キーワード

#ド根性女優!レネー・ゼルウィガー特集

彼女を見ると誰でも笑顔になる様な親近感。少し独特な声。唯一無二の愛され感でコメディ作品の主演女優の印象が強い彼女だが、ドラマ性の高い作品で賞レースにノミネートされ、助演としてがっちり脇を固めてきたフィルムグラフィから見えるのは「プロの役者」の姿だ。
10キロ増量した翌年にミュージカル映画で華麗に歌って踊るその姿はまさに女デ・ニーロ。地味に長い下積みも、賞レースに頻繁に爪痕を残すその安心感も、生まれながらのスターとは正反対のどこか泥臭い「ド根性」を感じずにはいられない!

そんな彼女の出演作の中でももっとも愛されてきたであろうキャラクター、ブリジット・ジョーンズ。
女性にとって「自分だけの親友」だったブリジットを演じる事はどれほど勇気がいった事だっただろう。
その勇気に感謝したくなるほど、彼女のブリジットは今もなお世界中の女の子の親友だ。