発生する場合でも「次回申込するサービスで違約金負担をしてもらう」「高額キャッシュバックの事業者に申込して解約金に充当する」といった対策が取れますよ!

相談者

引っ越しがある場合には特に気をつけたいね。

インターネットコンシェルジュ

解約金補填はNURO 光やauひかりなど、多くの光回線事業者で用意されていますよ。

デメリット4.工事費用の「実質無料」に気をつけよう

光回線では事業者によって20,000円〜40,000円程度の高額な工事費が発生しますが、そのほとんどは実質無料になるためそれほど気にする必要はありません。

しかし、短期解約(契約後2~3年以内)をする場合には注意が必要。その理由は、工事費用の実質無料システムは毎月の基本料金から工事費相当を割引するケースがほとんどだからです。

工事費実質無料の一例
  • 工事費用(36,000円)を3年の分割払いで毎月1,000円づつ支払う
  • 工事費用の分割支払いをする間、月額料金から同額(1,000円)を割引
  • 3年経過し、工事費用の支払いが終わったタイミングで割引も終了
相談者

毎月1,000円づつ払って、1,000円割引されるの?だったら無料だから問題ないんじゃない?

インターネットコンシェルジュ

一見そう思いますよね。問題になるのは3年使わなかった場合です。

上記のような例で仮に1年(12ヶ月)で解約をしてしまうと、工事費用は24,000円残ることになります。しかし、サービス自体の解約をすると割引をする基本料金が発生しなくなるため、残った費用はまるまる実費で負担しなければなりません。

これを「工事費の残債」と呼びますが、工事費の残債以外にも上述の解約金が追加でかかるため光回線の短期解約はとてもリスクが大きいです。

相談者

解約金が20,000円だとすると、工事費の残債と合わせて44,000円いるってこと?

インターネットコンシェルジュ

その通りです。これは初心者が非常にわかりにくい部分で、特に注意が必要です!

結論、1年程度の短期利用であればOCN光のような「工事費が完全無料になる事業者」を選びましょう。工事費完全無料の事業者なら残債が発生しないので、大きな負担なく解約することができますよ。

相談者

OCN光は工事費完全無料なんだ。契約後6ヶ月無料もあるからユーザーに優しい事業者だね!

インターネットコンシェルジュ

工事費完全無料の事業者はごくわずかです。OCN光以外は初期費用や月額料金が高額であまりおすすめはできません。

失敗しない!後悔させません!初心者でも簡単にできる正しい光回線の選び方とは?

相談者

光回線が安くて速いこと、開通に時間がかかることはわかったわ。実際にどう選べばいいのかな?

インターネットコンシェルジュ

まずは、選び方で重要なポイントをご紹介します!

おすすめの光回線をご紹介する前に、まずは光回線の選び方をお伝えします。

光回線は各社に特徴があるため、ご自身に合った事業者を選択することが大きなポイント。そのためにもどんな選び方をすれば良いか?という点を理解しておきましょう!

光回線は定番を選ぼう!無名の光回線は危ない

光回線を選ぶ時には大手・有名な回線を選択しましょう。通信インフラとして家庭に欠かせない光回線は、何か起きた時のサポートや通信障害への対応が極めて大事です。

また、運営母体が小さいと「プラン変更や解約が電話のみでサポートへの連絡も全くつながらない」という声も多く存在します。

提供事業者が多い光回線は大手企業の参入が多く競争が激しいため、無名の事業者を選択肢から外してもあなたにぴったりな光回線が見つかりますよ!

インターネットコンシェルジュ

無用なトラブルを避けるためにも、大手企業を選びましょう。

通信速度は実測で選ぼう!口コミや評判も重要

次に重要な点は「実測通信速度で選ぶこと」です。通信速度には各企業が公表している理論値と、実際のユーザーが投稿した実測値が存在します。

光回線の速度理論値とは?

