PROGRAM

放送作品情報

ノーマ・レイ

NORMA RAE 1979年 アメリカ / 120分 ドラマ

理想なき女性労働者が信念に目覚めて立ち上がる!サリー・フィールドがオスカーに輝いた社会派ドラマ
放送日時
2019年04月11日(木) 08:30 - 10:30
2019年04月16日(火) 10:30 - 13:00
2019年04月24日(水) 深夜 03:15 - 05:30
2019年05月22日(水) 08:15 - 10:30
解説

1950年代に赤狩りに遭ったマーティン・リットが、正義感と信念に目覚めた女性の成長を描く。本作で演技派に飛躍したサリー・フィールドがアカデミー賞主演女優賞に輝き、主題歌『流されるままに』も歌曲賞を受賞。

ストーリー

1978年。米国南部の紡績工場に勤めるノーマ・レイは、組合のない工場で過酷な労働を強いられながら、女手一つで子どもを育てていた。そんなある日、ニューヨークに本部のある全米繊維組合から青年ルーベンが派遣され、男に殴られたノーマを介抱したことから2人は親しくなる。ルーベンは工場経営者の不当な搾取を労働者たちに訴えるためビラ配りを始め、次第にノーマも彼の活動と労働組合に関心を抱いていく。

出演

サリー・フィールド
ロン・リーブマン
ボー・ブリッジス
パット・ヒングル
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド画面
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日 2019/2/13

    劇場公開時以来の再鑑賞。 サリー・フィールドが1979年のアカデミー賞女優賞を受賞した作品で、作品のテーマは地味ながら彼女の独壇場ともいえる熱演にグイグイ押され、クライマックスの「ユニオン」のシーンで感動する傑作である。 ほぼ同時期の『トランザム』シリーズのいかにもヤンキー娘といったキャラと正反対の役を、よくここまで演じきれるものだ。本物の役者とはここまで凄いものか。 後年の『プレイス・イン・ザ・ハート』がまるでパッとしなかったので、本作が演技者としてのピークといえるかもしれない。 主題歌はジェニファー・ウォーンズが歌う名曲『流されるままに』で、これもアカデミー賞の歌曲賞を受賞した

  • 鑑賞日 2018/4/6

    時代背景

    当時の日本の繊維産業と絡みが深い奥で有伺える。今回で三度目の干渉ですが、何故か現在の日本と環境が悪い方で酷似して要るのでは。 労働組合現在有って無いのと同じ 悲しい我が国

  • 鑑賞日

    《プレイス・イン・ザ・ハート》と同じ頃見たかな?

    《ギジェットは15才》《いたずら天使》のキュートな少女が労働運動の闘志になってしまった。 サリー・フィールドって闘う女のイメージになってしまったが、それが後年さらに進化して腋の下の汗でパンに塩気をつけるおばさんになる。女優ってすごい!

  • 鑑賞日 1980/5/19

    マーティン・リット

    1980年5月19日に鑑賞。大阪・大毎地下にて。 マーティン・リット、サリー・フィールドの傑作である。

  • 鑑賞日 1979/9/12

    逞しいサリー・フィールド

    1979年9月12日、銀座セブンでの試写会で鑑賞。 主演のサリー・フィールドの逞しい存在感が見事。 今は結構いるかもしれないが、当時、働きながら自己主張を貫き通すという女性像というのは稀有だったのではないだろうか。 監督は、マーティン・リット。