理解するのではなく、ただ感じればいい──ジャン=リュック・ゴダールが贈る18景の詩的ファンタジー「右側に気をつけろ」

配信作品・解説 STAFF: YK
理解するのではなく、ただ感じればいい──ジャン=リュック・ゴダールが贈る18景の詩的ファンタジー「右側に気をつけろ」

目次[非表示]

  1. 右側に気をつけろ(ジャン=リュック・ゴダール フランス 1987年)

右側に気をつけろ(ジャン=リュック・ゴダール フランス 1987年)

“白痴”と呼ばれる公爵殿下は、映画を1本作って夕方までに届ければ過去の罪を許されることになり、早速ドストエフスキーの「白痴」とフィルム缶を抱えて旅に出る。搭乗した飛行機を操縦する提督とその妻は、殿下の作った映画を我が物にしようとする。一方、ミュージシャン2人組は、新たな音楽を創造すべくスタジオで模索。また、自分を異星人ではないかと疑う男は、様々な姿に変身しながら行く先々で人々と対峙する──
ジャン=リュック・ゴダール監督が主人公の“白痴”公爵殿下を自ら演じ、様々なエピソードを3つの系列で巧みに交錯。映像と音楽の戯れをありのまま感じる“18景の詩的ファンタジー”として前衛的に織りなす。

■出演
ジャン=リュック・ゴダール、フランソワ・ペリエ、ジャック・ヴィルレ、ジェーン・バーキンほか
ザ・シネマメンバーズにて2022/11/5より配信開始

ご視聴はこちら

Soigne ta droite, un film de Jean-Luc Godard. (C) 1987 Gaumont (France) / Vega Film Ag / TSR (Suisse).

この記事をシェアする

関連する記事

注目のキーワード

バックナンバー