ワイモバイルの口コミ評判から分かる!格安SIMの中で通信速度の速さはダントツ!

ワイモバイルの口コミ評判

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドとして展開されている格安SIM。他の格安SIMとは違い、ソフトバンク回線を利用しているため、通信や通話などの品質に安定性があるのが特徴です。

ワイモバイルは産業生産性協議会が実施しているJCSI(日本版顧客満足度指数)にて、6年連続で携帯電話部門の顧客満足度1位という実績を持ち、多くのユーザーから選ばれています。

とはいえ、数多くの格安SIMがある中で「ワイモバイルを利用している人は多いみたいだけど、実際の口コミ評判はどうなのだろう…」と迷う人は多いのではないでしょうか。ワイモバイルを利用している人からは、ソフトバンク回線は安定していて安心できるという一方、他の格安SIMと比較すると料金が割高という意見もあります。

本記事では、ワイモバイルをもっと詳しく知りたい人に向けて、リアルな口コミや評判からメリットやデメリットを徹底解説します。その上で、ワイモバイルはどのような人に向いているのか、一緒に考えてみましょう。

目次

ワイモバイルはソフトバンク回線で通信速度が速い!基本情報まとめ

では、ワイモバイルの基本情報について詳しく見てみましょう。

項目内容
月額料金シンプルS
3GB:2,178円
990円

シンプルM
15GB:3,278円
2,090円

シンプルL
25GB:4,158円
2,970円
使用回線ソフトバンク回線
通話料国内22円/30秒
かけ放題プランだれとでも定額(1回10分以内の国内通話が無料):770円/月
スーパー誰とでも定額(S)(かけ放題):1,870円/月
SNS使い放題オプションなし
光回線スマホセット割SoftBank AirまたはSoftBank光をセット利用で1,188円割引
データ繰り越し
テザリング
5G対応
縛りなし
違約金なし
初期費用3,300円(オンラインストアからの申し込み、ソフトバンク・LINEMOからの乗り換えは費用負担なし)
実質平均速度下り:62.8Mbps
上り:15.52Mbps
キャンペーンワイモバ親子割
家族割引サービス
データ増量無料キャンペーン2

ワイモバイルは2021年2月より、新料金プラン「シンプルS/M/L」を提供開始。従来のプラン「スマホベーシックプランS/M/R」の新規受付を停止し、よりシンプルで、より低価格な料金体系となりました

そして注目したいのは「通信速度」。やはり大手キャリアのソフトバンク回線を使用していることもあり、下り平均が62.8Mbpsと通信の速さは魅力的です。

また、家族割や親子割といった、基本料金から割引が適用されるキャンペーンも見逃せません。月額料金を抑えたい人は必ずチェックしておきたいところです。

インターネットコンシェルジュ

格安SIMの中で、ワイモバイルの通信速度はダントツといって良いでしょう

ワイモバイルのキャンペーン特典や割引情報まとめ

現在、ワイモバイルで展開しているキャンペーン特典や割引は、次の通りです。

ワイモバイルのキャンペーン特典や割引情報
  • ワイモバ親子割(毎月1,100円×13ヶ月間の割引)
  • 家族割引サービス(2回線目以降は毎月1,188円割引)
  • データ増量無料キャンペーン2(オプション月額料金550円が1年間無料)
  • おうち割 光セット(スマホ料金が毎月1,188円割引)
インターネットコンシェルジュ

ワイモバイルをお得に利用できる情報を紹介します

特典1.ワイモバ親子割(毎月1,100円×13ヶ月間の割引)

ワイモバ親子割とは、5歳以上18歳以下の人を対象に、スマホの基本料金がキャンペーン適用月から最大13ヶ月間割引されるキャンペーンです。

割引額は以下の通りです。

プラン割引
シンプルM3,278円
2,178円
シンプルL4,158円
3,058円

割引額は月々1,100円となります。ちなみに、シンプルSでは割引が適用されないので注意してください。

インターネットコンシェルジュ

毎月1,100円×13ヶ月=14,300円もお得です

特典2.家族割引サービス(2回線目以降は毎月1,188円割引

家族割引サービスとは、家族で複数回線を利用してシンプルプランに申し込むと、2回線目以降が割引される特典です。

割引額は以下の通りです。

プラン割引前
シンプルS(3GB)2,178円
990円
シンプルM(15GB)3,278円
2,090円
シンプルL(25GB)4,158円
2,970円

上記の表の通り、2回線目以降は毎月1,188円割引されます。ちなみに、回線は最大9回線まで適用されることに加え、同居していない家族でもキャンペーンの利用が可能です。

