グラディエーター

古代ローマの闘技場で剣闘士が復讐に燃える! 20世紀最後にして最高の歴史スペクタクル
© 2000 DreamWorks LLC and Universal Studios. All Rights Reserved.

解説

巨匠リドリー・スコットが最新VFX技術を駆使し、古代ローマの世界を壮大に甦らせた歴史スペクタクル。壮絶な死闘を繰り広げる剣闘士役ラッセル・クロウのカリスマ性は必見。アカデミー作品賞など全5部門を受賞。

ストーリー

古代ローマ。有能な将軍マキシマスに信頼を寄せる皇帝は、次期皇帝の座を彼に譲ろうと考えていた。しかしその意向を知った息子コモドゥスは父を殺し、さらにマキシマスも抹殺しようとする。辛うじて生き延びた彼は故郷へ逃れるが、コモドゥスの手下に妻子を殺され、奴隷として売られてしまう。奴隷として買われたマキシマスは剣闘士になり、闘技場で命がけの死闘を続けながら、新皇帝となったコモドゥスへの復讐の機会を待つ。

放送日時

2018年01月01日(月) 18:00 - 21:00

2018年01月13日(土) 18:15 - 20:55

2018年01月19日(金) 13:00 - 15:45

2018年01月19日(金) 21:00 - 23:45

2018年01月28日(日) 16:00 - 18:45

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2018/1/20
    • 全く飽きさせない。

2時間を超える映画だが、全く飽きさせない。もう少し戦闘シーンが多くてもと感じさせる。奴隷同士の心の繋がりの過程とか。

意外とトントン拍子にいくのが、ちょっと物足りないくらい。

最後の終わりかたも、これで良かったんだろうと思う。ハードボイルドな終わりかただ。

    • 鑑賞日 -
    • 単純に面白い娯楽作品☆

ローマ帝国時代、将軍の座を追われ、妻子を失い、奴隷にまで成り下がった男がローマ帝国打倒を果たすまでの物語です。

とにかく、派手な格闘シーンが特徴の作品です。ローマのコロッセオで多くの方が殺されたのは知ってましたが、一度にこれだけ多くの殺戮があったのは史実でしょうか?
調べれば、本当にあったのは間違いないそうです。一攫千金をかけて、剣闘士となり命がけの勝負に挑んだらしいですね。

ストーリーは父マルクス(リチャード・ハリス)を殺して、王位を継承したコンモドゥス(ホアキン・フェニックス)。マルクスから寵愛を受けたマキシマス(ラッセル・クロウ)。二人の確執を中心に進んでいきます。
父マルクスに愛されたかったが故にマキシマスに嫉妬するコンモドゥス。マルクスに愛された故に、コンモドゥスを許せないマキシマス。
これは愛憎の物語なのです。

正義が悪を倒すようなテレビドラマのヒーロー物を思い出しそうな構成で、そのあたりの安っぽさは気になるところでした。
ただ、チョイスした時代背景が良かったと思いますよ。一大スペクタルとも言える作りが、その悪い部分を打ち消したと思います。
いくらCGとは言え、満員のコロッセオや古代ローマの街並みを映像で楽しめるのは価値があります。

ラッセル・クロウとホアキン・フェニックスの好演もあり、低評価はしづらい作品。
ラッセルの忠義とホアキン・フェニックスの嫉妬の演出は見事だと言わざるを得ません。
ハマリ役とはこのことでしょう。

歴史物ではなくて、娯楽作品として観れば楽しめるはずです。
良質なアクション映画だと思います。

    • 鑑賞日 2002/8/10
    • 愚作

これがオスカー受賞作か!?
こんなのに比べたら「ベン・ハー」は100倍いいな。
人物像がいかにも薄っぺらだし、なんか空しい。
人の首が飛んだり、体が半分になったり、手首を切り落としたりと血まみれの描写が続出するけど、なんだかゲーム感覚だし、当時のローマ人はまさしくゲームととらえていたはずだが、それを批判しているようでいて、自分たちもそれにはまっている。

レンタルDVD

    • 鑑賞日 2017/12/16
    • やっぱいい

ラッセル・クロウが家族の話してる時に
おじいちゃん皇帝が言った「戦う価値がある」ってセリフが毎度痺れる。
音楽もほんと良いわ。

    • 鑑賞日 2017/12/6
    • 敵役が光っている

◎ 『スパルタカス』よりもやはり『ベン・ハー』を思い起こさせる。『ベン・ハー』との違いは宗教が絡んでくるかどうかだ。『グラディエーター』は紀元後の話だが、見事なぐらいに宗教色を払い落としている。その分、政治的な色合いが強まり、何となく重苦しい。好みの問題だが私はロマンの色が濃い『ベン・ハー』に軍配を上げる。
◎ 憎々し気な敵役をホアキン・フェニックスが好演している。スティーヴン・ボイドと異なり、心の葛藤を見せる演技ができる。こちらは『グラディエーター』の圧勝である。

原題

GLADIATOR

監督

リドリー・スコット

出演

ラッセル・クロウホアキン・フェニックスコニー・ニールセンオリヴァー・リードほか

製作国

アメリカ

製作年

2000

本編時間

155分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『グラディエーター』© 2000 DreamWorks LLC and Universal Studios. All Rights Reserved.
このページの先頭へ
ページトップへ