【2023年最新】格安SIMおすすめ人気ランキング10選

@nifty光のルーターはレンタルか自前どちらがおすすめ?比較してみた

nifty光のルーターはレンタルか自前どちらがおすすめ?比較してみた

無線ルーターさえあれば@nifty光を契約するだけでWi-Fiが使えるようになります!逆に言えば、無線ルーターがなければWi-Fiは使えないので、スマホやタブレットなどの端末を自宅のインターネットに接続することができません。

『@nifty光を契約すればWi-Fiが使えるんじゃないの!?』と思っている方もおられますが、それは大きな間違い。Wi-Fiを使うためには@nifty光のような回線と、無線ルーターがセットで必要なんです!

こちらの記事ではこのような、“Wi-Fiを使うための基礎的な知識”や、“@nifty光で快適にWi-Fiが使える無線ルーターの選び方”について、誰にでもわかるように解説をまとめました。

5分程で、“あなたにピッタリの無線ルーターを選ぶ方法”を知ることができます!しかも、こちらの記事を最後まで読むだけで知識は十分なので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

この記事でわかること
  • 「無線ルーター」とはなにか
    「Wi-Fi・無線は同じ意味」
  • @nifty光でWi-Fiを使う方法
    「ルーターをレンタルか購入する」
  • 無線ルーターの選び方
    「使う場所の広さ・接続台数が重要」
  • ルーターをレンタルするメリット
    「25ヶ月間無料お試しができる」
  • 市販ルーターを購入するメリット
    「好みの性能を持ったルーターが使える」
相談者

インターネット初心者な私でも、Wi-Fiは使えるようになりますか?

インターネットコンシェルジュ

@nifty光ならレンタルでお手軽にWi-Fiが使えるのでおすすめですよ♪キャンペーンがあれば25ヶ月無料で使えますし、ぜひ続きを読んでみてください!

目次

@nifty光に無線ルーターは必須!なかったらどうなる?なぜ必要?

@nifty光の光回線を使ってWi-Fiを使用するなら、「無線ルーター」の存在は欠かせません。

相談者

「無線ルーター」って、何ですか?

無線ルーターは、Wi-Fiの電波を出力し、スマホやパソコンなどの複数の端末を1つのインターネット回線に接続するための装置のことです。

もし無線ルーターがなければWi-Fiを使うことはできませんし、契約内容次第では有線接続のパソコンを1台までしかインターネットに接続できないので、端末が増えた現代では必須のアイテムと言っていいでしょう。

また、ルーターには「有線ルーター」「無線ルーター」の2種類があり、次のような特徴があります。

ルーターの種類
有線ルーター
  • 2台以上の通信機器を回線に繋ぐ装置
  • 機器との接続にはLANケーブルを使う
  • 無線ルーターでも同じことができる
  • スマホやタブレットを繋ぐことはできない
無線ルーター(Wi-Fiはコッチ!)
  • 2台以上の通信機器を回線に繋ぐ装置
  • 機器との接続にはWi-Fi(無線)を使う
  • 「Wi-Fiルーター」「無線LANルーター」とも呼ばれる
  • 一般的に「ルーター」はこちらを指すことが多い
相談者

Wi-Fiを使うなら「無線ルーター」が必ず必要になるんですね♪

インターネットコンシェルジュ

@nifty光を契約しただけでは、Wi-Fiは使えないので注意してください!

@nifty光でルーターを用意する方法は2つ

@nifty光では以下の方法で無線ルーターを用意することができます。

ルーターを用意する方法
  1. @nifty光でレンタル
  2. 家電量販店などで購入する

どちらの方法で無線ルーターを用意しても、Wi-Fiは使えるようになります。ただし導入の費用や無線ルーターとしての性能に違いがあるので、自分の環境に適した方法を選ぶのがおすすめです。

例えば性能を重視するのであれば市販品の無線ルーターの方が種類が豊富なので、適切なものが見つかるでしょう。一方で費用面を抑えたい場合には、25ヶ月間無料でレンタルできるレンタルルーターが適しています。

相談者

費用と性能のどちらを重視するかが、大切ってことですね!

