【2022年9月】格安SIMおすすめ人気ランキング10選

NURO 光のルーターはレンタルがおすすめ?途中交換も無料か?

光回線が開通したら、Wi-Fiを飛ばすために無線ルーターを準備する必要があります。基本的に、光回線を契約するだけではWi-Fi接続ができないからです。

しかし、人気回線「NURO 光」ではホームゲートウェイにWi-Fi機能が搭載されているため、無線ルーターを別途用意する必要はありません。

ホームゲートウェイと無線ルーターが1台にまとまり、配線周りがスッキリするメリットもあります。

本記事では、NURO 光で利用できるルーター(ホームゲートウェイ)の種類や利用方法などについて詳しく解説していきたいと思います。市販の無線ルーターを別途使うときの接続方法や注意点も言及するので、ぜひ参考にしてください。

相談者

ルーターってWi-Fiを飛ばすための機器でしょうか?

インターネットコンシェルジュ

ルーターとは通信ルートを整理するための機器です。パソコンといった端末を複数台をインターネットに同時接続するときに必要となります。この機器にWi-Fi機能を搭載したものを無線ルーターと呼びます。

NURO 光のホームゲートウェイには、ルーター機能やWi-Fi機能が搭載されているため、1台でまとまります。

相談者

そうなんですね。ルーター機能はWi-Fiを飛ばす機能だと思っていました……。

インターネットコンシェルジュ

最近ではそれぞれの機能が1台にまとまっているため、区別しにくくなっているからだと思います。

目次

NURO 光はホームゲートウェイにルーター機能やWi-Fi機能を搭載

NURO 光はホームゲートウェイにルーター機能やWi-Fi機能を搭載しています。そのため、1台あれば有線でパソコンを複数台接続できますし、Wi-Fi接続もできるようになります。

現在、NURO 光で提供されているホームゲートウェイをまとめると、以下の通りです。

ホームゲートウェイ型番最大通信速度Wi-Fi規格周波数
ZXHN F660T
450MbpsIEEE802.11a/b/g/n2.4GHz5.0GHz
HG8045j
450MbpsIEEE802.11a/b/g/n2.4GHz5.0GHz
HG8045D
450MbpsIEEE802.11a/b/g/n2.4GHz5.0GHz
FG4023B
1,300MbpsIEEE802.11a/b/g/n/ac2.4GHz5.0GHz
SGP200W
1,300MbpsIEEE802.11a/b/g/n/ac2.4GHz5.0GHz
NSD-G1000T
4,800MbpsIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax2.4GHz5.0GHz
ZXHN F660P
※NURO 光 10ギガ

4,800MbpsIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax2.4GHz5.0GHz
※公式サイト(https://www.nuro.jp/device.html)を元に作成

NURO 光とNURO 光 for マンションでは、上記いずれかのホームゲートウェイがランダムに支給されます。ただし、NURO 光 10ギガはZXHN F660Pに限定されます。

有線LANポートはどの機種も3つあり、Wi-Fi機能も搭載。ルーター機能とWi-Fi機能、有線接続できるハブが機器1台にまとまっているため、配線周りがスッキリするのがメリットです。

相談者

どのホームゲートウェイが来るかが分からないのはドキドキですね(笑)ちなみに固定電話を利用するときは、どうなりますでしょうか?

インターネットコンシェルジュ

固定電話を使うときはTAという別機器を設置して、そちらに接続します。そのため、固定電話を使わなければ、ホームゲートウェイ1台で済みます。

通信速度が遅いホームゲートウェイにあたる可能性もある

注意したほうがいいのは、機種によってWi-Fiの速度に差がある点です。以下の3つの機種の場合、Wi-Fiの最大転送速度が450Mbpsのため、ほかに比べて遅くなります。

  • ZXHN F660T
  • HG8045j
  • HG8045D

NURO 光の通信速度は下りで最大2Gbpsです。有線接続であれば最大下り2Gbpsを利用できますが、Wi-Fi接続だと最大下り450Mbpsとなってしまいます。

インターネットコンシェルジュ

ホームゲートウェイの型番によってWi-Fiの速度が異なるのは要注意です!。

速いホームゲートウェイに無料交換ができる?