各事業者が公表している「最大1Gbps」といった表記のこと

考えうる最高の環境で理論上これだけ速度が出ますよ、という表記のため参考にならない

ユーザーにとって大事なのは「最大このくらい出ますよ」ということではなく「実際に出る速度」です。

例えば、NTTフレッツ光と関西電力系列のeo光で比べてみましょう。

事業者実測平均速度(下り)
NTTフレッツ光ネクスト270.73Mbps
eo光489.98Mbps
速度の引用元:みんそく

上記の速度は全国のユーザーが実際に計測した速度が集まる「みんそく」から引用をしています。どちらも同じ「1Gbps」サービスにも関わらず、eo光の方が2倍近くも実測速度が速いです。

これはNTTの回線が劣悪な訳ではありません。しかし、利用者が多いNTT回線は回線が混雑することも多く結果として全国平均の実測速度が落ちてしまうのです。

とは言え、実際に利用するなら少しでも品質が良い回線を使いたいですよね。当記事ではおすすめの光回線を後述していますが、しっかり実測値も記載していますので安心して選んでくださいね!

相談者

自分で実測値を調べて申し込もうって言われると思ったわ。

インターネットコンシェルジュ

この記事では細かい部分までユーザー目線でしっかりお伝えしますので、安心してくださいね。

スマホと光回線をセットにすると高額割引がある!

特定の光回線は、スマホとセットで利用することで大幅な割引を受けられます。割引額が大きくお得な内容が多いため、対象のスマホを契約している場合はセットになる光回線を使いましょう!

スマホ対応する光回線割引額
ドコモドコモ光1回線あたり最大1,100円
ソフトバンクソフトバンク光
NURO 光
1回線あたり最大1,100円
ワイモバイルソフトバンク光1回線あたり1,188円
au/UQモバイルauひかり
ビッグローブ光
eo光
コミュファ光
ピカラ光 等
1回線あたり最大1,100円(au)
1回線あたり最大858円(UQ)
楽天モバイル楽天ひかり楽天ひかり1年無料
OCNモバイルONEOCN光1回線あたり220円割引
IIJmioIIJひかり合計金額から660円割引
スマホセットで割引になる主な事業者

特にドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアやUQモバイル・ワイモバイルといったサブブランドは1回線あたりの割引額が大きくお得です。

スマホ+光回線の料金が全事業者で最安値クラスとなるOCN光や光回線が1年無料になる楽天モバイルも見逃せません!

インターネットコンシェルジュ

場合によってはスマホごと乗り換えるのもアリです!

光回線とスマホはセットが前提!家族のスマホもまとめよう

光回線のスマホセット割がお得な点は前述の通りですが、家族でスマホをバラバラにしている場合はこの機会にまとめるのも家計を節約するポイント。

セット割は1回線あたりそれぞれ割引が適用されるケースがほとんどで、セットになるスマホが多ければ多いほど総額割引も増えるからです。

また、どうしても家族のスマホを1社でまとめられない場合は家族の中で一番契約数が多いスマホに合わせるようにしましょう!

光回線は地域によって提供が異なる!地域別おすすめ光回線をざっくり紹介

光回線の中には「ご当地光回線」とも呼ばれる地域限定の光回線があることをご存知ですか?関西電力や中部電力など、各電力会社が母体となった回線は料金が安くて速度も速いと評判です。

地域おすすめ事業者
関東・北海道・東北auひかり
ビッグローブ光
ご当地回線なし
関西eo光(関西電力)
中部・東海コミュファ光(中部電力)
九州BBIQ光(九州電力)
中国MEGA EGG(中国電力)
四国ピカラ光
地域別のおすすめ光回線事業者

このように、光回線は各地域ごとに提供されている回線が異なります。後述のランキングでは地域別のおすすめ光回線も詳しくご紹介していますので、是非参考にしてくださいね。

インターネットコンシェルジュ

ここで例にあげた事業者はあくまでも一例です。おすすめ事業者は後述のランキングを参考にしてくださいね!

1年以内の短期利用なら工事費残債がなく解約金が安いOCN光を選ぼう

1年以内の短期利用をする場合は、OCN光を必ず選びましょう。

OCN光は解約金こそ11,000円かかりますが、工事費が完全無料(いつ解約しても工事費がかからない)で短期解約時の費用が他社より圧倒的に安いです。

また、「事務手数料無料+開通後6ヶ月無料」という破格のキャンペーンがあるため解約金の11,000円は十分にまかなえます。短期契約の可能性があるならOCN光を選択しましょう!

