キーワード

#リュック・ベッソン初期傑作選

自ら映画会社を興し、監督デビュー作『最後の戦い』以降、野心的な作品を立て続けに発表。一気にハリウッドデビューにまで駆け上ったフランス映画界のヒットメイカー、リュック・ベッソンの初期監督作をお届け。
カルト映画として注目された『サブウェイ』、監督の名を世に知らしめた代表作『グラン・ブルー 完全版』、いまだ熱い支持を集めるハリウッド進出作『レオン(1994)』などをお届け。