補足ですが、プランによっては割引額が変わります。

次の表を参考にしましょう。

1回線目2回線目割引額
シンプルS/M/L
スマホベーシックプラン
Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
データベーシックプランL
スマホベーシックプラン
Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
データベーシックプランL
毎月550円割引
インターネットコンシェルジュ

家族割引サービスとワイモバ親子割を活用すれば、よりお得に利用できます

特典3.データ増量無料キャンペーン2(オプション月額料金550円が1年間無料)

ワイモバイルは、月間容量にデータを追加できる「データ増量オプション」を提供しています。キャンペーン内容は、初めて増量オプションに申し込むと、オプション料金(月額550円)が1年間無料になるというものです。

オプション利用後のデータ容量は、次の通りです。

プラン増量前増量後
シンプルS3GB5GB
シンプルM15GB20GB
シンプルL25GB30GB
インターネットコンシェルジュ

「容量を使い切ってしまいそうで不安…」という人にはおすすめのオプションです

特典4.おうち割 光セット(スマホ料金が毎月1,188円割引)

自宅のインターネット回線が「SoftBank Air」もしくは「SoftBank光」の場合、ワイモバイルの月額料金が1,188円割引になる特典があります

月額料金の割引は1人あたりの金額なので、家族4人だと月額4,752円もお得になります。

スマホの見直しと同時に、光回線の見直しをするとさらにお得に利用できますよ。

インターネットコンシェルジュ

1,188円の割引を適用するには、シンプルS/M/Lに限るので気を付けましょう

ワイモバイルの良い口コミ評判「通信速度が速い!通信が混雑する時間帯も快適」

ワイモバイルの良い口コミ評判は、次の通りです。

ワイモバイルの良い口コミ評判
  • 通信速度が速くて快適に使える
  • 大手キャリアよりも安い
  • 実店舗が多くて安心
  • 電話かけ放題が便利
  • 速度制限がかかっても速い

ではひとつずつ詳しく見てみましょう。

良い口コミ評判1.通信速度が速い!通信が混雑する時間帯も快適

https://twitter.com/hitomi_SNShisho/status/1467410917348589568

ワイモバイルはソフトバンク回線を利用していることもあり、通信速度の速さと安定性が高い評価を得ています

口コミ評判にもあるように、混雑する時間帯でも問題なく使えるという声も多く上がっています。

エリアによって多少のつながりにくさはあるものの、通信品質は大手キャリアと同等であると言えるでしょう。

インターネットコンシェルジュ

通勤通学ラッシュやランチタイムでもつながりやすいのは嬉しいメリットです

良い口コミ評判2.大手キャリアよりも安い!割引適用で月額料金990円〜

元々はソフトバンクユーザーでした。インターネットもWiFiも電気も全部ソフトバンクで契約していました。ワイモバイルに変えても、ただSIMカードを変えるだけでよくて、そのまま全てのWiFiのルーターなどは使えることが楽で良かったです。そして、電気割や家族割などいろんな割引があるので、ソフトバンクで契約していた頃と比べると料金は1/3になって満足しています。ただ、通信速度は変わらないよと言われていたにも関わらず、時々WiFiの繋がりが悪いのが残念な点です。

みん評

ワイモバイルは「大手キャリアの月額料金と比較して安くなった」という声が多く上がっています。

特に、家族割などのキャンペーンを適用すると、より安くなると好評です

ちなみに、ワイモバイルで「家族割引サービス」と「ワイモバ親子割」を使うと、以下のように非常にお得な料金となります。

プラン基本料金割引適用後
シンプルS2,178円990円(家族割引サービスのみ適用)
シンプルM3,278円1回線目:2,178円(14ヶ月目以降は3,278円)
2回線目以降:990円(14ヶ月目以降は2,090円)
シンプルL4,158円1回線目:3,058円(14ヶ月目以降は4,158円)
2回線目以降:1,870円(14ヶ月目以降は2,970円)
割引適用の条件:「家族割引サービス」+「ワイモバ親子割」
インターネットコンシェルジュ

