もう一つの『ノマドランド』──インディーズ映画の至宝ケリー・ライカート監督が弱者に冷たい社会を描く「ウェンディ&ルーシー」

配信作品・解説 STAFF: YK
もう一つの『ノマドランド』──インディーズ映画の至宝ケリー・ライカート監督が弱者に冷たい社会を描く「ウェンディ&ルーシー」

目次[非表示]

  1. ウェンディ&ルーシー(ケリー・ライカート アメリカ 2008年)

ウェンディ&ルーシー(ケリー・ライカート アメリカ 2008年)

無職の女性ウェンディと愛犬ルーシーは、仕事を求めて車でアラスカを目指していた。しかし、オレゴン州の私有地で車中泊をしていたところ警察にとがめられ、しかも車が故障し立ち往生してしまう。修理工場の開店を待つ間、スーパーへ買い出しに出かけるが、お金に困っていた彼女はつい万引きをして警察に連行される。罰金を払い釈放されたウェンディは、店先につないでいたルーシーの元へ戻るが、ルーシーの姿は消えていた。──
ケリー・ライカート監督の才能に惚れ込んだミシェル・ウィリアムズを主演に迎えたドラマ。無職の女性と愛犬の旅路を通じて社会の無慈悲さを映し出す。監督の愛犬ルーシーがカンヌ国際映画祭パルム・ドッグを受賞。

■出演
ミシェル・ウィリアムズ、ウォーリー・ダルトン、ウィル・パットン、ジョン・ロビンソンほか
ご登録はこちら

(C) 2008 Field Guide Films LLC

この記事をシェアする

関連する記事

注目のキーワード

バックナンバー