ザ・シネマ/ザ・シネマHDとは

ザ・シネマとは?

かかっている製作費からして桁が違う!だから当然、娯楽の王様は映画!大金かけて作られたエンターテイメントで贅沢なTVタイムを かかっている製作費からして桁が違う!だから当然、娯楽の王様は映画!大金かけて作られたエンターテイメントで贅沢なTVタイムを

 多チャンネル放送サービスに加入したら、ぜひとも注目したいのが娯楽の王様・映画のチャンネルです。「何か良い番組やっていないかな…」という時、映画は有力な選択肢。レンタルに行く必要はめっきり無くなります。わざわざ借りに行ったり、まして返却だけしに行くのは面倒、だから映画自体あまり観なくなり…なんて悪循環から抜け出し、映画がグッと身近になって毎日がちょっと文化的に。

 まして、一般論として、邦画と比べて“ハズレ”率の低いハリウッド映画なら安心だし、製作費面でも10倍の差があるのでやはり観ていて贅沢な時間がすごせるというもの。またドラマのように「1時間モノ×20数話×数シーズンも観てるヒマが無い!」という心配も、2時間1本勝負の映画ならご無用です。

 話題の動画配信サービスですが、自宅のTV画面にどうやって表示させられるのか?まずそこからして解りにくい。まさかスマホやパソコンで観るわけにもいかず、「Wifiを拾う設定を」と言われてもチンプンカンプン。多チャンネル放送サービスなら何であれ、TV画面上に映画を映すことはずっと簡単です。

今春はご存知“ハリポタ”を全作放送。シリーズ一挙放送では視聴料金低価格のメリットがとりわけ発揮されます。これ全部レンタルで借りたら幾らになることか…安いからこそ、全部TVでやるからこそ、まとめて観る気にもなり、映画との出会いも格段に増えてくるというもの。

 さて、多チャンネル放送サービスにいくつかある洋画専門チャンネルの中でも、ザ・シネマは、完全洋画専門で邦画は一切やらず、ハリウッドのアクションを中心としたここ最近の娯楽大作重視路線で、また映画本編途中にCMを入れないといった点が特色のチャンネルです。洋画の王道ラインナップを取り揃えています。

 基本的には字幕版を放送しているザ・シネマですが、吹き替えも重視しており、週末よる9時からのメイン扱いの作品はかならず吹き替えでも放送しています。メイン作品は、土曜よる9時に字幕、翌日曜の同時刻に吹き替えで、二夜連続放送になるのです。

未公開のHなコメディ『SEXテープ』。キャメロン・ディアスほどの大物が主演なのに、なにゆえ日本公開中止!? もはや王道作ですらこういう状況の日本。映画ファンならば洋画専門チャンネルを視聴し、普通に有名作品を観られる安心の環境を整えたい。

レンタルにない。ソフト化もされてない。動画配信にもない。さらには日本未公開!他に観る手段が存在しない超お宝映画たち レンタルにない。ソフト化もされてない。動画配信にもない。さらには日本未公開!他に観る手段が存在しない超お宝映画たち

 最近のハリウッド映画なんて物足りないというあなた。もちろん90~70年代の懐かしの有名作もたくさん用意していますが、それでもまだ物足りないというあなた。そんなマニアの要望にも応えていくのが、ザ・シネマの裏の使命。例えば、レンタルに無い。DVDやBD化されていない、またはソフトが廃盤。動画配信サービスにも置いてない。「むかし大好きだった映画にVHS以来お目にかかっていない」というのは、映画マニアなら誰もが抱えている苦悩です。そんな激レア映画もザ・シネマはお届けしています。中古ソフトにプレミアが付いている作品もあり、マニアならその1本のために加入しても惜しくはないほど。

 さらには「そもそも日本未公開!」というのもまた、マニア共通の悩みですが、それすら放送実現に挑んでいるのがザ・シネマ。こんな洋画チャンネルは他に無い!どこをどれだけ探しても見つからなかった映画が、ここにはあるかも!?

未公開・未ソフト化のオーストラリアの佳作『ゲティン’スクエア』を、ザ・シネマが本邦初公開!凝りに凝ったプロットは『レザボア・ドッグス』や『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』がお好きなら絶対お気に召すはず。『アバター』や『タイタンの戦い』&『タイタンの逆襲』のサム・ワーシントン、若き日の主演作。

 吹き替え重視路線は激レア分野でも健在。かつて昭和のTV洋画劇場でよる9時から放送された、懐かしの吹き替え洋画。当時そこそこの視聴率をとった作品なら、日本中でどれほどたくさんの人がその放送回を視聴したことか。VHS時代にはそれを録画し何度も何度も繰り返し観たという覚えも、マニアだったら誰にでもあるはずです。

 そんな思い出の吹き替え版、その映画だけは字幕ではなく吹き替えで観たいんだという日本語音声が、DVDやBDに未収録だったり、収録されていても自分にとっておなじみのバージョンではない新録版だったりで、二度と見られない、と諦めていた作品だって、ザ・シネマが蘇らせます。

 古いテープを倉庫から見つけ出してきて、その懐かしい音声を、こんにちの新しい映像(ザ・シネマHDサービスでご契約なら極力HD画質で、ワイド画面の)と合体させ、21世紀にふさわしい画質で蘇らせて、毎月お届けしているのです。今度こそ永久保存版にして、末永くお手元に残してください。

可愛すぎるゴールディ・ホーン。1974年の映画『ペトロフカの娘』は、日本公開された記録が見当たらない、これが本邦初公開!?となる作品。胸しめつけられる悲恋モノの傑作です!

TM & © 2001 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights © J.K.R.
TM & © 2002 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights © J.K.R.
TM & © 2004 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights © J.K.R.
TM & © 2005 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights © J.K.R.
TM & © 2007 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights © J.K.R.
TM & © 2009 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights © J.K.R.
TM & © 2010 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights © J.K.R.
TM & © 2011 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights © J.K.R.
© 2014 Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.
© 2003 Universal Pictures. All Rights Reserved.
© 1974 by Universal Pictures. All Rights Reserved.

このページの先頭へ
ページトップへ