ゲーテの青春小説をヴェンダースが翻案。作家を志す若者のモラトリアムな彷徨を紡ぎ上げたロードムービー「まわり道 【4Kレストア版】」

配信作品・解説 STAFF: YK
ゲーテの青春小説をヴェンダースが翻案。作家を志す若者のモラトリアムな彷徨を紡ぎ上げたロードムービー「まわり道 【4Kレストア版】」

目次[非表示]

  1. まわり道 【4Kレストア版】(ヴィム・ヴェンダース 西ドイツ 1975年)

まわり道 【4Kレストア版】(ヴィム・ヴェンダース 西ドイツ 1975年)

作家を志しながらも迷いを抱えるドイツ人青年ヴィルヘルムが、自己を見つめ直すため故郷の町を旅立った。まもなく大道芸人の老人ラエルテスと口のきけない少女ミニョン、美しい女優テレーゼ、若い詩人ベルンハルトと行動を共にすることになった彼は、さまざまなことを語らいながら気ままな旅を続けていく。やがてヴィルヘルムはテレーゼと愛し合うようになるが、ふとしたことで諍いを起こした一行の旅は終わりに近づいていた──
ヴィム・ヴェンダースが『都会のアリス』に続いて撮り上げた“ロードムービー3部作”の第2作。ゲーテの「ヴィルヘルム・マイスターの修業時代」を現代に翻案し、さまよえる若者の孤独を寂寥感漂うムードで描く。

■出演
リュディガー・フォグラー、ハンナ・シグラ、ナスターシャ・キンスキー、H・C・ブレッヒほか
ご視聴はこちら

(C) 1975 REVERSE ANGLE LIBRARY GMBH

この記事をシェアする

関連する記事

注目のキーワード

バックナンバー