「ZXHN F660T」や「HG8045j」「HG8045D」といった最大通信速度が450Mbpsのホームゲートウェイが支給されたとしても、基本的に無料でWi-Fi速度が速い機種に変更できます。

NURO 光ではホームゲートウェイの交換手数料に10,800円(税込)かかりますが「Wi-Fiの速度が思うように出なくて困っている」「Wi-Fiの通信が不安定でつながりにくい」といった理由であれば、無料交換が可能です。

また、2015年10月以降にNURO 光に申し込んでいれば、交換費用はかかりません。

以下のNURO サポートデスクに問い合わせてみましょう。

NURO サポートデスク

電話番号:0120-65-3810
営業時間:9:00~18:00(日曜と1月1日、2日を除く)

インターネットコンシェルジュ

Twitterで口コミを見ると、ホームゲートウェイを交換してWi-Fi速度が上がっている方がいますね。

交換前に確認しておきたいこと

ホームゲートウェイを交換するときは、主に「故障」か「通信速度の向上」が目的になります。

故障のときはホームゲートウェイに原因があるか確認してから、交換の依頼をしましょう。NURO 光で障害が発生している、LANケーブルやパソコンが故障しているといった原因もありえます。

一方通信速度の向上は、インターネットに接続するデバイス側の規格が大切です。ホームゲートウェイが新しい通信規格になっても、接続先がその通信規格に対応していないと意味がありません。

たとえば、SGP200Wの場合、パソコンやスマホの無線LAN規格が「IEEE802.11ac」に対応している必要があります。

相談者

今使っているパソコンの無線LAN規格は「IEEE802.11n」だから、ホームゲートウェイを新しくするメリットはなさそうです。

インターネットコンシェルジュ

無線LAN規格「IEEE802.11n」であっても、Wi-Fi接続するうえで支障があるわけではありません。故障など不都合がなければ、そのまま使えばいいと思います。

NURO 光のWi-Fi接続方法について|ルーター設定は必要?

次に、無線LAN機能が搭載されたホームゲートウェイのWi-Fi接続方法をお伝えします。

Wi-Fi接続方法
  1. 無線LAN機能ランプを確認する
  2. 端末側でSSIDとパスワードの設定を行う

上記の手順どおりに進めてください。

1.無線LAN機能ランプを確認する

ホームゲートウェイを接続すると、LINEランプとWANランプが緑色に点灯します。「HG8045Q」「 SGP200W」に限定されますが、2.4G WiFiランプと5G WiFiランプも緑色に点灯していれば、Wi-Fiが可能になります。

▼「HG8045Q」「 SGP200W」のランプ状態

引用:https://support.sonynetwork.co.jp/faqsupport/nuro/web/knowledge6982.html
インターネットコンシェルジュ

まずは、ホームゲートウェイが問題ないかチェックしましょう。正しくケーブル関連の接続ができていれば、ルーター設定などは特別必要ありません。

2.端末側でSSIDとパスワードの設定を行う

Wi-Fi接続をする端末側で、NURO 光が飛ばしているSSIDを選択し、パスワードを入力します。それぞれ間違っていなければ、Wi-Fi接続が完了します。エラーが出てしまうときは、パスワードが間違っている場合が多いので、大文字・小文字含めて確認する必要があります。

相談者

SSIDはどこに書いてあるんでしょうか?

インターネットコンシェルジュ

ホームゲートウェイの本体側面もしくは底面に書かれています。ネットワーク名(SSID)といった記載があり、周波数2.4GHzと5GHzごとにSSIDがあります。

NURO 光で無線ルーターをレンタルするときのチェックポイント

NURO 光では無線ルーターをレンタルできますが、以下の点は事前に確認しましょう。

無線ルーターをレンタルするときのチェックポイント
  • NURO 光のレンタルルーターのキャンペーン・特典
  • NURO 光に契約後、後からルーターのレンタルの申し込みできる?
  • NURO 光を解約したらレンタルしてるルーターは返却必須?返却できないとどうなる?
  • NURO 光でレンタルしたルーターが壊れたらどうなる?交換できる?費用は?
  • レンタルしたルーターの残債など発生する?縛りや違約金ある?

順番に解説します。

NURO 光の無線レンタルルーターのキャンペーン・特典

NURO 光のホームゲートウェイは機種問わず、Wi-Fi機能が搭載されています。Wi-Fi機能を利用するうえでオプションに入る必要もないため、無線ルーターを準備する必要はありません。

そのため、NURO 光の公式キャンペーンや特典において、無線ルーターのレンタルやプレゼントを実施していないのです。

NURO 光に契約後、後から無線ルーターのレンタルの申し込みできる?

ホームゲートウェイにWi-Fi機能が搭載されているため、あとから無線ルーターのレンタルはできません。無線ルーターを別途取り付ける必要性が基本的になく、ホームゲートウェイ1台で有線接続と無線接続の両方に対応しています。

相談者

ホームゲートウェイにWi-Fi機能が搭載されていて無料で使えるなら、後から無線ルーターをレンタルする状況にはならないですね!

