天使が舞い降りた古都ベルリン。ヴィム・ヴェンダースが壮麗な映像美で綴るファンタジー「ベルリン・天使の詩」

配信作品・解説 STAFF: YK
天使が舞い降りた古都ベルリン。ヴィム・ヴェンダースが壮麗な映像美で綴るファンタジー「ベルリン・天使の詩」

目次[非表示]

  1. ベルリン・天使の詩(ヴィム・ヴェンダース 1987年 西ドイツ/フランス)

ベルリン・天使の詩(ヴィム・ヴェンダース 1987年 西ドイツ/フランス)

天使が舞い降りた古都ベルリン。ヴィム・ヴェンダース監督がめくるめく壮麗な映像美で綴るファンタジー
天使と人間の女性の愛を描き、日本でも大ヒットしたヴィム・ヴェンダース監督のファンタジー。まだ“壁”が存在していたベルリンを舞台に、天使の視点をモノクロ、人間の視点をカラーで表現した映像美にも魅了される作品。

「ベルリン・天使の詩/WINGS OF DESIRE」

ベルリンの街を見下ろす天使ダミエルとカシエルの日課は、人間たちの行動を観察し、その心の声に耳を傾けること。そんなある日、サーカスに立ち寄ったダミエルは、空中ブランコ乗りの美女マリオンに心引かれていく。また、あるときはベルリン滞在中の俳優ピーター・フォークが、子供にしか姿が見えないはずのダミエルに話しかけてきた。人間の生活に憧れを抱いたダミエルは、ついに天界から下界に降りることを決意するのだが…。

■出演
ブルーノ・ガンツ、ソルヴェーグ・ドマルタン、オットー・ザンダー、クルト・ボウワほか


「ベルリン・天使の詩」(C) 1987 REVERSE ANGLE LIBRARY GMBH and ARGOS FILMS S.A.

この記事をシェアする

関連する記事

注目のキーワード

バックナンバー