相談者

OCN光の工事費は実質無料じゃなくて完全無料だから短期解約でも安いってことだね。仮に他社だとどうなるのかな?

インターネットコンシェルジュ

一般的な例で言えば、10,000円の解約金に工事費の残債が20,000円ぐらいかかります。合計3万円を超える費用がかかりますね。

相談者

30,000円・・・OCN光を必ず選ぼうって言いたくなる気持ちもわかるわね。

光回線は一人暮らしでも必要?

相談者

一人暮らしだとポケット型Wi-Fiやホームルーターでもいいって聞いたけど、どうなのかな?

インターネットコンシェルジュ

用途によりますね。接続機器が多かったりゲームをするなら、光回線がおすすめです!

最近は光回線以外にも自宅をWi-Fi化する手段が増加しており、特に一人暮らしだと「開通に手間がかかる光回線じゃなくても良いのでは?」と思う方もいますよね。

実際のところ、一人暮らしで光回線が必要かどうかを判断する基準は「対戦型のゲームをするかどうか」と「接続機器が多いかどうか」の2点です。

一人暮らしでも光回線がおすすめなケース
ゲーム機やスマホでリアルタイム対戦型ゲームをする場合は光回線を使おう

快適に使いたいならPing(遅延)が速い光回線が必須

FPSゲームなど、対戦要素のあるアクションゲームが該当

同時接続が多い場合も光回線が使おう

テレビで動画を流しながらスマホでゲームやアプリのダウンロードをする

パソコンでZoomをしながらタブレットで動画をダウンロードする

上記のようなケースに該当する場合、光回線を選んだ方が無難です。結局のところ今あるWi-Fiの中で通信品質が最も高いのは光回線であり、快適に通信をしたければ開通に少し手間がかかっても光回線を選んだ方がリスクが少ないと言えます。

光回線を導入しない場合、候補となるのがソフトバンクエアーやWiMAXなどのホームルーターです。

どちらも実測平均速度で50Mbps程度は記録しており、単純に考えて高画質動画や大容量アプリのダウンロードもできます。しかし、固定回線ではないホームルーターを使うなら環境(天候や周囲の電波状況)次第で通信速度が著しく落ちたり動作遅延が発生するリスクが高い点に注意が必要です。

相談者

できるだけストレスなく使いたいなら、やっぱり光回線がおすすめってことね。

インターネットコンシェルジュ

その通りです。反対に、生活の大半が外で自宅に帰るのは寝る時ぐらい、というケースならスマホのテザリングやホームルーターで十分ですよ。

ファミリーで使う場合に光回線は必要?

相談者

一応聞くけど・・・家族で使う場合は、ホームルーターより光回線がいいのかな?

インターネットコンシェルジュ

光回線一択ですね。速度が不安定なホームルーターやポケット型Wi-Fiは選択外です。

家族で自宅のWi-Fiを使う場合、必ず光回線を利用しましょう

その理由は、複数台でWi-Fiに接続をする場合はホームルーターやWiMAXだと必要な速度が不足するからです。

例えばYoutubeを視聴する場合、最高画質の再生に必要な速度は約30Mbps。2台同時に接続する場合は単純計算で60Mbps必要で、しかも複数同時接続時にはそれぞれの機器で余分な帯域を確保しなければなりません。

ソフトバンクエアーやWiMAXの実測速度は50Mbpsのため、複数機器で動画を視聴した時点で画質が悪くなったり再生中に止まってしまいます。せっかく自宅でWi-Fiが使えても、快適に利用できないのでは意味がありませんよね。

相談者

子供は動画、夫が仕事でZoom。私がネットショッピングをするっていうケースが頻繁にあるわ。

インターネットコンシェルジュ

そういうケースだと、さらにアプリの更新などでデータ通信が発生しています。速度が遅いとお子さんの動画が止まるか、ご主人のZoomが使えなくなりそうですね。

結論、家族で使う場合は光回線一択です!

ホームルーターやスマホのテザリングは設置が楽だったり気軽に使えますが、長期間にわたって家庭の通信を支えられる品質はありません。無駄な料金を払わないためにも光回線を使いましょう。

光回線のよくある質問まとめ

光回線は工事が絶対必要?