NURO 光を解約したらレンタルの無線ルーターは返却必須?返却できないとどうなる?

ホームゲートウェイと一体型になっているため、解約のタイミングで返却しなければなりません。返却用の箱と伝票が送られてくるので、届き次第すぐに返却しましょう。

相談者

あのー、ホームゲートウェイをもし返さなかったらどうなりますか?
借りパクするつもりはないんですが、こういったことをしっかりやるのが何だが苦手で…..

インターネットコンシェルジュ

別途違約金が発生するので返し忘れないがないようにしてください!
返却用の箱と伝票が届いたら、すぐに対応するのがポイントです。忘れてしまうほとんどの方が後回しにしてしまいます。

NURO 光でレンタルした無線ルーターが壊れたらどうなる?交換できる?費用は?

NURO 光では、ホームゲートウェイと無線ルーターがセットになっているため、無線ルーターが壊れたらホームゲートウェイも一緒に交換する必要があります。

先ほどお伝えした通り、NURO 光ではホームゲートウェイの交換手数料に10,800円(税込)かかります。

しかし、2015年10月以降にNURO 光に申し込んでいれば、交換費用はかかりませんし、「Wi-Fiの速度が思うように出なくて困っている」「Wi-Fiの通信が不安定でつながりにくい」といった理由であれば、無料交換が可能です。

以下の連絡先に問い合わせして相談してみてください。

NURO サポートデスク

電話番号:0120-65-3810
営業時間:9:00~18:00(日曜と1月1日、2日を除く)

ホームゲートウェイが故障していると、インターネットに接続ができないため、電話で問い合わせして解決するのがおすすめです。

レンタルした無線ルーターの残債など発生する?縛りや違約金ある?

NURO 光では、解約するときに工事費の残債が発生しますが、無線ルーターに対してそのような残債がかかることはありません。NURO 光を解約するときに発生する費用については、以下の記事にまとめています。ぜひ参考にしてください。

NURO 光であえて自前の無線ルーターを利用するメリットとは?

NURO 光ではホームゲートウェイに無線LAN機能が搭載されています。そのため、わざわざ無線ルーターを準備する必要はありませんが、それでも自前の無線ルーターを設置するメリットは以下の3つです。

自前の無線ルーターを設置するメリット
  • より高機能なルーターを使える
  • 好みのデザインを選べる

それぞれお伝えします。

より高機能なルーターを使える

NURO 光のホームゲートウェイは、Wi-Fi規格が古いタイプが支給されるときがあるため、高機能な無線ルーターをあえて使うメリットがあります。

以下の表を参考にすると、NURO 光 2ギガプランの最新型番は「NSD-G1000T」です。Wi-Fi規格は最新「11ax」に対応し、4.8Gbpsの無線スピードとなっています。

ホームゲートウェイ型番最大通信速度Wi-Fi規格周波数
ZXHN F660T450MbpsIEEE802.11a/b/g/n2.4GHz5.0GHz
HG8045j450MbpsIEEE802.11a/b/g/n2.4GHz5.0GHz
HG8045D450MbpsIEEE802.11a/b/g/n2.4GHz5.0GHz
FG4023B1,300MbpsIEEE802.11a/b/g/n/ac2.4GHz5.0GHz
SGP200W1,300MbpsIEEE802.11a/b/g/n/ac2.4GHz5.0GHz
NSD-G1000T4,800MbpsIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax2.4GHz5.0GHz
ZXHN F660P
※NURO 光 10ギガ
4,800MbpsIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax2.4GHz5.0GHz
※公式サイト(https://www.nuro.jp/device.html)を元に作成
相談者

NURO 光は戸建てでもマンションでも通信速度は下りで2Gbpsですよね。つまり、「ZXHN F660T」「HG8045j」「HG8045D」「FG4023B」「SGP200W」の型番だとNURO 光の2ギガのスピードを活かせないということになりますね。

インターネットコンシェルジュ

そういうことです! しかし、Wi-Fiの速度が最大450Mbpsの規格であっても、実測で30Mbps~40Mbpsまでであれば動画視聴やオンライン会議では支障なく使えます。通信速度が速いに越したことはありませんが、自分の使い方にマッチしているかで判断するのがいいでしょう。

動きの多いオンラインゲームをWi-Fi接続するゲーマーなど、NURO 光の通信速度を落とさずに、Wi-Fiも利用したい場合は市販の無線ルーターを使うメリットは大きいでしょう。

好みのデザインを選べる

無線ルーターは多くのメーカーがさまざまな機種を取り扱っています。なかにはデザインがスタイリッシュでかっこいいタイプもあり、設置しているだけで室内が洗練された雰囲気になるかもしれません。