インターネットコンシェルジュ

迷った場合はレンタルから試してみましょう♪

@nifty光のレンタルルーターと市販ルーターの違い

@nifty光のレンタルルーターを使う場合と、市販品の無線ルーターを購入する場合の違いを比較してみました。

スクロールできます
比較レンタル購入
料金/価格550円/月
→25ヶ月無料
5,000〜50,000円
無料総額13,750円
メリット無料期間がある
製品を選ぶ必要がない
返却が不要
好きな製品が選べる
デメリット解約時は返却が必須
好きな製品が選べない
2年目以降は費用がかかる
2年未満の解約で違約金発生
コストが高い
製品選びの知識が必要

@nifty光のレンタルルーターは通常月額550円が必要になります。しかしキャンペーンを利用すると、25ヶ月間はレンタル費用が発生しないため、費用を大幅に節約することが可能です。

ただしレンタルでは決められた製品しか使えないので、ルーターの性能にこだわりがある場合は、種類が豊富にある市販品を購入した方が良いでしょう。

市販品の無線ルーターを購入する場合は、それなりのコストが必要になってしまいますが、環境にピッタリ合う製品を選ぶことができるメリットがあります。

インターネットコンシェルジュ

レンタルルーターでWi-Fiを使用感を確認してから、市販品の無線ルーターを検討してみるのもおすすめです♪

レンタルルーターがおすすめの人

次の特徴に当てはまる方は、レンタルルーターを活用するのがおすすめです。

おすすめな人の特徴
  • ルーター選びに迷う
  • 2年ほど使う予定がある
  • とりあえずWi-Fiを試してみたい

レンタルルーターは@nifty光が選定した製品を貸し出してくれるので、無線ルーターに関する知識がなくても、ある程度快適に使えるものを提供してもらえます。

また、キャンペーンによる割引も最大25ヶ月間と長期で受けられるため、無線ルーターにかかる費用を抑えたい方にも適切と言えるでしょう。

不要になれば返却もできるため、『Wi-Fiを試してみたい』と考えているのであれば、レンタルルーターがおすすめです!

相談者

2年以上も無料になるなら、私はとりあえずレンタルルーターを使っておこうかな♪

インターネットコンシェルジュ

早期解約に関しては違約金が請求されるため注意が必要です!詳しくは後ほど解説しますね☆

市販ルーターを自分で購入するのがおすすめな人

次の特徴に該当する方は、市販品の無線ルーターを検討してみるのが良いでしょう。

おすすめな人の特徴
  • どれくらい使うか未定
  • 高性能なルーターが欲しい
  • 自分のルーターを持っておきたい

自分で無線ルーターを購入する場合は、一度にそれなりの費用が発生してしまいますが、レンタル費用は一切発生しません。また、@nifty光解約後でも、購入した無線ルーターは使い続けることができます。

@nifty光のレンタルルーターは利用期間によっては特別な費用が発生してしまうため、利用期間が定まっていない場合や、通信速度などに優れた無線ルーターを使いたい場合には市販品の無線ルーターがおすすめです。

相談者

確かにレンタル料金をずっと払い続けるなら、安い無線ルーターでも買った方がいい気がしますね!

インターネットコンシェルジュ

キャンペーンが行われていなかったり、25ヶ月以上使い続けるなら、市販品を買った方が良い可能性がありますね♪

@nifty光でルーターをレンタルして使用する場合

@nifty光で無線ルーターをレンタルする場合の、ルーターのレンタル料や性能についてまとめました!無線ルーターを持っていない場合は基本的にレンタルがおすすめですが、注意点もあるのでしっかり確認しておいてください。

レンタルするメリット
  • ルーター選びに迷わなくていい
  • 25ヶ月間はレンタル料がかからない
インターネットコンシェルジュ

内容をチェックして、納得してから申し込みをしましょう♪

@nifty光のルーターレンタル費用は550円!特典で25ヶ月無料

@nifty光の無線ルーターのレンタルにかかる費用は月額550円です。ただし、キャンペーン中に@nifty光を申し込むことで、25ヶ月間はレンタル料が無料になります。

例えば2022年1月に@nifty光の利用を開始し、無線ルーターをレンタルしていた場合、2024年2月分まではルーターのレンタル料金が発生しません。

もし2024年3月以降も継続してレンタルする場合に、月額料金が発生するようになります。

相談者

キャンペーンが行われているかどうかが、重要になってくるってことね!