「家族割引サービス」は利用している限り割引が続き、「ワイモバ親子割」は13ヶ月間割引が適用されます

良い口コミ評判3.実店舗が多い!対面でサポートを受けやすい

母がワイモバイルに切り替えました。

値段は半額に近い金額でシニアスマホから普通のスマホになったことで孫の写真を送るためのLINEやネットで検索できる環境が良くなり良かったです。

もうおばあちゃんなので簡単なことが分からなくなるようですが近くのショッピングモールにワイモバイルさんがあってそこの担当者が親切に教えてもらえるので良かったです。

みん評

ワイモバイルは格安SIMの中でも実店舗を多く展開しています。そのため、対面でサポートを受けた人からは「親切に教えてもらえた」という声が上がっています。

他の格安SIMの場合は、オンラインや電話でのサポートのみで、店舗でのサポートを受けられないケースも少なくありません。

格安SIMを選ぶ際、対面の方が安心して利用できる人は「実店舗の有無」も判断基準となるでしょう。

インターネットコンシェルジュ

電話だとつながりにくいケースもあるため、対面だと安心です

良い口コミ評判4.10分以内通話オプションが使いやすい!ちょっとした通話に便利

https://twitter.com/SsyoPo/status/1360864998843555844
https://twitter.com/321taktstock/status/1347219497480974338

1回10分以内の通話がかけ放題になるオプションは、ワイモバイルを利用する人からの高い支持を得ています。

LINEの通話を利用している人が多い中、ワイモバイルのかけ放題オプションに対して「仕事用に役立つ」「お店の予約やちょっとした問い合わせ電話の時に便利」など、幅広く活用できると好評です

オプション利用料金は、月額770円と手頃な価格なのも魅力的です。

インターネットコンシェルジュ

ワイモバイルでの通話は電話回線を使っているため、「品質の高さ」もメリットです

良い口コミ評判5.速度制限がかかっても速い!最大1Mbpsで使える

シンプルM/Lの場合、月間容量を超えて速度制限がかかっても最大1Mbpsで利用可能です。

多くのユーザーからは、「速度制限がかかっても普通に使える」との意見が多くありました

利用するエリアによるものの、速度制限がかかってもLINEやメールの送受信は問題なく使えるでしょう。

インターネットコンシェルジュ

シンプルSの速度制限時は「最大300kbps」なので要注意です

ワイモバイルの悪い口コミ評判「他の格安SIMと比較して月額料金が高い」

ワイモバイルの悪い口コミ評判は、次の通りです。

ワイモバイルの悪い口コミ評判
  • 月額料金が高い
  • データ無制限プランがなくて不便
  • 電話窓口が繋がらない

では、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

悪い口コミ評判1.他の格安SIMと比較して月額料金が高い

ワイモバイルの月額料金に対して「他の格安SIMと比較すると高め」と不満を持つ声が散見されました

では実際に、ワイモバイルと他の格安SIMの月額料金を比較してみましょう。

容量ワイモバイルUQモバイルOCNモバイルONEBIGLOBEモバイルmineo
1GB770円550円1,298円
3GB2,178円1,628円990円770円
5GB1,518円
6GB1,320円1,320円
10GB1,760円1,958円
12GB3,740円
15GB3,278円2,728円
20GB5,720円2,178円
25GB4,158円3,828円
30GB8,195円

上記の表から、ワイモバイルの月額料金はデータ容量をあまり使わないライトユーザーには割高だと分かります。

一方で、「割引を適用すれば多少は安くなる」「通信品質の高さを考慮すれば仕方ない」などの声も多く上がっています。

とはいえ、月額料金を少しでも安く抑えたい人は、容量ごとにプランを選べる「OCNモバイルONE」をおすすめします。

インターネットコンシェルジュ

料金を重視するか、通信品質を重視するかで判断しましょう

悪い口コミ評判2.データ無制限プランない!大容量データを利用する人は要注意

https://twitter.com/bllllQYA2QvY8uZ/status/1454370101579456517

ワイモバイルにはデータ無制限プランはなく、最大で25GBプランが大容量となります。

そのため、「データ無制限プランがあれば良いのに…」と物足りなさを感じているユーザーもいるようです。

もし、月間データ容量が25GBを確実に超えるのであれば、ワイモバイルの利用は避けた方が良いでしょう。例えば、「楽天モバイル」は定額でデータを無制限で利用できるのでおすすめですよ。

インターネットコンシェルジュ

ワイモバイルでデータ増量オプションを活用しても最大30GBなので、それ以上データを使う人は慎重に検討しましょう

悪い口コミ評判3.電話サポート窓口が繋がらない

https://twitter.com/Motherroadyasuo/status/1377574690441465865

ワイモバイルは実店舗が多くあるのでサポートを受けやすいメリットがあります。一方、電話サポート窓口を利用した人からは、「1時間以上つながらなかった」という声が上がっています