言うまでもなく、内蔵型のWi-Fiを使うと1台にまとまっているため、ホームゲートウェイのデザインは選べません。別途設置すると2台になってしまいますが、好きな無線ルーターを置けるメリットがあります。

インターネットコンシェルジュ

どうしても使いたい無線ルーターがある方であれば、いいかもしれません。(ちなみに私は無線ルーターのデザインに興味がないので、1台にまとめる方にメリットを感じますw)

NURO 光で自前の無線ルーターを設定する方法

ここからは、NURO 光で自前の無線ルーターを設定する方法をお伝えします。

以下の手順にしたがって進めるようにしましょう。

自前の無線ルーターを設定する方法
  1. ブリッジモードに設定する
  2. Wi-Fi接続を行う

詳細は以下の通りです。

1.ブリッジモードに設定する

最も大切なのは、自前の無線ルーターはブリッジモードで利用することです。ブリッジモードとは、ルーター機能を止めて、無線LAN機能だけを使うモードとなります。アクセスポイントモード(APモード)とも呼びます。

通常、無線ルーターを2台使用すると、二重ルーターとなりWi-Fiの電波がバッティングするなどしてネットに接続できなくなってしまいます。この問題を解決するために、無線ルーターにはブリッジモード(アクセスポイントモード)機能が搭載されているのです。

インターネットコンシェルジュ

ブリッジモードに変更するには、無線ルーター本体の側面にあるスイッチを切り替えるだけです。無線ルーターの電源を落として、再度電源を入れるとモードが切り替わります。

2.Wi-Fi接続を行う

ブリッジモードに変更が済んだら、いつも通り端末側でWiFi接続をするだけです。SSIDをクリックもしくはタップして、パスワードを入力します。

相談者

あとはいつも通り、Wi-Fi接続をするだけですね!

市販の無線ルーターを購入するときの選び方は?

NURO 光で市販の無線ルーターを利用するときに、以下の点に気を付けて購入しましょう。

市販の無線ルーターを利用するときの選び方
  • Wi-Fi 6に対応しているかで選ぶ
  • Pv6 IPoEに対応しているかで選ぶ
  • Wi-Fi接続するデバイス数に合ったスペックで選ぶ
  • 部屋の大きさや間取りで選ぶ

それぞれ見ていきましょう。

Wi-Fi6に対応しているかで選ぶ

現在、Wi-Fiの通信規格は次の6つがあります。世代や規格名、最大通信速度をまとめると以下の通りです。

世代規格名最大通信速度周波数
第1世代IEEE 802.112Mbps2.4GHz帯
第2世代IEEE 802.11a
IEEE 802.11b
54Mbps
11Mbps
5GHz帯
2.4GHz帯
第3世代IEEE 802.11g54Mbps2.4GHz帯
第4世代IEEE 802.11n(Wi-Fi 4)600Mbps2.4GHz帯、5GHz帯
第5世代IEEE 802.11ac(Wi-F i5)6.9Gbps5GHz帯
第6世代IEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)9.6Gbps2.4GHz帯、5GHz帯

世代が進むほど規格が新しくなり、最大通信速度も上がります。2022年現在では、IEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)が最新規格です。

Wi-Fi6はWi-Fi5よりも最大通信速度が約1.4倍向上し、セキュリティ面も「WPA2」から「WPA3」に規格が上がっています。周波数についても、2.4GHz帯と5GHz帯に対応するようになり、より広範囲にWi-Fi接続ができるようになったと言えるでしょう。

周波数2.4GHz帯と5GHz帯について

Wi-Fiの周波数には、2.4GHz帯と5GHz帯があります。

2.4GHz帯は壁や床といった障害物に強く電波を遠くまで飛ばせますが、ほかの電子機器でも利用されるため混雑しやすいです。一方5GHZ帯は、無線ルーター以外では利用されない帯域のため、通信がつながりやすいです。2.4GHz帯よりも高速ですが、壁や床といった障害物に弱く、無線ルーターよりも離れているとつながりにくくなります。

インターネットコンシェルジュ

一般的に無線ルーターと同じ部屋もしくは近くにいるなら5GHZ帯を、離れた場所にいるなら2.4GHZ帯を使います。Wi-Fi 6であれば、2.4GHz帯と5GHz帯の周波数を使えるため、Wi-Fiの利用環境によって選べます。

IPv6 IPoEに対応しているかで選ぶ

NURO 光では、IPv6への対応を進めていて、IPv4とIPv6の通信がともにできる「IPv4/IPv6デュアルスタック」を提供しています。この方式であれば、従来のIPv4方式よりも回線の混雑を回避して、高速通信が可能です。

正確には、NURO 光のIPv6は通信方式「IPoE」を採用しているのが理由です。IPoE方式とは混雑していない道路を使って通信をするようなもの。そのため、通信速度が従来よりも速いのです。

インターネットコンシェルジュ

IPv6を利用しても通信速度は速くなりません。速度を上げるには「IPoE方式」に対応しているIPv6を使う必要があると覚えておきましょう!