インターネットコンシェルジュ

キャンペーンについては、@nifty光の「公式サイト」でチェックしましょう!

@nifty光でレンタルできるルーターの種類について

@nifty光でレンタルできるルーターには次の2種類があります。

スクロールできます
レンタルルーターELECOM製BUFFALO製
ルーター画像
型番WRC-1167GS2HWSR-1166DHPL2
標準価格7,480円4,000円
レンタル料550円/月
→25ヶ月無料
550円/月
→25ヶ月無料
推奨接続台数16台12台
Wi-Fi6
ビームフォーミング
MU-MIMO
ストリーム数(アンテナ数)4ストリーム2ストリーム
無線LAN速度最大867Mbps最大866Mbps
無線LAN規格a/b/g/n/aca/b/g/n/ac
アンテナ方式5GHz
2.4GHz
5GHz
2.4GHz
有線LAN速度最大1,000Mbps最大1,000Mbps
ELECOM製の方がちょっぴり優秀

こちらの2種類を比較すると、ELECOM製の無線ルーターの方が「推奨接続台数」「アンテナ数」で優れているため、多少性能は高くなっています。

レンタルする機器は選べないため、どちらのルーターを使えるかは完全にランダムですが、性能に大差はないのでどちらのルーターでも使用感に大きな違いはありません。

また時期によっては機種のラインナップが変わることもあるため、概ね同程度のルーターがレンタルできると考えてください。

インターネットコンシェルジュ

ネット検索や動画視聴くらいであれば、問題なく利用できる性能です♪

レンタルルーターは24ヶ月以内に解約すると5,000円の契約解除料が発生!

@nifty光の無線ルーターはレンタル開始から24ヶ月以内に解約をすると、5,000円の契約解除料が発生します。こちらはキャンペーンの適用有無に関わらず、レンタルした場合に対象となるので解約のタイミングには注意してください。

もし無線ルーターをレンタルした場合は、できる限り26ヶ月目以降に解約をするのがおすすめです。仮に2022年1月にレンタルを開始した場合は、2024年3月以降に解約を行いましょう!

相談者

5,000円も払うんだったら、安い無線ルーターくらい買えちゃいそうですね…。

インターネットコンシェルジュ

もしキャンペーンで25ヶ月無料の場合は、無料期間終了と同時に解約をするのが最も費用を抑えるコツです!

@nifty光を解約したら、レンタルしてるルーターは返却必須!未返却だと違約金が発生

@nifty光を解約した場合は無線ルーターのレンタルも解約になるため、ルーターの返却が必須になります。返却は解約月の翌月20日までに必着となっており、返送にかかる送料は利用者負担です。

もし着払いで発送してしまった場合、後日送料+2,200円の手数料が請求されてしまうため、通常よりも割高になってしまいます。また、ルーターが返却されない場合は「未返却違約金(3,000円)」が請求されるため注意してください!

インターネットコンシェルジュ

正しく返却すれば1,000円ほどの送料だけで済むので、解約後は速やかに返却を行いましょう!

@nifty光でレンタルしたルーターが壊れた場合!費用も解説

@nifty光でレンタルした無線ルーターが故障した場合は、利用期間に応じて対応が異なります。

破損時の対応について
  • 1年未満はメーカーに相談
  • 1年以上は@nifty光に相談
  • 修理か交換対応
  • 自然故障は無償
  • 物理故障は有償

無線ルーターのレンタル開始から1年を基準に、故障時の相談先が異なります。1年未満であれば、レンタルしているルーターのメーカーに相談し、1年以上経過している場合には@nifty光へ相談しましょう。

対応や費用については故障時の状態によって判断され、修理か同一品に交換での対応となります。原則、破損などが見られる場合は有償での修理になる確率が高く、劣化や不具合による故障は無償対応になることがほとんどです。

例えば、落下させてしまったり飲み物をこぼしてしまった場合には有償対応になり、外的要因がないにも関わらず接続が不安定になる場合には無償対応といったイメージになります。

相談者

レンタルしたルーターは大切に使わないといけませんね!

インターネットコンシェルジュ

有償修理は状態にもよりますが、3,000円〜15,000円ほどが目安になります!

@nifty光は契約後でもルーターは借りられる!

