ゴダール特集!Part2「中国女」など5作品をザ・シネマメンバーズにて追加配信!

配信作品・解説 STAFF: YK
ゴダール特集!Part2「中国女」など5作品をザ・シネマメンバーズにて追加配信!

目次[非表示]

  1. 中国女
  2. ウイークエンド
  3. 勝手に逃げろ/人生
  4. パッション(1982)
  5. 右側に気をつけろ
ジャン=リュック・ゴダール特集Part2!ミニシアター系の動画配信サービス-ザ・シネマメンバーズでは、「中国女」ほか、 「ウイークエンド」、「勝手に逃げろ/人生」、「パッション(1982)」、「右側に気をつけろ」を追加配信。ゴダール計9作品を配信します。

中国女

5人のパリの若者たちが夏休みに革命思想の学習に乗り出す── ゴダールの新たな歩みの兆しとなる作品

毛沢東の革命思想に傾倒したジャン=リュック・ゴダール監督が、その運動が世界の青年に与えた影響をカラフルでキッチュな映像センスで再構築。五月革命を予感させる作品。ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞を受賞。

10/8より配信開始

出演:アンヌ・ヴィアゼムスキー、ジャン=ピエール・レオ、ジュリエット・ベルト、フランシス・ジャンソンほか

ウイークエンド

ブルジョア夫婦が週末のドライブに出かける。幻想と革命と悪夢が溶け合う一大絵巻。

週末に田舎へ旅に出た夫婦が無秩序な狂気の世界へ巻き込まれていく姿を、ジャン=リュック・ゴダール監督が不条理なストーリー展開で描き出す。既存の映像表現に挑戦する自由な演出とショッキングな結末は必見。

10/15より配信開始

出演:ミレーユ・ダルク、ジャン・ヤンヌ、ジャン=ピエール・カルフォン、ヴァレリー・ラグランジェほか

勝手に逃げろ/人生

ゴダールが商業映画に復帰!男女3人の出会いと別れを瑞々しく描く“第2の処女作”

長らく実験的な作品づくりに没頭していたジャン=リュック・ゴダールが商業映画に復帰。3人の男女を主人公にした4楽章構成の物語を、スローモーションなど意表を突いた演出を交えながら瑞々しく映し出す。

10/22より配信開始

出演:ジャック・デュトロン、ナタリー・バイ、イザベル・ユペール、ローランド・アムスタッツほか

パッション(1982)

名作絵画を映像で再現──映画監督の情熱と苦悩をジャン=リュック・ゴダールが透明な映像美で魅せる野心作

レンブラントらの絵画を三次元で再現しようとする映画監督の苦闘を、ジャン=リュック・ゴダール監督が自然光を活かして描出。その透明な映像美が評価され、カンヌ国際映画祭でフランス映画高等技術委員会賞を受賞。

10/29より配信開始

出演:イザベル・ユペール、ハンナ・シグラ、イエジー・ラジヴィオヴィッチ、ミリアム・ルーセルほか

右側に気をつけろ

理解するのではなく、ただ感じればいい──ジャン=リュック・ゴダールが贈る18景の詩的ファンタジー

ジャン=リュック・ゴダール監督が主人公の“白痴”公爵殿下を自ら演じ、様々なエピソードを3つの系列で巧みに交錯。映像と音楽の戯れをありのまま感じる“18景の詩的ファンタジー”として前衛的に織りなす。

11/5より配信開始

特集「ジャン=リュック・ゴダール」、ミニシアター系サブスク配信サービス"ザ・シネマメンバーズ"で、お楽しみください!

「中国女」La Chinoise, un film de Jean-Luc Godard. (C) 1967 Gaumont / Ciné-Mag Bodard / Roissy Films / M. Nicolas Lebovici.
「ウイークエンド」Week-end, un film de Jean-Luc Godard. (C) 1967 Gaumont (France) / Ascot Cineraid (Italie).
「勝手に逃げろ/人生」Sauve qui peut (la vie), un film de Jean-Luc Godard. (C) 1979 Gaumont (France) / T.S.R. / Saga Productions (Suisse).
「パッション(1982)」Passion (le travail et l’amour), un film de Jean-Luc Godard. (C) 1982 Gaumont / France 2 Cinéma (France) / Film et Vidéo Production (Suisse).
「右側に気をつけろ」Soigne ta droite, un film de Jean-Luc Godard. (C) 1987 Gaumont (France) / Vega Film Ag / TSR (Suiss

この記事をシェアする

関連する記事

注目のキーワード

バックナンバー