戸建て・マンションともに工事が必須です。ただし、以前利用していた回線を再度使う場合は立ち合い不要(基地局の工事のみ)なケースがあります。その場合、申込後に機器が送付されるため工事予定日に接続だけすれば使えるようになりますよ。

光回線に申込をしてからどれくらいで使えるようになる?

戸建ては1~2ヶ月、マンションは2週間〜1ヶ月程度です。事業者や工事の混雑状況によって多少期間が変わり、引っ越しシーズン(2~3月・8~9月)は開通が遅い傾向にあります。

引っ越しがある場合、移転先がわかった段階で早めに申込を行いましょう。

光回線を契約すれば自宅でWi-Fiが使える?

Wi-Fiを使うには、電波を宅内で飛ばすための機器(無線LANルーター)が必要です。NURO 光など、契約する事業者によってはデフォルトでWi-Fi機能があるケースや無料でレンタルできるケースも存在します。

基本的に無料レンタルできる場合は契約事業者からレンタルすれば大丈夫ですが、有料の場合は自分で用意した方が安上がりになりますよ。無線LANルーターは5,000円程度で購入可能、有料レンタルは月額500円〜700円が相場です。

光回線を契約すればギガ・データ量は無制限で使える?

ごく一部の契約(フレッツ光ライトなど)を除き、無制限で使えます。基本月額料金が4,000円を下回る場合はデータ量に制限があったりたくさん使うと追加料金がかかる場合があるため、申込前に確認をしましょう。

なお、当記事でおすすめしている光回線は全て無制限利用が可能です!

引っ越しをする時はどうすればいい?

利用中の光回線が移転先でも提供していれば、同じ回線が使えます。ただし、移転手数料や工事費が発生する事業者が多いため注意が必要です。基本的には移転手続きを行うよりも、引っ越しの機会に改めてどの光回線を使うかを選び直した方がお得になる場合が多いですよ。

解約金や工事費の残債が発生しても、乗り換え先が負担してくれるケースも多いです。引っ越しがある時は「今の回線を解約→別の回線を新規契約」がベストです。

解約したい、別の回線に乗り換えたい場合はどうすればいい?

光回線の解約は注意事項が多く、基本的に電話で解約手続きが必要です。各社のHPにも解約に関する情報が掲載されていますが、結局電話手続きになるため最初からコールセンターに連絡をするのが最もスムーズですよ。

乗り換えの場合、乗り換え先の事業者を先に申込して工事日まで確定しておくとスムーズです。乗り換え先の開通日がわからなければ、今の回線をいつ解約すればいいかも決められないからです。

「乗り換え先に申込をして、工事日を決める」「利用中の回線に解約連絡をする」の順番で手続きをしましょう。

最後にもう一度!光回線に迷ったらおすすめ7社から選べば絶対大丈夫!

光回線は現在国内に数百種類のサービスが存在するとされています。しかしその中で本当に良質なサービスと呼べるものは、ごく一部しかありません。

特に知名度が低い事業者はサービスを充実させることよりも、瞬間的にお得感を感じられるキャンペーンなどを武器に、サービス勧誘をしているケースが目立ちます。

そこにもしインターネットの知識が乏しい人が出くわしてしまうと、甘い言葉に乗せられて、使い物にならないサービスを契約させられる恐れすらあるんです!

今この記事を読んでいただいているあなたが、そういったトラブルに巻き込まれず、真にお得で快適な光回線サービスを選んで頂くことができれば、この記事も役割を果たせたと言えるでしょう。

もし、内容をおさらいしておきたいという方は、以下にランキング記事のリンクを掲載しておきますので、納得行くまで読み直してみてください!その先にきっとあなたにピッタリの光回線サービスがありますよ♪

おすすめ光回線ランキング
インターネットコンシェルジュ

ランキング一覧からすべて見直したいかたは、光回線おすすめランキングをチェックしてください♪

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。サービスの料金やスペック、契約条件、解約条件、キャンペーン等の詳細情報は、申し込む前に事前に必ず各公式サイトでご確認ください。

目次