@nifty光では回線契約後でも無線ルーターのレンタルが可能です。

そのため、もし自分の無線ルーターを使用していて壊れてしまった場合などは、一時的にレンタルすることもできます。事情によりすぐに無線ルーターが用意できない場合などには役立つこともあるでしょう!

ただしキャンペーンは後から利用できないので、注意してください。

インターネットコンシェルジュ

他社では回線契約時にしかルーターのレンタルを受け付けていないところもあります!

市販の無線ルーターを自分で購入する場合

市販品の無線ルーターを購入する際の、製品の選び方や確認すべきポイントについてまとめました。これらを抑えておくことで、誰でも自分の環境に合った無線ルーターが選べるようになるので、ぜひチェックしてみてください!

購入するメリット
  • 種類が豊富で好きなものを選べる
  • 買い切りなのでレンタル費用はなし
  • 返却手続きや、返送料も不要
インターネットコンシェルジュ

インターネット初心者の方でも、わかりやすいように解説しています♪

市販の無線ルーターは大きく分けて3種類!選び方を解説

無線ルーターの種類は、大きく次の3つに分けることができます。

スクロールできます
モデル比較ローエンドモデルミドルレンジモデルハイエンドモデル
おすすめユーザー価格重視の人製品選びに迷う人性能重視の人
接続台数5〜10台10〜20台20台以上
性能最低限の機能を搭載快適に使えるレベルほとんどの機能を搭載
価格5,000円~10,000円10,000円~20,000円20,000円~50,000円

無線ルーターは主に「価格」「性能」の比重によってモデル分けすることが可能です。自分の優先すべきポイントに合わせて、購入すべきモデルを決めておくと製品選びが非常にスムーズになります。

もし『価格も抑えたいけど、性能もそれなりにこだわりたい』という方は、「ミドルレンジモデル」から探してみると良いでしょう!

相談者

私はタブレットでYoutubeを見るくらいだから、「ローエンドモデル」で十分かな♪

インターネットコンシェルジュ

ちなみに@nifty光でレンタルできるルーターは、「ミドルレンジモデル」くらいの性能となっています!

ルーターを選ぶ際に確認すべき3つのポイント

無線ルーターを選ぶ際には、次の3つのポイントを意識してみましょう!

ルーターを選ぶポイント
  • 無線LAN規格
  • 使う場所の広さ
  • 通信機器の接続数
相談者

「無線LAN規格」って、なんでしょうか?

無線LAN規格は、Wi-Fiの電波の種類のことです。Wi-Fiの電波には複数の種類があり、送信側の無線ルーターと受信側の端末がそれぞれ同じ規格に対応している必要があります。

基本的にはいずれかの規格で接続ができるので、全く繋がらないということは避けられますが、接続する規格によって通信速度などが大きく異なるので、無線ルーターを選ぶ際は使用する端末が対応している規格を知っておくことが重要です。

無線LAN規格最大通信速度周波数帯
IEEE802.11ax
(通称:Wi-Fi 6)
9.6Gbps2.4GHz/5GHz帯
IEEE802.11ac
(通称:Wi-Fi 5)
6.9Gbps5GHz帯
IEEE802.11n
(通称:Wi-Fi 4)
300Mbps2.4GHz/5GHz帯
IEEE802.11a54Mbps5GHz帯
IEEE802.11g54Mbps2.4GHz帯
IEEE802.11b11Mbps2.4GHz帯
「Wi-Fi 5」以上に対応しているモデルがおすすめ!

無線LAN規格以外にも、「利用場所の広さ」「接続する端末台数」などが大切になってきますが、ほとんどの製品はパッケージや仕様表に目安を記載してくれているので、購入の際はぜひ参考にしてみてください!

相談者

Wi-Fiだったら、なんでも繋がるって考えていました…。

インターネットコンシェルジュ

繋がるには繋がりますが、快適に使うためには規格などの相性が重要ということです♪

無線ルーターに必須!おすすめの機能4選

無線ルーターには数多くの機能がありますが、次の4つの機能や仕様に該当するものを選べば、大半の環境で快適にWi-Fiを使うことができるでしょう!

