キーワード

#特集:ヴェンダースの涯てまでも

映画評論家としてキャリアをスタートさせ、“ロードムービー三部作”で国内外から注目を浴びたドイツ人監督ヴィム・ヴェンダース。ベネチアやカンヌなど世界の映画祭で高い評価を集めた同監督の作品群の中から、4作を厳選。
人間の女性に恋をした天使が人間になるまでの姿を描いた名作『ベルリン・天使の詩』、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した傑作『パリ、テキサス』、世界十数か所で圧巻のローケーション撮影を行った『夢の涯てまでも』などをお届け。