また、「電話応対での態度に不満がある」という意見も少なくありません。

実際に利用しているユーザーの口コミ評判を総合的に見ても、電話サポート体制にはまだまだ課題があるように見受けられます。

そのため、サポート体制に不安がある人は実店舗に足を運ぶことをおすすめします。

インターネットコンシェルジュ

ワイモバイルに限らず、どこの格安SIMでも同じような口コミ評判が散見されているのが現状です

ワイモバイルの3つのメリット

ワイモバイルのメリットを3つにまとめてみました。メリットをチェックした上で、ワイモバイルは自分に合う格安SIMかどうかを改めて確認していきましょう。

メリット1.各種割引サービスでスマホ利用料金がお得になる

前章で紹介した通り、ワイモバイルは家族割引サービスやワイモバ親子割を活用することで、スマホ利用料金を安く抑えることが可能です。

さらに、自宅のネットとワイモバイルをセットで利用すると「おうち割」が適用されます。具体的には、自宅のインターネット回線が「SoftBank光」もしくは「SoftBank Air」の場合、1人あたりのスマホ利用料金が毎月1,188円割引されます

併用できない割引サービスがあるものの、様々な特典をうまく活用することで、よりお得に利用できるのはワイモバイルの強みです。

インターネットコンシェルジュ

おうち割を使う場合、家族4人だと年間で4,752円(1,188円×4人)×12ヶ月=57,024円もお得です

メリット2.下り平均速度が62.8Mbps!通信速度は総合的にみても速い

ワイモバイルはソフトバンク回線を利用しているため、下り平均速度が62.8Mbpsと他の格安SIMと比較しても通信速度がダントツで速いのが特徴です。

通信が混雑する時間帯でもストレスなく使えるのがメリットと言えます。また、速度制限がかかっても最大1Mbpsで使える点も、多くのユーザーから支持されている理由のひとつでしょう。

高画質な動画を視聴したり、大容量データを読み込まない限りは速度制限がかかっても問題なく使えるため、実質は「データ使い放題」のような感覚で利用できますよ。

インターネットコンシェルジュ

ただし、ソフトバンク回線がつながりにくいエリアで利用する人は要注意です

メリット3.Yahoo!ショッピングでの買い物がお得になる

ワイモバイルユーザーは「Yahoo!プレミアム」の利用が無料になる特典があります。「Yahoo!プレミアム」を利用することで、Yahoo!ショッピングで買い物をするときにお得な還元を受けられます。

例えば、Yahoo!プレミアム会員の場合は+2%もPayPayボーナスが還元されます

普段からYahoo!ショッピングを利用している人は、最大限の恩恵を受けられるでしょう。

インターネットコンシェルジュ

ちなみに、Yahoo!プレミアム会員は月額508円かかります

ワイモバイルの3つのデメリット

ワイモバイルの3つのデメリットをまとめました。メリットだけでなく、デメリットにもしっかり目を通した上で検討しましょう。

デメリット1.割引を適用しないと基本料金は高め

ワイモバイルは3GBプランが2,178円と、他の格安SIMと比較して割高です。

家族割引サービスやワイモバ親子割、おうち割が適用される場合は基本料金から割引されますが、割引を適用できない場合は高くついてしまいます

例えば「楽天モバイル」の場合、3GBであれば月額1,078円で済むので、料金の安さを重視する人は他社を検討してみてはいかがでしょうか。

インターネットコンシェルジュ

ワイモバイルは大手キャリアと比較すると、圧倒的な安さですね

デメリット2.iPhoneの取り扱いが少ない

ワイモバイルは販売しているiPhoneの種類が少ないというデメリットがあります

他社の場合、iPhone13などの最新機種を取り揃えているところも少なくありません。例えば、「楽天モバイル」であれば、最新機種を入手可能です。

プラン契約と同時にスマホを最新機種に変えようと考えていた人は要注意です。

インターネットコンシェルジュ

ワイモバイルはスマホの取り扱い数に関しては少ないですが、動作確認されている端末が少ないわけではないので安心してください

デメリット3.低速モードの切り替えなし!通信量の調整不可

他社のサービスによくある「低速モード切り替え」。低速モードに切り替えて低速通信にすることで、データ利用量を抑えて通信量を節約できる機能です。

残念ながらワイモバイルには低速モードが搭載されていません

ただし、ワイモバイルに関しては速度制限がかかっても、シンプルM/Lの場合は最大1Mbpsで使えるので、節約モードがなくても問題なく使えるでしょう。

インターネットコンシェルジュ

実は、低速モードに切り替えられる格安SIMがほとんどです

ワイモバイルに向いている人【通信品質にこだわりたい】

ワイモバイルに向いている人は、次の通りです。

ワイモバイルに向いている人
  • 通信品質にこだわりたい
  • 大手キャリアの料金よりは安く抑えたい
  • 家族割や親子割などを活用したい
  • 時々通話サービスを利用する
  • 対面でサポートを受けたい