そのため、市販の無線ルーターを利用する場合、IPv6 IPoE対応にしている機種を選ぶ必要があります。

Wi-Fi接続するデバイス数に合ったスペックで選ぶ

無線ルーターは製品によって同時接続台数が異なるため、世帯数や利用するパソコンやスマホの台数を事前に確認する必要があります。

標準的なスペックだと、同時接続できる台数は10台ほどです。一般的な家庭であれば、十分かもしれませんが、最近ではテレビやテレビゲーム、エアコンなどもインターネットに接続できます。

同時接続台数が増えると、通信速度は遅くなるため、あらかじめハイスペックな無線ルーターを用意しておくのもおすすめです。Wi-Fi接続するデバイス数や希望する通信速度を考慮して、無線ルーターを選びましょう。

部屋の大きさや間取りで選ぶ

無線ルーターは、Wi-Fi電波が届く範囲が決まっています。無線ルーターには「マンション2LDK」「マンション3LDK」「戸建て2階」といったように、どれくらいの間取りに合ったスペックなのか記載されています。

インターネットコンシェルジュ

4,000円~5,000円の価格帯であっても、「マンション3LDK」「戸建て2階」向けのスペックなのでそこまで気にしなくてもいいでしょう。

相談者

では一体、安い無線ルーターと高い無線ルーターの違いは何でしょうか?

インターネットコンシェルジュ

アンテナ本数(アンテナが多いほど速度が安定しやすい)が多いか、ビームフォーミングといったWiFiがつながりやすくなるための機能が付いているか、IPv6 PoEに対応しているかといった点があります。

市販の無線ルーターは4〜5年ごとに買い替えるのがおすすめ

無線ルーターは3~5年で買い替えるのがおすすめです。

なぜなら、無線ルーター本体の平均寿命が4~5年と言われていて、通信速度が遅くなったり通信状態が不安定になったりしやすいからです。また、これくらいの期間が経過すると無線ルーターで新しい規格が発売されて、セキュリティ面が向上するのも理由の一つになります。

たとえば、Wi-Fi 5(IEEE802.11ac)は2014年に、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)はその5年後の2019年にスタートしました。WiFiの通信速度やセキュリティ面は最新のもので利用したいと多くの方が思うのではないでしょうか。

無線ルーターは単身の方であれば5,000円程度、ファミリーでお住まいの方であれば15,000円前後で購入できるスペックで十分です。4~5年ごとに新しい規格の無線ルーターに買い替えましょう。

相談者

私はヘビーユーザーではないから、WiFiの接続スピードが多少遅くなっても気にならないけど、セキュリティが最新でなくなるのは不安になります。

インターネットコンシェルジュ

セキュリティ規格が古いと、暗号化が解読されて不正アクセスのリスクが高くなります。クレジットカードの情報を読み取られる可能性もあるでしょう。そのようなリスクに備えて、無線ルーターのセキュリティは最新にしたいですね。

NURO 光はホームゲートウェイにWi-Fi機能が搭載|公式サイトから入会特典も充実

繰り返しになりますが、NURO 光のホームゲートウェイにはWi-Fi機能が搭載されているため、無線ルーターを取り付ける必要はありません。ホームゲートウェイ1台あれば、有線接続が3台までとWi-Fi接続ができるようになります。

古い規格であっても2015年10月以降の申し込みしている方であれば、無料交換が可能です。

また、公式サイトから申し込むとキャッシュバック45,000円がもらえますし、他社乗り換えするときにかかる違約金を最大20,000円まで補填も可能です。

相談者

公式サイトからお得に申し込みできるならそれが一番ですね!
私は代理店経由の申し込みは不安に感じるから、こういった光回線の事業者があると安心できます。

インターネットコンシェルジュ

NURO 光はソフトバンクスマホとのセット割や開通前のホームルーターレンタルサービスなどお得な内容がたくさんあるので、あわせてチェックしてください。

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。サービスの料金やスペック、契約条件、解約条件、キャンペーン等の詳細情報は、申し込む前に事前に必ず各公式サイトでご確認ください。

目次