おすすめの機能
Wi-Fi6
  • 第6世代のWi-Fi規格
  • 最新の「11ax」に対応
  • 最大速度は第5世代の約1.5倍
ビームフォーミング
  • 特定の方向に電波を飛ばす技術
  • 電波が分散せず安定して通信ができる
MU-MIMO
  • 複数端末を安定して接続する技術
  • 遮蔽物のある場所でも繋がりやすくなる
  • 「マルチユーザー・マイモ」の略称
ストリーム数
  • 端末との通信に使う経路の本数
  • 多いほど速度が速く安定しやすい
  • 4ストリーム以上のものがおすすめ

中でも特におすすめの機能が「ビームフォーミング」「MU-MIMO」の2つです。これらはWi-Fiの電波を安定させ、高速通信をするためには欠かせない機能なので、機能面を気にする方はチェックしてみてください!

インターネットコンシェルジュ

もし同じ機能に対応した製品を比較する場合、接続台数や最大通信速度などの数値を比べると選びやすくなりますよ♪

シチュエーション別の無線ルーターの選び方!

それぞれシチュエーションごとに、おすすめの無線ルーターのモデルを選んでみました。

ケース
とにかく価格重視!
  • ローエンドモデルがおすすめ
  • ELECOM製品などに多い
  • 5,000円前後から購入できる
ケース
とにかく速度重視!
  • ハイエンドモデル一択!
  • 広範囲に高速通信対応!
  • コストは最低20,000円以上
ケース
3階建て以上の一軒家で使う
  • メッシュWi-Fiがおすすめ
  • 家中どこでも高速通信が可能!
  • 10,000円~100,000円と幅広い

※メッシュWi-Fi:複数台のWi-Fiルーターを設置するシステム

ケース
ワンルームで使いたい
  • ミドルレンジモデルがおすすめ
  • ローエンドモデルでも使える
  • 5,000円~15,000円程が目安
ケース
ストレスなく使えればOK
  • ミドルレンジモデルがおすすめ
  • ハイエンドモデルに割と近い性能
  • 15,000円ほどが目安

細かな条件などは個々で異なってきますが、無線ルーターを選ぶ際の基本的な考え方は同じなので、近しいものも参考にしてみてください。

相談者

住居の広さや、Wi-Fiを使う人数から考えるのが良さそうね♪

インターネットコンシェルジュ

迷ってしまう場合には、@nifty光のレンタルルーターを使って、使用感を試してみるのがおすすめです!

市販の無線ルーターは3〜5年に一度、買い替えがおすすめ

無線ルーターは年々劣化していき性能が下がっていくため、3〜5年ほどを目安に新しいものに買い替えをしましょう!

数年で使えなくなるわけではありませんが、気づいた頃には速度が出なくなっていたり接続が切れるようになってきます。

中には10年以上使えるものもありますが、ベストな環境を保つには5年に一度は買い替えるのが目安です。

インターネットコンシェルジュ

セキュリティや機能面で新しいものに対応するためにも、定期的な買い替えを意識しましょう♪

@nifty光でWi-Fiを使うなら無線ルーターはレンタルがおすすめ!

@nifty光を始めとした光回線でWi-Fiを使うためには無線ルーターが欠かせません。すでに無線ルーターをお持ちであれば、@nifty光を契約するだけでWi-Fiが使えるようになりますが、もし無線ルーターをお持ちでない方はレンタルも可能です。

@nifty光で無線ルーターをレンタルする場合は月額550円が必要ですが、キャンペーン期間中に@nifty光を申し込めば25ヶ月間は無料でレンタルすることができます。

また、性能もそれなりに良い無線ルーターを提供してくれるので、『手軽にWi-Fiを試してみたい』という方には打ってつけです!

もしレンタルルーターでは性能が物足りないようであれば、市販品の無線ルーターを購入しましょう。無線ルーターを選ぶ際は、自宅のネット環境などを基準に購入する製品の目安を決めておくことが大切です。

@nifty光ではインターネット初心者から熟練者の方まで、どんな方でもWi-Fiが導入しやすくなっているので、Wi-Fiを使いたいという方は、ぜひ申し込みを検討してみてください!

インターネットコンシェルジュ

@nifty光利用者の口コミを集めた記事も用意していますので、気になる方は参考にしてみてくださいね♪

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。サービスの料金やスペック、契約条件、解約条件、キャンペーン等の詳細情報は、申し込む前に事前に必ず各公式サイトでご確認ください。

目次