デンマークの巨匠カール・テオドア・ドライヤー監督が信仰のあり方を問う傑作ドラマ「奇跡(1954)」- ザ・シネマメンバーズにて配信!

配信作品・解説 STAFF: YK
デンマークの巨匠カール・テオドア・ドライヤー監督が信仰のあり方を問う傑作ドラマ「奇跡(1954)」- ザ・シネマメンバーズにて配信!

目次[非表示]

  1. 奇跡(1954)(カール・テオドア・ドライヤー ベルギー/デンマーク 1954年)

奇跡(1954)(カール・テオドア・ドライヤー ベルギー/デンマーク 1954年)

1930年代のデンマーク。ユトランド半島で農場を営むボーエンは敬虔なクリスチャンで、人々からも信頼される存在。一方、長男ミケルは信仰心が薄く、次男ヨハネスは自らをキリストと信じて正気を失っていた。そんなある日、三男アーナスが宗派の異なる娘との結婚を望むが、相手の父親に断られてしまい大騒動に。その同じ頃、ミケルの妻で妊婦のインガーが産気づくものの命を落とす。さらにその夜、ヨハネスが失踪してしまう──
カイ・ムンクの戯曲「御言葉」をカール・テオドア・ドライヤー監督が映画化。信仰を巡る家族の混乱と対立を、ワンシーン・ワンカットを多用して映し出す。ラストも印象的。ヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞。

■出演
ヘンリク・マルベルイ、エミル・ハス・クリステンセン、プレーベン・レーアドルフ・リュ、ビアギッテ・フェダースピールほか
ザ・シネマメンバーズにて2022/7/15より配信開始

「奇跡(1954)」(C) Danish Film Institute

この記事をシェアする

関連する記事

注目のキーワード

バックナンバー