ワイモバイルはソフトバンク回線を利用しているため、大手キャリアと同等の通信品質であると好評です。また、通信速度は他の格安SIMと比較してもダントツで速いのがメリットです。

それでいて、大手キャリアよりも安い料金設定であることも評価されています

さらに、ワイモバイルは「家族割引サービス」や「ワイモバ親子割」など、基本料金から割引できる特典を多く取り揃えています。また、インターネットやでんきの利用を伴う「おうち割」も、多くのユーザーが利用しています。

一方、ワイモバイルは1回10分以内の通話がかけ放題の「だれとでも定額」という通話オプションを提供しており、「ちょっとしたときの通話に便利」と多くの意見が上がっています。月額770円というリーズナブルな価格も魅力的です。

加えて、ワイモバイルは実店舗を多く展開しているため、対面でのサポートを受けやすいメリットがあります。オンラインや電話での手続きが苦手な人は、実店舗の多さを基準に格安SIMを選ぶと良いでしょう。

インターネットコンシェルジュ

大手キャリアと同等の通信品質が魅力的です

ワイモバイルに向いていない人【とにかく月額料金を抑えたい】

ワイモバイルに向いていない人は、次の通りです。

ワイモバイルに向いていない人
  • とにかく月額料金を抑えたい
  • データ容量に関しては毎月30GB以上使う
  • 割引が適用されない
  • かけ放題プランをお得に使いたい
  • 最新機種が欲しい

ワイモバイルは基本料金2,178円からと、他の格安SIMと比較すると割高です。通信品質よりも料金の安さを重視したい人は、細かな容量プランから選べる「OCNモバイルONE」や、1GB以下は無料という驚きの価格設定の「楽天モバイル」を検討すると良いでしょう。

また、ワイモバイルには25GB(増量オプション利用で30GB)以上のプランはないため、大容量のデータを利用する人は無制限プランがある「楽天モバイル」を検討しましょう。

一方、ワイモバイルの基本料金は2,178円からと割高なので、家族割引サービスや親子割などの割引が適用されない人にはあまりおすすめできません。「BIGLOBEモバイル」や「楽天モバイル」など、割引適用がなくても基本料金を抑えられる他社を検討することをおすすめします。

さらに、通話を頻繁に利用する人で、ワイモバイルのかけ放題オプションに加入する場合は注意が必要です。なぜなら「スーパー誰とでも定額(S)」は月額1,870円と割高設定だからです。例えば、OS標準アプリにこだわらないのであれば、「楽天モバイル」だと専用アプリでの通話が無料というサービスもありますよ。

加えて、ワイモバイルにはiPhoneの最新機種の販売がありません。そのため、プランとスマホをセットで申し込む際、「最新機種のスマホに変えよう」と考えている人は注意しましょう。もし、最新機種を手に入れるのであれば、家電量販店でSIMフリー版の最新機種を用意すると良いでしょう。

インターネットコンシェルジュ

月額料金の安さを重視する人や、各種割引の適用がない人にはあまりおすすめできません

ワイモバイルの口コミ評判まとめ「通信が速く快適に使えるが、月額料金が高め」

ワイモバイルはソフトバンク回線を利用していることから、大手キャリアと同等の通信品質であると高い評価を受けています。また、通信が混雑した時間帯でも問題なく使える、通信速度の速さも魅力的です。

他の格安SIMと比較すると料金が高いなどの評価も見受けられますが、Yahoo!ショッピングがお得になったり、割引サービスが豊富にあるなど、お得に使えるサービスは盛りだくさんです。

お得なキャンペーンを使い、ぜひワイモバイルの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

インターネットコンシェルジュ

通信品質に優れたワイモバイルは、利用する価値のあるサービスと言えます

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。サービスの料金やスペック、契約条件、解約条件、キャンペーン等の詳細情報は、申し込む前に事前に必ず各公式サイトでご確認ください。

目次
閉じる